★★★ 太平洋の「核のひつぎ」から汚染物漏出の恐れ、国連総長が懸念 ★★★

国連(UN)のアントニオ・グテレス(Antonio Guterres)事務総長は16日、核実験で生じた汚染物を投棄するため20世紀に建設されたコンクリートのドームから、放射性物質が太平洋へ漏出していることへの懸念を表明した。

写真はマーシャル諸島・エニウェトク環礁ルニット島にある、放射性廃棄物を投棄したコンクリート製ドーム。米国防総省核兵器局提供(1980年撮影)。

2019-05-17_01-19-06.jpg

1954年3月1日に行われた水爆実験から29年後の1983年、マーシャル諸島と米国は水爆実験の影響に対する補償についての規定を含む自由連合協定を締結。米政府が1億5000万ドル(現在の為替レートで約153億円)を拠出して信託基金を創設し、補償を行うことで合意した。

しかし、それから10年以上たったビル・クリントン(Bill Clinton)大統領の時代に、それまで秘密にされていた水爆実験に関する文書が見つかり、別の数十の島が放射性降下物によって汚染されていたことが判明した。

※下の白黒写真は1954年3月1日、マーシャル群島で行った核実験によるキノコ雲。

2019-05-17_01-45-14.jpg

★★★ 生じた損害に対する公正かつ公平な補償は提供されていない ★★★

この日の式典に参加したビキニ島出身のヒントン・ジョンソン(Hinton Johnson)さんは、家を追われた島民に対する米政府の補償額は不十分だと批判する。「毎月支払われている補償金の額は現在、1人当たり46ドル(約4700円)。1日当たり1ドル(約102円)と少しだ」
※出典 AFP=時事 5/16(木) 23:17配信 ※写真もお借りしました。

2019-05-17_01-51-29.jpg

★★★ 放射能の半減期?放射能が無くなる? ★★★

放射性物質は、壊変(崩壊)を繰り返し、最終的に安定した物質へ変化すると放射線を放出しなくなる。 壊変によって始めの放射性物質の数が半分になるまでの時間を半減期といい、放射能は、時間がたつにつれて弱まっていく。その減り方は規則性をもっていて、半減期は、放射性物質の種類によって異なる。(東京都環境局)

☆彡最終的に安定した物質へ変化すると放射線を放出しなくなる?何百年も先のことは、今の私たちは生き延びることは不可能なのですから、誰も分からないのですよね。放射能というサタンの火を手に入れた人類は滅びの道へ歩みを進め続けているのではないでしょうか?核に対しては万能の人工知能(AI)も対応は無理かと思います。

2019-05-09_15-38-46.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ。このカゴ、ボクお気に入りでちニャ(=^・^=)」「おかしゃんが新しく用意したカゴが気に入ってくれてうれしいわ(^^♪」

2019-05-07_07-38-40.jpg

「おかしゃんのベッドの隣、2階の南側出窓の前、絶好の場所でちニャ(=^・^=)」「笑ちゃんたら、先輩猫のミミちゃんやポン太や空ちゃんの使ったカゴはダメだったの。変ね(^^♪」

2019-05-07_07-38-16.jpg

5月6日(月)快晴、10連休の最後の日、埼玉から能代市へ遊びに来ていた姪っ子夫婦が秋田の我が家まで足を延ばしてくれました。笑ちゃんは大喜び。姪っ子のところにはニャンコが3匹もいて、ニャンコの扱いも心得たもの、だから笑ちゃんも懐いちゃって♪9日(日)は青森へ行き、寒くて震え上がったそう。連休中、秋田も寒かったです。

2019-05-06_19-07-18.jpg

「ボクも車に乗るでち~(=^・^=)」。おとしゃんに抱かれて姪っ子たちを後追いする笑ちゃん。西日が当たって。7日(火)、姪っ子たちは男鹿半島の夕日(絶景)を見てから埼玉へ無事帰郷。

2019-05-06_19-05-33.jpg

5月10日(金)、「おかしゃん、朝ごはんは?お水もないでちよ(=^・^=)」

2019-05-10_08-22-04.jpg

「ボク、ごはん食べたいでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、朝ごはんなしなのよ。ごめんね(^^♪」

2019-05-10_08-57-29.jpg

「ね。おかしゃん、ボク立ってるでちよ(=^・^=)」。おかしゃんの気を引こうとする笑ちゃん。「この日、笑ちゃんはとっても静かだったのよ(^^♪。動物の感って鋭い!」

2019-05-10_08-58-07.jpg

朝9時半、「おかしゃんどこへ行くでちかニャ(=^・^=)」「ナイショ」笑ちゃんは、キャリーに入るのは嫌がりません。動物病院の診察台でさすがに「ボク、いやでちニャ(=^・^=)」とちょっぴり抵抗。先生が「袋へ入れると落ち着くから」と、洗濯袋を診察台に置くと、袋好きの笑ちゃん、自分から入って「ゴロニャン(=^・^=)」

2019-05-10_09-29-15.jpg

午後4時半すぎ、病院へ迎えに行きました。病院のケージに入れられている笑ちゃんに「笑ちゃん(^^♪」と呼びかけると、ちゃんと「ニャ。(=^・^=)」とお返事してくれました。看護師さんが「笑ちゃんって人懐っこいね。呼ぶと私たちにすり寄って来たのよ」「笑ちゃんは人好きニャンコなの(^^♪」。
写真は、帰りの車の中で、「ボク、なんか変ニャ(=^・^=)」と、キョトンとしている笑ちゃん。

2019-05-10_16-55-37.jpg

「どうなってるニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、大丈夫よ(^^♪」。とってもおとなしい笑ちゃん。かごのフタをしないで帰宅しました。

2019-05-10_16-55-34.jpg

病院から帰ると、晩ご飯を食べた後、自分からキャリーに入って、さっさと寝てしまった笑ちゃんです。実は可哀そうだけど去勢手術を受けたのです。今までのどのニャンコより傷が意外に大きく痛々しく、あんなに走り回っていた笑ちゃんがほとんど寝て過ごし、おかしゃんはとても心配してしまいました。階段の上り下りは無理と思い笑ちゃんを居間に寝かせて、おかしゃんも2晩ソファで寝ました。

「ケ・セラ・セラ~♪なるようになる~♪先のこと~など~♪わからない~♪」(ペギー・葉山)と、いつも「何とかなるさ」とノンキな私も、微動もしない笑ちゃんに「このままでは死んでしまうのでは」と、過剰に心配してしまいました(T_T)。

2019-05-10_19-25-43.jpg

5月14日(火)、「おかしゃん、ここ温かいでちニャ(=^・^=)」。おかしゃんが眼を放したスキに→

2019-05-17_04-37-47.jpg

「お風呂場で遊んだ?またやったのね(>_<)。笑ちゃんダメよ~(^^♪」笑ちゃんようやく遊びはじめました。でもまだ、大好きなネズちゃん捕物遊びをしようとはしません。走り回るのはまだ無理のようです。そ~っと動いています。

2019-05-14_03-08-13.jpg

「笑ちゃんどこ?(^^♪」「ボク、いません(=^・^=)」叱られると予測した笑ちゃんはマットの下へ隠れる。「笑ちゃん、見~つけ(^^♪」。ま~るいオシリもカワイイ♪←単に親バカ。

2019-05-14_03-07-13.jpg

夜はアンモナイト寝…♪

2019-05-14_21-09-53.jpg



2019-05-09_15-36-36.jpg

5月15日(水)、秋田市ハーモニープラザで、『子どものS0Sが聞こえますか?』子どもの虐待防止のための連続講座の第1回目を行いました。
講座の目的は、私たち市民が地域社会で、『子どもの虐待を無くす』ため、『どうすれば暴力に頼らない子育てができるのか』、身近な場で話し合い、議論を広げ、市民一人一人が『子どものSOS』を受け止め、行動につなげたい。

2019-05-18_04-23-57.jpg

★★★ 子は親を選べない ★★★ 子の虐待はDVとリンク ★★★ 虐待する親に共通するリスク ★★★

第1回目は4つの子どもの虐待死事案をあげて、子どもの虐待とは?虐待する親とはどういう親か?虐待される子どもへの影響。虐待される子のリスク、虐待する親のリスク、養育環境におけるリスク、児童虐待防止法、子どもの権利条約等について話題を提供、グループで話し合いました。

①大阪、2017年12月死亡(暴行・性虐待)、今西希愛(のあ)ちゃん2歳、(義父・今西貴大27歳)
②東京目黒、2018年3月死亡(暴行・餓死)、船戸結愛(ゆあ)ちゃん5歳、(義父・船戸雄大33歳・妻へDV・実母・優里25歳・保護責任者遺棄致死)
③野田市、2019年1月死亡(暴行・性虐待・衰弱)、栗原心愛(みあ)ちゃん10歳(実父・栗原勇一郎41歳・妻へDV・実母・なぎさ31歳・傷害)

3人の女の子の名前に『愛』という文字が付けられています。親も子どもが生まれたことを喜び愛していたのでしょう。子どもたちはその『愛』を裏切られ、地獄の中で死んで行ったんですね。

④厚木市、2014年5月死亡、斎藤理玖(りく)君(5歳半)は餓死してから7年間も放置され、白骨化。実父・斎藤幸裕(36歳・妻へDV・保護責任者遺棄致死)

4つの事案に共通するリスク
①3人の子どもは食事を与えられず死亡、②3人の親が転居、③3人が妻へのDVあり、④2人が暴行・性虐待があり、⑤義父が2人、⑥妻の早期結婚と出産、⑦孤立など。

結愛ちゃんと心愛ちゃんの2人は児相に相談、児相に一時保護されるも、子どもが発しているSOSが援助者である公務員たちの心に届かず、救えるチャンスがあったのに見殺しにされてしまったんですね。残念!無念!口惜し過ぎます(T_T)。

2019-05-15_11-34-40.jpg

★★★ 千葉小4虐待死 母が初公判で起訴内容認める ★★★

5月16日、千葉地裁前に、栗原なぎさ被告の初公判の傍聴券を求め、400人以上の人が列を作った。

2019-05-16_19-17-36.jpg

★★★ 「毎日地獄だった」と心愛さん、母に打ち明ける 千葉小4虐待死母親初公判 ★★★

なぎさ被告は平成29年に勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=と再婚。6月に次女を出産したが、体調が優れずに入院生活が続いていた。そのため勇一郎被告は妻を当時住んでいた沖縄に残し、心愛さんと次女を連れ、千葉県野田市に転居していた。

検察側は証拠調べの中でなぎさ被告を取り調べた際の調書内容を朗読。【 なぎさ被告が遅れて、千葉にやってきた際、心愛さんが元気のない様子だったため、どう過ごしていたかを確認したという。その際、心愛さんは「毎日が地獄だった。夜中に起こされたり、立たされたりした」などと話したとした。】

2019-03-18_18-52-24.jpg

なぎさ被告は、勇一郎被告からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとされ、千葉県警の調べには「虐待を止めようとしたら暴力を振るわれた」と供述していた。

母親・栗原なぎさ被告は、夫・勇一郎被告が心愛さんに冷水のシャワーを浴びせるなどした虐待を制止しなかったほか、なぎさ被告自身も心愛さんに1週間食事を与えなかったなどして、【傷害ほう助の罪】に問われている。

検察側は勇一郎被告に逆らえないという事情があったとしても、虐待を母親として容認し放置することは許されることではないとして懲役2年を求刑した。判決は6月26日。
※出典 産経新聞 5/16(木) 16:50配信 ※写真もお借りしました。

2019-02-25_10-39-41_201905180320415cf.jpg

★★★ 虐待防止強化、法案審議入り 体罰を禁じる表現、焦点 ★★★

児童虐待防止の強化に向け、親権者らによる体罰禁止を明記した政府提出の児童福祉法等改正案が10日、衆院本会議で審議入りした。立憲民主党や国民民主党など、野党5党派が共同で提出した対案も同時に審議される。今国会での成立を目指す。
※出典 朝日新聞 2019年5月11日05時00分 ※写真もお借りしました。

2019-05-11_13-59-00.jpg

★★★ 子どもの虐待防止法などの改正ポイント ★★★

①しつけを理由に、子どもに全ての体罰を加えてはならないことを明記。罰則は設けていない。
②今回積み残した民法の「親権者による懲戒権」は削除を含めて2年をめどに検討する。

2019-05-11_13-19-52.jpg

★★★ 子どもの虐待 体罰を容認しない社会に ★★★

G7、先進国の中で日本は子どもの虐待がダントツに多い国です。日本社会は、時には体罰が必要と「体罰容認論」が幅を利かす社会です。「改正児童虐待防止法・改正児童福祉法」は今国会で成立させ、来年4月に施行の運びとなっています。「改正児童虐待防止法」が生かされ、児童の虐待死を防ぐためには、行政のみならず、一般市民である国民の私たちが『子どものSOS』を受け止め、虐待や体罰を絶対赦さない、容認しないという社会づくりに努めていく必要があるのではないでしょうか。

2019-05-09_15-26-02.jpg

5月17日(金)、14,15,16日と3日続きの会合への参加で疲れ、その上寝不足で体調がすぐれず、15分遅れでスロージョギングに参加。寄る年波には勝てません。5月11日(土)で、とうとう私も満80歳になりました(@_@)。薬を2種類服用し、体を騙しだましなんとか元気で暮らせてることに感謝です。グランドでは一面のタンポポが綿毛の帽子に衣替え♪

2019-05-17_10-20-12.jpg

大回り1,3㎞を1回だけ、スロースローで走る。急に今日から24℃もあり暑くなりましたが、5月のみどりの風が吹きわたり、とても爽やかでした。

2019-05-17_11-09-41.jpg

公園を保母さんが付き添いで2~3歳の幼児たちがお散歩中でした。「この公園は車が入らないから安全」と、通りがかりに保母さんが仰っていました。

2019-05-17_10-36-59.jpg

笑顔で走るSさん。

2019-05-17_10-38-04.jpg

今日の暑さにも負けず、元気で走った女性たちがクールダウン中です。

2019-05-17_10-55-11.jpg

シャイな男性たちのグループもクールダウン中♪

2019-05-17_10-55-22.jpg

5月16日(木)、令和元年度秋田県中央男女共同参画センター第1回利用者懇談会へ参加。約35団体50人が参加しました。特に目新しいことはなく、ほとんど例年通りの事業や研修が行われる予定になってました。行政関係には令和元年を使用するよう、通達が出ていて、センターも例外ではなく『令和元年』を使用してました。

2019-05-16_13-35-58.jpg

5月14日(火)、放送大学『歴史・民俗・文化クラブ』に参加しました。

2019-05-14_14-13-20.jpg

今日の話題提供はTさん。哲学についてのお話でした。私にとっては『なぜ生きるか?』の問いに対して答えは『一度きりの人生、命あるがままに生きる』ですね。あの世にお花畑を通って行く天国、地獄、極楽はお話の世界だと思っています。Tさんの哲学は私には難解でした(^^;)。

2019-05-14_15-07-16.jpg

5月8日(水)、2019年度、第14回ななかまど通常総会がありました。

2019-05-08_13-46-21.jpg

交流会の前に研修会『悪徳商法および特殊詐欺の手口と対策について』(秋田市市民相談センター・Yさん)のビデオを参照しながらの学習がありました。
行政関係機関から金銭に関して電話やはがき一枚で要求することはあり得ないこと。全ての話に乗らないこと。『不要です』の一言で電話を切ること。扉を開けて玄関には絶対入れないこと。カードやハンコ渡さない。暗証番号を絶対知らせない。

詐欺師の方もより巧妙な手口で、金銭要求し、かつ物品を売りつけようとするさまに、『絶対自分は大丈夫』のはずの人たちが騙されている現状に、心寒としました。

2019-05-08_14-17-50.jpg

賑やかな交流会。交流会は人と知り合う絶好のチャンス。ここに集まっている男女は気の置けない仲間です!(^^)!。

2019-05-08_16-19-17.jpg


2019-05-17_11-10-27.jpg

4月26日、いつものおそば屋さんでランチをしてから、

2019-04-26_12-49-39.jpg

雨がしとしと降る日、秋田市下浜にクリスマスローズが咲くお寺があるというので、運動仲間4人で来てみました。

2019-04-26_13-47-43.jpg

雨で足元が悪い斜面を登って行くと『花木にニゲルとコウムの丘』のちいさな看板が出てました。

2019-04-26_13-49-16.jpg


2019-04-26_13-52-38.jpg

あちこちに植えられている、まだ若木の濃いピンクの桜が、早緑の風景に色を添え、桃源郷のよう♪

2019-04-26_13-58-30.jpg


2019-04-26_13-48-00.jpg

丘一面にクリスマスローズ♪

2019-04-26_13-59-58.jpg


2019-04-26_13-55-45.jpg


2019-04-26_13-59-11.jpg


2019-04-26_13-52-06.jpg


2019-04-26_13-54-07.jpg

杉林の中に、お寺らしき建物がありました。

2019-04-26_13-57-10.jpg

我が家の白い藤の花です。買ったときは鉢植えの30センチばかりの小さな木だったのが、今は1,5mまで大きくなりました。玄関いっぱいに藤の花の香がしてます♪

2019-05-16_09-32-59.jpg

こちらは紫色の藤の花です。

2019-05-17_10-09-44.jpg

今日も長~いブログにお付き合いいただきありがとうございますm(__)m。ではまた(@^^)/。

スポンサーサイト




2019-05-17 02:33 | カテゴリ:日記