☆彡 【箱根ガラスの森美術館】の記事を少し詳しく追記しました。(11月19日)

♪わたしはまっ赤な リンゴです ♪お国は寒い 北の国 ♪リンゴ畑の 晴れた日に ♪箱につめられ 汽車ポッポ ♪町の市場へ つきました♪
♪リンゴ リンゴ リンゴ ♪リンゴかわいい ひとりごと♪   
題名【りんごのひとりごと】←知ってる人がいるかしら?

2019-11-16_09-29-21.jpg

11月13日(水)、天気予報は「明日から急に寒くなり、雪が降るかもしれない」。…朝から何とも気合が入らず、体を引きずるように児童会館でのスロージョギングへ参加。力が入らずヘロヘロ(?_?)…走っているうちに調子が上がるだろうという予測に反して、気分が悪い。仲間とランチをして帰宅。胃が痛みだし、まさかの嘔吐(>_<)。それからグダグダと3日が経ってしまいました。

また、風邪です(T_T)。ショック!!折角落ちた筋肉を取り戻し、喜んでいた矢先にです。でも、まだ咳が残るけど、【生活即リハビリ】です。…昭和14年生まれ、もう十分年を取ってしまいました。「免疫力が低下してるんだね」とスローの仲間に言われたけど、風邪に負けてはいられません。「わたしは真っ赤なリンゴです♪」が頭の中で鳴り続けて!!自分自身を奮い立たせています(*^^)v。

2019-11-13_10-13-55.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「ボクは風邪もひかずに元気にしているでちニャ」

2019-11-16_09-56-17.jpg

「おかしゃんもおとしゃんも風邪で起きないでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、眩しいからカーテン閉めて(^^♪」

2019-10-28_07-28-23.jpg

「強制的に窓からボクのベッドヘ。二度寝でちニャ(=^・^=)」

2019-11-10_09-46-44.jpg

「ヘッヘッへ(^^♪。笑ちゃん、起きて(^^♪」

2019-11-10_09-44-58.jpg

「せっかくいい気持で寝ていたのに、おかしゃんって意地悪ニャ(=^・^=)」お顔を洗った後、お手もキレイキレイする笑ちゃん。

2019-11-10_09-43-42.jpg

「起きて行ったらおとしゃんがこんどは爪切りニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、お利口さん(^^♪」

2019-11-09_20-37-33.jpg

「雪はまだ降らないけど寒いでち(=^・^=)」「ボクここが一番でちニャ(=^・^=)」「ボクのおとしゃんが大風邪を引いておかしゃんに移したみたいニャ(=^・^=)」
「おかしゃんとおとしゃんが風邪でダウン。食欲がなく、冷蔵庫に食材はあるのに食事を作るのが頓挫(>_<)。体力維持が難しい…寒くて外には出たくないし…明日は温かいスープ位は作らないと(^^♪」「比較的風邪が軽いおかしゃんが「おさんどん」をしています(^^;)。

「暑いと言ってたのが嘘のような寒さですね。みなさんも風邪を引かないよう温かくしてお過しくださいね(^^♪」。

2019-11-16_09-54-48.jpg

10月29日(火)曇り、今日から2泊3日で「第14回夫のきょうだい旅行」に参加。朝7時16分の「こまち10号」に乗って東京へ。車窓から秋田の田園風景をパチリ。東京で「こだま651号」に乗り替え小田原へ。12時ジャストに小田原駅西口改札口で集合。

2019-10-29_07-53-33.jpg

バスの運転手さんが「小田原城が見えますよ」、急いでスマホでパチリ。「あぁ♪運良く撮れた(^^♪」

2019-10-29_12-27-24.jpg

2019年10月11日未明から13日にかけて列島を襲った台風19号。神奈川県箱根町では、降り始めからの総雨量が1,000ミリ超を記録、これは観測史上最多の降水量であった。これにより土砂崩れなどで交通網は寸断される事態に陥った。

台風19号の暴風雨で箱根は大きな被害を受け、我がきょうだい旅行も可能か危ぶまれましたが、小型バスをチャーターしここまで来たのでした。バスの運転手さんの話だと「箱根駅伝(1月2日、3日)」5区のスタート地点はこの辺りだそうです。

2019-10-29_12-29-49.jpg

いつもは人人人で溢れかえる箱根の街は人影もなく雨の中に佇んでいました。

2019-10-29_12-36-57.jpg

勾配14度、標高差864m、長~い長~い坂道を20,08kmも走るのですから、ランナーには非常に強い脚力とスタミナが必要とされるのですね。また、ここは山の中、平地と比べるととても寒いのだそうです。そういう配慮とともにメンタルも大事なのではと思います。

2019-10-29_12-46-35.jpg

私たち夫婦はバスでこの長~い坂を通って、5区の難所を走るランナーに思いを馳せ、感動せずにはいられませんでした。往路107,5km、復路109,6km、計217,1kmを20人の学生がタスキを繋ぐ、「箱根駅伝」をテレビで見るのが、初詣にも出かけない夫婦のお正月に欠かせない行事となっています。

2019-10-29_12-47-38.jpg

総雨量が1000ミリを超える観測史上最大の豪雨に見舞われた。箱根登山電車は箱根湯本―強羅間で土砂崩れが発生し、1カ月を経過した今も復旧のめどが立たないなど、現在も一部で大きな影響が残っています。.

2019-10-29_12-53-37.jpg

雨の中、着いたのは「箱根ガラスの森美術館」。

2019-10-29_14-21-31.jpg

そこにはガラスが魅せる夢の世界が広がっていました。

2019-10-29_13-32-16.jpg

当ブログの写真は全てクリックすると拡大できます。雨粒とクリスタルガラスがコラボするガラスの木。拡大してご覧ください。

2019-10-29_14-23-57.jpg

枝垂れる葉の植物とともに咲く白い花はクリスタルガラスの花です。背景にある白い木はクリスタルガラスの木です。

2019-10-29_13-28-00.jpg

広い庭園はバラや季節の花に彩られ、

2019-10-29_13-29-17.jpg

マガモがのんびりお散歩していました。

2019-10-29_13-35-05.jpg

庭園の池の中で、ひときわ目立つガラスの造形は【パラッツォ・ドウカーレ・シャンデリア】です。この不思議な形はどうやって造ったのでしょうね。

※この作品は当館と「ヴェネチア市立ムラーノ・ガラス美術館」が1996年に姉妹提携を結んだ記念として2点制作され、一つは箱根ガラスの森美術館に、もう一つは「ヴェネチア市立ムラーノ・ガラス美術館」に展示されています。(説明は箱根ガラスの森HPより)

2019-10-29_13-25-21.jpg

これは【光の回廊】です。庭園からヴェネチアン・グラス美術館エントランスへ続く橋にかけられた、高さ約9m、全長約10mのクリスタル・ガラスのアーチ。約16万粒のクリスタル・ガラスが風にゆれ、様々な表情を見せてくれるとのことですが、残念ながら、雨で、期待する虹の輝きは見られませんでした。(>_<)。

2019-10-29_13-26-22_20191117160405eb6.jpg

ここのバラの花は全部ガラスの花です。

2019-10-29_13-36-25.jpg


2019-10-29_13-37-19.jpg


2019-10-29_14-08-50.jpg


2019-10-29_14-08-22.jpg

夢の青いバラの花も、雨に濡れてうつむいて咲く、この柔らかで儚げなピンクのバラにはかないませんね。

2019-10-29_13-34-36.jpg

入り口には【ピカソ・シャガールたちの ヴェネチアン グラス彫刻展】と表示されていました。それでは中に入って見ましょう。

2019-10-29_13-20-34.jpg

こじんまりした空間に生花が活けられていました。

2019-10-29_13-23-16.jpg

繊細な透明ガラスのオブジェはライトアップされ、清楚な空間となってました。

2019-10-29_13-40-55.jpg

ド派手な作品が展示されてるのは【現代ガラス美術館】です。

2019-10-29_13-40-31.jpg


2019-10-29_13-41-36.jpg


2019-10-29_13-42-14.jpg

モダンな作品なのにシックに感ずるのは、この天上のせいでしょうか?

2019-10-29_13-44-19.jpg



2019-10-29_13-44-24.jpg

世界一有名なマスカレード(仮面舞踏会)といえば、イタリア・ ヴェネチアのカーニバルだそうですから、これらのお面はそんなカーニバル文化から生まれたのでしょうね。

2019-10-29_13-45-59.jpg

.🎃ハロウィンでは大活躍しそうなお面の数々。

2019-10-29_13-45-48.jpg

この赤い牛 【TORO(雄牛)】はデザイン:パブロ・ピカソ の作品を基に、エジディオ・コスタンテイ―ニが制作したものです。

2019-10-29_13-51-32.jpg

こちらは王様の部屋?時間が押していたので説明書きを読んできませんでした(^^;)。

2019-10-29_13-55-50.jpg

でも、華麗も度を超すと神経が疲れますよね。暖炉の上に立派な有翼の獅子像がありました。

2019-10-29_13-49-50.jpg

ヴェネツィア市の旗にも、翼がある獅子が描かれていますね。このライオンは本を開いています。
「羽根の生えたライオン」は、ヴェネツィアのシンボルです。この街の守護聖人である聖マルコのシンボルが「有翼の獅子」あったからだそうです。戦争時は本を読めないが、平和時には本を読むことが出来るという平和への願いを込めたシンボルでもあるのですね。

2019-10-29_13-54-22.jpg

では、シンプルに♪

2019-10-29_13-39-13.jpg

こちらは、箱根ガラスの森美術館で、【ピカソを超えよう】牛をテーマにしたガラス作品のデザイン画を子どもたちから募るコンクールが行われ、最優秀賞に横浜市立東山田小学校6年の平出昊誠さんの作品が選ばれ、そのデザイン画を基にイタリアのベネチアングラス職人親子がガラス彫刻を制作したものです。可愛らしいですね。

2019-10-29_14-04-32.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。旅行記が続きます。ではまた(^^♪。

2019-10-29_14-18-52.jpg

スポンサーサイト




2019-11-16 20:25 | カテゴリ:日記