空ちゃんが、昨日(22日)の午後5時30分亡くなりました。1歳過ぎたばかりの短い命でした。

2017-08-04_11-43-56_201712231605420b5.jpg

「みなさん、こんにちは。ボクいまお空を登っています。ボクのことを色々応援してくれてありがとうございますニャ。優しい皆さんのことを忘れません(=^・^=)」。(写真は12月18日)

2017-12-18_14-17-08.jpg

「ボク、今日は大好きな2階の出窓で日向ぼっこをしているニャ(=^・^=)」

2017-12-23_10-18-30.jpg

「カーテンの陰から、おかしゃんが出かける準備をしてるのを見てるのが好きだったニャ(=^・^=)」

2017-12-23_10-14-47.jpg

「美味しくなかったけど、朝起きるとこの細長い葉っぱをちょっと齧っていましたニャ(=^・^=)」

2017-12-23_10-23-38.jpg

「ボクが日向ぼっこをしながら眺めていた景色ですニャ♪。今日は青空が見えて気持ちいいニャ(=^・^=)」

2017-12-23_10-34-57.jpg

スロージョギングの忘年会があり、昼食をとっていたら、おとしゃんから電話が入り「空ちゃんの具合が悪いからすぐ来て!!」「何?」。空ちゃんが「ミャア・ミャア」泣く声が聞こえ、「これはただ事ではない!!」と驚いて、おかしゃんは大至急帰宅しました。

2017-12-22_14-25-19_20171223145902f99.jpg

「空ちゃん、後ろの足が立たないんだ。吐いて下痢もしている」。見ると食いしん坊の空ちゃんが朝ごはんを少し残している…。空ちゃんは苦しくて身の置き所が無く、あっちへこっちへころげ回る。

2017-12-22_14-50-44.jpg

これはソファの後ろへ入った空ちゃん。猫は体調が悪いと物陰に隠れるというものの、そこは狭すぎ不都合なので、椅子を前に出して空ちゃんをダッコして出しました。

2017-12-22_15-00-08_20171223145905de9.jpg

おとしゃんが空ちゃんを撫でながら話しかけています。

2017-12-22_15-20-25_2017122314590798e.jpg

ソファの陰から出た後、テーブルの下であっちへゴロン!

2017-12-22_15-45-35_20171223165516c75.jpg

こっちへゴロン!時々テーブルにゴツンとぶつかる音が…「大丈夫?空ちゃん」。ダッコをしようとすると嫌がる。

2017-12-22_15-43-55.jpg

夢中でテーブルの下から出て来て大好きな紙袋にセーフ。遊んでるのではありません。苦し紛れの行動です。

2017-12-22_16-11-56.jpg

元気な時は、ここからおかしゃんがパソコンをしてるのをよく見てくれてたね(^^♪。

2017-12-22_16-00-35_201712231655177de.jpg

落ち着いたので、病院へ。「空ちゃん」と呼ぶも、おかしゃんをじっと見つめお返事はナシ。

2017-12-22_17-18-03.jpg

助手が「体重は5kです」。体重はどうでもいいから早く先生に診てほしい。先生になされるまま、抵抗もしないで、最期の大きな呼吸をし終わると空ちゃんの命が止まりました。(ToT)。原因は分かりませんでした。

先生が「私が空ちゃんの体をきれいにしますから」と仰ってくれて「ありがとうございます。よろしくお願いします」と、待合室でしばし待つ。顔とお尻としっぽの汚れを綺麗に落してもらって空ちゃんが診察室から戻って…先生が仰るに「今日は無料です」。時間外の受診だったのに、ほんとうに有難く感謝ですm(__)m。

2017-12-22_17-27-38.jpg

夕食後、ご近所のMさんが「空ちゃん、どうしました?」と心配してお見舞いに来てくれました。「空ちゃん、昨日の夕方亡くなりました」…どっと涙が溢れました。Mさんにはお世話になりました。夏、私たちが夫婦で上京中、ノラちゃん中だった空ちゃんを見て頂いた方です。Mさんは26歳まで生きた超長寿ネコを飼ってた方です。空ちゃんの頭や顔を撫でながら猫話をして一時間くらい居てくださいましたm(__)m。
空ちゃんの枕元にある「猫草」はMさんから「空ちゃんにクリスマスプレゼント」に頂きました。

2017-12-23_18-56-52.jpg

明日(12月24日)はクリスマスイブ。午後1時半から空ちゃんを荼毘に付します。空ちゃんはまだ1歳位になったばかりで幼顔をしています。今年の4月、我が家の庭に来てから、6月家の中まで入って来るようになり、13日間の行方不明を挟んで、7月、おかしゃんとおとしゃんの子どもになってくれたね。一緒に暮らすようになり、おかしゃんもおとしゃんもどんなに喜んだことか(^^♪どうもありがとう。だけど、余りにも短い日々でした。(T_T)

2017-12-23_18-54-16.jpg

空ちゃんは自分が死ぬなんて思っていなかったでしょう。おかしゃんもおとしゃんも、もちろん空ちゃんが死ぬなんて全く想定外でした。『人は自分が思っているより早く死ぬ』と言われています。動物もそうなんですね…。

2017-08-04_11-43-42_2017122316061790b.jpg

12月、世の中はクリスマス♪

2017-12-19_16-31-35.jpg

様々なクリスマスソングが賑やかに流れる♪

2017-12-19_16-29-39.jpg

21日(木)、ようやく我が家のニッチェに姉のパッチワーク作品であるクリスマスツリーを飾りました。いま一つ気分が乗らなく遅くなってしまいました。

2017-12-21_15-32-59.jpg

21日(木)、「ボク、朝からネズミ取りニャ(=^・^=)」。

2017-12-21_11-30-29.jpg

「ボク、袋が大好き。中に入るのも、袋の上に乗って滑るのも、紙袋の賑やかな音も好きニャ(=^・^=)」。

2017-12-21_11-32-03.jpg

「わァ!お天気がいい!!青空がきれい(^^♪」

2017-12-21_11-49-35.jpg

小さなつらら(タロッペ)が屋根から一人前、音を立てて落ちる♪暖かい(^^♪

2017-12-21_11-49-22.jpg

「空ちゃん、お外に出ようよ(^^♪」。空ちゃん今や遅しと玄関ドアのノブにピョンピョン♪「ボク、しばらくぶりで外に出たニャ。気持ちいいニャ(=^・^=)」

2017-12-21_11-47-33.jpg

「ボクは、怪しい猫が来てボクのテレトリーを荒らしてニャイか、調べなければニャらニャイ(=^・^=)」。玄関の外をあちこちスンスンする空ちゃん。耳がイカ耳になっています。

この日、空ちゃんの目の前に小柄な白いシャムネコと親分系の太っちょ白猫が現われて、空ちゃんと睨み合い、おかしゃんを見ると逃げて行きました。空ちゃんを家に入れようとしても「イヤニャ(=^・^=)」と突っ張りとうとう抱っこして家の中へ入れたのでした。

2017-12-21_11-46-59.jpg

21日(木)の夜の空ちゃん。ダイエットさせてるのに、このお腹のふくらみは何なの?でも、皆さんよくご覧ください。白いカバーに黒い点々がありますね。これは空ちゃんがわが家に入った時からあった症状で、空ちゃんがくしゃみをすると鼻水が飛んだ跡(あと)です。たまに血が混じっていました。鼻炎だと思っていました。

写真では黒いのですが、血です。このため空ちゃんは病院へ行き抗生物質の注射を3度も受けていたのです。お正月後も病院を受診する予定になっていました。この写真の後、空ちゃんが亡くなってから見ると更に血の点々がいっぱい増えていました。

←気付けなかったけど、もしかしたら体調悪かったのかも知れません(>_<)。この夜も空ちゃんに枕を占領され、おかしゃんはベッドの端に寝たのでした。

2017-12-21_19-03-16.jpg

実はスロージョギングの仲間のIさんがこんな大きな猫ちゃんのお写真を見せてくれました。10㎏!!(テレビ出演もした。)空ちゃんの2倍。16歳で至って健康、この体格で食卓テーブルに飛び乗り食事をすると聞いて驚きました。
猫ちゃんもそれぞれ個性があるのだから、おかしゃん、空ちゃんのダイエットを打ち切りにしましょう♪あんなに食べたいって鳴くんだから(^^ゞ。←大甘のおかしゃんです(^^♪。

2017-12-22_11-09-48.jpg

12月22日(金)朝、2階の出窓に居る空ちゃんに、「空ちゃん、おかしゃん行って来るから待っててね。バイバイ(^^♪」と、手を振るおかしゃんを空ちゃんはチラ見し連れない。おかしゃんは融雪工事が終わった坂道を下って、スロージョギング参加のため児童館へ向かう。右手に見えるピンク色の小さな建物が児童館です。

2017-12-22_10-10-08.jpg

いつものように狭い児童館の2階でスロージョギング♪

2017-12-22_10-39-12.jpg

いつものようにクールダウンをしてから…。

2017-12-22_10-55-02.jpg

児童館の走った後の2階に会場を急ごしらえし、スロージョギングクラブ忘年会です♪つつましいでしょう(笑)。

2017-12-22_11-13-23.jpg

この1年の報告があり、

2017-12-22_11-19-31.jpg

ビデオを見てささやかなシュークリーム忘年会は終わりました。

2017-12-22_12-43-40.jpg

この後、いつものイオンのフードコートへ移動。昼食のオニギリを食べてお喋りを楽しんでいると、おとしゃんから「空ちゃん、急病」の電話があり帰宅したのでした。

2017-12-19_16-22-05.jpg

12月24日(日)、真向いのTさんとお別れし、おかしゃんに抱かれて、

2017-12-24_13-15-39.jpg

ホワイトクリスマスとはならず、雲の向こうに陽が輝く道を…。

2017-12-24_13-15-04.jpg

ペット霊園へ。

2017-12-24_14-05-28.jpg

この場所に空ちゃんが居るなんて何という不条理!!信じ難い現実でした。悲しい(T_T)。空ちゃんだって悲しんでる…。

2017-12-24_14-01-50.jpg

空ちゃんの細い細い小さなお骨を拾いました。なぜか頭から胸そしてお腹からお尻まで真っ黒でした。「空ちゃん、こんなに真っ黒で!!どうしちゃったの?」。世話人の方に「交通事故に遭ったのでは?」と、「外に出してない」と言う私たちの言葉を不思議がられ、何度も聞かれました。

「昨日、ここに来た交通事故に遭ったという猫と同じ状態です。空ちゃん、頭から出血し、血が下がって心臓へ行き、心臓が働けなくなり体に血が回らなくなっていたのではないかと思います。医師でないからはっきりとは言えないけど」。

2017-12-20_20-46-53.jpg

謎が解けました。6月30日から7月にかけての13日間の行方不明の訳が分かりました。空ちゃんは牙が折れていて口の周辺に血の塊が付き、両足が麻痺した状態で帰って来ていました。空ちゃんが異常に軽自動車を怖がっていたのは、やっぱりおかしゃんが想像していた通り、車にぶつかるという事故にあって奇跡的に助かっていたからだと思います。動けなくて飲まず食わずで、じっとして何処かに隠れていたのでしょう。

雨の中を濡れながら前足だけで階段を登って帰ってきたことに、おかしゃんもおとしゃんも本当に驚きました。空ちゃんは骨皮に痩せてドロドロに汚れて帰ってきて、その日からおかしゃんとおとしゃんの子どもになって、一緒に暮らしてきたのでした。よっぽど水分不足だったのでしょう、大量のお水を毎日飲んでいました。

2017-12-21_11-35-13.jpg

交通事故の後遺症で弱っていた頭蓋が今になって大出血を起こした?空ちゃん、どんなに痛く苦しかったか。フードコートから帰って空ちゃんを撫でた時、いつも温かかった体がひんやりと冷く、ピンク色だった手足の肉球も白くなっていて冷たかった。爪が小さくとても細い。太っていたけどまだ子供だったんだものね(^^♪。

空ちゃんの背中には輝く星がありました。流星のように瞬く間におかしゃんとおとしゃんの側から居なくなった空ちゃん。さようなら。。。(上の写真は亡くなる前日のお昼前、元気にネズミ取り遊びをしている空ちゃん。12月21日写す。)

2017-12-21_19-40-57.jpg

スポンサーサイト




2017-12-23 15:16 | カテゴリ:日記