☆☆☆ 未掲載の写真と統計を掲載しました。写真がPCに取り込めず、度々ご迷惑をおかけして居りますことをお詫びします。m(__)m ☆☆☆

◆◆◆ 緊急なお知らせ ◆◆◆

【 富裕層の税を上げるなんて馬鹿げた政策だ by総理 】←この記事の動画の所要時間(2分20秒)

当ブログの左リンク先トップの『布ぅ楽雑記』http://cooplus.blog4.fc2.com/ 6月13日の記事にご注目ください。

参議院決算委 2019年6月10日
共産党小池晃:「大企業にせめて中小企業並みの法人税の負担を求めれば、4兆円出てくる。平等に所得税を上げれば3兆円てくる」
安倍:「富裕層の税金を上げるなんて馬鹿げた政策だ」

(↓金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」
2019-06-16_23-20-15.jpg

【小池晃議員の発言内容の要約】
私たち年金生活者の現状は、安倍政権になってから年金が6%削られてる。将来の私たちの年金は、更にマクロ経済スライドで減るのは明らか。金融庁の報告書は今の生活水準を保証できない(2000万円不足)と、正直に言ってるのを隠す。税金の集め方と使い方見直しが必要。内部保留400兆円ある。所得1億円以上の人たちの税金はどんどん下げている。今回、金融庁の報告書を機に年金について真剣に考えるべきですよ。

2019-06-16_23-28-44.jpg


2019-05-24_10-19-45_20190616140715194.jpg

★★★ 防衛省イージス・アショア調査ミス ★★★

陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡っては、防衛省が5月27日、新屋演習場で地質や電波環境を調べた結果、いずれも問題はなく「安全に配備・運用できる」との考えを佐竹知事や穂積志秋田市長に伝えたばかりでした。
※出典 秋田魁新報社 ※写真もお借りしました。

だが、防衛省による適地調査を巡り、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場以外の国有地での調査結果に数値ミスが見つかった。同省の五味賢至戦略企画課長は8日、断面図作製には米グーグル提供の地図サービス「グーグルアース」を使用し、その断面図から定規で標高と距離を出した。実地調査をしておらず、通常と異なる手法だったことを認めた。

5月末公表の調査結果報告書は、近くにある山がレーダー波を阻害するとして青森、秋田、山形3県の9カ所を配備に「不適」としたが、6月5日に9カ所全ての仰角に誤りが発覚。全数値を下方修正した。

しかし、6月8日に秋田市で開かれた住民説明会で、新屋演習場を「適地」とした調査結果については「誤りはない」と強調した。
※出典 河北新報 2019年06月09日

☆彡 防衛省が、こんなずさんな手抜き調査をしていたにも関わらず、「適地」とした調査結果に「誤りはない」と言われても、県民はにわかに信頼できるはずがないでしょ!!秋田を破滅に追い込む危険なイージス・アショア(1基約4000億円)は要りません。

2019-06-10_15-14-08.jpg

★★★ 安倍首相、陸上イージスは「防御的」 ★★★

 安倍晋三首相は7日の参院本会議における国民民主党の川合孝典氏への答弁で、「ロシアが陸上配備型迎撃ミサイルシステム【イージス・アショア】導入に懸念を示している」ことについて、「わが国に飛来する弾道ミサイルの脅威から国民の生命、財産を守るために必要な、純粋に防御的なシステムだ」と述べ、理解を求めた。

 首相は「対地攻撃ミサイルを発射する能力は有しておらず、そのような能力の付与は検討していない」と強調。「米軍が運用するシステムをわが国に配備するのではなく、わが国が主体的に運用するシステムだ」とも語った。

☆彡 攻撃目標にされたら、一発で秋田は吹っ飛んじゃうよ。そんな危惧は不要というなら、官邸前にでも配備したらどう。どんなに詭弁を弄しても、ロシアのプーチンはお見通しですよ。

2019-06-07_18-28-52.jpg

★★★ 住民説明会で職員が居眠りし謝罪 ★★★

6月8日、秋田市で行われた「イージス・アショア」に関する住民説明会で、防衛省側が調査ミスなどについて説明している会場に、「後ろの席の一番右のあなた、居眠りしていましたね。何を考えてんだ!我々の人生かかってるぞ!!」地元住民の激しい怒声が響き渡った。
居眠りをしたのは、防衛省・東北防衛局の職員であった。9日、東北防衛局長が説明会で陳謝した。

2019-06-10_15-10-19.jpg

★★★ 佐竹知事憤慨「真剣さがない」「話は振り出しに戻った」 ★★★

地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の調査報告書に事実と異なるデータが記されていた問題で、佐竹敬久知事は10日、候補地である陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に隣接する県有地の売却など防衛省との協議を白紙に戻す考えを示した。「防衛省の基本姿勢には疑問がある。話は振り出しに戻った」と述べた。

居眠りには「秋田県民を愚弄している!」「憤慨した!」知事が激しい怒りをあらわにした。
※出典 秋田魁新報社 2019年6月10日 ※写真もお借りしました。

2019-06-05_22-17-01.jpg

★★★ 20年度予算案 防衛省、地上イージス造成費計上見送りへ ★★★

 「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、岩屋毅防衛相は14日の記者会見で、2020年度予算案の概算要求について土地造成や津波対策などの関連予算計上を見送る方向で調整していることを明らかにした。適地調査報告書へのデータ誤記載や住民説明会での職員の居眠りなどを受け、地元での反発や不信感がこれまでになく強まり、現状では理解が得られないと判断したとみられる。

★★★ 家庭用地下シェルター開発 災害時に避難、放射性物質も除去 ★★★

 秋田県大館市の東光鉄工(菅原訪順社長)は、地下に設置して災害時などに避難できる一般家庭向けシェルターを商品化した。電源を供給する発電機、貯水タンクなどを備え、数人が最大で2週間程度、避難生活を送ることができるという。価格は1基1500万円(税別、工事費除く)。

2019-06-14_21-15-10.jpg



2019-06-07_13-29-05.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク、笑ニャ(=^・^=)」

2019-06-09_15-23-48.jpg

「おかしゃん、またお出かけでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、今日は早く帰ってくるからね(^^♪」

2019-06-09_15-24-55.jpg

「ほんとかニャ?おかしゃんが帰ってくるの、いつも待ちどおしいでちニャ(=^・^=)」「今日はホントに早く帰るからね(^^♪」

2019-06-09_15-26-48.jpg

「おかしゃん、早く帰って来たけど、この箱は何の箱でちかニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、新しく買ったプリンターの箱よ(^^♪」「ボク、入ってみたいでちニャ(=^・^=)」

2019-06-09_15-18-39.jpg

「う~ん、おかしゃんでもプリンターをセットアップできるかな?。スタートガイドは日本語で書いてるから大丈夫かな?(?_?)」。「おかしゃんはしばらく考えちゃいました(^^;)」。この場合、笑ちゃんはこんな散らかってるのが大好きなので、お手伝いされれば、全然はかどらないから、リードをつけて玄関にいてもらいました(^^♪。

2019-06-09_15-29-25.jpg

やれるかな?ドキドキ30分もかかって、ようやくプリンターをセットアップ(*^^)v。白い方が新しいプリンター「EPSON EW-M630T Series 」です。大型インクボトル付き、約6000枚印刷可能。黒い方が紙送りが出来なくなった、ブラザーです。大型インクカセットを外付けしてました。今度は機種専用インクしか使えないとのこと、インクが大量に余っちゃいました(>_<)。というわけで、記念写真をパチリ♪PCとつなげたのは東京在住の長男でした。

2019-06-09_15-39-37.jpg

笑ちゃんにはご褒美に町内ひと回り散歩。「ボク、ツカレタでちニャ(=^・^=)」

2019-06-10_16-28-29.jpg

「うん?虫が飛んでるでちニャ(=^・^=)」「おかしゃんには何も見えないけど?(#^^#)」

2019-06-10_16-29-12.jpg

「笑ちゃん、お家へ帰りましょ(^^♪」「まだ、いやでちニャ(=^・^=)」抵抗する笑ちゃんをダッコして、「オモ―!」(約5㎏)無事帰宅♪

2019-06-10_16-31-21.jpg

笑ちゃん、帰宅して夕ご飯を食べたら、こんな格好して寝てしまいました。←カワイイ♪

2019-06-10_21-08-23.jpg

「笑ちゃん、札幌の詩梨ちゃんがご飯が食べられず亡くなったのよ」「ボクも悲しいでちニャ(=^・^=)」「おかしゃん、次々と出てくる事件の真実に、悲しんでばかり居られなくて、詩梨ちゃんの死がどういう経緯でもたらされたのか、おかしゃんの気持ちの整理のため、書くから応援してね」

2019-06-02_10-51-19.jpg

★★★ 48時間ルール守らず ほかにも4件 衰弱死問題の札幌児相 ★★★

札幌児童相談所は11日夕方、あらためて会見を開き、今回の事件を受けて虐待通告案件全てを調べたところ、48時間ルールを違反している事案が、ほかにも4件あったことを明らかにした。

うち2件は、依然として安全確認ができていないという。

一方、道警が、強制的な立ち入り調査である「臨検」をうながしたのにもかかわらず、児童相談所が応じなかったと話している点については、「臨検という言葉が出た記憶はない」とあらためて否定した。
※出典 北海道文化放送 2019年6月12日 0:12

2019-06-05_22-00-08.jpg

☆☆☆ 人権=人が生まれながらにして持ってる権利 ☆☆☆

・児童虐待=cuild abuse → ab(離れた)+ use(使い方)=「子どもの本来とはかけ離れた使い方をする」の意味。
・子供=大人の供え者=「子どもに人権はない」
・虐待=力の落差により起こる=支配とコントロールである。

2019-06-07_13-30-18.jpg

【子どもの権利条約】 (1989年:国連採択:日本1994年4月22日批准)

1、生きる権利 2、育つ権利 3、守られる権利 4、参加する権利

詩梨ちゃんの人権が無視され、大人から何一つ守られることもなく、何の罪もなく苦痛の中でたった一人で息絶えた2歳だった詩梨(ことり)ちゃん。お母さんがこんな美しい名前を付けてくれたのに、小鳥のように羽ばたき囀ることもなく、一言の声も発しないで死んでしまった詩梨ちゃん。天国へ行けますように。黙祷。

2019-06-11_02-06-38.jpg

★★★ 2歳女児衰弱死…複数のあざ 21歳母と交際相手 24歳男逮捕 ★★★

「飲み歩いていた」札幌2歳女児衰弱死 母親 飲食店従業員 池田莉菜容疑者(21)と部屋に一緒にいた交際相手の飲食店経営・藤原一弥容疑者(24)を逮捕。警察は育児放棄による傷害致死容疑も視野に、調べを進めている。二人は傷害容疑を否認している。

2019-06-11_02-10-24.jpg

★★★ 虐待心配する通報は"あった" 去年9月から2回 札幌2歳女児衰弱死 児童相談所が会見 ★★★ 

札幌市児童相談所は6日午後5時30分から市役所で会見を開き、5日通報を受けた際の具体的な状況を説明しました。
それによると、5日午前5時ごろ、池田莉菜容疑者(21)から「風呂から上がると、子どもがうつぶせで倒れていて意識がない」と消防に通報がありました。

担当者:「不審なあざ・傷があるということで、救急隊から110番通報があって警察が臨場しています」

2019-06-06_20-51-44.jpg
 
 1回目は2018年9月、「託児所に預けっぱなしで育児放棄が疑われる」との内容で通告がありました。児童相談所は家庭訪問し、あざや傷がなく、池田容疑者が母親とも定期的に交流があるため、虐待の事実は無いと判断。

 2度目は2019年4月、「昼夜を問わず子どもの泣き叫ぶ声が聞こえ、心配だ」との通告を受け、児童相談所は家庭訪問しましたが不在のため会えず、電話での連絡にも応答がありませんでした。

 また5月には札幌南署の警察官が訪問し、親子と面会し、詩梨ちゃんの身体の状況を確認しましたが、虐待が心配される状態ではなかったと判断しました。

その後、札幌児童相談所は数回電話をしたものの、つながらなかったということです。
担当者:「結果的に母子面会できていない。対応を努力していきたい」

児童相談所は今後、検証委員会を立ち上げ、死亡に至る経緯を検証するとともに再発防止に向けた検討を行うとしています。
 
☆彡 私は6日の会見をテレビで見ていたのですが、「詩梨ちゃんへのお詫びの言葉、ご冥福を祈る」という言葉は一言も発せられませんでした。私が見逃したのでしょうか?「今後は適切な対応をしていきたい」とは言ってましたが、全く他人事、冷たい会見でした。

2019-06-11_01-39-38.jpg

★★★ 詩梨ちゃんが死亡するまでの経過 ★★★ 拡大してご覧ください。

2019-06-09_01-10-19.jpg

2019-06-11_02-08-09.jpg

2019-06-11_02-09-21.jpg

☆彡警察に「同行を遠慮してほしいと言われた」(?_?)「そんなバカな!!責任を警察に擦りつけたいのか!!」

2019-06-11_01-40-09.jpg

(注)【児童相談所の所長は、子どもを守る最後の砦として、検察・警察を上回る、一時保護や親子分離といった強力な行政権限が与えらています。】元児相の職員だった女性が「臨検」は、全国で1年に1回あるかないかですと言ってましたが、その1回として、児相の所長が詩梨ちゃんと会っていたら、詩梨ちゃんは命を落とさずに生きていられたでしょうに!!返し返しも口惜しく残念です。

2019-06-11_02-10-32.jpg

★★★ 『48時間ルール』 ★★★

 虐待の通告を受けたら48時間以内に、子どもを直接目視することで安全を確認し、それができない場合は立ち入り調査を行う。

★★★ 児童虐待防止法 (・通告義務・早期発見義務) ★★★  
(第6条)虐待受けたと思われる児童を発見した者は児童相談所、市町村、福祉事務所への通告義務がある。特に学校、児童福祉施設、病院等の「団体」や教職員、児童福祉施設職員、医師、保健師、弁護士等の「個人」には早期発見義務が課されている。

2019-06-11_02-08-20.jpg

★★★【 臨 検 】とは?★★★

 児童虐待が疑われる家庭に対し、保護者が出頭要求や任意の立ち入り調査を拒否した場合に、児童相談所が裁判所の許可を得て行う強制的な立ち入り調査。児童の安全を確保するため、保護者がドアを開けない場合でも、家屋の施錠をカッターで切断するなどして室内に立ち入ることができる。平成18年10月に京都府長岡京市で起きた3歳男児の餓死事件などを受け、翌19年に超党派の国会議員による議員立法で児童虐待防止法を改正。20年4月から導入された。

★★★ 虐待による死亡数と臨検実施件数の推移 ★★★ 

2019-06-15_15-50-29.jpg

★★★ 札幌詩梨ちゃん衰弱死事件で、札幌児相が 11日午後に会見を開き、判断の甘さを認めた ★★★

2019-06-15_11-42-15.jpg

★★★ 体重が1年前の健診時とほとんど変わっていなかった ★★★

 亡くなった池田詩梨ちゃんは死亡時の体重が平均の半分の約6キロでした。その1年前の乳幼児健診では、体重が標準と比べて約3キロ少ない6.75キロで身長も約10センチ低く、精密検査を勧められていました。児童相談所は虐待通告を受けた去年9月、保健センターに問い合わせて「小柄」であると把握していたものの、具体的な体重や身長を確認していませんでした。

また、精密検査を受診しておらず、母親の莉菜容疑者と連絡が取れなくなったと保健センターから報告を受けたということです。

2019-06-08_00-40-26.jpg

2歳の詩梨ちゃんの死因は衰弱死でしたが、捜査関係者によると、詩梨ちゃんの上半身には、やけどの痕があり、熱湯をかけられた可能性があることが新たにわかりました。
※出典 北海道ニュース 2019/06/14(金) 23:41  ※写真もお借りしました。

2019-06-15_18-17-45.jpg

★★★ <北海道>母親と男の自宅からネコ21匹保護 2歳児衰弱死で ★★★

警察から連絡を受けたネコの保護団体が、池田莉菜容疑者の自宅からネコ13匹を保護しました。いずれも衰弱していたということです。また交際相手の藤原一弥容疑者の自宅からもネコ8匹が保護されましたが、室内は糞や尿などの異臭が充満していたということです。

NPO法人ニャン友ねっとわーく・北海道の勝田珠美代表は「通常の半分くらいの体重しか子ネコたちがないんですね。持ち上げると、あばら骨が出ていて背中の骨が触るよるな状態でした」と話しました。ネコにはダニが大量に付くなど不衛生な状態で、警察は、亡くなった詩梨ちゃんがどのような環境で育てられていたかも含めて、引き続き調べを進めています。
※北海道テレビ 6/14(金) 23:46配信

2019-06-15_18-25-55.jpg

★★★「児童相談所への医師と弁護士の配置を義務化」★★★

児童相談所への虐待相談対応件数は増加の一途をたどっており、2017年度には13万件を超える事態は深刻であり、児童虐待防止法改正案を閣議決定 。2022年4月より児童相談所への医師と弁護士の配置を義務化の方向で、児童虐待防止対策を進める。

安倍晋三首相は、「あらゆる手段を通じて虐待を受けた子どもたちを守っていく。そういう強い決意を持って臨んでください」と、政府総力を挙げて虐待防止に取り組むよう指示した。
※出典 マイナビDOCTOR  2019.03.22

2019-06-05_14-41-14.jpg

★★★ オープンガーデン秋田 6月7日~9日 ★★★

6月7日、スロージョギングの仲間と、個人宅(4軒)の自慢のバラを鑑賞してきました。

2019-06-07_14-09-44.jpg

これはK1さんのお宅のバラです。イングリッシュ・ガーデンをイメージされてて、バラの他にもさまざまな花が植えられていました。

2019-06-07_11-50-53.jpg

2019-06-07_13-28-20.jpg

2019-06-07_11-46-01.jpg

2019-06-07_13-27-11.jpg

この世に咲くバラたちをパチリ♪

2019-06-07_11-38-17.jpg

見たこともないほど大きなギボウシです。今日はこれまで。バラ園鑑賞は次回に続きます。

2019-06-07_11-33-51.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。

スポンサーサイト




2019-06-14 21:20 | カテゴリ:日記