「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。この頃は寒くて机の下のパソコンの上で暖を取ってるニャ。ここは温かくて気持ちいいニャ(=^・^=)/。ボクの写真、9月27日のお古ニャ。(>_<)」「おかしゃん、いっぱい笑ちゃんの写真撮ってあるけど、スマホからパソコンへ移せなくて、笑ちゃんのヤンチャぶりを載せられずにいます(>_<)。PCが回復したら一挙に紹介しますね(^^♪」

2018-09-25_18-53-25_20181015192432f59.jpg

「おかしゃんの血圧計でボクのケツアツ計ってるニャ(=^・^=)」「お蔵入りの写真だけど、笑ちゃんのヤンチャぶりをご覧あそばせ(^^♪」

2018-09-30_18-39-56.jpg

お蔵入りからもう一枚。
「ボクは何でも遊べるニャ(=^・^=)」「おかしゃんのダイエット甘味料、ラカントの空き袋で一人サッカーを楽しむ笑ちゃんです(^^♪」「サッカーに疲れてひと息入れてるところニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、神妙すぎてアラレもない姿をお詫びしてるのかと…(^^♪」「おかしゃん、趣味悪すぎニャ(=^・^=)」「m(__)m」。

2018-09-22_11-32-31.jpg

希望じゃなくて黄望ですって♪

2018-09-11_13-49-52.jpg

★★★ ムクウェゲ氏とムラド氏にノーベル平和賞 性暴力と闘う ★★★

ノルウェーのノーベル委員会は5日、2018年のノーベル平和賞を、内戦状態が続くコンゴ民主共和国(旧ザイール)でレイプ被害にあった女性たちの治療に努める婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)による性暴力被害者で、現在は国連親善大使として人身売買被害者の救済を訴えるイラクの少数派ヤジディ教徒ナディア・ムラド・バセ・タハさん(25)に授与すると発表した。 

2018-10-14_02-16-04.jpg

委員会は授与理由を「性暴力という戦争犯罪に焦点を絞り、なくそうと努める重大な貢献をした」と説明した。長年続く紛争下での女性や子どもへの性暴力が「武器」として使われている実態に国際社会の目を向けさせ、根絶に向けた機運を高める狙いがある。
※出典 朝日新聞デジタル 2018年10月5日

2018-09-11_13-35-17.jpg

☆彡 性被害に声を上げ、被害者への連帯を示す「#MeToo」運動が広がるなか、ノーベル平和賞がムクウェゲ氏とムラド氏に授与された意味は深いと思います。戦時下、何故女性への性暴力が「武器」となるのか?夫や父親や兄弟である男性にとって妻や姉妹や恋人である女性がレイプされ殺されることの屈辱感、恥、精神破壊、戦意喪失を狙った、使用側の【悪辣な武器】として、有史以来、女性の命が利用されてきました。

近年は「民族浄化のためのレイプ」=「ジェノサイド(大量虐殺)・レイプ」=「多くの残虐な拷問の内の特殊な虐待」‐【レイプ強制収容所】=【強制妊娠】←「人道に対する罪」、言葉を並べただけで、恐怖で戦慄してしまいます。
※参考図書 『ユーゴスラヴィア 民族浄化のためのレイプ』 ベヴェリー・アレン著・島居千代香訳 (2001年5月・つげ書房新社)

2018-09-11_13-43-48_201810152014039ed.jpg

★★★ LGBT差別発言に抗議 渋谷、当事者らデモ ★★★

同性カップルを念頭に「生産性がない」と月刊誌に寄稿し、LGBTなど性的少数者への行政支援を疑問視した自民党の杉田水脈衆院議員に対する抗議行動が5日、東京・渋谷駅前で行われた。集まった市民らは「差別をやめろ」と声を上げ、杉田氏に謝罪と撤回、議員辞職を求めた。

2018-07-24_02-32-45_20181015230226bfd.jpg

「生産性で差別をするな」と書かれたプラカードを手にしていた男性(43)は「優生思想につながる恐ろしい考え方。LGBTだけの問題ではない」と憤った。
※出典 神奈川新聞 2018/8/5

2018-08-12_22-08-19_20181015225900fd7.jpg

★★★ 新潮45問題 ★★★

杉田水脈衆議院議員が、新潮社の月刊誌「新潮45」8月号で、【『LGBT』支援の度が過ぎる】【性的少数者LGBTの人々は子どもをつくらないから生産性がない】などと書いた文章を掲載したが、10月号で同議員を擁護する特別企画、【そんなにおかしいか『杉田水脈』論文】【見当外れの大バッシング」と反論する】特集を掲載、さらなる批判を浴びることとなった。

2018-10-16_00-13-43.jpg

10月号では、文芸評論家の小川栄太郎が「LGBTが生きづらいなら痴漢も生きづらいとし「彼らの触る権利を社会は保障すべき 」と主張、評論家の八幡和郎は「(杉田議員はLGBTへの)予算配分など政策的な優先順位を論じただけ。差別主義者だと批判する余地などない」「揚げ足を取られているだけ」と杉田議員を擁護。

2018-10-16_00-36-52.jpg

☆彡 小川栄太郎の【痴漢の権利主張】は全く低劣ですね。痴漢は性暴力であり犯罪ですよ。何にも分かってないんですよね。八幡和郎の【予算配分の優先順位を論じただけだ】と言うけど、この度の調査で法務省の平成29年度予算は、【LGBT(性的少数者)の人権問題対策の推進】として計上されているのは【1,300万円】。法務省予算の0.017%、国の一般会計予算の0.00001%である。この予算では【支援の度が過ぎてる】とは決して言えません。

12日、新潮社の佐藤隆信社長は「お騒がせしました」「新潮社はタブーなく、しっかりした言論活動をしていきます」と述べて『新潮45』の休刊を発表しましたが、肝心の杉田水脈議員はいまだに謝罪なしです。杉田水脈議員を肝いりでバックアップしてるのが安倍晋三首相です。

2018-09-11_13-53-57.jpg

私が尊敬している岡野八代さん(政治学者・同志社大学教授。専門は、政治思想、フェミニズム思想。)が、【杉田発言に黙ってはいられなかった】と杉田氏の論考に抗議するためにレズビアンであることを公表しました。岡野さんの☆【発言】を簡記し紹介しますね。

2018-10-16_01-01-41.jpg

☆【これは杉田水脈・衆院議員だけの問題ではない。彼女を国会議員として当選させている日本の政治、社会の問題なのだと言いたい】

☆【制度で生きづらさは救える。杉田氏擁護は明らかに間違っている】

☆【私たちが「生産性がない人間」であり、権利すら必要ないと国会議員が公然と書くのは明らかに悪質な差別であると言いたい。法制度を動かせる権力を持っている国会議員にそんなことを言われたくない】

☆【悪質な差別が許されない社会になってほしい。一人一人の尊厳が守られる社会になってほしい】
※出典 石戸諭氏の記事から抜粋

☆彡 参考までに岡野八代さんの著書2冊を紹介しますね。

2018-10-21_16-18-49.jpg

☆彡 ダイバーシティと言う、国籍、性別、年齢などにこだわらず様々な人材を登用し、多様な働き方を受容していこうという風潮と、逆方向を向いた、こうした差別発言は間違っているし、許されるべきものではありません。
いちいち、マイノリティ(少数派)であることをカミングアウトしなくてもいい社会。全ての人の人権が認められ、差別のない社会の到来を強く望みます。諸悪の根源に差別があります。

2018-09-11_13-47-36.jpg

9月15日(土)、放送大学秋田学習センターの学生研修旅行で、【岩手県盛岡市】へ行って参りました。バスは朝8時、経費節約のため一般道路を通って盛岡へ。

2018-09-15_08-20-12.jpg

集落の向こうに蒼い山脈が見えて、田んぼは黄金色…。まだ稲刈りが始まっていませんでした。

2018-09-15_09-22-32.jpg

このトンネルを過ぎると、間もなく盛岡市です。

2018-09-15_09-54-09.jpg

バスは予定通り盛岡市内に到着し、観光バス専用駐車場から歩いて、中津川に架かる中ノ橋を渡り【盛岡歴史文化館】へ向かう。橋の向こう、向かって左手の赤レンガ館は【旧岩手銀行(1911年設立、国の重要文化財)】です。

中津川は秋(10月~12月)になると、橋の上から透き通った流れの中に産卵のために何千キロも旅してきた鮭の遡上が見られます。私も産卵を終え力果てて流れに横たわる鮭を何度か目撃しました。

大きな木を挟んで向かって右側のビル、プラザ【おでって】の5階には1999年開館の【もりおか女性センター(男女共同参画推進拠点)】があります。私は開館当時2年間、新幹線こまちで月1で【日本フェミニストカウンセリング学会・河野貴代美先生(お茶の水大学客員教授)】の研修を受けるため通いました。この研修が私のフェミニストカウンセラーとしての第一歩となりました。

2018-09-15_10-46-05.jpg

プラザ【おでって】の向かって右隣のベージュ色のビルは、2011年3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で、甚大な被害を受けた被災者からのホットライン・電話相談(日本フェミニストカウンセリング学会の相談員)を受けるため通い、何度も連泊した「ホテル・ブライトイン」です。あれから既に8年近く、復興は、オリンピックが優先され、遅々として進んでいない状況に怒りを感じると共に心が痛みます。

2018-09-15_10-45-55.jpg

15分くらい歩くと、盛岡城址公園(岩手公園)の中にある【盛岡歴史文化館】に到着します。以前【宮沢賢治愛好会】で訪れたときは、入り口のおみやげ売り場をさ~っと見た程度だったのですが、今回は時間をかけてゆっくり見ることができ良かったです。それでは中をご案内しますね。

2018-09-15_11-54-25_20181018133319022.jpg

展示室に入ると、大きなチャグチャグ馬コの展示にはちょっと驚きました。馬コというのですから、小柄な馬を想像していました。大きい馬はお殿様の権力の象徴でもあったとのことです。馬に飾られた衣装も超豪華としか言いようがありません。これだけでも相当な重量があるかと思います。

2018-09-15_10-54-13_201810181409147d1.jpg

今年も6月9日(土)に、【チャグチャグ馬コ】が開催され、100頭の馬が参加したと言うのですから、凄いですね。一度、チャグチャグ鈴を鳴らして通る行列を見て見たいです(^^♪。

2018-09-15_10-56-39_201810181420086e5.jpg

盛岡には華やかな【さんさ踊り(8月1日~4日)】もありますね。

2018-09-15_11-08-33_201810181440274bd.jpg

展示場には【盛岡八幡宮祭りの山車】も展示されていました。こちらは明治時代の山車。高さが9mもありました。

2018-09-15_11-09-43.jpg

こちらは現代の山車です。

2018-09-15_11-10-40.jpg

【 武家のよそおい 衣装と意匠 】 あまり期待しないで入った衣装展示室でしたが、素晴らしかったです。フラッシュを焚かなければ撮影OKだったのも嬉しかったです。

2018-09-15_11-13-32.jpg

豪華な刺繍が施されている婚礼用の衣装。

2018-09-15_11-14-45.jpg

武家の赤ちゃんの産着。

2018-09-15_11-15-31.jpg

一般庶民の衣服とありましたが、こんなに立派な物は一部の庶民しか着てなかったと思います。着る物は身分によって決められていた時代ですから。

2018-09-15_11-17-27.jpg

ベージュ色に緋色が入った斬新なデザインの儀式に使用した袴。靑鼠色の裃は映画やドラマでよく見かけますね。

2018-09-15_11-16-50.jpg

デザインがとてもモダンですね。

2018-09-15_11-19-11.jpg

【緋地羅紗合羽(複製)】 これはパリコレでも舞台映えすると思いますよ♪

2018-09-15_11-44-15.jpg

おしゃれ!!こんなの着て見たいですね♪でもこれは、お殿様用の合羽(コート)だったんですね。

2018-09-15_11-45-30.jpg

戦国時代、生死をかけた武将の個性的な鎧兜です。重さが20~30㎏から40~50kgもあったと言うのですから、武将は力持ちだったのですね。「え~!!これはくれると言っても着たくありません。私はどんな正義の戦争も大嫌いですから!!」

しかし、この鎧兜は華麗としか言いようがない牡丹の花と唐獅子が刺繍され、【黒羅紗地 唐獅子牡丹文二枚道具足】(江戸時代)岩手県指定有形文化財なのですね。豪華な鎧兜は権力の象徴でもあったんですよね。
※拡大するとより鮮明に牡丹と唐獅子文様をみることができます。

2018-09-15_11-44-42.jpg

あれっ?伏せたお椀?鐘?いいえ、良く見て下さいね。←兜でした。

2018-09-15_11-48-49.jpg

これは、盛岡城の模型です。盛岡城は東北では珍しく総石垣づくりです。盛岡城が石垣づくりの城なのは、秀吉から築城を命令され築かれた、豊臣政権の奥州支配拠点に置かれた城のひとつだからでした。

2018-09-15_11-41-19.jpg

【盛岡藩領】盛岡藩が納めたのは北東北の広大な土地でした。

2018-09-15_11-23-53.jpg

【盛岡城の成立】 城は領国経営・軍事の要。交通の要所、不来方(不来方)の地に築城した。

2018-09-15_11-42-41.jpg

【盛岡藩政の確立】三代将軍徳川家光により、十万石の所領10群が安堵され、近世大名としての起訴が固められた。のち20万石になった。

2018-09-15_11-42-24.jpg

それでは、実際の城跡を歩いて見ましょう。放送大学の旗を先頭にゾロゾロと続きます。

2018-09-15_11-55-00.jpg

公園脇のベンチの女性にたくさんの鳩が集まっていました。エサをあげてるのかな?

2018-09-15_11-56-48.jpg

公園内は坂道が多く、写真を撮りながら歩くと、皆さんに追いつくため走るので、結構、息が上がりました。

2018-09-15_11-57-24.jpg

橋が架けられている鶴ヶ池は公園北側にあります。

2018-09-15_12-00-19.jpg

宮沢賢治の詩碑がありました。

2018-09-15_11-59-23.jpg

 『 岩手公園 』  宮沢 賢治     ※拡大してご覧ください。

「かなた」と老いしタピングは、  杖をはるかにゆびさせど、
東はるかに散乱の、        さびしき銀は声もなし。

なみなす丘はぼうぼうと、      青きりんごの色に暮れ、
大学生のタピングは、         口笛軽く吹きにけり。

老いたるミセスタッピング、    「去年(こぞ)なが姉はここにして、 
中学生の一組に、          花のことばを教へしか。」

弧光燈(アークライト)にめくるめき、  羽虫の群のあつまりつ
川と銀行木のみどり、       まちはしずづかにたそがるる。

※ヘンリー・タッピング氏(1857年~1942年)は50歳のとき盛岡パプテスト教会の宣教師として妻と子供二人を連れて赴任し、妻と共に自主的かつ積極的な宣教活動を行いました。

2018-09-15_11-59-29.jpg

壮大な石垣に感動!!【なぜお城が取り壊されたのか?】1873年(明治6年)、明治政府の【廃城令】により全国に160余りあった城郭の多くが廃城となり、取り壊されました。明治新政府は旧来の権力を恐れ取り壊したのですが、今のように重機があるわけではなく、手作業だったんです。それで余りに大きな城が放置され、図らずも残されたのだそうです。軍の施設として使用した城もありました。

2018-09-15_12-01-29.jpg

朱塗りの渡雲橋により本丸と二の丸がつながれています。

2018-09-15_12-02-30.jpg

長~い石垣が続く…。滝廉太郎の【荒城の月】…「昔の光 今いずこ~♪」ですね。

2018-09-15_12-03-03.jpg

公園で子どもたちが遊んでいました。

2018-09-15_12-04-14.jpg

石川啄木の詩碑 『 不来方(こずかた)の お城の草に寝ころびて 空に吸われし 十五の心 』(一握の砂)。岩手公園は盛岡中学から近く、この辺りは若き日の啄木が遊んだ場所と言われています。 ←この短歌に青春時代を思い出し懐かしかったです(^^♪。

2018-09-15_12-06-34.jpg

新渡戸稲造の石碑 『 願はくはわれ 太平洋の橋 とならん 】←前の5000円札の人ですね。日本の教育者。「何人に対しても悪意を抱かず、すべての人に慈愛をもって」という格言が好きだったそうです。「太平洋の掛け橋」となるべく国際平和に尽くした方です。

盛岡には【盛岡市先人記念館】←偉人館があります。新渡戸稲造・米内光政・金田一京助など盛岡ゆかりの文化人や政治家130人の遺品・著書2000点余を展示。130人!!凄いですね。一度訪れて見たいと思っています。

2018-09-15_12-07-46.jpg

盛岡城址散策は約20分ほどかかりました。

2018-09-15_12-11-52.jpg

ここで岩手公園散策は終りです。②もりおか旅行「啄木・賢治青春館」と原敬記念館」は次回書きます。
長~いブログにお付き合いいただき、有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2018-09-15_12-13-23.jpg

スポンサーサイト




2018-10-15 19:52 | カテゴリ:日記