「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。ボク昨日の夕方、ボクの実家に行って、ママに会ってきたでちニャ」「ボク『ママ』ってすぐ飛びついて、ママもボクに。ボクとママ立ってハグしたでち。ミャミャミャ♪」

「おかしゃんビックリ(~o~)。チャコママはチイコ(笑)を覚えていてくれて。笑(チイコ)もチャコママを覚えていて、二匹が立って人間がするように抱擁し合って…」「おかしゃんとおとしゃんとT先生、想像もしてなかった展開に感動しました(^^♪」←車にスマホを忘れて、この感動的な場面はとることができませんでした(^_^;)。

2018-11-05_08-59-57.jpg

またまた写真がPCへ取り込めず、写真は11月5日のものです。

2018-11-05_08-56-27.jpg

「ボクは毎日、毎日、ネズチャンを

2018-11-05_08-57-18.jpg

タイホしてるでち(=^・^=)」

2018-11-05_08-53-35.jpg

「笑ちゃん、上手(^^♪」

2018-11-05_08-53-42.jpg

朝起きると寝室のドアが開かれていて、おかしゃんのマフラー(何故かいつもこの2枚)が…。

2018-11-05_09-29-59.jpg

「笑ちゃん、どこにいるの?」「やったァ(=^・^=)」「びっくり(@_@)」←笑ちゃんが突然飛び出してきて!!「ボク、かくれんぼ大好きニャ(=^・^=)」

2018-11-05_09-30-27.jpg

「モップのスノボ、楽ちんニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、降りなさい(^^♪」「オモシロイニャ(=^・^=)ゼ~ッタイ降りないでち」

2018-11-02_08-53-03.jpg

「おかしゃん、オヤツちょうだい、ミャミャ(=^・^=)」

2018-10-31_20-54-11.jpg

「今日も、朝の運動でツカレタでちニャ(=^・^=)」

2018-11-02_10-17-34_201811270033202b8.jpg

「何かいるでち(=^・^=)」

2018-11-02_10-27-38.jpg

「笑ちゃん、ただいま(^^♪」「おかしゃん、帰ってきたでちニャ(=^・^=)」←笑ちゃんジッと固まっていて動かない。

2018-11-02_10-33-28.jpg

「笑ちゃん、なに見てるの?(^^♪」→視線の先は風に揺れる木の葉♪

2018-11-02_10-33-45.jpg

「ピン、ぽーん♪」「は~い♪」「ここ開かないニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、ダメ!」この頃、脱走を試みる笑ちゃん。

2018-11-05_09-57-05.jpg

「おかしゃん、開けてくれないでちか?(=^・^=)」「ダメよ~(^^♪」←この後笑ちゃんを強制排除(笑)

2018-11-02_15-57-30.jpg

「ボク、ヒマニャ(=^・^=)。おとしゃんの椅子で寝るでち(=^・^=)」

2018-10-29_20-19-28.jpg



2018-11-07_10-30-58_201811262346260a1.jpg

10月30日(火)~11月5日(月)、第141回、秋田県種苗交換会が秋田市を会場に開催されました。会場は秋田市内の「なかいち」や旧秋田空港跡地等分散され、10分ごとにリムジンバスが運行されました。ここは秋田駅東口にある秋田拠点センター「アルべ」の会場です。

2018-11-03_10-40-54_201811281932052b6.jpg

秋田県種苗交換会は、明治11年に秋田市で初めて開催されてから、幾多の困難を乗り越え、一度も途切れることなく開催されて来ました。

2018-11-03_10-41-56.jpg

種苗交換会の歴史を語るには、今年の夏、甲子園で大活躍した金足農業高校の所在地、金足の地に生誕した【石川理紀之助翁】を欠かすことはできない。

【石川理紀之助翁】は、秋田の二宮翁と称せられ生涯を農村の更生、農家の救済、農業の振興に捧げた。秋田市金足小泉の農家奈良(奈良邸・重要文化財)家の三男として生まれ、21歳の時、昭和町の石川家の養子となる。34歳で種苗交換会を創設し、今日の一大行事の礎を築いた。※出典 「公式ガイドブック」より抜粋

<<【石川理紀之助翁】の写真が入る>>

2018-11-03_10-43-01_201811281932087e9.jpg

人気のダリアの前には人垣ができていました。秋田県には、県と「秋田県国際ダリア園」前園長の鷲澤幸治氏と連携し開発した大輪の【NAMAHAGEダリア】があります。

2018-11-03_10-43-40.jpg

シクラメンやビオラやパンジー。

2018-11-03_10-45-02_201811281935177ff.jpg

美しく整えられて並べられてるネギです。

2018-11-03_10-45-34_20181128193519472.jpg

立派なダイコン。手前は紫色のダイコンです。

2018-11-03_10-46-17_20181128193520999.jpg

肉厚で大きな椎茸。

2018-11-03_10-44-09.jpg

ブロッコリーとカリフラワー。

2018-11-03_10-45-57.jpg

縛られて並べられているキャベツ。

2018-11-03_10-51-19_20181128193842fce.jpg

大きなナシ。金足農高の吉田輝星投手のおじいさまが出品しているナシが最優秀賞だったのですが、私は見つけることができませんでした。

2018-11-03_10-47-15_20181128193845541.jpg

ナシは私の好物です(~o~)。

2018-11-03_10-46-41.jpg

こんなに色んなりんごが栽培されてるのですね。色々食べて見たいですね(^^♪。

2018-11-03_10-48-19_20181128203652d2f.jpg

人気のシャインマスカット♪お高いですよね。

2018-11-03_10-50-09_201811282036540f2.jpg

<<秋田県産米改良展>>秋田県の主産業です。

2018-11-03_10-55-47_20181128204023666.jpg

ここをじっくり見たかったのですが、時間がなく写真のみ(>_<)。

2018-11-03_12-27-25_20181128204025be2.jpg

秋田駅中央口通路が人で溢れています。

2018-11-03_10-59-27.jpg

ここは「大屋根下」と言われている所です。

2018-11-03_11-05-59.jpg



2018-11-03_11-25-20.jpg

賑やかな太鼓と笛が聞こえて来て…。

2018-11-03_11-11-32_2018112820432505a.jpg

ヤートセー コラ秋田音頭です♪ (ハイ キタカサッサ コイサッサ コイナー♪)秋田名物 八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ♪檜山納豆、大館曲げわっぱ♪(ハイ ソレソレ♪)←この歌詞は私の故郷(^^♪。

2018-11-03_11-12-09.jpg

今年は、様々なイベントが行われています。

2018-11-03_11-18-43_20181128204327b33.jpg

おお!!紫の旗が♪。第二会場の「なかいち」で金足農業高校の出店がありました。「金足米2㎏¥800円安いよ」とハンサムな高校生に呼びかけられて、残念!!風邪で体力なく持って帰れなくて(T_T)買えなかった。

実は今日3日は「種苗交換会」を見に来たのではなく「DV/虐待防止キャンペーン」のため来たのです。それが、例年の集合場所が変更になっていて、場所が分からなくてとうとう30分も歩いて「なか市」まで来てしまったのでした(T_T)。来た道を戻って、ようやく集合場所に着いたのでした。

2018-11-03_11-16-40_20181128204605083.jpg

「DV/虐待防止キャンペーン」が終わって仲間と再び「アルべ」会場へ。非常に疲れランチへ行く元気もなく…(T_T)。

2018-11-03_12-43-50.jpg

ここで、とんぶり3袋とむき枝豆と枝豆ペーストを買って、目の前の秋田駅東口バスロータリーからバスへ乗り込みました。枝豆は秋田県が日本一の生産地です。

2018-11-03_12-43-32.jpg

11月3日、田んぼの稲はきれいさっぱりと刈り取られています。咳風邪で苦しい中、DVキャンペーンがあり体力的に無理だったのですが出かけてきました。空が余りにも美しく帰りのバスの中からパチリ。疲れて後はウトウト(-_-;)。

2018-11-03_13-24-10.jpg

★★★ シリアで約3年半もの間、過激集団に拘束され、10月に無事生還した安田純平氏 ★★★

★★★ 「死ぬまでにやりたい100のこと」を書いた ★★★ ――どんなことですか? ★★★

安田 本当に小さなことです。親父の家庭菜園を手伝おうとか、母親のレシピを教えてもらおうとか。自転車によく乗っていたのですがもっと本格的にやりたいとか、猟に興味があるので、自分で狩りをしたイノシシを食べさせる店を開いてみたいなとか。生きて帰れるかわからないので、自分のしょうもない人生を振り返りながら、ずっと走馬灯を見ているような感じでした。やり直せる時間が来るのかどうかもわからない。やれる時にやれることをやらないと、死ぬ時がつらいんだろうなと思ったんです。今回の出来事を無理やり前向きにとらえるとしたら、唯一言えるのは、自分がちょっとでもましな人間になりたいという気になれたことですね。本当に死ぬときに見る走馬灯は、もう少しましなものにしたいな、と。

※出典 婦人公論 12月11日号 【3年4か月の地獄を乗り越えて ようやく再開できた】より抜粋

2018-11-02_12-55-00.jpg

伐られたバラの樹の根元から脇芽を出し、寒風のなか咲くバラの花。何と健気なんでしょう。植物の延命策に敬服m(__)m。

2018-11-02_10-37-41.jpg

★★★ 「女性が輝く社会」って嘘だったんですね ★★★

最後にお目汚しですが、この閣僚たちの答弁失言の無能ぶりには呆れてしまいますね。
「女性が輝く社会」って嘘だったんですね。よりによって女性は「悪事隠蔽しなだれ女」の片山さつき大臣がたった一人。【2017年、過去最低 世界の男女平等ランキング日本114位】。来年もっとランキングを下げることになりそう(>_<)。

安倍首相はもちろん殆どの閣僚が保守団体【日本会議】メンバーなんですね。日本はどうなる?

2018-10-28_21-24-04.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2018-11-02_10-37-14.jpg

スポンサーサイト




2018-11-26 23:51 | カテゴリ:日記