💛 新型コロナ肺炎記事を随時追記しております 💛

★★★ 中国本土 感染者7万5465人 死亡 2236人 (2月21日発表) ★★★

2020-02-21_16-57-46.jpg

★★★ 中国政府 新型コロナウイルスによる中国本土の死者が2004人(2月19日発表) 感染拡大続く ★★★
★★★ 中国 新型コロナ肺炎、感染7万人突破 1770人死亡 (2月17日発表) ★★★

2020-02-13_21-25-07.jpg


2020-02-13_21-23-19.jpg

★★★ 国内の新型コロナウイルス感染状況 ★★★
※出典 読売新聞オンライン 2月19日(水) ※写真もお借りしました。

☆彡 日本国内も新型肺炎感染が広がる一方ですね。今日(20日)青空が広がり寒さも和らぎ、コートのボタンをはずして、近くの大型スーパーへ行ったら、平日と言っても買い物客がいつもよりとても少なく感じました。夜のテレビニュースでは新たに福岡県や札幌でも感染患者が出たとのこと、3月1日開催予定の東京マラソン大会の一般参加者の出場を取りやめるなど、国内の多くのイベントが中止されています。

また、新幹線及び在来線の乗客が12%~15%減ってる状況が報告されていました。気になるのは、クルーズ船(ダイヤモンド・プリンス号)から降りた人々が、そのまま各地へ交通機関を使い帰宅されてることも大丈夫なのか心配です。今後、一体どうなるのでしょう。一日も早い終息を願うばかりです。

2020-02-20_01-15-10.jpg

★★★ 新型ウイルス 中国保健当局「エアロゾル」感染の可能性指摘 ★★★

18日、中国の保健当局は、新型コロナウイルスに関する新たなガイドラインを発表し、これまでに主な感染ルートとして挙げていた飛沫感染と濃厚接触による感染に加えて、密閉された環境で長時間、高濃度の「エアロゾル」にさらされた場合には、「エアロゾル」感染が起きる可能性があると指摘しています。
※出典 NHKNEWSWEB 2020年2月19日 23時32分 ※写真もお借りしました。

2020-02-21_01-30-21.jpg

★★★ 新型肺炎には信頼度の高い情報で対応を 手洗いなどできる予防から ★★★
※出典 西日本新聞2/11(火) 9:02配信 ※写真もお借りしました。

2020-02-17_18-33-51.jpg

★★★ 【独自】武漢から情報発信、中国人ジャーナリストら2人行方不明…連行か ★★★

【香港=角谷志保美】新型コロナウイルスの感染拡大で封鎖措置が続く中国湖北省武漢市から、インターネットを通じて現地の様子をビデオで発信していた中国人のジャーナリストら2人が今月、相次いで行方不明になった。当局に不都合な情報を流したために連行されたとみられ、安否に懸念が広がっている。

友人らがネットに公表した情報などによると、北京の弁護士で市民ジャーナリストの陳秋実氏は6日から、武漢市民の方斌氏は9日から連絡が途絶えた。陳氏は強制隔離、方氏は公安当局に拘束されている可能性が高いという。

政府の情報統制が強まる中、2人はそれぞれ、ごった返す病院の様子や死亡した肺炎患者の遺族らを連日取材し、「これは人災だ」などと訴えていた。
※出典 読売新聞オンライン 2/16(日) 21:31配信

☆彡 いまだに真実を語らない中国政府、寒い国なのですね。新型コロナ肺炎感染者数も死者数も発表の何倍もになってるのではないでしょうか?このような状況を鑑みると甚だしく疑問に思ってしまいます。

2020-02-17_18-40-21.jpg

★★★ 豪シドニー、30年ぶりの豪雨で洪水 森林火災は鎮火 ★★★

2020-02-15_01-15-42.jpg

オーストラリアの大規模森林火災は2019年9月より多発化し、2020年2月においてもなお継続中でした。

2020-02-15_01-18-50.jpg

★★★ このままでは気温が摂氏5度上がる…各国研究機関の気候変動予測が深刻な結果に ★★★

アメリカ大気研究センター(NCAR)の予測モデルに登場した。地球の大気中の二酸化炭素濃度が(今世紀末に予想されるように)2倍になると、気温は摂氏5.3度上がる。これは、同センターの以前の推定値よりも33%高くなっている。

ブルームバーグの報道によると、最近のいくつかの気候モデルは、地球が以前に科学者が予測したよりもはるかに高い温度になるかもしれないことを示唆している。

報道によると、過去1年間に公開された新しい気候予測モデルの約5分の1は、同様に厳しい気温の急上昇を示している。イギリスに本拠を置くメット・オフィス・ハドレー・センターは5.5度、アメリカエネルギー省は5.3度、フランスの科学者は4.9度の増加を予測し、カナダの科学者のモデルは5.6度と最大の上昇を予測した。

これらの予測モデルは、気候変動を正確に予測してきた実績がある。アメリカ地球物理学連合の最近の研究によると、過去50年間の気候予測はおおむね正確であり、実際の観測値はモデルの予測と一致している。

それでも、気候学者の間では、今回の予測が「外れ値」であることに期待が寄せられている。

ドナルド・トランプ大統領が脱退を宣言した【パリ協定】では、各国が地球の気温上昇を2度以下に抑えるために炭素排出量の削減を約束した。また、温暖化を1.5度に制限するというより野心的な目標も設定したが、【地球がすでに約1度温暖化している】ことを考えると、それは達成不可能である可能性が高い。

もし地球の気温が2度上昇すれば、海面は50センチ上昇し、地球規模の熱波が頻繁に発生し、亜熱帯地域では淡水の3分の1が失われると予測されている。世界中の海洋に生息するほとんどすべての水生生物が影響を受け、サンゴ礁の99%が死滅する可能性がある。
※出典 BUSINESS INSIDER JAPAN 2/17(月) 12:10配信 ※写真もお借りしました。

2020-02-17_19-03-57.jpg

★★★ 僕たちが棲める地球環境を!! ★★★

2020-02-18_13-34-35.jpg

★★★ 12日の衆院予算委員会での首相の答弁・発言 ★★★
※出典 時事通信 2月13日  ※写真もお借りしました。

☆彡 首相のこの発言の誠意の無さ、悪どさは既に日本のリーダーとして限界点に来てますね。

2020-02-15_01-31-41.jpg

★★★ 安倍内閣の支持率推移 ★★★
※出典 時事通信 2月15日   ※写真もお借りしました。

☆彡 それでも4割の国民がスキャンダルまみれのこの内閣でよしとしてるんですね。国民も忖度文化に染まってしまってるんでしょうかね。

2020-02-15_01-36-55.jpg

2月16日(日)、I 女性会議の秋田市支部の総会がアルべであり参加しました。この1年の総括と来年度の計画をまじめに話し合う仲間たち。

2020-02-16_11-49-29.jpg

総会が終わって会場を出るとのどかなハワイアン音楽が響き、階下をのぞき込むと子どもたちがフラダンスを踊っていました。今日は市民フェステバルが開催されていました。

2020-02-16_11-26-45.jpg

なかなか立派な建物ですね。ここへは初めて入ります。

2020-02-16_13-04-26.jpg

ここで、I 女性会議の新年会、奥に仲間たちが小さく映ってます♪

2020-02-16_13-05-03.jpg

会場はランチのお客で満席。流行ってるんですね。

2020-02-16_13-05-48.jpg

帰り、秋田駅西口(表口)の南側が大工事中でした。せせらぎが埋められ、銅像が撤去されてました。夏には新しく公園に生まれ変わるそうです。

2020-01-30_14-52-47_202002210856569ec.jpg

余りに長いブログだったので、勝手ながら分割し、新たな記事も追加しました。

2020-02-16_20-47-21_20200221082345ca2.jpg

本日も当ブログにご訪問いただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^♪

スポンサーサイト




2020-02-21 09:04 | カテゴリ:日記