★★★【徴兵制が現実になる】布ぅ楽雑記 http://cooplus.blog4.fc2.com(無題・5月8日)左のリンク先、上から3番目★★★
youtube動画 https://www.youtube.com/watch?v=moVioanz_I4

☆☆☆ 5月3日、憲法記念日【護憲集会】を追記しました。写真2枚は後程 ☆☆☆

【 子どものSOSが聞こえますか ~ 子どもの虐待はなぜなくならないのか~ 】

毎年、親から虐待によって約50人、1週間に1人の子どもが命を落とし、夫や恋人からの暴力(DV)によって約100人、3日に1人の女性が殺されています。両親のDV関係の陰には子どもの虐待ありです。NPO秋田ウィメンズネットでは報道される事件はほんの一部であり、多くの虐待事件が見過ごされていると考えています。

この度、【 子どものSOSが聞こえますか 】【 子どもの虐待防止連続講座 】をNPO秋田ウィメンズネット主催で開催します。場所は秋田市駅前のアトリオン ハーモニープラザ(男女共同参画センター)7階 時間は10時から12時 です。

第1回 5月15日(水) 千葉県野田市(2019年1月24日)栗原心愛ちゃん(小学4年生)
第2回 6月19日(水) 東京都目黒区(2018年3月 2日)船戸結愛ちゃん(5歳) 
第3回 7月17日(水) 宮城県仙台市(2015年12月)少年(当時19歳)

子どもの虐待はなぜ起きるのか?なぜ無くならないのか?現実に起こった虐待事件について話し合いながら、問題解決をご一緒に考えてみませんか。

2019-05-05_19-59-24.jpg

★★★ 虐待、在宅の170人を親と分離…政府の緊急安全確認で調査 ★★★

千葉県野田市で小学4年栗原心愛さん(10)が死亡した事件を受けて実施された【児童虐待の緊急安全確認】で、【厚生労働省と文部科学省】は28日、児童相談所が在宅指導している3万7806人のうち、144人を一時保護、26人を児童養護施設などに入所させ、計170人で親と引き離す措置を取ったとする調査結果を公表した。当初の児相判断が一部見直された。面会できず、継続対応が必要な子どもは2626人で、うち35人が所在不明。両省は安全確認を続け、4月に報告するよう自治体に求めている。
※出典 佐賀新聞Live 3/28 22:20

☆彡下のチューリップの花の数は約50本。この3倍以上、170人の子どもたちが、【児童虐待緊急安全確認】で虐待親から離され(親子分離)安全な場所へ一時保護されたのですね。170人の【子どもの人権が尊重】され、温かい愛ある環境で成長できるよう、努める責任が関わる大人たちにあると思います。児童養護施設などでも子どもへの虐待があると報告されています。第三者が常に子どもにとって良い環境か配慮し観察することが必要です。なお、所在不明となっている35人の子どもたちのことがとても心配ですね。

2019-04-26_11-55-18.jpg

「みなさん、こんにちはボク、笑ニャ(=^・^=)」。

2019-05-02_11-54-25.jpg

「ボクのうちの庭に、ピーチッチちゃんが来てるでち(=^・^=)」「マヒワかしら?小鳥が来てくれたのは珍しくて、うれしい(^^♪」

2019-05-02_11-49-27.jpg

「ピーチッチちゃんが水を飲んでるでちニャ(=^・^=)」

2019-05-02_11-47-09.jpg

「あんなとこへたまった水を飲んで大丈夫かニャ?」

2019-05-02_11-46-19.jpg

「心配でちニャ(=^・^=)」

2019-05-02_11-52-31.jpg

「アレッ?居なくなっちゃたでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、ピーチッチちゃんは、ほら、あすこの草かげにいるよ(^^♪」「あっ!みっけ!(=^・^=)」「笑ちゃん、目がいいのに、おかしゃんをからかってんでしょ(^^;)」

2019-05-02_11-55-36.jpg

ピーチッチちゃんはしばらく我が家の庭に滞在してから、(翁草-おきなぐさ)

2019-05-01_13-46-03.jpg

おかしゃんが気がつくとピーチッチちゃんは飛んで行ってしまっていました。「笑ちゃん、楽しかったね♪」
(チューリップの原種)

2019-05-01_13-45-31.jpg

「ボクは毎日ネズちゃん捕物をして遊んでるでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃんの寝顔の写真撮ってなかった(^^;)」「でも、まん丸モフモフ笑ちゃんもかわいい(^^♪」←単なる親バカ♪

2019-05-02_16-04-21.jpg

5月1日(水)曇り、令和元年5月1日、走り初めをしました。

2019-05-01_10-03-03.jpg

連休で忙しい?参加者はいつもより少なめです。

2019-05-01_10-06-36.jpg

遅咲きの白い桜がまだ咲いていました。

2019-05-01_10-31-06.jpg

一緒に走っていたMさんが「ほら、ここに白い勿忘草が、白って珍しいのよ」と教えてくれてパチリ。

2019-05-01_10-13-08.jpg

この日、大回りコース(1,3k)を5周し、最後の坂道を超カッコイイ姿勢で走るHさん。

2019-05-01_10-44-39.jpg

5月3日(金)快晴、【憲法記念日】、「令和元年、これからも元気で走るぞ!おっ!」こぶしを突き上げて誓い合う仲間。

2019-05-03_10-02-18.jpg

ここは坂道、スローで走ったり、歩いたり、高齢者はマイペースが大事ですものね。

2019-05-03_10-24-00.jpg

東屋(休憩所)まではあと少し、「ガンバって~♪」

2019-05-03_10-23-46.jpg

ピンク色の桜の花びらのじゅうたんを走る幸せ♪

2019-05-03_10-25-18.jpg

ピノキオ広場にはたくさんの親子連れが…♪

2019-05-03_10-21-05.jpg

光を浴びて、💛型の赤いチューリップが咲きそろい、黄色のチューリップが咲き始めて…春ランマン♪

2019-05-03_10-19-38.jpg

★★★ 平成最後のそして令和元年へ 時は流れて ★★★ 

天皇皇后両陛下4月30日(火)午後5時、皇居・宮殿の松の間で「退位礼正殿の儀」に臨まれた。

2019-04-30_23-51-52.jpg

★★★ 陛下最後のおことば 「信頼と敬愛」に込められた“継承”の思い ★★★

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。
※出典 朝日デジタル 4/30(火) 19:48配信 ※写真もお借りしました。

2019-04-30_23-55-08.jpg

★★★ 新天皇陛下「国民に寄り添い、象徴の責務果たす」 即位後朝見の儀で初のおことば ★★★

5月1日(水)、「即位後朝見の儀」(皇居・宮殿「松の間」)でおことばを述べられる新天皇陛下
※出典 毎日新聞 5/1(水) 11:42配信 ※写真もお借りしました。

2019-05-01_14-31-48.jpg

★★★ 天皇陛下に「親しみ」82% 女性継承賛成79%、共同通信共同通信 ★★★

5月1日午前0時、皇太子さまは新天皇陛下に即位された。新皇后となられた雅子さま(55)とともに、前天皇陛下ご夫妻から引き継いだ「国民とともに」のバトンを手に、新たな皇室像を描いていく。

天皇(59歳)は1960年2月23日、前天皇陛下ご夫妻の長男として誕生。趣味は登山で、水の研究がライフワーク。

新皇后の雅子さまは1993年に新陛下と結婚。長女愛子さまをもうけた。外務省に勤めたキャリアウーマン。
※出典 共同通信社 ※写真もお借りしました。

2019-05-02_18-18-33.jpg

参考までに、令和の皇室構成図を掲載します。

2019-05-02_18-15-48.jpg

★★★「平和求め発展を」初の一般参賀 ★★★

皇居では4日、天皇陛下の即位後初の一般参賀が行われた。
天皇陛下は「皆さんの健康と幸せを祈るとともに、わが国が諸外国と手を携えて、世界の平和を求めつつ、いっそうの発展を遂げることを心から願っております」と、訪れた人たちに、天皇として初めて直接語りかけ、祝福の声に笑顔で応えられた。

2019-05-04_15-50-42.jpg

★★★ 令和初の一般参賀 人の列は52000人 東京駅まで… 最終的に11万人 ★★★
※出典 フジテレビ ※写真もお借りしました。

2019-05-04_15-46-40.jpg

★★★ メラニア夫人にお茶セット トランプ氏には真珠のカフスボタンをプレゼント ★★★

安倍晋三首相と妻昭恵氏は4月26日夜、日米首脳会談後にメラニア米大統領夫人の49回目の誕生日を祝うため、トランプ大統領夫妻との夕食会に出席した。

★★★ 3カ月連続で日米首脳会談 トランプ大統領国賓として来日決定 ★★★

政府は19日の閣議で、トランプ米大統領とメラニア夫人を国賓として5月25~28日の日程で招待すると決定した。「令和」改元後、初の国賓となる。5月に新天皇に即位する皇太子さま、新皇后の雅子さまと会見し、宮中晩さん会に出席する。安倍晋三首相との日米首脳会談も行う。日米の貿易協定締結交渉、北朝鮮や中国への対応などについて協議する。

トランプ氏は5月の訪日後、6月にも大阪市で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議出席のため再訪日する見通し。4月26日の会談も含めると、3カ月連続で日米首脳会談が行われる。

菅義偉官房長官は記者会見で「令和初の国賓として大統領ご夫妻をお迎えすることは、日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と語った。また、首相が22~29日にフランス、イタリア、スロバキア、ベルギー、米国、カナダの6カ国を歴訪すると正式発表した。
※出典 毎日新聞 4/27(土) 12:00配信 ※写真もお借りしました。 

☆彡 安倍ソーリ、よっぽど日本にいるのが居心持が悪いのでしょうね。「日本国民」より「トランプ」大事!!そんな首相ってあり(?_?)。昭恵とお手てつないで、見たくない写真です(>_<)。

2019-04-27_19-07-39.jpg


2019-04-26_14-49-28.jpg

★★★ 憲法記念日の3日、護憲派・改憲派が各地で集会 ★★★

東京・有明では、各地で「9条の会」などをつくる市民らが憲法を守ろうと訴えた。(NHKは非常に短く【護憲】を報じ、写真はこの場面のみでした。護憲集会に集まった65000人の人々を無視し、政権寄りの報道と非難されています。)
※出典 NHKニュース ※写真もお借りしました。

2019-05-05_20-52-14.jpg

★★★ 護憲派も改憲派も各地で集会 憲法記念日の5月3日 ★★★

東京有明集会には主催者発表で約6万5千人が参加した。音楽評論家の湯川れい子さんは戦争体験後に音楽とともに歩んできた半生に触れ「みんなで歌いおどれるところに戦争はない」と主張。【『憲法9条で平和は守れない』という人がいる。違う。『9条はあらゆる理屈を超えて日本の、世界の宝』 】と語り、9条への自衛隊明記に意欲を示す安倍政権を批判した。
※出典 朝日新聞デジタル 2019年5月3日19時01分 ※写真もお借りしました。

2019-05-05_20-58-08.jpg

『平和憲法を守れ』『憲法改悪反対』『孫や子を戦争に捕れれたくない』『戦争は殺人』『今行動を起こさなければ悔いを残してしまう』個人的思いで参加した人も多かったという。

2019-05-05_20-55-16.jpg

★★★ 大阪でも護憲派、改憲派が集会 憲法記念日 ★★★

憲法記念日の3日、護憲や改憲を訴える団体が各地で集会を開き、参加者はそれぞれの立場から声を上げた。一方、安倍晋三首相はこの日、東京であった改憲派の集会にビデオメッセージを寄せ、改めて【2020年改正憲法施行】に意欲を示した。写真は憲法改正に反対し気勢を上げる参加者たち。
※出典 毎日新聞 ※写真もお借りしました。

<<写真が入る>>



★★★ 「9条改憲阻止しよう」 秋田市で県民集会 ★★★
 
護憲について考える「平和憲法をまもる県民集会」が2日、秋田市の県児童会館で開かれた。市民ら約400人が参加。「(今夏の)参院選で安倍政権を退陣させ、9条改憲をストップさせよう」とする集会アピールを採択した。

自由法曹団県支部や県労働組合総連合(県労連)などでつくる【憲法改悪反対県センター】(代表・虻川高範弁護士)が、憲法記念日の3日を前に開催した。今年で41回目。
※出典 秋田魁新報 2019年5月3日 ※写真もお借りしました。

2019-05-05_23-09-50.jpg

★★★ 改憲機運「高まっていない」72% 朝日新聞社世論調査 ★★★

改憲への機運については、自民支持層でも「高まっていない」は61%、無党派層では77%に上った。

9条を変えるほうがよいと思うかを尋ねると、「変えないほうがよい」は64%(昨年調査は63%)で、「変えるほうがよい」28%(同32%)を上回った。

9条については、安倍首相が提案している自衛隊の存在を明記する改正案についても尋ねた。「反対」48%、「賛成」42%だった。昨年調査(反対53%、賛成39%)と同じく反対が多かったが、賛否の差が縮まった。自民、公明の支持層はいずれも賛成が6割だったが、無党派層では反対56%(昨年は60%)、賛成31%(同31%)だった。
※出典 朝日新聞デジタル 5/3(金) 7:00配信 ※写真もお借りしました。 

2019-05-03_14-05-16.jpg

★★★ 暗礁に乗り上げる「安倍改憲」 距離置く公明、主要野党は抵抗 孤立する自民 ★★★

安倍晋三首相が目指す【自衛隊の存在を明記する憲法改正】は、夏の参院選を前に暗礁に乗り上げている。衆参両院で改憲に前向きな「改憲勢力」が3分の2を占めるものの、立憲民主党など主要野党だけでなく、連立を組む公明党も距離を置き、自民党の孤立が目立つ。参院選の結果次第で、改正を目指す項目や連携相手の再考を迫られる可能性もある。
※出典 毎日新聞 2019年5月3日 00時00分 ※写真もお借りしました。

<<【 安倍首相が目指す憲法改正をめぐる与野党の立場 】の写真が入る>>



2019-05-03_09-54-28.jpg

★★★ 娘と性交、父親に無罪判決 抵抗できない状態と認めず ★★★

3月28日、2017年8月と9月の2回、愛知県内で当時同居していた虐待によって抵抗できない精神状態だった実の娘(当時19)と性交したとして、【準強制性交等罪】に問われた父親の被告に、名古屋地裁岡崎支部(鵜飼祐充裁判長)は無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡した。

地裁岡崎支部は、性交については、娘の同意はなかったと認定。一方、性交の際に娘が抵抗できない状態だったかどうかについては「被告が長年にわたる性的虐待などで、被害者(娘)を精神的な支配下に置いていたといえる」としたが、「被害者の人格を完全に支配し、強い従属関係にあったとまでは認めがたい」と指摘。「【抗拒不能】の状態にまで至っていたと断定するには、なお合理的な疑いが残る」とした。

(注)【強制性交等罪】は、相手が抵抗などできない状態に乗じて性交をするなど、暴行や脅迫と同程度に相手の性的自由を侵害した場合に限って成立する。

(注)【抗拒不能】心神喪失ではなく、身体的または心理的に抵抗することが著しく困難な状態。例えば、手足を縛られている、酩酊している、高度の恐怖・驚愕(きょうがく)・錯誤に陥っているため、意思決定の自由を奪われている状態。

2019-04-29_00-41-26.jpg

★★★ 娘と性交、父親への無罪判決に不服 検察側が控訴 ★★★

抵抗できない状態だった実の娘(当時19)と性交したとして準強制性交等罪に問われ、一審・名古屋地裁岡崎支部が無罪判決を言い渡した男性被告について、検察側は判決を不服として控訴した。8日付。

「娘は中学2年の頃から被告から性的虐待を繰り返し受け、事件当時は被告に抵抗することが著しく困難な状態だった」と説明。弁護側は「娘は抵抗できない状態になく、性交にも同意があった」などと主張していた。
※出典 朝日新聞 2019年4月9日22時38分

【 Aが執拗に性交しようと試みる被告人の行為に抵抗した結果受けた本件暴行における暴力はAのふくらはぎ付近に大きなあざを生じるなど、相応の強度をもって行われたものもあったものの、この行為をもって、その後も実の父親との性交という通常耐えがたい行為を受忍しつづけざるをえないほど強度の恐怖心を抱かせるような強度の暴行であったとは言いがたい。 ※出典:判決文】

☆彡「同意はないが、抵抗不能な状態ではなかった」実の娘と性交をしても無罪放免という結論はあり得ない!!この裁判長の頭はどうなっているのか?以前、全国からホットラインを受けていた時、父親からの性虐待が想像以上に多く、「あなたは悪くない」と伝えても、被害を受けた女性は高齢になってもトラウマによってフラッシュバックに襲われるという非常に残酷な結果になっていました。父親の性暴力により娘の一生が台無しにされてしまうのです<(`^´)>。

今は20歳過ぎた、中学生だった12歳のころから執拗な父親からの性虐待受けていた女性の悲しみと苦しみ、公平であるべき裁判所が父親の肩を持った判決に絶望しているのではないかと思うと、心が痛みます。

2019-04-26_14-27-06.jpg

★★★ 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部 ★★★

2017年2月5日、福岡市の飲食店で当時22歳の女性が飲酒で深酔いして抵抗できない状況にある中、性的暴行をした、として準強姦(ごうかん)罪に問われた福岡市博多区の会社役員の男性(44)に対し、福岡地裁久留米支部は12日、無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。

判決は「女性が抵抗不能の状況にあったとは認められるが、男性がそのことを認識していたとは認めることができない」として無罪の結論を導き出した。

☆彡 これって、【レイプの意思が男性になかったから無罪】ということ?これも驚きの判決ですね。「同意のない性行為は性暴力」と、日本でも法律が整備されることが必要です。父親の娘への性暴力が無罪、会社役員の準強姦が無罪…日本って、性暴力が容認される、性暴力大国という世界からの非難は免れないのではないでしょうか。

2019-04-26_14-23-00.jpg

4月30日(火)、アトリオンの地下にある「あきた県産品プラザ」のお土産売り場で、こんな日本酒を見つけました。高清水(秋田市)【令和】限定ラベル¥1440円也。

【平成から令和へ】、社会全体が何やら浮足立った10連休も5月6日(月)、今日をもって一大イベントが終わりました。これで【令和熱】もかなり冷めることでしょう。私にとって、昨日に続く今日、何も特別なことは無しです。これからも平凡な日々が続く?(^^♪。

新時代【令和】も平和が続きますよう願って止みません。命令に和をもって従う時代になりませんように。

2019-04-30_13-13-13.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。

スポンサーサイト




2019-05-06 00:28 | カテゴリ:日記