☆彡 【箱根ガラスの森美術館】の記事を少し詳しく追記しました。(11月19日)

♪わたしはまっ赤な リンゴです ♪お国は寒い 北の国 ♪リンゴ畑の 晴れた日に ♪箱につめられ 汽車ポッポ ♪町の市場へ つきました♪
♪リンゴ リンゴ リンゴ ♪リンゴかわいい ひとりごと♪   
題名【りんごのひとりごと】←知ってる人がいるかしら?

2019-11-16_09-29-21.jpg

11月13日(水)、天気予報は「明日から急に寒くなり、雪が降るかもしれない」。…朝から何とも気合が入らず、体を引きずるように児童会館でのスロージョギングへ参加。力が入らずヘロヘロ(?_?)…走っているうちに調子が上がるだろうという予測に反して、気分が悪い。仲間とランチをして帰宅。胃が痛みだし、まさかの嘔吐(>_<)。それからグダグダと3日が経ってしまいました。

また、風邪です(T_T)。ショック!!折角落ちた筋肉を取り戻し、喜んでいた矢先にです。でも、まだ咳が残るけど、【生活即リハビリ】です。…昭和14年生まれ、もう十分年を取ってしまいました。「免疫力が低下してるんだね」とスローの仲間に言われたけど、風邪に負けてはいられません。「わたしは真っ赤なリンゴです♪」が頭の中で鳴り続けて!!自分自身を奮い立たせています(*^^)v。

2019-11-13_10-13-55.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「ボクは風邪もひかずに元気にしているでちニャ」

2019-11-16_09-56-17.jpg

「おかしゃんもおとしゃんも風邪で起きないでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、眩しいからカーテン閉めて(^^♪」

2019-10-28_07-28-23.jpg

「強制的に窓からボクのベッドヘ。二度寝でちニャ(=^・^=)」

2019-11-10_09-46-44.jpg

「ヘッヘッへ(^^♪。笑ちゃん、起きて(^^♪」

2019-11-10_09-44-58.jpg

「せっかくいい気持で寝ていたのに、おかしゃんって意地悪ニャ(=^・^=)」お顔を洗った後、お手もキレイキレイする笑ちゃん。

2019-11-10_09-43-42.jpg

「起きて行ったらおとしゃんがこんどは爪切りニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、お利口さん(^^♪」

2019-11-09_20-37-33.jpg

「雪はまだ降らないけど寒いでち(=^・^=)」「ボクここが一番でちニャ(=^・^=)」「ボクのおとしゃんが大風邪を引いておかしゃんに移したみたいニャ(=^・^=)」
「おかしゃんとおとしゃんが風邪でダウン。食欲がなく、冷蔵庫に食材はあるのに食事を作るのが頓挫(>_<)。体力維持が難しい…寒くて外には出たくないし…明日は温かいスープ位は作らないと(^^♪」「比較的風邪が軽いおかしゃんが「おさんどん」をしています(^^;)。

「暑いと言ってたのが嘘のような寒さですね。みなさんも風邪を引かないよう温かくしてお過しくださいね(^^♪」。

2019-11-16_09-54-48.jpg

10月29日(火)曇り、今日から2泊3日で「第14回夫のきょうだい旅行」に参加。朝7時16分の「こまち10号」に乗って東京へ。車窓から秋田の田園風景をパチリ。東京で「こだま651号」に乗り替え小田原へ。12時ジャストに小田原駅西口改札口で集合。

2019-10-29_07-53-33.jpg

バスの運転手さんが「小田原城が見えますよ」、急いでスマホでパチリ。「あぁ♪運良く撮れた(^^♪」

2019-10-29_12-27-24.jpg

2019年10月11日未明から13日にかけて列島を襲った台風19号。神奈川県箱根町では、降り始めからの総雨量が1,000ミリ超を記録、これは観測史上最多の降水量であった。これにより土砂崩れなどで交通網は寸断される事態に陥った。

台風19号の暴風雨で箱根は大きな被害を受け、我がきょうだい旅行も可能か危ぶまれましたが、小型バスをチャーターしここまで来たのでした。バスの運転手さんの話だと「箱根駅伝(1月2日、3日)」5区のスタート地点はこの辺りだそうです。

2019-10-29_12-29-49.jpg

いつもは人人人で溢れかえる箱根の街は人影もなく雨の中に佇んでいました。

2019-10-29_12-36-57.jpg

勾配14度、標高差864m、長~い長~い坂道を20,08kmも走るのですから、ランナーには非常に強い脚力とスタミナが必要とされるのですね。また、ここは山の中、平地と比べるととても寒いのだそうです。そういう配慮とともにメンタルも大事なのではと思います。

2019-10-29_12-46-35.jpg

私たち夫婦はバスでこの長~い坂を通って、5区の難所を走るランナーに思いを馳せ、感動せずにはいられませんでした。往路107,5km、復路109,6km、計217,1kmを20人の学生がタスキを繋ぐ、「箱根駅伝」をテレビで見るのが、初詣にも出かけない夫婦のお正月に欠かせない行事となっています。

2019-10-29_12-47-38.jpg

総雨量が1000ミリを超える観測史上最大の豪雨に見舞われた。箱根登山電車は箱根湯本―強羅間で土砂崩れが発生し、1カ月を経過した今も復旧のめどが立たないなど、現在も一部で大きな影響が残っています。.

2019-10-29_12-53-37.jpg

雨の中、着いたのは「箱根ガラスの森美術館」。

2019-10-29_14-21-31.jpg

そこにはガラスが魅せる夢の世界が広がっていました。

2019-10-29_13-32-16.jpg

当ブログの写真は全てクリックすると拡大できます。雨粒とクリスタルガラスがコラボするガラスの木。拡大してご覧ください。

2019-10-29_14-23-57.jpg

枝垂れる葉の植物とともに咲く白い花はクリスタルガラスの花です。背景にある白い木はクリスタルガラスの木です。

2019-10-29_13-28-00.jpg

広い庭園はバラや季節の花に彩られ、

2019-10-29_13-29-17.jpg

マガモがのんびりお散歩していました。

2019-10-29_13-35-05.jpg

庭園の池の中で、ひときわ目立つガラスの造形は【パラッツォ・ドウカーレ・シャンデリア】です。この不思議な形はどうやって造ったのでしょうね。

※この作品は当館と「ヴェネチア市立ムラーノ・ガラス美術館」が1996年に姉妹提携を結んだ記念として2点制作され、一つは箱根ガラスの森美術館に、もう一つは「ヴェネチア市立ムラーノ・ガラス美術館」に展示されています。(説明は箱根ガラスの森HPより)

2019-10-29_13-25-21.jpg

これは【光の回廊】です。庭園からヴェネチアン・グラス美術館エントランスへ続く橋にかけられた、高さ約9m、全長約10mのクリスタル・ガラスのアーチ。約16万粒のクリスタル・ガラスが風にゆれ、様々な表情を見せてくれるとのことですが、残念ながら、雨で、期待する虹の輝きは見られませんでした。(>_<)。

2019-10-29_13-26-22_20191117160405eb6.jpg

ここのバラの花は全部ガラスの花です。

2019-10-29_13-36-25.jpg


2019-10-29_13-37-19.jpg


2019-10-29_14-08-50.jpg


2019-10-29_14-08-22.jpg

夢の青いバラの花も、雨に濡れてうつむいて咲く、この柔らかで儚げなピンクのバラにはかないませんね。

2019-10-29_13-34-36.jpg

入り口には【ピカソ・シャガールたちの ヴェネチアン グラス彫刻展】と表示されていました。それでは中に入って見ましょう。

2019-10-29_13-20-34.jpg

こじんまりした空間に生花が活けられていました。

2019-10-29_13-23-16.jpg

繊細な透明ガラスのオブジェはライトアップされ、清楚な空間となってました。

2019-10-29_13-40-55.jpg

ド派手な作品が展示されてるのは【現代ガラス美術館】です。

2019-10-29_13-40-31.jpg


2019-10-29_13-41-36.jpg


2019-10-29_13-42-14.jpg

モダンな作品なのにシックに感ずるのは、この天上のせいでしょうか?

2019-10-29_13-44-19.jpg



2019-10-29_13-44-24.jpg

世界一有名なマスカレード(仮面舞踏会)といえば、イタリア・ ヴェネチアのカーニバルだそうですから、これらのお面はそんなカーニバル文化から生まれたのでしょうね。

2019-10-29_13-45-59.jpg

.🎃ハロウィンでは大活躍しそうなお面の数々。

2019-10-29_13-45-48.jpg

この赤い牛 【TORO(雄牛)】はデザイン:パブロ・ピカソ の作品を基に、エジディオ・コスタンテイ―ニが制作したものです。

2019-10-29_13-51-32.jpg

こちらは王様の部屋?時間が押していたので説明書きを読んできませんでした(^^;)。

2019-10-29_13-55-50.jpg

でも、華麗も度を超すと神経が疲れますよね。暖炉の上に立派な有翼の獅子像がありました。

2019-10-29_13-49-50.jpg

ヴェネツィア市の旗にも、翼がある獅子が描かれていますね。このライオンは本を開いています。
「羽根の生えたライオン」は、ヴェネツィアのシンボルです。この街の守護聖人である聖マルコのシンボルが「有翼の獅子」あったからだそうです。戦争時は本を読めないが、平和時には本を読むことが出来るという平和への願いを込めたシンボルでもあるのですね。

2019-10-29_13-54-22.jpg

では、シンプルに♪

2019-10-29_13-39-13.jpg

こちらは、箱根ガラスの森美術館で、【ピカソを超えよう】牛をテーマにしたガラス作品のデザイン画を子どもたちから募るコンクールが行われ、最優秀賞に横浜市立東山田小学校6年の平出昊誠さんの作品が選ばれ、そのデザイン画を基にイタリアのベネチアングラス職人親子がガラス彫刻を制作したものです。可愛らしいですね。

2019-10-29_14-04-32.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。旅行記が続きます。ではまた(^^♪。

2019-10-29_14-18-52.jpg

スポンサーサイト




2019-11-16 20:25 | カテゴリ:日記
★★★ 緒方貞子さん死去 日本人初高等弁務官 92歳 ★★★

日本人初の国連難民高等弁務官(UNHCR)1991年)として、難民支援に貢献した緒方貞子さんが22日に亡くなっていたことが分かった。92歳だった。

2019-11-02_03-01-17.jpg

★★★ 防弾チョッキで紛争地に入った緒方貞子さん ★★★

危険をものともせず、紛争地にヘルメット、防弾チョッキ姿で乗り込む現場主義。紛争当事者と交渉する姿は、国連関係者や世界各国のトップから「身長5フィート(約150センチ)の巨人」(英BBC)と称賛された。
※出典 東スポWeb 10/30(水) 17:10配信 ※写真もお借りしました。

2019-11-02_03-02-27.jpg

★★★ 難民支援に貢献した緒方貞子さん ★★★

私の仕事は、クルド人への支援から始まりました。就任間もない頃でした。国境を越えたら支援する、国境を越えないなら支援しない、ということでは目の前のクルド問題は解決できません。イラク北部のクルド難民とUNHCR内で議論を重ねた結果、国内避難民(Internally Displaced Persons )を支援することを決断しました。

2019-11-06_19-41-32.jpg

生命と安全と生活を保障するのは国家ですが、国家がそれを保障してくれない状況になったとき、国家に代わって誰がどのようにその方たちの面倒をみるかを決めたり工夫したりするのがUNHCR の任務でした。UNHCRは「人」を相手にしているわけですから、人々の生命を守るためにはとにかく速く動くことが先決でした。
※写真はNewsweekからお借りしました。

2019-11-02_02-59-28.jpg

★★★ 難民を救うことは地球を救うこと 誰よりも難民に尊厳を ★★★

「故郷に戻り、手をたたいて喜ぶ人々。死に行く子供たち、助けを求める年老いた女性―難民たちの表情に私たちの成功と失敗が刻み込まれています。
成功には勇気づけられました。
人々の苦しみに接するたび、沸き上がった怒りと悲しみがこの仕事を続ける原動力でした。
家を追われ、貧困に苦しむ難民を支援するために最前線で戦った全ての人々に尊厳を。
【そして誰よりも難民に尊厳を】」
※出典 『緒方貞子という生き方』(黒田龍彦著)2002年 KKベストセラーズ ※帯より引用

2019-11-06_20-22-46.jpg

10月29日(火)、きょうだい旅行に出かけ箱根をレンタカーで走行中、八千草薫さんのことが話題になり、偶然、「緒方貞子さんはどうしていらっしゃるかな?」「素晴らしい女性だよね」と皆で称賛したばかりでした。まさか既にお亡くなりになってるとは思いもよりませんでした。
ご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

2019-09-27_14-57-36.jpg

急に寒くなりましたね。20℃から10℃ですから洋服もセーターやフリースパーカーやキルティングコートと急に冬支度になりました。

2019-11-06_10-07-06.jpg

11月6日(水)晴、ここは我が町のスロージョギングコースの中央公園です。11月からスロージョギングは児童館(屋内)を使用することになりました。しかし、今日は風が冷たいものの晴れ渡り、公園で走ろうと来てみたものの…だ~れもいませんでした。(実は屋外組は別コースで走っていたのでした(^^;)。)

2019-11-06_10-05-27.jpg

11月5日(火)晴、久しぶりに「ななかまどウオーキング」に参加。急遽、太平山へ紅葉狩りに行くことになり、Kさんの車に便乗して出かけました。気温11℃。パーカーの上にユニクロで買った薄手のダウンベストを着、手袋もはく。目指す大平山を車窓からパチリ。

2019-11-05_09-38-17.jpg

旭川ダム公園に到着、ヤマモミジがお日様が当たるところだけ紅葉している。

2019-11-05_09-51-19.jpg

赤い輝きに感動(^^♪。スマホでは限界!(^^;)

2019-11-05_09-52-59.jpg

メタセコイア(生きてる化石として有名)が成長し、辺りを圧する勢い!!

2019-11-05_09-54-32.jpg

黄葉するメタセコイア。メタセコイアは日本のあちこちから化石は見つかったが、肝心の生存する樹木がなかった。中国に「生きてる化石メタセコイア」が生存してることが判明、戦後日本へ移植。今では日本の各地で街路樹や公園等に植樹されている。

2019-11-05_10-22-04.jpg

【旭川治水ダム】
*治水など目的に1972年に完成した重力式コンクリートダム)
*堤高51.5メートル、幅380メートルで上部は徒歩で渡れるようになっています。

2019-11-05_10-26-30.jpg

ダムから旭川を見下ろすと、川面に空が映っている♪

2019-11-05_10-23-36.jpg

上の風景を拡大撮影。

2019-11-05_10-21-36.jpg

この日、晴れてはいましたが雲が多く、太陽が雲に覆われると、こんな渋い油絵の世界に変身(^^♪。

2019-11-05_10-16-48.jpg

★★★ 正殿屋内から出火か=首里城火災、7棟焼失 ★★★

10月31日午前2時40分ごろ、那覇市の世界遺産、首里城跡に復元された首里城から煙が上がっていると119番があった。消防や沖縄県警によると、首里城正面の中央部分にある正殿から出火し、激しく炎上。北殿、南殿などに延焼し、建物と門の計7棟を焼いて約11時間後に鎮火した。けが人はいなかった。
※出典 時事ドットコム・ニュース 2019年10月31日17時11分 ※写真はNHKからお借りしました。

☆彡 きょうだい旅行の最後の日でした。朝、ホテルのテレビをつけると炎上する首里城が。ショック!!約10年前、秋田は真冬の2月初旬、夫と沖縄へツアーでの行きました。朝顔が咲き、ヒマワリが咲き、沖縄は初夏でした。華やかな首里城前で記念写真を撮りました。沖縄人たちがどんなに落胆してることでしょう。遠く秋田在住の私でも悲しく胸が潰れる思いなのですから。笑ちゃん、花丸💮。お利口さん。寝ている笑ちゃん、寒いかな?タオルをかける親バカおかしゃんです(^^♪。

2019-10-31_23-41-04.jpg

★★★ 11月はDV・児童虐待防止推進月間です ★★★

児童虐待や家庭内暴力(DV)の防止に向け、秋田県は2日、JR秋田駅前ぽぽロードなどで啓発キャンペーンを実施した。県や秋田市、児童相談所の職員、NPOなどの各団体の計80人が啓発のジャンパーを着て、「11月は児童虐待やDVの防止推進月間です」と呼びかけた。

2019-11-02_10-27-25.jpg

キャンペーンに先立ち、堀井啓一副知事が「秋田から児童虐待、女性への暴力を根絶する。また、市町村の連携をしっかりとってほしい」とあいさつがあった。

2019-11-02_10-26-47.jpg

県はこの日、新たに制定した児童虐待防止宣言を公表した。

2019-11-02_10-37-14.jpg

職員らは通行人に児相の全国共通ダイヤル(189(いちはやく))が書かれたチラシが入ったかばんを配布。

県によると、県内の児童虐待による相談件数は右肩上がりで増え、昨年度は464件。2014年度は285件だったが、15年度以降、400件台まで急増した。子どもの目の前で配偶者に暴力を振るう「面前DV」を、警察が心理的虐待として児相へ通報するようになったことが大きな要因だという。
※出典 朝日新聞 2019年11月3日03時00分 

2019-11-02_10-50-35.jpg

西武デパートの脇でのキャンペーンは丁度レストランが開店の時間に終わり、西武でランチ。ワンプレート+ドリンク=¥1500円で1時近くまで、話題は多様、ゆっくりとした時間を過ごすことができました(^^♪。

2019-11-02_11-47-19.jpg

ランチ後駅を通り抜け、バスで帰宅。帰宅後、旅行の寝不足と疲れで爆睡(#^^#)してしまいました。

2019-11-02_13-46-16.jpg

11月7日(木)曇り、「笑ちゃん、おはよう(^^♪、あら!笑ちゃんイナイねェ」「フフフ、おかしゃんボクを探してるでちニャ(=^・^=)」。「笑ちゃん(^^♪」。笑ちゃんはバスタオルの中でシッポを振っているが顔は動かさない。

2019-11-07_10-10-20.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」おかしゃんにバスタオルを剥がれて、「意義あり‼(=^・^=)」の笑ちゃん。

2019-11-07_11-54-08.jpg

「ボクは毎日、ボクのテレトリーに闖入してくるかもしれない、白黒デブ猫(10Kgはある)を出窓で監視しているでちニャ(=^・^=)」

2019-11-01_09-38-11.jpg

事件はこの後、突然「ぎゃあ~ん(=^・^=)」と、今まで聞いたこともない笑ちゃんの叫び声が!!「おとしゃんが笑ちゃんのシッポを踏みつけた!!大変!!(^^♪」。玄関に大急ぎで行くと、おとしゃんが「今、白黒猫が玄関の中に!!笑ちゃんに激突して出て行った!!」という。

笑ちゃんの背中が恐竜の背中のように真ん中の毛が立っている。「笑ちゃん、大丈夫?(^^♪」、怪我はしていなかったが、恐怖に襲われ、ダッコ嫌いの笑ちゃんが私の腕の中から離れない。←頼られて内心うれしいおかしゃんなのでした(^^♪。

2019-11-04_15-27-51.jpg

11月1日(金)晴、「おかしゃん、今日も出かけるでちか(=^・^=)」、出窓で不機嫌顔でおかしゃんを見送る笑ちゃん。
今日はスロージョギングがある日でしたが、旅行疲れでお休みするも、お昼にかけてフードコートでランチをしている仲間に旅行のおみやげを届け、私も一緒にランチ。みんな聞き上手なので旅行のお土産話で盛り上がる(^^♪。

2019-11-01_11-45-53.jpg

11月2日(土)、日が暮れかけていたが、近所のMさんへ旅行のおみやげを届けがてら、笑ちゃんと散歩する。

2019-11-02_16-45-49.jpg

「ボク、木登り🐈ニャ(=^・^=)」。Mさんの家の松の木へ登る笑ちゃん。「危ないから、降りなさい(^^♪」。

2019-11-02_16-48-33.jpg

次に、Aさんの家のジューンベリーの木の高い所まで笑ちゃんが登って、びっくり!「ダメよ!降りなさい(^^♪」。すると、バックでスルスルと木から降りてくる笑ちゃん♪木登りが上達した笑ちゃんでした。

2019-11-02_16-49-37.jpg

「おかしゃん、ボクツカレタでちニャ(=^・^=)」

2019-11-02_16-50-51.jpg

「ダッコ!(=^・^=)」。この目に弱いおかしゃんは5㎏もある笑ちゃんを抱きかかえて家に帰ったのでした。

2019-11-02_16-51-29.jpg

アンモナイト寝でなく座布団寝になってる笑ちゃん。
笑ちゃんはおかしゃんとおとしゃんが旅行に出かけた3日間、一人でお留守番でした。1週間位持つように、カラカラと少しの缶詰と大量の水、4個のトイレを用意し出かけました。

旅行中、「笑ちゃん、どうしてるかな?(^^♪」、おかしゃんもおとしゃんも心配でした。きょうだいたちも揃って🐈好き、「笑ちゃん、小っちゃいのに、カワイソウニ」と、笑ちゃんに同情。

帰宅して感動!!笑ちゃんは我が家の車の音を聞きつけて玄関の扉の前で待っていました。「笑ちゃん♪ただ今(^^♪」ダッコ嫌いの笑ちゃんがおかしゃんとおとしゃんに代わり番コに抱かれて、シッポを千切れんばかりに振って大喜び。元気な笑ちゃんに夫婦は胸を撫で下ろしたのでした。

2019-11-07_12-35-35.jpg

笑ちゃんはトイレを3個キレイに使い、食事も適量食べていました。暴れて駆け回って遊んだ風もなく、家の状態は旅行前と同じ状態でした。遊び相手がいないとつまらなくて「食っちゃ寝、喰っちゃ寝」していたのでしょうか?何も話さず悠然としてる笑ちゃんって、エライな(^^♪。

笑ちゃん、花丸💮。お利口さん♪寝ている笑ちゃん、寒いかな?タオルをかける今日も親バカおかしゃんです(^^♪。

2019-11-07_12-37-35.jpg

本日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^.^)/~。


2019-11-06 20:01 | カテゴリ:日記