11月はDV&子どもの虐待防止月間です。11月3日(土)・4日(日)、【第21回全国シェルターシンポジウム2018in札幌】が開催されました。私は参加の予定でしたが体調が優れずパスしました。
※下記はNPO秋田ウィメンズネットが作成したポスターです。 ※拡大してご覧ください。

2018-09-05_15-32-32.jpg

11月3日(土)午前中~昼にかけて、県及び各団体共催【「DV&虐待防止キャンペーン】が秋田駅西口、大屋根下で行われ、NPO秋田ウイメンズネットも参加しました。
殆どニュースにも取り上げられないほど日常的に、女性は4日に1人、子どもは1週間に1人が殺されています。
※あうん通信、よかったら拡大してご覧ください。

2018-09-21_20-54-42_2018110521484714d.jpg

11月4日(日)午後、イージス・アショアの学習会とフイルドワーク(秋田市新屋・勝平地区)に参加しました。
【DV&子どもの虐待防止】キャンペーン及び【イージス・アショア】学習会・フイルドワークはPCに写真が取り込めず、次回に廻します。

2018-08-06_08-04-34_201811052148462f4.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。ここは温かくて気持ちいいでちニャ」「あっ!笑ちゃん、そこダメ!!ヤケドしちゃうよ!!」「ボクここがいいニャ(=^・^=)」。【ダ~メ!】「嫌だってねばったけど、おかしゃんに強制排除されたニャ(>。<)」

2018-10-11_09-31-14_20181105230537e80.jpg

降ろされたら、「タイクツニャ(=^・^=)。おかしゃんの歯ブラシ隠すでちニャ」。この後、笑ちゃんは冷蔵庫の下のカバーをはずして、もぐり込む。「ひゃ~!笑ちゃんダメ!!(^^♪」。おかしゃんは急いで笑ちゃんを引きずり出す。モップ代わりになった笑ちゃんでした。

2018-10-04_20-32-05.jpg

「あれもダメ!これもダメ!つまらないでちニャ(=^・^=)」。笑ちゃん、ネズちゃんを何処かへ隠してしまい、見つからないのでタイクツしてます。

2018-10-04_22-50-13.jpg

「おかしゃんの側で寝るでち(=^・^=)」。

2018-10-03_22-32-52.jpg

「ふて寝をしている笑ちゃん。(^^♪」

2018-10-03_19-05-50.jpg

「笑ちゃん。笑わせないで(^^♪。お腹の筋肉が痛いから」「おかしゃん、咳をしてもイタタタ!!」

11月1日(木)、また病院へ行って10日分のクスリを貰ってきました。【抗生剤】が減りました。【抗生物質】って、風邪には効かないそうですね。つい最近、厚生労働省が出した「抗生物質を使いすぎると薬剤耐性菌が増え、治療に有効な抗生物質が将来なくなる事態が懸念される。【抗生物質(抗菌薬)の投与を控えるよう】という記事を見ました。【抗生物質の使用は日本が最多】だそうです(>_<)。日本の医療は藥漬けなんですね(T_T)。くわばらクワバラ(^_^;)。

2018-10-17_13-36-41.jpg

10年ぶりの大風邪←カゼ台風に吹き飛ばされて…。弱っちくなったとガッカリ(-_-;)。具合が悪いのは長くて5日位だったのが2週間も!!それで夕べ、「よ~し!やるぞ♪」と決意し、今日5日(月)、スロージョギングに行ってきました。遅く行って殆ど歩き、小回り3周、500m。リハビリはこの程度でいいのかな?…足の筋肉が柔らかくなって←筋肉が落ちちゃった?!歩数計は8、000歩を記録♪

みなさん、ご心配おかけしました。風邪は快方に向かっております。温かいお見舞いのお言葉ありがとうございますm(__)m。

2018-10-17_11-16-19_2018110601513725d.jpg

10月17日(水)、町内のななかまどクラブ(60歳以上)で私の故郷能代市へバス旅行をしました。女性10名、男性10名の総勢20名の町内の気の置けない仲間の旅行です。朝は曇り空、上着を着込まないと寒いくらいのお天気でした。

2018-10-17_09-25-45.jpg

能代市へ近づくにつれ青空が広がり、一同「晴れてくれて良かった♪」と安堵。

2018-10-17_09-48-46.jpg

一番先に訪れたのは【東北電力・能代火力発電所】。東北電力のガイドさん付マイクロバスに乗り換え、広大な敷地内を移動見学しました。
※ 写真は能代川(米代川)河口付近です。背景の山々は世界自然遺産【白神山地】です。

2018-10-17_11-32-22.jpg

能代火力発電所はオイルショック後に国の石油不足対策を目的として設置され燃料は石炭です。1993年5月に1号機(60万kW)が運転を開始、1994年2号機(60まんkW)が運転され、これで秋田県の全電力がまかなえるとのことでした。現在、更に3号機が工事中(2020年運転開始予定)でした。
※ 写真は野積みされてる屋外貯蔵石炭(48万t)。これがが広大な土地に並んでるのです。その写真も撮ったのですが紛失、残念!!(>_<)。

2018-10-17_10-13-41.jpg

巨大な屋内貯炭場(10万t)。

2018-10-17_10-16-03.jpg

<大気を守るため>
①【硫黄酸化物対策】 夫曰く「この巨大な煙突は当時社会党が中心になり、会社側は不要と主張していたが【環境を守るため公害防止運動】をした結果、200億円をかけて【排煙脱硫装置】を設置し、硫黄酸化物対策をしている」とのことです。
②【窒素酸化物対策】 ③【ばいじん対策】 ④【石炭粉じん対策】等、環境を守る対策がされています。

2018-10-17_10-01-23.jpg

<海を守るために>
①温排水 タービンを回した蒸気を冷却するため海水を使用し、取水と放水の温度差は7℃以下としています。

2018-10-17_10-09-04.jpg

石炭はオーストラリアなど世界各国から輸送されて来ます。丁度、インドネシアの石炭運搬船が入港していました。

2018-10-17_10-05-32.jpg

船から石炭を運ぶ巨大な装置。船から石炭を運び出す桟橋の長さは340m幅25mもあります。能代火力では、年間300万tの石炭を消費します。

2018-10-17_10-10-37.jpg

こんなふうにして陸まで石炭を運んでいるのですね。
海が埋め立てられて人工的にこの巨大な土地が造成され、紺碧の日本海は昔と同じですが、今はない子どものころ友だちと遊び戯れた懐かしい、ぐみが実り、浜防風が這い、ハマナスの花咲く砂浜が眼の中に突然再現されて…眩しく…。ちょっと。。。。。

「 砂山の 砂にはらばい 初恋のいたみを遠く思いいずる日 」(一握の砂・石川啄木)

2018-10-17_10-11-18.jpg

それでは能代火力発電所の建物の中へ。ゾロゾロと…。

2018-10-17_10-27-05.jpg

【タービン発電機】

2018-10-17_10-29-11.jpg

タービン発電機について。 拡大すると詳しい情報が得られます。

2018-10-17_10-31-31.jpg

能代火力発電所の頭脳である中央制御室。24時間2交替勤務でプラントの運転・監視を行い、電力の安定供給に努めています。

2018-10-17_10-33-39.jpg

エレベーターに乗り屋上へ。

2018-10-17_10-37-23.jpg

屋上ではバチバチと写真をとりました。

2018-10-17_10-44-10.jpg

遥か遠くまで続く風力発電の風車。

2018-10-17_10-40-48.jpg

丸い屋根の建物はこれから行く【エナジアムパーク】です。エナジアムパークの向こうに広がる濃緑の森は【風の松原】です。

2018-10-17_10-40-23.jpg

蒼い山脈は白神山地です。この山脈を見て育ち、能代を離れるまでこの山にどんなに慰められてきたことか…。

「 ふるさとの 山に向かひて言うことなし ふるさとの山はありがたきかな 」(一握の砂・石川啄木)
「 山の子の 山を思ふごとくにも かなしき時は君を思へり 」(一握の砂・石川啄木)

2018-10-17_10-43-07.jpg

次に訪れたのは【エナジアム・パーク】へ。その前ちょっと【能代ねぶながし館】に寄りますね。

2018-10-17_10-55-19.jpg

能代七夕は今年は8月3日(金)4日(土)(午後6時~9時)、24.1メートル城郭型灯籠高さ日本一の天空の不夜城「愛季」と17.6メートルの天空の不夜城「嘉六」灯籠と、能代若七夕2基と向能代小若七夕3基とロータリークラブ1基が能代を練り歩きました。

2018-10-17_11-03-19.jpg


2018-10-17_11-00-56.jpg

能代ねぶながしの上のシャチは大人の身長より大きく、七夕が終わるとシャチに火をつけて夜の能代川に流します。この時の笛の音色が独特の哀愁を帯び、私が能代で暮していたころは、川面から流れる風は忍びよる秋の便りでもありました。今は夏は灼熱の暑さですから、雰囲気も随分変わったのではないかと思います。

亡き明治生まれの父がそろいの浴衣を着て「お~りゃ♪七夕どっこい♪ゆ~いどっこいな~♪」と音頭に合わせて提灯を上げ下げする粋で若々しい姿が眼に映ります。

2018-10-17_10-57-05.jpg

七夕の笛や太鼓の音を聞くと、私の中のお祭りの血が騒ぎます。私の実家は能代市の商店街の中心部にあり、夏は七夕の笛や太鼓の音と隣り合わせで暮していましたから。
昭和10年生まれの兄は夕方から朝まで俵ぼっちを頭に載せ、四角い灯篭を担ぎ、夜を徹して歩き、家へ着くと半分居眠り状態で、灯篭はボロボロに破れていたことを思い出します。今は6時~9時で、そんなことも無くなりましたが。

2018-10-17_10-57-37.jpg

長女が小学4年生頃、七夕の笛を吹きたいと言うとおばあちゃんに「女の子がそんなことするもんじゃない!!」と叱られ、私が母へとりなし、無事友だちと笛吹隊に加わり笛を吹きながら歩く長女の笑顔が頼もしくうれしかったことも懐かしい思い出です。

2018-10-17_11-00-25.jpg

ここが【エナジアムパーク】です。能代火力の蒸気タービンで使用された後の蒸気(排熱)を利用した熱帯植物園です。

2018-10-17_11-04-57.jpg

それでは中へ。中にはカボチャのお化けがいっぱい。10月はハロウィン・かぼちゃのおまつりですものね♪仮装って楽しいですよね。10月31日、非日常がぽっかりと現われ別人になれるのですから(^'^)。お化けになった方いらっしゃいますか?

2018-10-17_11-05-58.jpg

オーストラリア産の巨大な石炭(340Kg)、発電量1000Kw。能代火力ではこの石炭を1日約30,000個、約100,000トン使用しています。←こんな大きな石炭の塊を3万個も…。驚きました。

2018-10-17_11-07-24.jpg

エネルギーの森へ。100万年前・原始時代<<火を手に入れた人間、未来は大きく変わっていく>>

2018-10-17_11-07-58.jpg

途中省略・・・人類が自然と共に歩んできた足跡が掲示されています。

2018-10-17_11-10-17.jpg

最後のプレート。興味ある方は拡大してご覧ください。

2018-10-17_11-10-59.jpg

<<熱帯植物園入口>> 発電所の利用し終えた排熱を有効活用した日本で初めての植物園です。

2018-10-17_11-10-44.jpg

なかなか楽しく凝った作りになってます。子どもが喜びそう♪

2018-10-17_11-11-42.jpg


2018-10-17_11-12-06_20181107191215cb1.jpg


2018-10-17_11-12-30.jpg


2018-10-17_11-13-23.jpg


2018-10-17_11-14-05.jpg


2018-10-17_11-14-32.jpg


2018-10-17_11-15-46.jpg


2018-10-17_11-16-31.jpg


2018-10-17_11-18-17.jpg

植物園を見終ったところで、ガイドさんとはお別れです。

2018-10-17_11-26-34.jpg

電力会社の周りは自然を大切にしているアピールで、樹木などで美しく整えられていました。

2018-10-17_11-24-38.jpg

今日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。能代へ②をお楽しみに。ではまた(^^)/。

スポンサーサイト




2018-11-05 22:58 | カテゴリ:日記