我がスロージョギングクラブの仲間たち。笑顔が素敵でしょ♪

2020-09-11_10-46-28.jpg

あっ!誰のオミアシ?失礼しました。←私のです(@_@)。仲間と一緒に映ってないので特別出演です(^^;)。

2020-09-02_10-30-00.jpg

速~い4人組。アンカーの私に「ガンバって~!(^^)!」と手を振ってくれる。

2020-08-31_10-20-39_202009182234199a9.jpg

雨の日は児童会館の中で、「コロナに負けけるな!」と、2mの間隔をとり、マスクをしてスロージョギング♪

2020-09-14_10-12-16.jpg

この写真は24時間テレビのマラソン再放送を見たのですが、高橋尚子さんとチームQのみなさんの走りに感動しました。この放送を機会に女性が走ることに興味をもって、走る女性が増えればいいな(^^♪。

2020-08-24_22-48-57.jpg

★★★ 菅義偉内閣総理大臣 就任祝賀セレモニー ★★★

菅首相の誕生を祝い、くす玉を割り、万歳三唱をする秋田県の佐竹敬久知事、 秋田市の穂積志市長、秋田県内の経済団体代表(16日、JR秋田駅の東西自由通路「ぽぽろ~ど」).。
※出典 日本経済新聞  2020/9/16 19:02

2020-09-18_19-10-36.jpg

★★★ 菅首相誕生・湯沢でPVに「万歳三唱」 湯沢高校同級生 ★★★

秋田県湯沢市出身の菅義偉首相が誕生した16日、市内6会場に設けられたパブリックビューイング(PV)で、同級生らが首相指名選挙を見守った。県出身者初の首相選出が決まった瞬間、拍手の渦に包まれた。
※出典 河北新報 2020年09月17日09時38分 写真もお借りしました。

2020-09-19_11-55-24.jpg

★★★ 記念撮影に納まる菅内閣の新閣僚(16日、首相官邸) ★★★

☆彡20人の閣僚のうち女性大臣が2人。この写真を見てビックリ(*_*)してしまいました。【女性活躍】はどうなってしまったの?安倍政権では2020年まで女性リーダーを3割にする目標を立て、【女性が輝く社会】を目指し、企業や自治体も一斉に動き出していたのではなかったの?菅首相は安倍政権を受け継ぐと宣言しているのですよね。

2020-09-18_19-38-05.jpg

★★★ 祝賀花火やちょうちん行列 菅首相誕生に沸く湯沢市 ★★★

☆彡閣僚ばかりではありません。秋田駅のポポロードのくす玉割祝賀セレモニーも男性ばかり。湯沢高校の万歳三唱もほとんど男性。お祭り騒ぎのちょうちん行列(150人参加)はもちろん男性。女性は何処へ?

2020-09-19_11-14-41.jpg

1、【男女別賃金】
  女性の賃金は男性労働者の60%と、長きに亘って抑えられている。経済力を持つ者が権力を持つ。男女差別賃金によって、女性が主たる稼ぎ手の男性に経済的に依存しなければならない社会構造を形成している。ジェンダー平等にとって、この政策はくびき(軛)になっている。

2、【M字カーブ】(女性の年齢階級別労働力率)
  今や、働く女性は70%になり、アメリカを上回っている。安倍政権が【女性の活躍推進】で後押しした結果、新たに330万の女性が就労した。結婚・出産・子育て期の女性の労働力率が下がる【M字カーブ】もほぼ解消されたとしているが、夫婦ともに低賃金で仕事を辞めると生活困難であるため、止む得ず子供を保育所に預けて無理な日常を送ってる女性も多いのではないだろうか?

3、【女性の非正規職員・従業員】
 2020年8月、女性の働き方は非正規56.4%(男性非正規22.3%)。コロナショックで急激に経済が悪化する中、女性就業者は8年ぶりに減少。女性が解雇や雇止めに遭っている。非正規雇用者の過半数を占める女性の立場の弱さが雇用の調整弁になってる。男女間の格差が縮むばかりか、コロナ禍により、より格差が拡大してる。

2020-09-18_19-32-26.jpg

★★★ 国会議員の女性比率 ★★★

自民党が多くの議席を獲得した衆議院の女性割合は10%前後で推移する。参議院は19年7月の選挙で過去最高の22%超になった。ただ両院とも20年に3割の目標には達していない。

2020-09-18_19-31-10.jpg

日本は経済活動や政治への参画度、教育水準などから算出し男女平等の度合いを示すジェンダー・ギャップ指数の順位は、12年の101位から19年は121位と過去最低に落ちた。

2020-09-18_19-28-20.jpg
 
★★★ 世界経済フォーラムが「ジェンダー・ギャップ指数2020」を公表 ★★★

この指数は、経済、政治、教育、健康の4つの分野のデータから作成され、0が完全不平等、1が完全平等を示しています。2020年の【日本の総合スコアは0.652】、【順位は153か国中121位(前回は149か国中110位)】でした。
※出典 内閣府 男女共同参画局 ※写真もお借りしました。

★★★ GGI(2020) 上位国及び主な国の順位 ★★★

2020-09-19_18-08-11.jpg

日本の各分野におけるスコアと順位は、次の通りです。日本の女性が政治分野で殆ど活躍してないことが分かりますね。

2020-09-19_18-11-50.jpg

秋色の紫陽花♪ 新内閣に触発されてジェンダー平等について書きましたがいかがですか?お疲れさまでした。私も疲れました。しばし休憩します(^^♪。

2020-08-25_09-46-57.jpg

★★★ 大坂なおみ 逆転で2年ぶり2度目の全米OP優勝。3度目のグランドスラム制覇 ★★★

現地12日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月31日~9月13日/ハードコート)大会13日目。女子シングルス決勝で、第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が、世界27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦。大坂が1-6、6-3、6-3で逆転勝利し、「全米オープン」2年ぶり2度目、グランドスラム通算3度目の優勝を飾った。

2020-09-18_23-12-41.jpg

★★★ 思い込めた「7枚のマスク」 全米テニス優勝の大坂選手 ★★★

大坂なおみ選手は大会中、人種差別反対の意思を示す黒いマスクを着けて、試合が行われるコートに向かった。【多くの人に問題を認識してほしい】。22歳が見せた行動は、大きな関心を集めた。

米国では、5月に黒人男性が警官に首を圧迫されて死亡した事件をきっかけに【ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)】の抗議が高まり、スポーツの場でも積極的に意思を示す風潮が広がった。大坂選手の行動を、米タイム誌(電子版)は「大坂のマスクはアスリートの強力な抗議の手段」、米スポーツ専門局ESPN(電子版)は「優勝トロフィーを手に入れるより、はるかに大きなこと」と報じた。

大会中には被害者遺族から、行動をたたえるメッセージも受け取った。表彰式では、マスクを通して伝えたかったことを問われ、「逆に、何を受け取ったかを問いたい。みんながもっとこの問題の話をしてくれたらいい」。変わらぬ強い思いを口にした。

2020-09-13_17-44-10.jpg

下記2枚の写真は、ブログ 【シ・ニ・ア✩な✩く・ら・し】https://olderbutbetter.blog.fc2.com/ ポテトさんから拝借しました。

2020-09-13_17-55-29.jpg


2020-09-13_17-56-04.jpg

★★★ レディー・ガガ「『白人至上主義』という毒を、アメリカ人は飲んでいる」と指摘 ★★★

アメリカのアーティスト、レディー・ガガさんがビルボードのインタビューに応じ、その中で「Black Lives Matter」運動に関連する自身の意見を話した。

ガガさんは、「この国に生まれた時、私たちは皆『白人至上主義』という毒を飲むのです」と表現し、「私は今、学び、そして、人生で“教えられてきたこと”を脱ぎ捨てる過程にいます」と、自身も価値観を更新しようとしていることを明かした。

2020-09-19_20-43-53.jpg

★★★ I have a dream 「私には夢がある」 (1963年) マーティン・ルーサー・キング・ジュニア ★★★

1963年8月28日、職と自由を求めた「ワシントン大行進」の一環として25万人近い人々がワシントンDCに集結した。デモ参加者たちは、ワシン トン記念塔からリンカーン記念堂まで行進した。そこですべての社会階層の人々が、公民権と、皮膚の色や出身などに関係なくあらゆる市民を対象とした平等な 保護を求めた。

この日最後の演説者となったのがマーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士だった。キングの行った「私には夢がある」(I Have a Dream)の演説は、独立宣言にも盛り込まれている「すべての人間は平等に作られている」という理念を網羅するものだった。あらゆる民族、あらゆる出身 のすべての人々に自由と民主主義を求めるキングのメッセージは、米国公民権運動の中で記念碑的な言葉として記憶されることとなった。

その次の年、米国連邦議会は「1964年公民権法」を通過させた。それは公共の場における人種分離を禁止し、公立学校・施設における人種統合を規定 し、人種や民族に基づく雇用を違法とするものだった。同法は、南北戦争に続く「再建時代」以来、最も包括的な公民権立法だった。

2020-09-19_21-06-50.jpg

本日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございます。
世界がそして日本が、【誰もが平等な社会 ジェンダー平等を目指して】進むこととコロナパンデミックの1日も早い終息を願って止みません。

2020-08-25_09-46-46.jpg

スポンサーサイト




2020-09-18 23:47 | カテゴリ:日記