☆☆☆ お知らせ 【秋田の涙を流すマリア像】の写真を掲載しました ☆☆☆

今日から4月、さくらも前線は東北を北上、仙台で3月30日開花。日本列島は例年より1週間~10日位早いお花見になっていますね。毎日皆さまのブログのお花見を楽しませていただいています。
秋田はようやくマンサクの花が満開になりました♪

2018-03-27_09-58-43.jpg

★★★ 【金正恩氏電撃訪中】 米朝会談に向けた足場固めか ★★★

3月26日、中国の北京に北朝鮮からとみられる特別列車が到着しました。最高レベルの厳戒態勢のなか、人民大会堂を訪れて中国の最高指導部と会談したもようで、かなり高いランクの要人とみられます。 誰?正解は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長でした。

金正恩・朝鮮労働党委員長が訪中し、離れつつあった冷戦時代からの同盟国・中国との関係の修復に動いたことは、トランプ米大統領との首脳会談に向けて、北朝鮮の交渉の足場を強化することになりそうだ。

中朝両国には、長年に渡る深い絆があり、中国は、1950-53年の朝鮮戦争を共に戦った北朝鮮のことを「血を分けた兄弟」と呼ぶこともあった。中国には、北朝鮮の友好国としての自身の重要性を示し、米国と韓国による交渉によって脇に追いやられる懸念を和らげる意図があると報じられています。

※ 出典 ロイター通信 2018年3月28日 / 18:31 ※写真もお借りしました

☆彡 みなさんは、このような日がこんなに早く来ると想像されてましたか?わたしはびっくりしました(@_@)。でも、喜ばしい風景ですね。

2018-03-28_21-57-19.jpg

北京人民大会堂で歓迎宴会場で中国習近平国家主席と談笑する北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長。金正恩氏は戦争よりも平和を選択したんですね。

中国側が、正恩氏から朝鮮半島の非核化について誓約を得たと語る一方で、北朝鮮国営メディアは、習主席が平壌への招待を「喜んで」受け入れたと報じています。

平和よりも戦争好きの安倍晋三首相は、核実験と弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮の脅威を訴え、あのけたたましいアラートで国民を叩き起こして「スワ戦争」かと国民を脅してきた。「国民も攻撃されるのなら国を守らねば」と、戦争に駈け参ずるのは当然という雰囲気が作り出されている。

2018-03-29_01-47-51.jpg

★★★ 米国第一主義に巻き込まれた日本 ★★★

日本はいまだに「油断はならないと圧力論」を振りかざしてますね。何と石頭!!!←11月訪日のビズネスマンのドナルド・トランプ米大統領に「北朝鮮のミサイルを打ち落とせるように、日本はもっとアメリカ製の武器を買え」「それはアメリカに雇用を増やし、日本に安全性を高める」と言ったと報じられていましたね。それで、まんまとお古の武器を買わされたんですよね。

「白人至上主義者」のトランプにいとも簡単に見捨てられかねない黄色人種である日本。米朝対話に日本は置き去りを喰らい、安倍首相はじめ政府は非常に狼狽え焦ってますね。

2018-03-29_01-47-13.jpg

★★★ 「人類の幸福脅かす」 京大、軍事研究しない方針 ★★★

京都大は28日、軍事研究に関する基本方針をホームページで発表し、京大の研究活動は「平和貢献や社会の安寧、人類の幸福を目的とする」ものだと指摘。「軍事研究はそれらを脅かす」ことにつながるとして、京大の研究者は、研究活動が社会に与える影響を自覚しながら、社会からの信頼に応えていくことが求められるとした。

2018-03-29_02-00-27.jpg

★★★ 佐川氏 証言拒否を連発、首相官邸指示 明確に否定 ★★★

政権を揺るがしている森友文書の改ざん問題。その証言が注目された佐川氏の証人喚問が27日、行われました。
Q、「改ざんを誰が指示したのか?」
A、佐川氏は「刑事訴追のおそれがあるので答弁を差し控える」。改ざんについて「総理官邸からの指示はない」として明確に否定。さらに「財務省・理財局の中で対応した」と明言し、政治家の関与を否定しています。

自民党幹部は、「きょうの証人喚問で総理官邸や安倍昭恵夫人の関与がないことがはっきりした」と安堵しています。
しかし、今後は、野党側がさらに追及の手をゆるめず、大阪地検の捜査や財務省が行っている調査結果も明らかになって、新たな展開も予想されますので、27日で「幕引き」とはならない見通しです。

※出典 TBSニュース ※写真は東京新聞よりお借りしました。 

☆彡佐川氏の証言により「官僚が勝手にやったことで安倍晋三には責任はない」とニンマリしてるでしょうが、 「こうした問題で官僚が忖度し文書を改ざんすることはない」とテレビで藤井裕久氏や片山善博氏がコメントしています。
 
2018-03-29_02-03-05.jpg

★★★ 森友改ざん 「あとは国民の判断に任せる」 ★★★

安倍晋三首相は28日午前の参院予算委員会で、財務省の決裁文書改ざん問題を巡る佐川宣寿前国税庁長官の27日の証人喚問を受け、「書き換えについて私は全く指示していないと申し上げてきた」。「政府としては論評することは控えたい」とした上で、証言の評価は「後は国民の判断に任せたい」と述べた。
※出典 毎日新聞 2018年3月28日 12時44分

☆彡いきなり「国民の判断に任せる」って、驚きましたね。責任の放棄ですよね。「国民はすぐ忘れる」と言って、散々馬鹿にしてきた国民はどうせロクな判断もできないだろうと見た訳?安倍首相、支持率を見なさい。国民はちゃんと見てるんですよ<`ヘ´>。

2018-03-18_21-27-32.jpg



2018-03-25_19-31-22_20180401233741113.jpg

3月30日(金)、ウオーキングの仲間と秋田市添川湯沢台にある聖体奉仕会聖堂に【涙が流れるマリア像】(秋田の聖母)を訪れました。

2018-03-30_09-47-22.jpg

空は澄わたり、太平山の雪が大分消えていました。

2018-03-30_09-53-45.jpg

草も木も冬の眠りから目覚めたばかり♪

2018-03-30_09-54-42.jpg

ここが聖体奉仕会聖堂です。和風の聖堂は宮大工が建築したものです。とても立派ですね。私は秋田へ引越ししてきた23年ばかり前、カトリック信者である友人のSさんに案内されてここへ来たときは、聖堂のコンクリートの土台だけありました。その後数年かけて2002年5月この聖堂が完成したのでした。涙を流すマリア像は元々は写真左側の松の後ろにある古民家(築100年以上)に安置されていました。

2018-03-30_10-23-07.jpg

ここは、シスターや信者が集まり、祈りを捧げる聖堂。独特の清廉な雰囲気がありました。

2018-03-30_10-09-06.jpg

私がカトリック信者のSさんから聞いた話では、マリア像は1975年から涙を流し1981年に101回目の大量の涙を流されたのが最後になった。1980年にはマリア像から流れる涙を秋田大学で分析した結果「人間の体液、すなわち涙」と結論を出し、84年、ローマ教皇庁から奇跡だと認められたとのことでした。
※ 秋田の涙を流すマリア像の写真は聖体奉仕会のパンフレットよりお借りしました。 

2018-04-10_14-20-13.jpg

この高台から太平連山が見えました。

2018-03-30_10-24-45.jpg

この井戸の向こうに【子羊の苑】があります。

2018-03-30_10-24-55.jpg

ここが【子羊の苑】です。

2018-03-30_10-25-53.jpg

祈りと黙想の庭としてつくられ、1994年8月完成しました。苑の中央にはキリストの受難「十字架の道行」の碑があります。

2018-03-30_10-27-10.jpg

神父様?あるいは宣教師さま?が冷たい風が吹きつける受難の碑の前で微動だにせず、お祈りされていました。

2018-03-30_10-28-39.jpg


2018-03-30_10-33-38.jpg


2018-03-30_10-33-04.jpg


2018-03-30_10-32-38.jpg


2018-03-30_10-34-08.jpg

今来た道を戻りながら、パチリ。

2018-03-30_10-37-20.jpg

たくさんの水仙が芽を出していました。ここは間もなく水仙の苑になるのでしょう♪
【涙を流す聖母マリア像】の奇跡は世界的に有名で、諸外国から特に韓国からたくさんの信者の方が訪れるそうです。

2018-03-30_10-38-27.jpg

【子羊の苑】の次に訪れたのは秋田市旭川にある【国指定名勝秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭:じょしてい)庭園。

2018-03-30_11-09-17.jpg

江戸時代元禄年間(1688~1704)第3代藩主佐竹義処(1637〜1703)が下賜した土地に、

2018-03-30_10-55-11.jpg

名君として名高い9代藩主・義和によって整備され、「如斯亭」と名づけられました。

2018-03-30_10-58-34.jpg

後に「 東北では無二の名園」とも評さ れ、藩主の御休所や迎賓館として、多くの文人墨客の交遊の場としても活用されました。

2018-03-30_11-06-43.jpg

明治時代以降、民間所有でしたが、平成 22 年3月 29 日に秋田市に寄贈されました。

2018-03-30_10-57-00.jpg

2014年10月に修復整備工事が始まり、昨年、2017年10月21日秋田市の新たな名所としてオープンしています。

2018-03-30_11-00-33.jpg

流れる小さな滝の脇に咲く可憐な菊咲きイチゲ。なかなか心憎い演出ですね。

2018-03-30_10-59-14.jpg



2018-03-30_10-59-27.jpg

簡素で美しい如斯亭及び茶室に、ここを訪れ交流された人々がどのような人々だったのか想ってみました。しかし、今は全て宇宙(そら)の彼方に消え去り…ここでは偲(しのぶ)すべはありませんでした。

2018-03-30_11-02-44.jpg

茶室の前に屏風のように植えられている竹が美しい。

2018-03-30_11-03-17.jpg

最後は美味しいと評判のお寿司屋さんで昼食。ごちそうさまでした(^^♪。

2018-03-30_11-49-34.jpg

3月29日(木)は循環器内科の予約日、午前9時半病院受付へ。

2018-03-29_11-58-45.jpg

椅子に座った途端に目の前に「シンゾウ!守りたい!」のポスターが!!なぬ!病院が「安倍晋三を守りたい!!」ですって!!「心不全注意でござる!」←私の早とちりでした。世情が常に気になるマリコでした(^_^;)。病状は現状維持?。クスリが1種類減りました(^^♪。錠剤数が変わりました。

2018-03-29_11-57-32.jpg

帰りの会計の前、ちっとも混んでない?私ったら自動精算機があるのに気付かずにいたのです(^_^;)

2018-03-29_13-00-58.jpg

あっ、それからおしゃれなパンとコーヒー店ができていました。中へ入ってコーヒーをと思ったのですが、とても狭く寛げる雰囲気でなかったのでパス(>_<)。

2018-03-16_12-58-21_2018040219132584e.jpg

帰りはここから午後1時12分のバスで帰宅。バスは1時間に1本。全く不便です(>_<)。植木屋さんがロータリーの植木の冬囲いを1本1本取り払っていました。

2018-03-29_13-07-20.jpg

帰宅し、休む間もなく2時からカウンセリングがあり、疲れました。飲んだコーヒー碗もそのまま、ソファに倒れこんじゃいました(>_<)。

2018-03-25_19-27-31_20180402203732dc9.jpg

3月28日(水)、今日は宮沢賢治愛好会の第90回例会があり参加しました。

2018-03-28_09-43-06.jpg

読書は宮沢賢治の童話『雁の童子』です。一応、前以って読んでおくことになっていて、私は昨晩2度読みました。他の賢治の童話や詩にも通ずる表現があり、今日3度目をゆっくり回し読みしてるうちに、賢治が言いたかったことが、繰り返される生と死の「転生」物語であることが分かりました。

2018-03-28_10-52-21.jpg

宮沢賢治研究者の榊昌子先生が用意された童話絵本を、1ページ分だけ声を出して回し読みしてるところです。私も読みました。その場面らしく声色を使って読むのですが、しかし、全く滑舌が悪く(>_<)、「アイウエオ・あお」の訓練が必要であることを痛感しました。大昔、演劇部だったのに(^_^;)。

2018-03-28_10-23-14.jpg

高齢者になって、死は日常的に迫りくる課題です。まだ終活を全然してない私ですが、『雁の童子』のように「なんだかわらったまゝ、倒れ…」「いづれはもろともに、善逝(スガタ)の示された光の道を進み、かの無上菩提に至ることでございます。」(「」カッコ内本文のまま)と言うようなことが可能なら私も安心して死ねる気がします。

2018-03-28_10-23-41.jpg

例会が終わって、ビューホテルでランチ。その辺を散策してからお別れの予定でしたが、私は疲れ(息が続かない感じ。左手が不自由。)一足早くおいとまし帰宅しました。体力続かないのが残念(^_^;)。

2018-03-28_13-02-08.jpg

ビューホテルのレストランを彩る生花。

2018-03-28_13-01-18.jpg

3月27日(火)ななかまどウオーキングに参加しました。みんなで何を見てるのでしょう?新幹線秋田スーパーこまちが来るのを待っているのです。厳冬期間は殆どこの道を通らなかったので、スーパーこまちに会うのも3か月ぶりです。

2018-03-27_09-24-39.jpg

「来たよ♪」「来た来た♪」

2018-03-27_09-27-28.jpg

パチリ。私が写真を撮るのを仲間のみんなが応援してくれてるのです。感謝(^^♪。

2018-03-27_09-27-32.jpg

雪解け後の土手に茶髪の鬘(かつら)が並ぶ。面白い風景でしょ♪

2018-03-27_09-45-15.jpg

今冬は寒さが厳しく山茶花の花が小粒です。
今日も長~いブログにお付き合いいただきありがとうございます。ではまた(^^)/。

2018-03-27_09-57-52.jpg

スポンサーサイト




2018-04-01 15:16 | カテゴリ:日記