温かな日々が続いています。今日は帽子も手袋もマフラーもいらない。ダウンコートも短くて薄手のものでないと汗ばんでしまう。東北の日本海に面した秋田に、秋がそのまま居座ってるようです。

半世紀以上前、私が小中高生のころは亡き母が11月になると、きょうだい5人のコート、手袋、マフラー、靴下、帽子、セーター、長靴と揃えて用意してくれていました。今のようにお店に行って買えば全部揃うという時代ではなく、敗戦後、大混雑の汽車に乗って、仕入れ(買い出し)、洋服販売をしていた父と母が工面して用意してくれたものでした。あの時代は雪が吹雪、降り積もり寒かったのです。

2019-12-23_16-27-07.jpg

★★★ 年平均気温は統計開始以来最高 気象庁速報値、地球温暖化影響か ★★★

気象庁は23日、2019年の天候と台風のまとめを発表した。日本の年平均気温の速報値は基準値(10年までの30年平均)を0.92度上回り、1898年の統計開始以来最も高温となる見通し。地球温暖化が影響したとみられる。
※出典 共同通信社 12/23(月) 17:58

2019-12-13_12-21-37.jpg

★★★ 中村哲医師の肖像画を尾翼に アフガニスタンの航空会社 ★★★

「アフガニスタンの人々のために奉仕してきた人物が、残念ながら活動中に亡くなりました。故人となった中村医師、アフガニスタンの人々はいつまでもあなたの貢献に恩義を感じることでしょう」

2019-12-08_15-53-12.jpg

★★★ 中村哲医師のこれまでの活動 ★★★

中村医師とペシャワール会は、国際社会がアフガニスタンに注目する前から、戦乱と干ばつ、貧困の中で約30年にわたり難民の診療体制を整え、食糧支援や農村復興、帰還難民の生活再建まで幅広く支援活動に取り組んできた。

中村医師は年間の3分の2は現地に赴き、自ら重機に乗り込み、現場監督として作業員を指揮し、かんがい用水路の拡張工事や取水口の修復などに当たってきた。今年10月には、長年の人道支援活動が評価され、アフガニスタンのガニ大統領から、査証(ビザ)が免除される同国市民証を授与された。
※出典 西日本新聞 12/4(水) 14:37配信 ※写真もお借りしました。

2019-12-23_20-10-16.jpg

★★★ 伊藤詩織さん涙「長かった」性暴力民事裁判で勝訴 ★★★

2019-12-23_20-07-19.jpg

★★★ 「性行為に合意なし」 伊藤詩織さん勝訴 元TBS山口記者に330万円賠償命令 東京地裁 ★★★

ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、性的暴行を受けたとして元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の判決で、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)は18日、「性行為には合意がなかった」として山口氏に330万円を支払うよう命じた。

判決によると、伊藤さんは山口氏に就職の相談を持ちかけたことをきっかけに2015年4月、東京都内の飲食店で飲酒。その後、ホテルに入った。

地裁は、伊藤さんが当時、強度の深酔い状態にあり、自らの意思でホテルには行っていないとした。さらに、その日のうちに産婦人科を受診し、数日後には友人や警察に相談していることを挙げ、合意のない性行為だったと認めた。

2019-12-18_15-55-25.jpg

山口氏は「同意があった」と反論したが、地裁は、伊藤さんが意識を回復した後も、山口氏が体を押さえつけて性行為を続けようとしたと指摘し、「信用性に重大な疑念がある」と退けた。

山口氏は、伊藤さんに記者会見などで名誉を傷つけられたとして1億3000万円の賠償を求め反訴していたが、地裁は名誉毀損(きそん)には当たらないとして請求を棄却した。

東京地検は16年7月、準強姦(ごうかん)容疑で書類送検された山口氏を容疑不十分で不起訴処分とし、検察審査会も17年9月に不起訴相当と議決している。
※出典 毎日新聞 ※写真もお借りしました。

2019-12-18_15-58-50.jpg

★★★ 敗訴の山口氏「納得いかない。すぐに控訴します。私は法に触れる行為はしていません」 ★★★

★★★ 「逮捕状の取り下げは総理大臣の力を借りたんじゃないですか?」 (海外記者の質問) ★★★

山口さんは、TBSで官邸キャップやワシントン支局長などを歴任したエース記者だった。2016年5月末にTBSを退社し、フリージャーナリストに転身。翌月、安倍晋三首相について記した著書『総理』を出版したため、官邸に近いジャーナリストとして知られていた。

★★★ 【逮捕状取り消しの経緯】 ★★★

☆彡  伊藤さんが警視庁に被害届出し、高輪署が2015年、準強姦容疑(昏睡レイプ事件)で山口敬之氏には逮捕状が出ていましたが、成田空港で逮捕の直前に警視庁刑事部長だった中村格( いたる)の一言で逮捕が取り消され、起訴もされなかったのです。山口敬之のレイプを握りつぶしたのは菅義偉官房長官 秘書官をつとめた中村格警視庁刑事部長で、山口氏を逮捕しなかった功績で安倍内閣の人事局が警察庁長官官房長へと出世させています。

全く腐りきっていますよね。権力を持つ人間は何でもできるんですね。こんな安倍総理や菅官房長官が「全ての女性が輝く社会づくり」なんて嘘八百で国民を騙し続けているんですね。伊藤詩織さんの尊厳を無視し、レイプは無かったとするこの事件は「女性を性的道具」としか見ない全女性に対する屈辱です。

2019-12-18_19-37-30.jpg

★★★ 伊藤詩織さん、中傷やセカンドレイプに「法的措置をとる」 ★★★

12月19日に日本外国特派員協会で記者会見を行った伊藤詩織さんは、記者の質問に答えた。

「どんな結果になろうと、民事でのピリオドが打てましたら、次は(セカンドレイプへの)法的措置を考えています。というのは、こういう措置を行わなければ、同じことがどんどん続いてしまう。私に対するコメントですが、それを見た他の(性被害)サバイバーたちも『同じように攻撃されるんじゃないか』思ってしまう。いろんな人を沈黙させてしまうので、法的措置を取りたいと思います」

「今後、同じようにアクションを起こす方がいらっしゃったら、どうかみなさんサポートをしてください。裁判所側でも改善できることはたくさんあると思います。私も、自分の経験をふまえて改善に繋げられればと思っています」と呼びかけた。

2019-12-19_19-02-20.jpg

★★★ 「死ななくてよかった。生きててよかった」 ★★★

伊藤さんは、今でもPTSDに苦しめられているという。「この2年間、死ななくて良かった。生きててよかったと思います」と涙ながらに告白。

性暴力のサバイバーに対する思いも語った。「今後同じようにアクションを起こす方がいらっしゃったら、どうかみなさんサポートをしてください。裁判所側でも改善できることはたくさんあると思います。私も、自分の経験をふまえて改善に繋げられればと思っています」と呼びかけた。

伊藤さんは、今回の民事訴訟を起こした意義について、「新たな証言や公になったことがいくつかあった」として「このプロセスこそが本当に意味のあること」と強調している。結審間際に、新たな証言者の申し出もあったという。

「自分自身がどういう人間でありたいか、ということをすごく考えてきてくださったんだなと感じました。いろいろな方が『自分だったら』と、自分ごととして向き合ってくれる人が多くいてくれたことが希望でした」と思いを込めた。
※出典 NEWS HUFFPOST 2019年12月18日 21時58分 ※写真もお借りしました。

2019-10-29_13-34-11.jpg

★★★ 日本の「男女格差指数」、121位で過去最低に。 ★★★

12月17日、スイスのシンクタンク世界経済フォーラムの「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」のランキング、最新版が発表されました。調査対象153カ国のうち、日本は121位。前年の110位から、順位を落としています。日本の順位は中国(106位)や韓国(108位)などアジア主要国と比べても低い。

この調査は、各国内の男女格差を、政治・経済・教育・健康の4分野から測ります。日本は妊産婦死亡率が低いため、健康分野は毎年高順位です。教育分野は良くも悪くもありません。先進国最下位なのは、政治と経済分野に女性リーダーが少ないからです。国会議員や大臣、企業の管理職に女性が増えることが必要なのですね。

2019-12-24_00-18-04.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」

2019-12-17_14-18-43.jpg

「ボク、毎日元気に遊んでるでち(=^・^=)」

2019-12-17_14-06-46.jpg

「ハコに入ってるのは何かや?(=^・^=)」

2019-12-17_14-07-14.jpg

「ネズちゃん遊びが一番好きニャ(=^・^=)」「笑ちゃんたら、おかしゃんにネズちゃんを咥えてきて、遊んでと催促するんだから(^^♪」

2019-12-20_18-54-29.jpg

「ボク、テレビも見るでち(=^・^=)」

2019-12-20_16-17-37.jpg

「何食べてるでちか?(=^・^=)」

2019-12-20_16-17-57.jpg

「アレ?ニャンコちゃんでちか?(=^・^=)」

2019-12-20_16-19-41.jpg

「このカゴも窮屈になってきたでちニャ(=^・^=)」

2019-12-19_18-25-56.jpg

「おかしゃんからクリスマスプレゼントにもらったベッドでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、新しいベッドにちょっと触っては離れて、ようやく入ってくれたけど、この不信顔なんですよ(^^♪」

2019-12-21_20-33-01.jpg

「でも、フアフアして気持ちいいニャ(=^・^=)」

2019-12-21_20-33-59.jpg

「そのまま、寝ちゃった(^^♪」「プレゼント成功!(^^)!」

2019-12-21_21-54-12.jpg

12月11日(水)、能代市在住の妹が眼の検査のため秋田大学病院へ来るので、連れ合いと会いに行きました。

2019-12-11_14-21-17.jpg

秋田大学病院は2年ぶり。大々的にリュニーアルされて、便利に且つ明るくキレイにになっていましたがどの科も患者で溢れていました。朝の9時から午後2時までかかった検査結果は2月に手術することになりました。

2019-12-11_14-22-52.jpg

12月13日(金)晴れ、スロージョギングに参加。

2019-12-18_10-00-53.jpg

スロージョギングが終わってから仲間の【ポーセラーツ】展示会「クリスマスフェスタ」を観に行きました。

2019-12-13_13-16-49.jpg

メルヘンチックなクリスマスツリーやお家、サンタさんが眼を楽しませてくれました。

2019-12-13_12-56-41.jpg

スロージョギング仲間の作品です。

2019-12-13_13-14-07.jpg

さすがに素晴らしい「総合グランプリ賞」の作品です。

※【ポーセラーツ】とは、真っ白な陶器に好きな色や模様の転写紙を貼って、世界に一つだけのオリジナルのテーブルウェアを簡単に作ることができるハンドクラフトです。

2019-12-13_13-09-58.jpg

12月22日(月)晴れ、西武のレストラン ブッフェ空桜(SORA)で、スロージョギングが終わった後、直行で仲間で「忘年会」をしました♪。

2019-12-23_13-40-01.jpg

空桜は殆ど満席でした。

2019-12-23_13-11-02.jpg

私たちは個室。ダイエットを気にしながら、お腹いっぱい食べてた後のコーヒー場面です(#^.^#)。美味しかったです♪

2019-12-23_13-28-12.jpg

ブッフェ空桜の入り口のシックなクリスマスツリー♪

2019-12-23_13-40-16.jpg

12月17日(火)晴れ、久しぶりに「ナナカマドウォーキング」に参加。風もなく穏やかな朝です♪。

2019-12-17_10-24-31.jpg

ウォーキングを終わって、イオンのレストラン「グランブッフェ」で忘年会。ウオーキングの消費カロリーを何倍も上回るカロリーを体に入れて(>_<)。私は低糖質の野菜や肉やチーズ、玉子が中心…しかし、肉らしいのは鶏のから揚げとお子様ハンバーグとシュウマイ。魚はなし。オムレツ風玉子がありました。余り食べるものがないというのが食いしん坊の私の感想(>_<)。

なぜ私が低糖質の食事か?23年前の58歳時、秋田市へ転居してきて、近くの内科医に血糖値が高いと言われてました。それから、「自己コントロール」をいい加減ながらしてきて現在に至ってます。

2019-12-17_11-32-02.jpg

今年も残り後少しですね。みなさん年賀状は書かれましたか?私は今日頑張って書かねば。25日まで出せば元旦配達になるのですね。今日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^♪。

2019-11-24_14-42-14.jpg

スポンサーサイト




2019-12-23 21:32 | カテゴリ:日記