9月21日(金)、久しぶりに「ななかまどのウオーキング」に参加。この夏リックを背負おうとすると右腕肩が痛むので肩掛けバックを使用していましたが、今日は愛用のリックを出してテーブルの上に置くと、この方がちゃっかり乗っていました。
「おかしゃん、ボクを置いて行っちゃイヤニャ(=^・^=)」

2018-09-21_08-34-39.jpg

玄関にお見送りに来てくれた笑ちゃんに後ろ髪を引かれながらウォーキングにでかけると、青空にたくさんの鰯が泳いでいました。

2018-09-21_09-04-44.jpg

いつもの斜面にはキノコが…。季節はすっかり秋になりました。

2018-09-21_09-47-11.jpg

笑ちゃんは10日に初めて病院へ来てから今日は5回目の通院。

2018-09-21_17-03-47.jpg

「ボクがミャッ、ミャッ泣いたら、おとしゃんがカゴのフタを開いてくれたニャ。何か怪しいニャ(=^・^=)」。笑ちゃんは背中の毛を立ててバリバリの警戒モードです。

2018-09-21_17-02-35.jpg

笑ちゃんの体重1,92㎏。5日にわが家へ来てから2週間余りで500g位増えちゃった(@_@)。笑ちゃんは牛乳とヨーグルトが大好き。朝昼晩の3食に牛乳やヨーグルト付。←笑ちゃんの可愛い小さな鳴き声に甘々のおかしゃんは、つい上げ過ぎちゃってた(^_^;)。
「ここはボク嫌ニャ(=^・^=)」

2018-09-21_17-12-03.jpg

「しっかり押さえていてください」。「首の後ろにブスッとインターフェロンの注射をされたニャン!、痛いニャン!(T_T)」「笑ちゃん、ガマンね」。インターフェロン注射の効用について聞くと先生曰く、「ウイルスに感染した猫のウイルスの増殖を抑え、免疫力を高める働きをします」。

2018-09-18_17-01-46_20180922015635ee2.jpg

笑の小さい体に、こんなに注射(今まで抗生剤注射4本、インターフェロン4本の計8本)をし、薬を飲ませていいの?疑問(?_?)になって、インターフェロンについてネットで調べてみました。

【インターフェロンはウイルスを殺すのではなく、猫の体内の細胞をウイルスが住めない状態にすることによって、症状を抑えるのです。インターフェロンは猫カリシウイルスの感染初期に最も効果を発揮し、症状が出てからは効果が上がらないのです。】

【また、インターフェロンには免疫を高める効果があるということで、安易に投与してしまう獣医師も存在しているので、愛猫を守るためには充分に注意しなくてはいけません。】

写真は18日、4回目の受診時のものです。涙目。「ここで何するニャ?」←笑ちゃん不安でいっぱい。体重1,86kg

2018-09-18_16-56-54.jpg

『インターフェロンの副作用には、どのようなものがあるのでしょうか?』
【代表的なものは嘔吐や発熱、食欲不振や呼吸困難が挙げられます。その他にも、興奮したり、よだれをたらしたりすることもあります。重篤な副作用になると多臓器不全を起こし、死亡してしまうケースも。】

【一部で「万能薬」と勘違いされていることもあるようで、決してそのような薬ではないことを、飼い主さん自身が知っていなくてはいけません。】

2018-09-19_05-58-05_20180921200427ada.jpg

注射やお藥を飲んだ後、「気持ち悪い」とか「何だか調子が変」と言えない笑(ショウ)を守るのはおかしゃんとおとしゃん。←責任重大。クシャミもハナ水も相変わらず。元気があって食欲があるから「いいか」と思い通院していたけど考えなきゃ(^^♪。

2018-09-17_09-30-41.jpg

9月16日(日)、群馬に住んでる夫の姉夫婦(80代)と、長野在住の姉の娘夫婦(50代)と社会人の長男と大学生の三男の6人が、O大型RV車で青森・秋田の4泊5日の旅の途中、1時間半ばかりわが家に寄り帰郷の途に着きました。途中ラッシュに会い、夜遅く夫々到着の電話あり、長旅お疲れさまでしたm(__)m。

2018-09-22_03-23-42.jpg

総勢大人8人、12畳の居間が大人でいっぱい。冷やした梨の大皿や銀だこ・紅茶ケーキやガラスのお茶碗が並びテーブルもいっぱい。この写真は皆さんがお帰りになって片付けた後の写真です。「ボク、疲れたニャ(=^・^=)」。笑ちゃんは出窓でノビています。

みんな猫好きで、笑ちゃんの話で盛り上がり、写真をパチパチ。笑ちゃんは窓にじい~っとしてましたが、そのうちみんなに「かわいい♪カワイイ♪」と自分が愛されてることが分かり、ダッコされたり、鉢植えの葉っぱを食べたり、笑自身が楽しそう♪

2018-09-16_12-19-19_20180922101441cfb.jpg

帰り際、「笑ちゃん、ウイルス風邪が治らなくて、クシャミと鼻水が止まらなくて」と何気に言うと、50代のKさん「ウイルス(風邪)に効く薬はない、人間と同じく温かくして休ませるのが基本だからね」とのことでした。「温かくして休むはネコもヒトも同じなんですね」。

2018-09-16_14-06-04_20180922120332116.jpg

気温差が激しい日々が続いています。「みなさん、ボクのように風邪引きさんにならないでニャ(=^・^=)」。

2018-09-21_09-51-47.jpg

9月11日(火)、午前中秋田航空自衛隊の【救難隊】を見学し、午後からぶどう狩りとダリア園鑑賞をしてきました。

2018-09-21_20-57-04.jpg

最高のドライブ日和。なかなか航空自衛隊の【救援隊】を見学する機会はないと思いますので紹介しますね。

2018-09-11_09-28-42.jpg

車は秋田救難隊の門を入ると…。

2018-09-11_09-37-38.jpg

大きな黄緑色の建物が見えてきました。

2018-09-11_09-39-17.jpg

ここで全員が車から降り見学ナンバーが渡されました。

2018-09-11_09-43-35.jpg

巨大な救難隊の建物で「見学の要旨」の説明を受け、

2018-09-11_09-48-29.jpg

目の前に今日のスター、「秋田救援航空機」と、

2018-09-11_09-50-26.jpg

「救援ヘリコプター」が並ぶ。

2018-09-11_09-51-02.jpg

広報係の飛行隊員が熱心に救援航空機の説明をしています。ちなみにこの飛行機のお値段は60億円。「何にでも値段を聴くのは貧乏人!!のすること!!国民は貧乏なんです!!」(>_<)。

2018-09-11_10-02-43.jpg

メカに弱い私は「見るだけよ~(^_^;)」状態←情けな~(>_<)。なお、航空用のガソリンは飛行機の羽の部分に入ってます。

2018-09-11_10-14-54.jpg

飛行機の出発時間が真近になり、5人の整備士が「飛行の安全のため」声を掛け合い指さし確認をしてる様子が見えました。

2018-09-11_10-18-41.jpg

ヘリコプターの説明を受けているうちに、楽しみにしていた救難隊用飛行機は飛び去っていました。代わりに、ここは秋田空港に極めて近い位置にあるので、大空に轟音を響かせ旅客機が飛んでいました。

2018-09-11_10-32-53_20180922183425bef.jpg

見学場所を大型ヘリコプターの前へ移動。

2018-09-11_10-37-51.jpg

太陽がカンカン照りになり、ヘリコプター乗組員が眩しそう。

2018-09-11_10-41-18.jpg

これは最も最新型のヘリコプターであり、乗組員5人。10名ほど救助できるということでした。そのお値段は何と70億円!!(@_@)←高~い!!(>_<)。

2018-09-11_10-42-32.jpg

ヘリコプターを反対側から見て説明。ヘリコプターの両側の脇腹にある楕円形の細長い用器は航空用のガソリンが入っています。

2018-09-11_10-39-15.jpg

自衛隊用消防車がありました。

2018-09-11_10-11-26_20180922170344c42.jpg

再び救援隊の建物に戻って、奥へ入ると…。

2018-09-11_10-03-49_20180922170343b90.jpg

航空自衛隊秋田救援隊の救助訓練風景が展示されていました。

2018-09-11_11-18-13.jpg

訓練は非常に厳しく脱落組も多いそうです。

2018-09-11_11-18-12.jpg

これが救援隊員の装備品。

2018-09-11_10-59-29.jpg

救命士の資格者が居られるとのことでした。

2018-09-11_10-59-04.jpg

見学を終わって出口に出ると、ヒャァ!!ここでもなまはげが出刃包丁を振り回している!!(>_<)。

自衛隊の救難隊は常に戦場を想定して実践訓練を重ねているのです。国民の災害のための専門の訓練をしているわけではありません。災害時に消防や警察だけでは対応しきれなくなった時、警察の要請を受けて、戦場における訓練として国民の救助に当たるのです。

全方向型消防車レッド・サラマンダー1台1億1000万円、高すぎて愛知県高崎市に一台あるだけ、この予算の違いはどうなってるのでしょうか?災害における国民の命をどう思っているのでしょうか。絶対【災害対策庁】が必要です。

2018-09-11_11-21-22_20180922183425ee5.jpg

昼食は丘の上にある「秋田市雄和観光交流館 【ヴィラフローラ】」で。

2018-09-11_12-13-45.jpg

眼下に広がる

2018-09-11_11-51-45_20180922204039564.jpg

【秋田国際ダリア園】有料。今日はここへは寄りません。

2018-09-11_12-14-48.jpg

立派な茅葺屋根の曲り屋民家は【旧田沢湖町の伊藤家より農業科学館展示用として寄贈され、平成元年に移築されました。】

2018-09-11_12-16-46_2018092220404207d.jpg

午後からは秋田市雄和にある【秋田市花木観光農園】でブドウ狩りを楽しむ。ブドウ狩りは無料で市民に解放されています。

2018-09-11_13-02-15.jpg

広大なブドウ園。私は初めて来ました。

2018-09-11_13-03-17.jpg

先ずはお口へ。美味しい♪

2018-09-11_13-08-05.jpg

むき出しのブドウの房は小さいけれど、甘酸っぱく美味しい♪袋掛けしているブドウの房は大きく美味(^^♪。手を付け食べかけのブドウを一房いただいてきました(*^^)v。

2018-09-11_13-12-42.jpg

ブドウ狩りを終わって向かったのは小さなダリア園。この民家から出てきた方に驚きました。何と日頃スロージョギングでご一緒しているSさんではありませんか(^^♪。「ダリアが好きで、趣味で。手入れは一人でしています」。照れながら応えるSさんは素敵でした♪

2018-09-11_13-59-53.jpg

家の周りぜ~んぶダリアの花花花…花花花…花花花…花花花…花花花♪\(^O^)/

2018-09-11_13-33-43.jpg

2018-09-11_13-49-56.jpg

2018-09-11_13-53-20.jpg

2018-09-11_13-45-28.jpg

2018-09-11_13-36-34.jpg

2018-09-11_13-39-54.jpg

2018-09-11_13-42-53.jpg

2018-09-11_13-37-51.jpg

2018-09-11_13-38-44.jpg

今日も長~いブログにお付き合いいただき、有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

スポンサーサイト




2018-09-22 01:40 | カテゴリ:日記