「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「おかしゃん、今日もボクを置いてお出かけニャ(=^・^=)」「おかしゃんスロー・ジョギングに行ってくるからね。笑ちゃん、待っていてね(^^♪」

2020-06-23_08-59-52.jpg

6月22日(月)晴天、朝から27℃と暑くなり、マスクをしてない仲間も多い。

2020-06-22_10-01-48.jpg

密着しないよう距離を置いて走る。

2020-06-22_10-06-06.jpg

ここから急な坂道に。新人さんが2人、ベテランさんと並んで走ってます。スゴイな~♪

2020-06-22_10-38-41.jpg

同じ日の午後、一森公園へ。空は晴れ渡り、涼しい風が吹き、ベストコンディションの午後なのに、余り人が居ない。

2020-06-18_16-03-22.jpg

カラスがエサを探して草わらをチョコチョコ走り回っている。

2020-06-16_15-38-38.jpg

平和な家族♪

2020-06-21_16-05-24.jpg

★★★ 私のリハビリ人生 ★★★

この日、左足がちょっと痛かったけど走り始めたら痛みを感じなくなり、夜スマホの歩数計を見たら午前と午後の一日で合計7、3㎞(16,000歩)をクリア。我ながら感動!(^^)!。

私は68歳の時、左耳三半規管にヘルペスができ51日間入院。めまいのしまくり、吐きまくりで、医師に「めまいは治らない。しかし頭の中のシナプスが繋がるとめまいが良くなる可能性がある」と言われて、「こうしては居られない。68歳にしてようやく受かった難関の【日本フェミニストカウンセリング学会認定カウンセラー】の資格も生かさないまま、モタモタヨロヨロの人生は嫌だ!」。

以来10年以上も、今も思わぬ方向に体が傾き、オットトトとバランス取りながらの歩く走るのリハビリ人生を送っています。左耳はほとんど聞こえません。その上、高齢になってから糖尿病(7、0)及び心房細動ですから三重苦…?糖質を過剰に摂らないよう気を付け、どちらも服薬なしです。病院嫌いの薬嫌いです。

我が家のセットバックに咲く、ビロードの赤い大輪の薔薇。

2020-06-20_14-43-16.jpg

6月20日(土)晴天、3か月ぶりで、I女性会議の仲間が集まりお互い元気で再会できたことを喜び合う。密着しないよう、唾を飛ばさないよう小声で話し合う。話題は新型コロナの影響とイージスアショアの停止。陸上イージス計画の停止は言葉だけではなく、文書回答が必要と合意する。

2020-06-20_11-38-54.jpg

★★★ トリチュウム汚染水の海洋放出に対する署名(福島原発) ★★★



2020-06-20_11-50-36.jpg

3か月ぶりの会食は男女共同参画センターの近くのレストラン【陶】でランチ。

2020-06-20_12-41-29.jpg

レストランから陶器店を眺める。

2020-06-20_13-12-01.jpg

★★★ 河野防衛相 秋田県で謝罪 イージス・アショア計画「撤回」へ  ★★★

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止をめぐり、河野防衛相は、候補地だった秋田県を訪れ、住民や知事らに謝罪した。

秋田県・佐竹敬久知事「これまで2年間以上、大変『ずさんな』という言葉で表すべき対応だった」

2020-06-21_18-51-48.jpg

河野大臣は、配備停止の理由について、迎撃ミサイルを発射した際に生じる落下物を安全に落とすには相当の期間とコストがかかり、「合理的とはいえないと判断した」と説明した。

そのうえで、候補地の新屋演習場に関する調査データが誤っていたことや、住民説明会で職員が居眠りしていたことなど、一連の問題を謝罪した。

地元住民からは「不安な日々だった」との声が上がったほか、佐竹知事は、早期に計画を撤回するよう求めた。

政府は、今週にも、NSC(国家安全保障会議)を開き、配備計画を撤回する方針。
※出典 秋田テレビ 2020年6月21日 日曜 午後5:53 ※写真はNHKテレビからお借りしました。

2020-06-21_18-50-52.jpg

★★★ 「防衛省報告書」入手 イージス・アショアのレーダーは使い物にならない ★★★

河野防衛相は、中止の理由を「ミサイルのブースター(推進装置)の落下問題」と説明している。しかし、そもそもイージス・アショアの根幹をなすミサイルの迎撃機能に疑義を呈する報告書が、昨年3月、防衛省の官僚によって作成されていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

イージス・システムが機能しなければ、当然、弾道ミサイルを迎撃することはできない。報告内容が事実なら、イージス・アショアは、弾道ミサイル迎撃が困難だったことになる。

トランプ大統領の要望を受けて、総額4500億円と言われるイージス・アショアの導入に踏み切った安倍政権。それが、本当に日本の国防に資するものだったのか。配備計画中止の本当の理由は、発表された「ブースターの落下問題」だったのか。今後、説明が求められることになりそうだ。
※出典 文春オンライン 6/24(水) 16:00配信 ※写真もお借りしました。

☆彡未完成の地上イージス2基を4500億円で買った安倍首相、商売人のトランプの言いなりとは情けない。その上、防衛省は、報告から7カ月後の昨年10月末、このレーダー「SSR」2基を約350億円で購入する契約を結んでいたとは!!国民の血税を何だと思っているのだろうか!!怒り心頭です。😡

2020-06-24_19-32-00.jpg

 ★★★ イージス・アショアとは? ★★★

敵のミサイルを察知し、撃ち落とすイージス艦に搭載されたものと同様ミサイル迎撃機能を地上に配備する防空システム。写真はルーマニアに設置されているイージス・アショア。

2020-06-25_12-26-03.jpg

6月23日(火)、ななかまどウオーキングコースのハマナスの花が終わり、青いハマナスの実がいっぱい。

2020-06-23_09-34-46.jpg

★★★ トランプ氏の大規模集会、3分の2が空席か-特設会場の演説中止 ★★★

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)下で本格的な選挙運動を再開したトランプ米大統領は、オクラホマ州タルサでの大規模な集会で予想を大きく下回る支持者しか集められなかった。
トランプ氏の陣営はオンラインでのチケット購入に100万人申し込みがあったとしており、入場できない支持者のために場外特設ステージでの演説も予定されていた。

タルサ消防当局の広報担当者によれば、入場者数は会場収容能力の約3分の1に相当する6200人弱。

陣営側はデモ隊がトランプ氏支持者の入場を妨害したと主張しているが、タルサ警察当局のツイートによれば、デモは「圧倒的に」平和的なものだったという。

2020-06-25_09-35-14.jpg

会場ではマスクが入場者に配布されたものの、実際に着用している人はほとんどいなかった。

トランプ氏は【検査はもろ刃の剣だ。検査をすれば感染者数が増える。そのため検査ペースを落とすよう指示した】と発言。ホワイトハウスの匿名の当局者1人は集会後、大統領は冗談を言っていたと釈明した。
※出典 Bloomberg 2020年6月22日 4:12 ※写真もお借りしました。

2020-06-25_09-37-03.jpg

★★★ アメリカ国民の命を救わないトランプにアメリカ大統領の資格なし ★★★

6月24日現在、世界の新型コロナ感染者は9,289,255人死亡者478,160人。アメリカ合衆国の新型コロナ感染者数は2,347,102人死亡者121,225人。
アメリカ合衆国の人口は世界全人口の5%、しかし、コロナ感染者&死者は25%を占める。アメリカのコロナパンデミックは深刻な状態である。しかしトランプは、コロナパンデミックは治まったと演説。そして、自分自身の強さを強調するため、マスクは着用していない。

「コロナを政治利用すべきではない。コロナは公衆衛生上の大問題である」「トランプ大統領がマスクを付ければ、3万人の死者を防げる」という識者の提言を無視し続けている。

コロナは若さや精神論では防げない。約240万人の感染者、12万に及ぶ死者を出しているのに、何一つ対策を取ろうとしないトランプ大統領。アメリカファーストと言いながらアメリカ国民の苦境を救わないトランプにリーダーの資格はないと強く思う。

2020-06-24_21-51-20.jpg

★★★ 今度は殺害された黒人6人の写真が吊るされた ★★★

<黒人差別に対する抗議デモが続く一方で、黒人に対するヘイトや暴力事件は増加している>

全員が最近警察などの手で殺された黒人ばかり The Original Black Panthers of Milwaukee/FACEBOOK

警官や白人に殺された黒人6人の写真、公園の木に吊るしたロープの先に括り付けてあるのが見つかった。かつての黒人に対する凄惨なリンチを想起させる首吊り用のロープだ。【メーガン・ルース】

現場となったウィスコンシン州ミルウォーキー郡の保安局は、同郡のリバーサイド公園に写真を吊るした容疑者について、市民からの情報提供を求めている。

2020-06-25_11-05-33.jpg

★★★ 自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ ★★★

<白人警官に黒人が射殺されて新たな怒りに燃えるアメリカで、木に吊るされた黒人男性の死体が連続して発見され、慎重な捜査が進んでいる>

カリフォルニア州ロサンゼルス郡の保安官事務所は6月11日、木に吊るされた遺体で発見されたパームデール市の黒人男性ロバート・フラーの死因に関する捜査状況を発表。その後、近くのサンバーナーディノ郡の当局が、同じように木に吊るされた状態だった別の黒人男性の遺体について、「詳細な死因の調査が行われている」捜査を進めていることを認めた。

☆彡 とても残酷な事件ですね。 5月31日以降、少なくとも十代の少年を含む4人の遺体が発見され、捜査当局はいずれも自殺との見方を示したが、拙速な判断に遺族等から怒りの声が上がっている。白人至上主義者にとって、黒人は憎悪の対象でしかないのか。白人も黒人も黄色人種も、体内に流れる血はみな同じく赤いのに、なぜそれほど多人種を差別するのか?アメリカの歴史の再認識と人権についての学び直しが必要だと思う。

2020-06-25_11-44-30.jpg

昨日(6月24日)は秋田の気温がうなぎ登り、31℃を記録しました。梅雨入りをし、雨が少し降りました。我が家の薔薇に雨粒が…日本のコロナもなかなか収束しそうもありませんね。今朝のテレビで、「専門会議で【①コロナ陽性者の無症状者から感染する。②収束までは1年がかりになる。】という決議があったが、「パニックになる」などの理由で政治的に削除を要請された。」というニュースがありました。

日本も【医療崩壊を盾に、PCR検査をできるだけやらない=感染者数を増やさない】という、トランプと似たり寄ったりのウソの政策をしてきましたね。また日本人の気質の中に、「正しく生きる」を御旗に「コロナ自警団」が生じて怖い思いもしました。上様に決めてもらわないと動けない人々も少なくないと思いました。このような状況は為政者にとって絶好の洗脳チャンスでもあると考えます。クワバラ、クワバラ(>_<)。

2020-06-25_09-15-12.jpg

本日も長いブログにお付き合いいただきありがとうございました。m(__)m。ではまた(^^♪。

スポンサーサイト




2020-06-23 23:27 | カテゴリ:日記