💛 宮沢賢治について、記事を追記しました。(2月1日) 💛

コロナウイルスによる新型肺炎、今後いったいどうなるのでしょう。

★★★ WHOが緊急事態宣言 新型コロナウイルスで ★★★

世界保健機関(WHO)は30日、中国で感染が広がっている新型コロナウイルスへの対応に関する3回目の緊急委員会を開催し、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当すると宣言した。

緊急事態宣言は、2019年7月にコンゴ民主共和国東部で流行したエボラ出血熱について出されて以来、6件目。
※出典 毎日新聞 1/31(金) 4:50配信 ※写真もお借りしました。

★★★ 新型肺炎の世界的危険度、最初から「高い」だった…WHO「事務的ミス」 ★★★

【ロンドン=緒方賢一】世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスによる肺炎に関する26日付の日報で、世界的に見た危険度を「中程度」としてきたこれまでの表記は誤りで、正しくは「高い」だったと修正した。事務的なミスで、判断の変更を意味するものではないという。

 WHOは、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスの現状について日報を出しており、危険性について、25日までは「中国は非常に高い、周辺地域は高い、世界的には中程度」としてきた。しかし実際には【22日の判定以降、世界的な危険度は「高い」だった】という。
※出典 読売新聞 2020/01/28 10:37

☆彡 遅きに失した感は否めない。 日本政府も1月29日になってようやく【新型肺炎 政府対策本部】を立ち上げている。

2020-01-31_05-38-44.jpg

★★★ 19の国と地域で100人を超す感染者(1月29日) ★★ 26カ国・地域(ロシア、英国も)150人超(2月1日)  ★★★ 

2020-01-30_23-17-20.jpg

★★★ コロナウイルス ヒトからヒトへ感染 ★★★

中国疾病予防センターなどのグループでは最初の425人のデーター分析により、【先月半ばの段階でヒトからヒトへの感染を確認】されていた。

中国の疾病予防センターの幹部は、新型のコロナウイルスについて国営メディアの取材に対して「代替わりして増える間隔が短く感染者が増える速度が速い」と述べ、2003年に流行した新型肺炎「SARS」と比べて患者が増加するペースが速いと指摘している。

2020-01-30_23-14-29.jpg

★★★ 新型肺炎 中国の死者170人 患者数は7711人に(1月29日) ★★ 中国で感染者11,000人を突破(2月1日) ★★ 世界62カ国画入国制限(2月1日) ★★★

中国では新型のコロナウイルスの感染がさらに拡大し、中国の保健当局は患者が、29日、さらに1737人増え、7711人になり、死亡した人は170人になったと発表した。

29日はチベット自治区で初めての患者が確認され、これで中国のすべての省と自治区、それに直轄市で患者が確認された。患者のうち症状の重い人は1370人にのぼっている。
※出典NHKニュース 2020年1月30日 11時39分 ※写真もお借りしました。

2020-01-30_23-13-10.jpg

★★★  中国 武漢市を離れたのは500万人、一体どこへ向かったのか―中国メディア  ★★★

26日夜、湖北省人民政府による記者会見で、周先旺(ジョウ・シエンワン)武漢市長が、春節(旧正月)と新型コロナウイルスの感染を避けるために、すでに500万人以上が武漢市を離れたと明らかにした。

1月23日の武漢市封鎖前の同月10日から22日の春節特別輸送体制期間中、武漢市を離れた人の6~7割が湖北省内の別の都市へ移動しており、次いで河南省、湖南省、安徽省、重慶市、江西省が多かったと伝えた。
※出典 exciteニュース 2020年1月28日 05:40 ※写真もお借りしました。

2020-01-31_00-24-41.jpg

★★★ 新型ウイルスめぐる移動制限、13都市4100万人に影響拡大 中国 ★★★

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当局が流行を食い止めるため対応を急ぐ中国では24日、流行の中心地周辺にある4都市に対して新たに移動制限措置が課され、これまでに計13都市、約4100万人が影響を受ける事態に発展した。また「万里の長城(Great Wall)」など有名観光名所も閉鎖発表を余儀なくされている。

☆彡中国では都市部には病院があるが、広大な農村部にほとんど病院はなく、また一応福祉国家である日本のような保険制度もありません。しかし、この度、中国政府は新型肺炎の受診及び治療を無料とすると宣言しているが、それを受入れる病院施設等が絶対数不足の状況にある。

春節(旧正月)で、貧しい農村部から都会へ出てきて働く出稼ぎ労働者が帰郷したことにより、コロナウイルスの拡散は防ぎ難い状況にあると思う。熱がある、咳が出ると具合が悪い状態になっても、そのまま何の治療も受けられず家で死亡するケースも多いのではないかと考える。こういうケースは調査から漏れ、新型肺炎としてカウントされていないのではないだろうか。

2020-01-31_00-43-49.jpg

★★★ 第2便の帰国邦人、210人のうち26人が発熱し入院 ★★★

中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している問題で、厚生労働省は30日、政府のチャーター機第1便で帰国した邦人のうち3人の感染を確認した。うち2人は症状が出ていない。無症状での感染確認は国内では初めて。国内で確認された感染者は14人となった。第2便で30日に帰国した邦人210人のうち26人は発熱などの症状があり、入院した。第3便は30日午後10時46分、武漢市へ向けて羽田空港を出発した。
※出典 読売新聞オンライン 1月30日21:51 ※写真もお借りしました。

☆彡 帰国者から片道の正規飛行機代8万円を払ってもらう。びっくり(*_*)。自民・河井杏里議員に1億5000万円をポンとくれながら、不安と恐怖で疲弊してる帰国者からチケット代をもらうのですか!!例え帰国者が700人になったとしても5600万円。安倍首相が経済支援と称して世界各国にバラまいたお金は【60兆円】を超えているのに、何をこの機に及んでケチるのか!<(`^´)>。

そう言えば、安倍首相は【国民に対しては】森友・加計・桜を見る会で嘘をつきまくり、年金は下げるわ、高齢者医療保険料は上げるわ、生活保護費は削るわ、法人税は安くおさえ、消費税は10%に上げるわ、そして守るためと称して実は戦争好きで、国民の犠牲を何とも思わない【冷酷な人】なんですよね。

2020-01-30_23-24-01_20200130233201d86.jpg

★★★ 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事 ★★★ 

「新型コロナウイルスに効く薬はない」。東北医科薬科大の賀来満夫特任教授(感染症学)はこう語る。感染した場合は、安静にしたうえで体力の回復を待ち、熱やせきなどの症状を和らげていく「対症療法」が中心。賀来特任教授は「重症化して呼吸不全になった場合、人工呼吸器などを使い、呼吸の管理が大切になる」と話す。

抗インフルエンザ薬に相当するような治療薬のほか、感染を防ぐワクチンもない。このため大切となるのは予防策だ。国はマスク着用などのせきエチケットや手洗いなどの通常の感染対策を呼びかける。
※出典 毎日新聞 2020年1月22日 22時18分 ※写真もお借りしました。

☆彡 マスクは気化したウイルスを防ぐことはできません。人込みはできるだけ避けるように。マスクを過信してはいけません。しかし、風邪を引いた本人は咳の飛沫でウイルスや細菌を散らかさないようにマスクをするのがマナーです。

2020-01-29_22-43-43.jpg

新型肺炎の一日も早い終息を願うばかりです。

2020-01-26_19-50-23.jpg

★★★ 宮沢賢治 絶詠 短歌二首 ★★★

宮澤賢治は1869年(明治29年)8月27日花巻に生まれ、急性肺炎を起こしていた賢治は、喀血を繰り返し、様態が急変し1933年(昭和8年)9月21日、花巻の自宅で永遠の眠りにつきました。生涯独身だった賢治が37歳の初秋でした。呼吸困難の中、賢治は短歌二首を作り、これが絶詠となりました。

方十里稗貫(ひえぬき)のみかも
稲熟れてみ祭り三日
     そらはれわたる

病(いたつき)のゆゑにもくちん
              いのちなり
みのりに棄(す)てば
         うれしからまし

生涯を農民のため、農村改善に尽くした詩人・童話作家宮沢賢治の真実の叫びであったともいえるでしょう。
※出典 『宮沢賢治の人と童話の世界』(花田修一)【宮沢賢治童話大全】より。

2020-02-01_00-21-22.jpg

★★★ 宮沢賢治詩集 宮沢賢治童話大全 ★★★

新編 『宮沢賢治詩集』 天沢退二郎編(平成3年7月発行\520円 新潮文庫 は家と車の中に1冊ずつおいて愛読し、大分くたびれてしまいました。『宮沢賢治童話大全』(昭和63年9月発行 \1980円 講談社)は、私が秋田宮沢賢治愛好会へ入った時期に買い求めたものです。童話本文中に小さな挿絵とことばの意味が書かれてあり、とても読みやすい童話集です。

2020-01-31_23-20-00.jpg

★★★ よだかの星 ★★★
 
宮澤賢治どうわえほん 『よだかの星』 (文・宮沢賢治 伊勢英子・絵 1986年11月発行 \1400円 講談社)私が好きな童話絵本です。作品の一部を紹介します。伊勢英子さんの絵が素晴らしいです。

 よだかは、実にみにくい鳥です。
 顔は、ところどころ、味噌をつけたようにまだらで、くちばしは、ひらたくて、耳までさけています。
 足は、まるでよぼよぼで、一間とも歩けません。
 ほかの鳥は、もう、よだかの顔を見ただけでも、いやになってしまうという工合でした。(中略)

 よだかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐの空にのぼっていきました。(中略)

 つくいきはふいごのようです。寒さや霜がまるで剣のようによだかを刺しました。よだかははねがすっかりしびれてしまいました。そしてなみだぐんだ目をあげてもう一ぺんそらを見ました。そうです。これがよだかの最後でした。もうよだかは落ちているのか、のぼっているのか、さかさになっているのか、上を向いているのかも、わかりませんでした。ただこころもちはやすらかに、その血のついた大きなくちばしは、横にまがっては居ましたが、たしかに少しわらって居りました。

 それからしばらくたってよだかははっきりまなこをひらきました。そして自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。
すぐとなりは、カシオピア座でした。天の川の青じろいひかりが、すぐうしろになっていました。
 そしてよだかの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。
 今でもまだ燃えています。

2020-01-31_23-12-18.jpg

★★★ 新校本 宮沢賢治全集 (全16巻+別巻 ) ★★★

新校本『宮澤賢治全集』第十二巻(1995年11月発行 ¥6200円 筑摩書房)宮澤賢治が生前唯一刊行した『注文の多い料理店』が収められています。私は『注文の多い料理店』と『土神と狐』も好きです。宮沢賢治の詩も童話もその作品の多くが生と死がテーマになっていると感じています。
【編集委員】宮沢清六 天沢退二郎 入沢康夫 奥田弘 栗原敦 杉浦静

2020-01-31_23-11-08.jpg

💛 おすすめします 💛
【青空書院】 https://aozorashoin.com/author/81 で、賢治の童話全作品が読めます。
【歌曲の部屋】http://www.ihatov.cc/song/index.html 賢治が作詞作曲した曲「星めぐりの歌」や「ポランの広場」等、 27曲が聴けます。

2020-02-01_12-14-12.jpg

★★★ 秋田宮沢賢治愛好会の新年会 ★★★

1月30日(木)11時30分から秋田キャッスルホテルの【車屋】で、秋田宮沢賢治愛好会の新年会があり出席しました。

2020-01-30_11-19-23.jpg

写真は「秋田宮沢賢治愛好会が100回目となる集まりであることを祝し、会員の健康と平和と新型肺炎の終息を祈念する」と開会の辞を述べるSさん。平和の言葉に会場が拍手(^^♪。

2020-01-30_12-02-08.jpg

メガネの方が宮沢賢治研究家の榊昌子先生です。

2020-01-30_12-10-49.jpg

食事が済み、コーヒータイムに先生が賢治の詩 『心象スケッチ朝餐』 を朗読。先生のお声を聴く私たちの心まで清らかになったような気がするほど素晴らしい朗読でした。その後、恒例の「福引」があり、大いに場が盛り上がりました。私は『よだかの星のかりんとう』が当たりました(*^^)v。

2020-01-30_13-18-52.jpg

長きに亘って【秋田宮沢賢治愛好会】を牽引して来てくださった先生に、例会100回記念のお祝いと感謝を込めて花束と図書券を贈呈しました。先生のご著書と今までのご活躍を紹介してくださった「北限の男鹿の椿」や「アンネの薔薇」で有名な水彩画家の正岡悦子先生(中央)とエッセー作家のOさん。

2020-01-30_13-22-12.jpg

榊先生は賢治のいう【透きとおった食べ物】を食べていらっしゃる故か、私が賢治の会に入会した約30年前と変わらぬ若さと美しさで、輝いて見えました♪「今日、皆さんと一緒にこうして集い、楽しむことが出来てるのを賢治さんが一番喜んでくれている」とお礼の言葉を述べられる榊先生。

2020-01-30_13-22-21.jpg

榊先生のご著書の紹介。

<<写真が入る>>

会場の窓から太平山の青い山々が見えます。

2020-01-30_12-22-44.jpg

雪がない秋田市の街中。

2020-01-30_12-23-41.jpg

なかいちで黒豆入りの豆餅とスリゴマを買い、

2020-01-30_14-14-16.jpg

パン屋さんでしばらくぶりで、クルミとイチジクの入ったパンを買い、

2020-01-30_14-12-13.jpg

ウインドウのお雛さま(横手中山人形)(^^♪

2020-01-30_14-24-28.jpg

笑ってるウサギのお雛さまかわいい(私ウサギ年生まれ)(#^^#)と見入り…バスで帰りました。

2020-01-30_14-29-22.jpg

バスで帰る途中の赤十字病院の周辺の田畑も雪が全くありません。【温暖化】をひしひしと感じます。ニ酸化炭素CO2問題は深刻です。四方を海に囲まれている日本列島…SF作家の小松左京の小説『日本沈没』が現実化しないとは言えない時代になってきましたね。

2020-01-30_15-31-31.jpg

本日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^♪

2020-02-01_12-43-38.jpg

スポンサーサイト




2020-01-30 23:33 | カテゴリ:日記