★★★ 世界フィギュアで初優勝し、金メダルにキスするアリーナ・ザギトワ (3月22日)★★★ 

2019-03-26_22-29-22.jpg

3月20日、さいたまスーパーアリーナで世界フィギュア・女子ショートプログラムで演技するアリーナ・ザギトワ(ロシア)
※出典【時事通信社】 ※写真もお借りしました。

2019-03-26_22-35-29.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「ボクの大好きなカゴが小さくなってしまったでち(=^・^=)」

2019-03-23_20-28-12.jpg

「カゴが小さくなったのではなくて、笑ちゃんが大きくなったのよ(^^♪」「それでも気持ちいいニャ(=^・^=)」

2019-03-23_20-29-43.jpg

3月24日(日)夜明け前、笑ちゃんに起こされて2階の窓から外を見てびっくり!!雪が!!「寒いニャ(=^・^=)」

2019-03-24_05-15-39.jpg

「外は銀世界!!(@_@) ひゃあ、寒そう!!」笑ちゃんもおかしゃんも寒くて布団に潜り込んでもうひと眠り(^^♪。北国秋田は、やっぱりあのまますんなり春にはならなかった…(>_<)。

2019-03-24_05-36-23.jpg

「ボクのお気に入りは、おかしゃんのスリッパとボクシングをすることニャ(=^・^=)」「ボクがいつも勝つでちニャ(=^・^=)」

2019-03-25_12-54-00.jpg

「おかしゃんのスリッパがボロッちくなっちゃった(T_T)。笑ちゃんたら2階の寝室までスリッパを運んできて、力持ちなのね(*^^)v」「笑ちゃん!おかしゃんのスリッパどこへやったの!?」度々、行方不明のスリッパをあちこち探し回るはめになったおかしゃんです(^^;)。

2019-03-25_12-54-08.jpg

「寒いときはストーブの前で寝るのが一番ニャ(=^・^=)」

2019-03-24_13-44-50.jpg

「6月生まれの夏猫笑ちゃんは寒がりやなのよね(^^♪」

2019-03-24_13-45-15.jpg

「ちょっと熱いでちニャ(=^・^=)」

2019-03-24_18-16-52.jpg

「笑ちゃん!おとしゃんの椅子が拭かれないじゃないの(^^♪」「ボク手伝ってあげるでちニャ(=^・^=)」

2019-03-24_12-48-30.jpg

「ボク、おかしゃんのお手伝いしてつかれたでち(=^・^=)」

2019-03-25_21-01-55.jpg

「まあ!何という寝相なの!」←でも、この姿がまたカワイイ(^^♪←親バカチャンリン♪

2019-03-25_20-16-02.jpg

3月26日(火)朝9時、風が肌を刺す寒さの中を短いダウンを着、手袋をはめて町内の「ななかまどウォーキング」に参加しました。参加者5名。

2019-03-26_09-31-01.jpg

いつもの坂の小道に薄日が差し、

2019-03-26_09-33-31.jpg

雪と寒さに晒された竹の葉が急いで緑を取り戻し、春風に吹かれていました。

2019-03-26_09-34-19.jpg

坂を上り切ったところで、沈丁花のつぼみが紅色にふくらみはじめ…土手には

2019-03-26_09-36-45.jpg

私が好きな小さな水仙の花が咲いていました(*^^)v。

2019-03-26_09-35-39.jpg

「ななかまどウオーキング」が終わってマックでお茶をしてから、11時に【イオンウォーキン】に参加しました。参加者約25名。たっぷり30分体操をして汗ばむ♪。

2019-03-26_11-02-58.jpg

11時30分、「さあ!それではウォーキングに出発ですよ~♪」スロージョギングクラブからは8名参加しました。

2019-03-26_11-33-01.jpg

ここがスタート地点です。若いインストラクターのウオーキングはかなり速足で、私は時々スロージョギングで追いつく有様(^^;)。歩幅が狭くなったこと、すぐ息が上がること…「♪年を取るってステキなことじゃありませんかあ~。(歌、中島みゆき)」←「いいえ♪決してステキじゃありませんよ~♪(歌、マリコ)」(#^.^#)(笑)。

2019-03-26_11-35-25.jpg

ここがゴールです♪ポイントをチェックしながら所要時間は約15分でした。その後、センターコートに戻りクールダウンをして、ちょうど12時に解散となりました。4月、また「イオンウォーキング」が始まります。人の生活は歩くことが基本です。これを機会にあなたも歩いてみませんか。

2019-03-26_11-51-17.jpg

スローの仲間のポイント獲得は最高600点、それから500点、私は400点(80日、一日1回5ポイント)、300点、100点でした(^^♪。その日によっては仲間が一緒にウォーキング、ある日はそれぞれに…。みんな頑張って歩きましたよ(*^^)v。目標があるとやる気も出ますね♪

<<ポイント用機器の写真が入る>>



帰宅すると、笑ちゃんが玄関わきの出窓でおかしゃんを待っていてくれました。

2019-03-26_13-28-36.jpg

「おかしゃん、早く来て♪(=^・^=)」「ハァ~イ。今行くね(^^♪」

2019-03-26_13-28-15.jpg

平凡な時間の幸せに感謝♪平和だった平成に感謝m(__)m。次の時代もずっと平和が続きますように!(^^)!。←相当、雲行きが怪しいけれど(>_<)。

2019-03-26_09-36-15.jpg

3月24日(火)、午前10時より秋田放送大学センターで、「歴史・民俗・文化を学ぶ会」主催の【第4回<<調べ学習>>成果発表会】がありました。
今回は、私が【セクシュアル・ハラスメント防止に向けて~セクシュアル・ハラスメントを正しく知ることで安全安心な暮らしを~】とKさんが【「ネパールの山々と人々に魅せられて」~アイ・キャンプ5年目からの学び~】を発表しました。

さて当日、どのくらいの方に来ていただけるか心配しましたが、教室に用意した席を殆ど埋めることができ、ほっとしました。参加者は37名でした。

私は「セクハラを正しくしってもらう」ために、A4で4枚の資料を作成、配布しました。資料作りはかなり時間を要し、夜型の私ですが寝不足気味(^^;)。当日、私はスマホを忘れ、残念ながら記録写真を撮ることができませんでした(T_T)ボケボケ(?_?)です。つきましては、参考までに当日使用したセクハラチェック表を載せますね。よかったらチェックをしてみてください。

2019-03-24_13-41-14.jpg

★セクシュアル・ハラスメントとは①「性的嫌がらせ」または「性的言動」すべてを指します。②セクハラかどうかの基準は相手にあります。←これを肝に命じてください。

セクハラ被害者チェック
□1.「○○チャン」「○○クン」「おばさん」「おじさん」と呼ばれる。
□2. 食事やデートにしっこく誘われる。
□3. ジロジロ身体を執拗に眺め回される。
□4. 肩や腰や手など不必要に身体接触される。
□5. 男性社員と女性社員の役割分担が決められている。
□6. 性的関係を強要される。
□7. クビや契約の解除が怖いので、上司には逆らわないようにしている。
□8. 体のスリーサイズを聞かれる。体形や容姿についてからかわれる。
□9.「恋人はいるの」「結婚はまだか」「子どもはまだか」プライベートについて聞かれる。
□10.「女のくせに」「男のくせに」と言われたことがある。

2019-03-26_09-41-36.jpg

セクハラ加害者チェック
□1. 女は女らしく、男は男らしくあるべきだと思う。
□2. お茶くみは女性の方が向いていると思う。
□3. 事業を支えているのは男性だと思う。
□4. 男性同士で女性社員の顔やプロポ―ションのランクづけをする。
□5. 酒席では、デュエットや多少のボディタッチは許されると思う。
□6. 宴会の席でお酌もしない女性は気が利かない。
□7. 異性の前でエッチな話をすると嫌そうにされるが、実際はそうでもないと思う。
□8. 女性は結婚して出産することが何よりの幸せだと思う。
□9. 肩をもんだり、軽く触るくらいなら、コミュニケーションの範囲だと思う。
□10.「男のくせに女々しい」「女のくせに男勝りだ」と感じられる人がいて、目障りだ。
□11.「女性は職場の花でよい」

☆彡【ジェンダー・ハラスメント】って、ご存知ですか?社会的に作られた性(ジェンダー)を思い込みでしっかり自分に取り込み、自分自身を縛ってしまい、「女は女らしく、男は男らしくあるべきだ」「女のくせに、男のくせに」等、相手にも当然のように要求していまうのが、【ジェンダー・ハラスメント】です。

☆彡 現在、【セクシュアル・ハラスメント裁判】では、【使用者責任】が厳しく問われています。逆転勝訴は殆どがこの例です。職場で「セクハラ事件」を起こさないため、重要なのは「使用者ががっちりセクハラはダメ!」と明言し、セクハラを禁じることです。

2019-03-26_09-41-05.jpg

★★★ ノーベル平和賞受賞者マララさん「女子教育に投資を」=初来日 ★★★

3月23日 - 初来日したノーベル平和賞を17歳で受賞した女性人権活動家マララ・ユスフザイさん(パキスタン21歳)が23 日、東京都内で開かれた国際女性会議「WAW!」で基調講演し、「女性が将来活躍するために、指導者は女子教育に投資しなければならない」と訴え、各国指導者に女子教育への経済支援を呼び掛けた。
※時事ドットコムニュース 2019年03月23日15時23分 ※写真もお借りしました。

2019-03-22_18-55-40.jpg

★★★ 声を上げた女性たちへバッシング!! ★★★ 女は黙ってろ!! ★★★

2019-03-15_02-34-06.jpg

★★★「生きていたら41歳。きっと孫も…」桶川ストーカー殺人事件から20年 ★★★ 

埼玉県上尾市の自宅の居間の一角には、詩織さんが好きだったヒマワリの花や、笑顔の写真がたくさん飾られている。今も命日には友人たちが来てくれるという。

父親の憲一さん(68)が静かな語り口で心の内を吐露。「ずっと毎日毎日、いま詩織が生きていたら、と考えます。夢のある子に育ってほしい、そんな願いを込め『詩織』と名づけました。本当に家族思いのやさしい子で、生きていれば41歳。結婚して子どももいて……。私と妻は、孫の面倒をみているのではないかと」

自宅の居間には、詩織さんの遺骨を納めた骨壺がある。いまだに墓に埋葬する気持ちになれず、憲一さんと妻京子さん(68)は居間に布団を敷き、毎晩一緒に寝ている。

2019-03-28_02-12-14.jpg

1999年10月26日。当時大学生だった詩織さんは、JR桶川駅前で元交際相手の男の兄やその仲間に刺殺された。交際を断られて逆恨みした男は事件前、仲間と共謀して詩織さんを中傷するビラを自宅周辺の電柱に貼ったり、憲一さんの職場に送りつけたりしていた。名誉毀損容疑の告訴を受理した警察が捜査に乗り出さなかったことや、調書の「告訴」を「届け出」と改竄し、告訴の取り下げを要請していたことが大きな社会問題となった。詩織さんの名誉を傷つけるような報道もされた。

事件はストーカー被害を見直す契機となり、詩織さんの死から約半年後の2000年5月、ストーカー規制法が超党派による議員立法で成立した。ストーカー行為を明確に「犯罪」と定め、警察による警告などの行政措置を盛り込んだ。

2019-03-25_18-51-27.jpg

★★★ 過去の主なストーカー事件 ★★★ 全国のストーカー被害は、5年連続で2万件超 ★★★

さまざまな形でストーカーによる被害は続いている。全国の警察が把握したストーカー被害は17年に2万3079件と、5年連続で2万件を超え、ストーカー規制法が成立して以来、過去最多を記録した。殺人に至るような事件も後を絶たない。
※出典AERA dot. 3/25(月) 11:30配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-25_18-26-59.jpg
2019-03-25_18-28-59.jpg

「ボクも黙らないでち。忘れないニャ(=^・^=)」

2019-03-16_11-24-11_20190328013916563.jpg

上尾市は私の亡き妹が暮らしていた穏やかな気候の街です。自分が愛した人を殺すという残酷なストーカー殺人事件が起きた時、私は非常にショックを受けました。「俺と別れても、お前は俺の物!!お前を自由にはさせないぞ!!」「お前を殺して俺も死ぬ!」、この事件でも加害者が自殺しています。

DV加害者もストーカーとそっくりな自己肥大妄想を持っています。ストーカーもDV加害者も危険人物です。一人で解決することは無理です。警察に相談してください。

2019-03-13_17-23-42.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。

スポンサーサイト




2019-03-27 00:16 | カテゴリ:日記
「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、どこにいるの?(^^♪」「ここ、ここニャ(=^・^=)。おとしゃんがかけたバスタオルの下ニャ(=^・^=)」「ボク、かくれんぼ大好きでちニャ(=^・^=)」笑ちゃんたらスッポリ隠れて満足♪

2019-03-14_09-12-31.jpg

「ネズちゃん、捕まえたでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃんは今日もネズちゃん捕物遊びに夢中です。(^^♪」「おかしゃんも夢中ニャ(=^・^=)」

2019-03-17_10-28-45.jpg

「おかしゃん、どこへ入れたでちか?(=^・^=)」

2019-03-17_10-30-34.jpg

「ネズちゃん、居ないでちニャ(=^・^=)」

2019-03-17_10-32-06.jpg

「み~つけた(=^・^=)」

2019-03-17_10-41-38.jpg

「この中ニャ(=^・^=)」

2019-03-17_10-46-54.jpg

「捕まえたでち(=^・^=)」

2019-03-17_10-46-04.jpg

「ネズちゃん、捕まえたでち!おかしゃん見て!見て!」「わぁ♪笑ちゃんエライね(^^♪」。とうとうピンクのひもを切って、口にくわえて持ってきて得意がる笑ちゃん♪

2019-03-14_13-37-35.jpg

「フ~、遊びツカレタでちニャ(=^・^=)」

2019-03-14_17-45-45.jpg

「おとしゃんが居ないときは、ボクが座るニャ(=^・^=)」

2019-03-14_17-47-07.jpg

「ウンぺ、ウンぺ♪(=^・^=)」「笑ちゃん、キレイ好きね(^^♪」

2019-03-14_17-47-08.jpg

いつの間にか、笑ちゃんがソファーの上に。そっと毛布をかける(^^♪。

2019-03-14_20-34-23_20190318155045ebd.jpg

「そのままスヤスヤ(=^・^=)zzz」←やっぱり寝顔がカワイイ←親バカチャンリン(^^♪。

2019-03-14_20-35-07.jpg



2019-03-13_15-22-02_201903202230470ce.jpg

3月13日(水)、雨模様の中「秋田宮沢賢治愛好会」があり参加しました。雨は寒い雨でなく、さすがにダウンコートではなく、ライナー付きのトレンチコートで出かけました。

2019-03-13_09-59-22.jpg

第95回例会は『宮沢賢治と石鳥谷(岩手県花巻市石鳥谷町)の人々』・稲垣寛さんのお話です。

2019-03-13_10-24-15.jpg

この方が今日の講師の「石鳥谷賢治の会」の稲垣寛さんです。「石鳥谷賢治の会」は45名で始まりましたが、現在は会員が175名と大所帯になって居ります。また、「宮沢賢治野宿地保存会」があり、実際野宿したり、日帰りで地元民が訪れたり、東京ジュナイダー小学校の子どもたちなど色々な方たちが訪問されています。素晴らしい活動を続けていらっしゃるのですね♪

2019-03-13_10-25-07_201903202246308ae.jpg

こちらは、我が「秋田宮沢賢治愛好会」の榊昌子先生(「宮沢賢治研究会」)です。

2019-03-13_10-31-48_201903202228151a6.jpg

宮沢賢治略年譜(講座で使用)に、エピソードを追記。
賢治さんは1896年(明治29年)誕生。1915年(大正4年)19歳、「盛岡高等農林学校」へ入学、1918年(大正7年)22歳、5月稗貫郡で土性調査をするため石鳥谷方面を訪れて、1921年(大正10年)25歳、稗貫農学校の教師になります。

1925年(大正14年)29歳、治安維持法が成立、暗く厳しい時代に突入。1928年(昭和3年)32歳、3月15日から1週間と3月30日、石鳥谷で肥料設計をする。1930年(昭和5年)34歳、【昭和農業恐慌】が起きた年の7月、稲垣寛さん宅を訪れていました。農業恐慌(冷害による凶作、東北でも岩手の被害が酷かった。)は昭和5年6年と2年連続で起き、出稼ぎや娘の身売りが激増しました。

1926年(大正15年・昭和1年)30歳、3月5日労働農民党結成、3月31日、花巻農学校退職、農学校を退職した賢治が農民たちを集めて【農業技術】や【農業芸術論】などを講義するため、8月『羅須地人協会(私塾)』を設立、賢治は昼間周囲の田畑で農作業にいそしみ、夜には農民たちを集め、科学やエスペラント、農業技術などを教え、なお、協会設立に先立つ5月から、賢治は周囲の人々を集めたレコードの鑑賞会や、子ども向けの童話の朗読会も始め、さらに賢治は農民による楽団の結成も考えて自らチェロを購入して練習に励んだりしていたんですね。

昭和2年、岩手日報に『羅須地人協会』の記事が載る。昭和3年3月?、警察署で事情聴取を受ける。1933年(昭和8年)37歳9月逝去。口惜しくも流星のごとくこの世を駆け抜けて行かれたんですね(T_T)。合掌。

2019-03-13_11-17-06_2019032022294330d.jpg

講演会は、稲垣寛さんの身近に宮沢賢治さんの存在が感じられるお話とともに、詩の朗読(三月)や音楽&歌唱『やまなし賛歌』稲垣寛さん作曲・詩人谷川俊太郎さんの父賢さん作詞)等ありの、とても楽しく爽やかな時間となりました。

2019-03-21_10-35-43.jpg

「五穀豊穣を願う氷柱」。花巻市石鳥谷町大瀬川の「たろし滝測定保存会」により、45年間続けられてる氷柱の太さを測る石鳥谷の人々。氷柱の太さが8mもあった年は全国的に大豊作だったそうです。2019年2月の計測では5,5m。さて、今年も順調に豊作となりますように♪

昭和50年から63年の14回の測定のうち、測定不能は3回でしたが、平成31年間のうち測定不能が15回もあり、それは氷柱が細く脱落したり、氷柱ができない年もあったというお話には、地球温暖化による影響をひしひしと感じました。

2019-03-13_10-54-45_20190320222940414.jpg

「氷柱はどうやってできるのですか?」という質問に対して、ホワイトボードに氷柱のできる様子を書いて丁寧に説明してくださる稲垣寛さん。

2019-03-13_11-14-51_20190320222941f33.jpg

宮沢賢治野宿100周年記念祭の冊子のコピーもいただきましたが、石鳥谷の人たちがどんなに宮沢賢治さんを尊敬し、かつ日々の実践をされているかがよく解りました。石鳥谷の人たちは山深く入った平泉末裔の方たちでもあるんですね。一度、石鳥谷へ行ってみたいと思います。

2019-03-21_10-34-57.jpg

宮澤賢治さんの遺稿を守りぬき、『兄のトランク』を書かれた実弟の宮澤清六さんを訪問してる若き日の稲垣寛記者。清六さん、ハーモニカを吹かれていますね。どんな曲を吹かれたのでしょう♪

2019-03-13_11-27-53_20190321073021226.jpg

講話で参考資料に掲載されていた私の好きな『あすこの田はねえ』の一部を載せます。

2019-03-21_10-36-25.jpg

お昼はここ「万葉」で。秋田駅に直結している「ホテルメトロポリタン」にあるお店です。

2019-03-13_15-19-20_20190320222944942.jpg

稲垣寛さんをお囲みして…。

2019-03-13_12-08-46_201903202230434f3.jpg

「万葉ご膳」は¥1250円、美味しく頂きました。ここは、何時も混んでいて2月3月と二度戻ったレストランです。

2019-03-13_12-18-02_201903202230452bf.jpg

一足先に稲垣さんは新幹線こまちでお発ちになりました。

2019-03-13_13-26-34_2019032022304610a.jpg



2019-03-13_15-21-27.jpg

3月11日(月)、春の温かい日差しに誘われて今日は参加者がいっぱい。

2019-03-11_10-00-22.jpg

スロージョギングが始まる前に記念写真をパチリ。約50名の参加がありました。

2019-03-04_10-02-29.jpg

ウオーミングアップをしてます。

2019-03-06_10-06-09.jpg

先頭はインストラクターのMさん。1階の運動場ではスローでなく、各種大会に参加するような速い人たちが走っています。

2019-03-11_10-38-43.jpg

2階でスロージョギング中、先頭はインストラクターのT先生です。みなさん格好良く走っていますね。

2019-03-08_10-34-46.jpg

同じく2階で先頭を走るインストラクターのYさんです。私は2階組、いつも最後尾?をスローで走ってます。スピードを上げると気持ちよく走れることがあり、これは昔取ったキネズカが今も体が記憶しているからだと思っています。

2019-03-11_10-31-24_20190321061028147.jpg

「ね。カッコいいでしょ♪」Vサインする仲間。写真がボケボケでゴメンナサイ(^^;)。

2019-03-08_10-34-06.jpg

最後にストレッチをし、汗をいっぱい流して、満足して帰る仲間たち。「先生、ありがとう♪お疲れさまでした」。

2019-03-08_11-00-01.jpg

3月20日(水)、朝の輝く光の中で、待ちに待った庭のクロッカスが咲きはじめて…(^^♪。

2019-03-20_11-29-23.jpg

今日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。


2019-03-18 17:06 | カテゴリ:日記
★★★ 3月11日 午後2時46分、 黙とうする人たち 東日本大震災8年 ★★★

東日本大震災の発生から11日で8年。死者は1万5897人、行方不明者は2533人、震災関連死は3701人となった。ふるさとを離れて避難生活を続ける人はいまだ5万2千人にのぼる。避難先は47都道府県の全てに及ぶ。地震のあった午後2時46分、各地で犠牲者を悼む鎮魂の祈りが広がった。
※出典 朝日新聞デジタル 3月11日(月)15:03 ※写真もお借りしました。

2019-03-11_17-00-42.jpg

★★★ 東日本大震災から8年、安倍政権の被災者切り捨て、棄民政策の実態 ★★★ 

東日本大震災から8年を迎え、犠牲者数は「震災関連死」を含めて2万2100人を超え、避難生活を余儀なくされている人は約5万1778人、福島第一原発事故が発生した福島県では約3万2600人が避難生活を強いられている。
また、2017年3月末には自主避難者への住宅無償提供が打ち切られたが、今年3月末には家賃補助も打ち切られる。←血も涙もないですね。

★★★ 復興住宅での孤独死が急増 昨年68人、入居後に孤立か ★★★

復興住宅(計画戸数2万1677戸)での孤独死(岩手は自殺を除く)の数は13~18年の6年間で、宮城120人、岩手34人の計154人。16年19人、17年47人、18年68人と急速に増えている。

仮設住宅の孤独死は11~18年の8年間で、宮城109人、岩手46人の計155人。仮設入居戸数が3万940戸と多かった13年は29人で、18年(1385戸)は6人だった。
※出典 朝日新聞デジタル 3/11(月) 19:51配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-12_04-08-44.jpg

★★★ 避難指示解除【帰還政策】帰還者 1割 高齢化率45.5% 若者の帰郷進まず★★★

安倍首相は、震災発生翌年の2012年からおこなわれてきた3月11日の会見を「一定の節目を越えた」などという理由で2017年に打ち切った。さらに、避難指示を解除する“帰還政策”を進めてきたが、たとえば避難指示解除から約2年が経った飯舘村に戻った村民は1割余り。同じく富岡町も1割に満たない状態だ。

今年度から浪江町、富岡町、川俣町山木屋地区、飯舘村、葛尾村の5町村は地元で小中学校を再開。だが、地元再開の学校に通っているのは計142人に過ぎず、事故前の4%にも満たない。

福島県内9市町村の居住率解除区域は生活インフラの整備が進まず、仕事や学校などの生活基盤が避難先に定着したり、放射線への不安を抱えたりして、若い世代の帰郷がなかなか進まず、住民登録者のうち実際に住んでいる居住率は23.0%にとどまっている。
※出典 毎日新聞 3/11(月) 17:59配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-12_04-04-12_2019031223145284c.jpg

★★★ 犠牲者に哀悼、復興誓う=「未来諦めぬ」「思い出を心に」-東日本大震災8年追悼式 ★★★

東日本大震災から8年を迎えた11日午後、政府主催の追悼式が東京都千代田区の国立劇場で営まれた。
秋篠宮ご夫妻、安倍晋三首相ら三県の長、遺族代表ら約940人が参列。地震発生時刻の午後2時46分に全員で黙とうし、犠牲者に哀悼の意をささげるとともに、被災地の早期復興を誓い合った。

2019-03-12_18-12-33.jpg

安倍首相は式辞で「震災から8年がたち、被災地の復興は着実に前進している」と述べ、放射能漏れ事故を起こした東京電力福島第1原発周辺の帰還困難区域でも、避難指示解除への取り組みが進んでいると強調した。一方、いまだ★【1万4000人】の避難者がいるとして「今後も被災者一人一人が置かれた状況に寄り添いながら、生活再建のステージに応じた切れ目のない支援を行い、復興を加速していく。原子力災害被災地域においては帰還に向けた生活環境の整備などを着実に進めていく」と表明。震災の教訓を生かし、3年間集中で国土強靱(きょうじん)化を進める決意も示した。
※出典 時事通信 3/11(月) 15:42配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-12_18-00-03_20190312231606857.jpg

先月2月24日心不全のため亡くなったドナルド・キーン氏(96歳没)はアメリカ合衆国出身の日本文学と日本文化研究の第一人者者であり、文芸評論家としても多くの著作があります。ドナルド・キーン氏は東日本大震災後に日本国籍を取得、日本に永住すると表明し「復興五輪」の欺瞞を喝破して居られました。

ドナルド・キーン氏曰く、「私は、もともと東京五輪には反対だ。まだ、その時期ではない。「復興五輪」と銘打ちながら、東日本大震災や原発事故の被災地の復興とは無関係だ。むしろ、五輪関連の公共事業によって職人が不足し、復興の遅れや費用の高騰を招いていると聞く。原発事故の後始末もこれからだ。
 
被災地にもスポーツ観戦が好きで、東京五輪を楽しみにしている人もいるだろうが、大震災から六年たっても、それどころではない被災者は少なくない」。
※出典 東京新聞2017年6月11日 ※写真もお借りしました。

2019-03-12_22-49-29.jpg

★★★ 東京五輪・パラ「復興の後押しにならない」が6割 NHKアンケート ★★★

NHKが岩手・宮城・福島の被災者にアンケートを行ったところ、政府が「復興五輪」と掲げている東京オリンピック・パラリンピックについて、4割近くの人が楽しみにしていると回答した一方で、6割近くの人は被災地の復興の後押しにならないと感じていることが分かりました。

☆彡2020年東京オリンピックは、東日本大震災からの「復興五輪」と位置づけされ、「スポーツの力で被災地を元気にする」「復興に向かう姿を世界に発信する」と、二つのことが言われています。

しかし、私も「復興五輪」は被災地で暮らす人々にとって「復興の妨げになってる」と思っています。復興のための人手不足や資材の高騰は明らかです。被災地の殆どの人々が8年たっても、8年前の生活を取り戻すことができないでいるのは安倍政府の【復興政策】の失敗です。被災地で暮らす人々の8年という日々がどんなに辛く大変なことでしょう。【復興庁】は何してる!!<(`^´)>。

被災地の人たちが「オリンピックで元気をもらって元気になろう!!」←無理です。生活の基盤ができていない被災地の人たちから見たら、「自分とは関係ない、ただのから騒ぎ」としか映らないと思います。

2019-03-12_23-04-10.jpg
 
福島県によりますと、原発事故の前に福島県で暮らし、今も県内外で避難生活を送っている人は、★【4万1000人】余りに上ります。それを安倍首相は式辞で★【1万4000人】と述べています。これで一人一人に寄り添えるはずがないですね。<(`^´)>「国民はバカだからすぐ忘れる‼」。安倍首相にとって国民はどうでもいいのです。国民よりトランプが大事なんですよね(>_<)。

だから、「国民はバカだからすぐ忘れる」と侮られないためにも、『3・11東日本大震災から8年】を書きました。

亡くなられた方々のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

2019-01-06_20-58-01_20190222201415f4f.jpg

『笑ちゃんは元気でちよ~(=^・^=)」「笑ちゃんたらネズちゃんを狙って隠れてるつもり、フフフパチリ(^^♪」

2019-03-12_20-45-46.jpg

今日も『野の花日記』にお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。


2019-03-12 23:28 | カテゴリ:日記
「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「おかしゃん、ここ開けてニャ」「ハイ、写真を撮ってからね。パチリ(^^♪」

2019-03-09_11-01-34.jpg

「ようやく外へ出してもらえたでち(=^・^=)」

2019-03-09_11-05-18.jpg

「ふ~ン、風が強いでちニャ(=^・^=)」

2019-03-09_11-05-16.jpg

「おかしゃん、これは何でちか?(=^・^=)」「チューリップの芽よ(^^♪」

2019-03-09_11-06-06.jpg

「ボク、ここ降りて行きたいでちニャ(=^・^=)」「ダ~メ!(^^♪」

2019-03-09_11-08-16.jpg

「外は寒くて、つまらないでち、中へ入りたいでちニャ(=^・^=)」玄関の中の鏡に映る笑ちゃんです。

2019-03-09_11-15-54.jpg

階段わきの植え替えずに放置していたチューリップが芽を出し、クロッカスの小さな小さな黄色い花が一輪だけ咲いています。

2019-03-09_11-04-04.jpg

これは2月24日、友人から頂いたチューリップの花に添えられた、か細い黒い枝に芽が出て花が咲きました。すご~い♪

2019-03-09_11-13-22.jpg

1ミリ位のつぼみが開いて♪命の息吹にしみじみと感じいってしまいました。

2019-03-09_11-14-28.jpg

3月8日(金)「おかしゃん、お天気いいでちよ~(=^・^=)」

2019-03-08_09-52-57.jpg

「そろそろ起きたらどうでちか?(=^・^=)」

2019-03-08_08-24-57.jpg

「ネボ助おかしゃん、しょうがないニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、おかしゃん起きていますよ~。布団の中で『季節のない街』(山本周五郎)をよんでるとこ。あとも少しね(^^♪」

2019-03-08_08-26-19.jpg

「ボク、日向ぼっこしますニャ(=^・^=)」

2019-03-08_08-25-58.jpg

「ミャ、おかしゃん!大変!見て、見て!(=^・^=)」「まあ!雪だわ!(@_@)」3月卒業式のころ、秋田はよくこんな雪が降ります。でも、あの青空から、びっくりです。

2019-03-08_08-57-14.jpg

3月6日(水)、「ボク、お腹すいたでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、デブニャンコ気味なので、ダイエット中。だからもう少し待ってね(^^♪」「いやニャ(=^・^=)」抗議中の笑ちゃん♪

2019-03-06_21-47-14.jpg

「晩ご飯を食べたら眠いでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃんは3食、昼ねに夜ねつきだもんね(^^♪」ウツラ寝の笑ちゃんもカワイイ(^^♪←完全に親バカ。でも、親バカだから子育てできるんですよね(*^-^*)。

2019-03-07_12-19-52.jpg



2019-03-03_13-29-43.jpg

3月3日(日)はひな祭りでしたね。

2019-03-03_13-30-10.jpg

そして、第13回東京マラソン2019が開催された日でした。エントリー抽選倍率12.1倍、35,911人(女子8,905人)が走り、完走者は34,542人(女子8,201人)、完走率は96,19%(女子92,09%)でした。参加された皆様、朝から雨で寒い中、ほんとうにお疲れさまでした。

男子マラソンの結果は、日本選手男子は堀尾健介(中央大学)が5位、女子は一山麻緒(ワコール)が7位でした。期待された東京マラソン招待選手の日本記録保持者大泊傑(すぐる)(ナイキ)は、雨による低体温のため途中棄権をしました。

2019-03-03_16-16-25.jpg

そしてまた、3月3日は、スロージョギングクラブが秋田市主催の『市民活動フェスタ2019』へ参加した日でもあります。仲間の車に便乗し4人で出かけました。

2019-03-03_10-30-08.jpg

会場のアルヴェの入り口に、仮面の子と同じポーズで、お行儀よくワンちゃんが‼「カワイイ♪」思わずみんなで笑っちゃいました。

2019-03-03_10-39-11.jpg

午前11時前、会場到着。すでにフェスタは始まっていました。

2019-03-03_10-40-23.jpg

コートやリュックを別室に置いて、早速出場スタンバイです。参加者約25名。

2019-03-03_11-07-43_20190309200028218.jpg

初めに、「正しい姿勢で走れるよう、肩の力を抜いてその場でトントン!ジャンプしましょう♪」インストラクターのT先生のかけ声に、舞台で一斉にジャンプ♪

2019-03-03_11-25-36.jpg

2階でのパーフォーマンスを披露するためエスカレーターで移動です。

2019-03-03_11-15-53.jpg

インストラクターMさんを先頭に「姿勢よく走りましょう~♪」「背筋を伸ばし、猫背にならないようにね♪」

2019-03-03_11-26-46.jpg

「きれいに走れてますね~(*^^)v」。

2019-03-03_11-26-57.jpg

舞台の上でもスロージョギングの実演をしています。正しいフォームは効率が良く、疲れません♪T先生がスロージョギングについて一生懸命解説されてました。

「スロージョギングは、今まで走ったことがない人でも走れるようになります。血液の循環が良くなり持久力がつきます。免疫力も上がります。ゆっくり走るので痩せます。気持ちが明るくなります。みんなと一緒に走るのは楽しいですよ~(*^^)v」。

2019-03-03_11-27-18.jpg

2階から1階の会場を俯瞰すると、たくさんの市民団体グループが参加してるのが分かります。ついでに、ブースを大ざっぱに紹介しますね。

2019-03-03_11-17-51.jpg

「きさかた港猫を守る会」~野良猫から地域猫へ~<人と動物の共生のために~
象潟は秋田県で一番温暖な地域です。積雪は殆どなかったのではないでしょうか?ここはエサがあればノラちゃんでも越冬できると思います。

2019-03-03_10-56-36.jpg

この手前のブースには知り合いが二人いました。

2019-03-03_10-54-45.jpg

大学生も参加してました。

2019-03-03_10-54-35.jpg

『ベコアイランドサミット』ここは秋田市牛島地区の町おこしブースです。売ってるのはビーフハンバーガーでした。秋田弁のベコとは牛のことです。

2019-03-03_10-56-06.jpg

『パニャンツリー』?「ロヒンギャ難民支援」とありますが何やらエキゾチックな手作り小物を販売してるようでした。

2019-03-03_11-46-05.jpg

舞台の上ではちびっ子たちがモダンな曲に合わせてダンスをしてます。

2019-03-03_11-13-34.jpg

『秋田市民メディア研究会』あっ、ここにも知り合いがいました。そのほか『秋田笑う会』等のブースもありました。

2019-03-03_11-14-55.jpg

舞台の上では次から次へと各グループが活動内容を発表してました。

2019-03-03_11-47-40.jpg

2階でも市民グループが活動紹介をしてました。大森山動物園には市民活動グループがあるのですね。

2019-03-03_11-33-08_20190310000501827.jpg

なぜか動物の毛皮の展示がありました。小学生の男の子とお母さんらしき人が毛皮を撫でて「柔らかく手気持ちいい♪」親子の言ってることは、多分展示の目的とは違うと思うけど、誰も説明者がいませんでした(>_<)。

2019-03-03_11-33-56_20190310000502587.jpg

素敵な絵はがきが並べられていました。

2019-03-03_11-33-17.jpg

2階の会場でも活動紹介ブースがありました。秋田市って、色々な活動団体があることを、私も初めて知りました。「何かしたいな」と思ってる人は秋田市民活動交流センター(アルヴェ3階)に問い合わせたら良いんじゃないかと思います。

2019-03-03_11-36-14_20190310000505824.jpg

スロージョギングクラブ紹介を終わると丁度お昼でした。レストランはどこも混んでいました。幸いにここ「クオーレ」に入れました。写真は食事が終わった帰り際に撮ったので、空いてるように見えますが満席でした。

2019-03-03_13-28-48.jpg

食事が終わりコーヒーを頂き、そろそろ帰る時刻に。この後、ドジャースにより、4人でどっさり食品を買って帰宅したのでした(*^^)v。主婦の鏡?(笑)

2019-03-03_13-30-46.jpg



2019-03-03_12-23-43_20190310002017b00.jpg

★★★ 大やけどの3歳長女を放置容疑、母親と交際相手を逮捕ー<神奈川県> ★★★

3歳の長女が大やけどを負っているのに2日以上も放置したとして、神奈川県警は5日、母親で無職の橋本佳歩(22)=横浜市鶴見区=と、同居する交際相手の自称運転手田中聡(21)の両容疑者を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。2人は容疑を認め、「シャワーを浴びた際に熱湯をかけてしまった」「パチンコに行っていた」と供述しているという。

★★★ 事件発覚のきっかけは、自宅に残された5歳の長男が、近所に助けを求めた ★★★

5歳の長男は雨が降る中、パジャマ姿で必死に助けを求めて回ったといいます。助けを求められた男性は不審に思い、警察に通報。駆けつけた警察官が、上半身にラップを巻かれ、紙おむつだけつけて布団に横たわる長女を見つけました。

★★★ 横浜市は、5日の会見で「軽度の虐待と言える状況はあった」 ★★★

橋本容疑者と子どもは、昨年5月に埼玉県草加市から横浜市に転入。その際、要保護児童として引き継ぎがあり、昨年11月には親族から横浜市の児童相談所に相談があったという。児童相談所は複数回、親子と面談していた。

今年に入って保育園から「長男が通園していない」と連絡があったため、区の職員が家庭訪問をしたが、子どもたちに特に変わった様子はなかったという。

☆彡 【子供が子どもを産む時代】橋本佳歩容疑者は17歳で長男を19歳で長女を産んでいます。親には子どもを安全に育てるという保護者義務があることなど考えも及ばなかったのでしょう。先ずは自分が面白おかしく遊びたい。家宅捜索ではカップラーメンのカラが散乱し、冷蔵庫がなかったとのこと、清潔や健康などとは程遠い生活が想像されます。

(注)「軽度の虐待?」などありません。虐待はエスカレートして被害者の命を危険に晒し、死に至らしめてしまうのです。対応する児相や女相や教育委員会や警察等の連携はもちろん必要ですが、虐待に対する理解及びスキルアップが急がれます←F35戦闘機1機100億円を140機(1兆4千億円)アメリカから買うのを止めて、日本の子どもの健全な育ちに予算を廻してほしい‼

2019-03-06_22-39-15.jpg

★★★ <中1長男虐待>全身にあざ、傷害容疑で父親逮捕 仙台北署<宮城県> ★★★
 
中学1年の長男(12)を暴行し、けがをさせたとして、仙台北署は26日、傷害の疑いで仙台市青葉区赤坂2丁目、会社員伊藤崇容疑者(45)を逮捕した。逮捕容疑は1月10~14日、自宅で長男を殴る蹴るなどし、全身に2週間のけがをさせた疑い。長男は唇や背中、左腕や左脚などを打撲し、あざがあるという。「しつけのためにやった」と供述しているという。同署は以前から暴行を繰り返していたとみて調べる。
 
同署によると容疑者は1月15日ごろ、「息子を殴ってしまったので保護してほしい」と市児童相談所に連絡。同17日、長男は通学先の中学校で児相担当者と面談し、児相に即日保護された。同21日、児相が同署に通報して発覚した。同児相は2017年春ごろから、伊藤容疑者が長男に暴行していた事実を把握。再発防止のための対面指導をこれまでに計4回行ってきたという。

取材に対し、通学先の中学校の教頭は「学校としては何も答えられない」と述べ、市教委の担当者は「虐待を受けていたことは把握していた。学校で注意深く見守っていた」と話した。

2019-01-06_20-57-26.jpg

★★★ 9歳娘の顔殴りケガ 父親を逮捕・送検ー<茨城県> ★★★

茨城県ひたちなか市で、9歳の娘の顔を殴りケガをさせたとして、43歳の父親が逮捕、送検された。
警察によると、工場作業員の荒川喜光容疑者は1日午前7時ごろ、ひたちなか市の自宅で小学3年生の娘の顔を平手で殴り、鼻に全治1週間のケガをさせた疑いがもたれている。

学校で教師がケガに気付き、娘が「家に帰りたくない」と話したことなどから、娘は児童相談所に一時保護された。

娘は実の子ではなく母親の連れ子で、荒川容疑者は朝起きられなかった娘に腹を立てて暴行したとみられ、調べに対し容疑を認めているという。警察は日常的な虐待があった可能性もあるとみて調べている。
※出典 日テレニュース 3/3(日) 13:04配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-03_23-07-08.jpg

★★★ 女性殺害 致死量100倍超の覚醒剤成分ー<東京都> ★★★

28歳の女性が多量の覚醒剤を摂取させられ殺害された事件で、体内から致死量の100倍以上の濃度の覚醒剤成分が検出されていたことがわかった。

3月7日に送検された税理士で会社役員の石原信明容疑者(69)は去年7月、東京・渋谷区の自宅で、五十嵐友理(28)さんに多量の覚醒剤を摂取させ、中毒死させた疑いが持たれている。

2019-03-08_00-12-21.jpg

五十嵐さんの胃から、覚醒剤やアルコールの成分が検出されていることから、警視庁は、石原容疑者が酒に覚醒剤を混ぜた可能性もあるとみて調べている。調べに対し、石原容疑者は容疑を否認している。
※出典 日テレニュース 3/7(木) 12:29配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-08_00-10-41.jpg

★★★ 友人にLINE「日本酒に薬物混ぜられた」 殺害された28歳女性 ★★★

逮捕された会社役員・石原信明容疑者(69)は2018年7月、五十嵐友理さん(当時28)に、多量の覚せい剤を摂取させ、殺害した疑いが持たれている。

その後の取材で、五十嵐さんが事件直前、友人にLINEで、「薬物を勧められて断ったが、日本酒に混ぜられて、うっかり飲んでしまった」というメッセージを送っていたことがわかった。

その後、五十嵐さんが「警察に行く」というメッセージを送ったのを最後に、連絡がつかなくなったという。
※出典 FNN 3/7(木) 12:49配信 ※写真もお借りしました。

2019-03-08_00-17-12.jpg

☆彡 年を取ると人格が丸くなると言われたのは昔話。現在は高齢者人口増加に伴い元気老人が増えるとともに、高齢者の凶悪犯罪増加が問題になっています。老若男女を問わずあおり運転などにみられるように自己コントロールが効かないことも犯罪の凶悪化の一因となってると思います。もちろん私としては元気老人が増えるのは歓迎ですよ♪

2019-03-05_09-39-06.jpg

★★★ 自衛官募集ポスターに下着?=「セクハラ」と苦情も-<滋賀> ★★★

防衛省自衛隊滋賀地方協力本部(大津市)が作成した自衛官募集ポスターについて、掲載された女性キャラクターのスカートから下着が見えており、セクハラに当たるとの苦情が寄せられていることが1日、同本部への取材で分かった。
出典 2019年03月01日12時25分 ※写真もお借りしました。

2019-03-04_18-07-18.jpg

☆彡「浜の真砂は尽きるとも世に盗人(セクハラ)の種は尽きまじ」。これが公的ポスターとは情けない(>_<)。なぜこうまで執拗に女性を貶めたいのか、この角度からの写真は実に多いのです。女性は頭を使わずニャンニャンしてればいい‼てか‼←我が家の笑ちゃんに失礼です<(`^´)>。

2019-03-03_23-19-20.jpg

★★★ ハンドボールPR幕「手クニシャンそろう」批判で撤去ー<熊本> ★★★

熊本県で11月に開かれる女子ハンドボール世界選手権大会のPRで、熊本市中心部に掲げられた垂れ幕に不適切な表現があったとして撤去された。

問題となったのは、垂れ幕のキャッチコピーのうち「ハードプレイがお好きなあなたに」「手クニシャン、そろってます」の2種類。写真がインターネットで拡散し、ツイッターなどで「女性蔑視(べっし)だ」「ひどい」などの批判が相次いだ。HPには4日朝までに約70件の苦情などが寄せられた
※出典 読売新聞 3/4(月) 11:47配信 ※写真もお借りしました。

☆彡 これを制作したこ奴ら!!まじめに仕事をしてるのだろうか?給料どろぼうめ!!<(`^´)>。

2019-03-04_18-21-02.jpg

★★★ ザドギワとマサル ★★★

2018年平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手が3月3日、モスクワで開かれた日ロ交流イベントに出席し、昨年に秋田犬保存会から贈られた秋田犬のマサルも登場した。
※出典 時事通信社 2019年3月3日 ※写真もお借りしました。

☆彡 ザドギワさんも17歳の急成長期のため、フィギュアスケートではバランスが取りにくいとのこと、でも一段と大人びて美しくなられましたね。秋田犬のマサルも急成長中!!ずいぶん大きくなってカッコよくなりましたね♪

2019-03-04_18-09-21.jpg

昨日(3月8日)の夕日があまり奇麗だったので載せますね。寒くってスマホを持った手が凍えそうでした。

2019-03-08_17-29-06.jpg

長~いブログにお付き合いいただき、有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。

2019-03-08_17-33-54.jpg


2019-03-09 14:27 | カテゴリ:日記
「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、雪が消えたから散歩に行こうよ(^^♪」

2019-02-26_16-01-06.jpg

「おかしゃん、ここに雪があるでちニャ(=^・^=)」例年、今頃は玄関や階段で除雪した雪が庭に山盛り状態なのに、今年はこれだけ。笑ちゃんが立ってる足元に、雪が消え始めると同時にいち早く咲くクロッカスが、今年はまだです。早い消雪にクロッカスも土の中であわててるのではないかしら(^^♪。

2019-02-26_16-00-21.jpg

2月26日、朝の陽ざしを浴びて外を眺める笑ちゃん。

2019-02-24_08-24-09.jpg

「おかしゃんなかなかベッドから出ないので、ボクは日向ぼっこをしながら待ちますニャ(=^・^=)」

2019-02-24_08-30-18.jpg

「みなさん、ボク寝室のドアを開けられるようになりましたニャ(=^・^=)」

2019-02-26_09-14-44.jpg

「ドアはこうやって開けるでち(=^・^=)」

2019-02-26_09-14-45.jpg

「ハイ、開けますでちよ~(=^・^=)」「笑ちゃん、上手、上手、パチパチパチ(*^^)v」「寝坊なおかしゃんが起きないときは、こうして2階の寝室を脱出するニャ(=^・^=)」「フッフフ♪笑ちゃんの進歩はおかしゃんのおかげ様なのね(*^-^*)」

2019-02-26_09-14-46.jpg

「ボクは相変わらず袋へ入って遊んでますニャ」

2019-02-24_21-47-07.jpg

「袋に入ったまま走り回って♪」

2019-02-25_17-26-19.jpg

「おかしゃんの足を捕まえたでちニャ(=^・^=)」「イタタタ(>_<)、笑ちゃん止めて、爪立てないで(^^♪」「おかしゃんの足にケリケリするのオモシロイでちニャ(=^・^=)」

2019-02-25_17-25-57.jpg

「ボク、遊びツカレタでちニャ(=^・^=)」

2019-02-26_19-34-42.jpg

「ストーブの前はアツイニャ(=^・^=)」「まァ♪笑ちゃんたら大きくなったこと!!身長2倍以上!!体重3倍!!4kg(@_@)になりました」「アラッ!ネズちゃんも一緒にネンネしてるのね(^^♪」

2019-02-26_19-34-00.jpg

「ヤンチャな寝顔がカワイイ(^^♪」←親バカチャンリン💛

2019-02-26_19-33-22.jpg

2月28日(木)、わが町の公園です。雪が消えても、公園は散歩する人もなく、のどかな春の光を浴びて静かでした。

2019-02-28_15-24-16.jpg

★★★ 2回目の米朝首脳会談(19/02/27) ベトナム・ハノイのホテルで始まる ★★★

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長は2回目の首脳会談を開いたが合意に至らなかった。28日は予定が大幅に変更され、トランプ大統領の記者会見も約2時間前倒しされた。

☆彡全世界が注目した米朝会談、しかし、残念ながら「合意に至らず」不発に終わりましたね。

2019-02-28_13-37-38.jpg

★★★ 北朝鮮とアメリカに<交渉カード> ★★★ 着地点はどこに? 非核化は実現できるのか? ★★★

2019-02-28_13-36-13.jpg

★★★ 予想外「署名しないほうが良い」 ★★★ ←会談中、両首脳ともほとんど笑顔を見せませんでしたね。

2019-03-02_13-56-43.jpg

★★★ 午後一転、昼食会も署名も無しに ★★★ ←結局成果が無かったんですね。残念!!

2019-03-02_14-08-54.jpg

★★★ 米朝合意できず、手ぶらで帰ったトランプ大統領が窮地に? ★★★ ←上記のニュースを見ていたら続いて「アメリカ下院公聴会」で、←ついでに載せちゃいますね(^^♪。

2019-03-02_00-26-58.jpg

元腹心の「命に代えてトランプ大統領を守る」と豪語していたトランプ大統領の元顧問弁護士のマイケル・コーエン氏が怒りの鉄槌を下してました。

2019-03-02_13-46-17.jpg

★★★ トランプ大統領は人種差別主義者でペテン師だ!!」 ★★★

2019-03-02_00-28-48.jpg
★★★ 元腹心の暴露 その1 ★★★ 「元不倫相手の女性に口止め料を払うように指示された」→選挙資金法違反

2019-03-02_00-21-15.jpg

これが口止め料の小切手です。ドナルド・トランプ氏のサインが入ってますね。

2019-03-02_00-22-05.jpg

★★★ 元腹心の暴露 その2 ★★★ 2016年大統領選メール暴露、ヒラリー・クリントン氏へのロシア側からのサイバー攻撃→トランプ大統領は「知らないと」と言っていたが、実際は「事前に知っていた」「素晴らしいと言っていた」

2019-03-02_00-23-26.jpg

★★★ 大統領のウソ暴露でピンチに? ★★★ ←民主党の追及で「【弾劾手続き】の糸口になるか?」→大統領選での再選にも影響は避けられない。

ところで、これを聞いたトランプ大統領曰く「フェイクだ!!フェイクだ!!」と怒鳴ってました。トランプらしいですね。下院公聴会丸ごとフェイクだと主張、ウソの上塗りをするのですから<(`^´)>。
※出典 テレビ朝日 2019年3月2日 ※写真もお借りしました。 

2019-03-02_00-26-05_2019030214194939f.jpg

「壁を建築」し人種差別も甚だしいこんな人に、「ノーベル平和賞」をと、紙5枚に美辞麗句を並べて、日本国民の代表として推薦した安倍晋三首相(フェイクの名人)を、ノーベル委員会は鼻で笑ったのではないでしょうか?
写真は「おいポチ!」「ワン、ワン!」の記念写真です<(`^´)>。

2019-02-19_16-35-11.jpg

わが町の公園。並んだ二つのベンチ、あそこで笑ちゃんと一緒に寝転んで日向ぼっこをしたい(^^♪。

2019-02-28_15-19-29.jpg

★★★ 心愛さんは泣いて帰宅拒否、勇一郎容疑者が腹立て暴行か ★★★

心愛ちゃんはなぎさ容疑者の体調不良が理由で、夏休み明けの昨年9月から、野田市内の勇一郎容疑者の親族宅で暮らし始めた。冬休みを機に12月下旬に帰宅することになった際、両親や親族の前で「うちには帰りたくない」と泣いて訴えたという。また、勇一郎容疑者は年末から今年の初めにかけて暴行し、顔面殴打や胸の骨を折る大けがをさせた。しかし、虐待の発覚を恐れ、病院にも連れて行かず外出も禁止していた。

DV被害当事者のなぎささんは「夫が年末から長時間立たせたり、たたいたりした。私も傷を隠すために家から出ないように強く命じた。数日間、食事を与えないことがあった」などと述べている。
※出典 朝日新聞デジタル 2019年2月24日06時00分 ※写真もお借りしました。

2019-02-25_10-44-03.jpg

★★★「助けて」大泣きする心愛さん 見過ごされた虐待サイン ★★★

あざだらけの体で、父親からの虐待に耐え続けた少女のSOSは、見守るべき大人たちに見過ごされ続けた。千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡してから、24日で1カ月になる。虐待を疑わせるサインは何度もあった。だが、度重なる転居や転校で学校や児童相談所の注意は心愛さんからそれ、危機感は共有されなかった。

2019-02-25_10-39-41.jpg

★★★ 4歳暴行死 2人に懲役10年判決 ★★★ 「暴行が日常化、感覚まひ」被告人語る ★★★

大阪府箕面市の集合住宅で2017年12月、筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(当時4歳)が暴行されて死亡した事件で、傷害致死罪などに問われ ... 大倉敏弥(21)両被告に対し、 大阪地裁(大寄淳裁判長)は1日、2人にいずれも懲役10年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。
※出典朝日新聞デジタル  2019年3月2日05時00分 ※写真もお借りしました。
2019-02-16_18-18-44_201903030223531ce.jpg
★★★ 「死の危険あり」3カ月前の指摘届かず 4歳男児虐待死事件 ★★★ ←「救えた命」

大阪府箕面市で2017年12月に起きた筒井歩夢ちゃん(当時4歳)の虐待死事件について、市は8日、調査・検証報告書をまとめ、発表した。事件の3カ月前に「死に至る危険性もある」と指摘されながらも、適切な対応が取られていなかったことが新たにわかった。

報告書によると、男児と弟は昨年5月に保育所に入り、8月にネグレクト(育児放棄)の悪化に保育所が気づいた。兄弟は11月に登園しなくなり、事件の半月前に弟の顔に青あざが見つかったが、市は府警や府池田子ども家庭センター(児童相談所)に連絡しなかった。

兄弟が通う保育所の所長は、ネグレクトの悪化で「子どもを保護すべきではないか」と強い危機感を持った。昨年9月に保育所長の会議で、弟が吐き戻しを放置されたり、おむつを替えられなかったりした状況や、部屋に異臭がしていることなどを説明。出席者から「死に至る危険性もある」とアドバイスされた。所長は市の担当者に危険性を伝えたが、市内部で情報が伝わっていく過程で切迫感が消え、新たな対応は取られなかったという。

☆彡 歩夢ちゃんも救えた命ですね。「市内部で情報が伝わっていく過程で切迫感が消え、新たな対応は取られなかった」。子どもの命が危機に晒されているというのに、何というのんべんだらりの公務委員たちでしょう!!いくら詫びたって歩夢ちゃんは生き返ることが出来ないのです。口惜しい<(`^´)>。

写真は記者会見する藤迫稔・箕面市教育長=市役所
※出典 朝日新聞デジタル 2018年3月9日16時00分 ※写真もお借りしました。

2019-02-21_02-16-17_201903030200459d3.jpg

★★★ 催眠作用の薬飲ませ性的暴行の疑い 医師2人逮捕 ★★★

逮捕されたのはいずれも東京 品川区の昭和大学病院の内科医、金古政隆容疑者(28)と、研修医、大林久晃容疑者(26)です。

2019-02-28_13-25-01.jpg

2人は先月18日の深夜から翌日の未明にかけて、東京のJR目黒駅前のカラオケ店で催眠作用のある薬を飲み物に混ぜて20代の女性をこん睡させ、品川区内の金古容疑者の自宅に連れ込んで性的な暴行をした疑いが持たれています。

女性は記憶がなくなり、「気が付いたときにはわいせつな行為をされていた」と、その日のうちに訴え出たため、警視庁が捜査していました。

2019-02-28_13-23-47.jpg

警視庁の調べに対し、金古容疑者は「合意のうえで行為に及んだ。薬は飲ませていない」と、大林容疑者は「乱暴したのは間違いないが、薬は飲ませていない」と供述しているということです。

飲み物に混入された薬は市販薬ではないということで、警視庁は薬の入手経路などを詳しく調べています。
写真は内科医、金古政隆容疑者(28)。
※出典 NHKニュース 2019年2月27日 14時11分 ※写真もお借りしました。

2019-02-28_13-22-18.jpg

★★★ 自民離党の田畑毅氏が議員辞職願 交際女性が準強制性交で告訴状提出 ★★★

田畑氏と交際していた女性が今月、愛知県警に告訴状を提出した。捜査関係者によると、女性は昨年12月24日夜、自宅で就寝中に田畑氏から性的暴行を受けたとしている。自民党は21日に田畑氏の離党を了承した。3月1日に辞職が衆議院で本人欠席のもと、許可された。

田畑氏を巡っては、28日発売の文春は、田畑氏が国会議員になる前の2010年、SNS上で知り合った当時16歳の女子高生を自宅兼事務所とされるマンションに連れ込み、行為に及んだ未成年淫行疑惑が報じている。

2019-02-28_13-12-30.jpg

★★★アゼルバイジャンのモデル女性の処女、日本人の東京の政治家が落札 約3億8760万円 ★★★ 

アゼルバイジャン出身モデルのマブバ・ママドゥザダさん(23)は賛否両論のあるドイツ売春斡旋サイト「シンデレラ・エスコート」を通して、自身の処女を入札にかけた。英紙デイリー・メールが報じるところ、「東京の政治家」が350万ドル(約3億8760万円)で落札した。日本のネット上が騒然に!

☆彡「ほんとうに処女だと思ってるのかね?単純バカだね」などと言われてるのは誰?お金があれば何でもできると思ってるあなたも鬼畜です。ところで、アゼルバイジャンってどこにあるの?南コーカサスのアゼルバイジャン共和国は、ソ連崩壊に伴い独立を果たした。アゼルバイジャンはカスピ海の西南岸を広い地域を指す地名でカフカス地方の一部を構成する。北はカフカス山脈を堺にロシアと接し、西側にグルジア、アルメニア、トルコと接している。現在はその北半分がアゼルバイジャン共和国だそうです。

2019-03-01_00-13-37.jpg

わが町の公園。余り陽が当たらない藤棚がある池の周りにはまだ残雪がありました。こんな廃墟のような風景が、間もなく緑に輝く風景に変わるのですから、自然って、不思議で素晴らしいですね。

2019-02-28_15-33-52.jpg

2月24日(日)晴天、今日は秋田駅東口にあるアルヴェ市民交流室でI女性会議の総会があり参加しました。①「イージス・アショアは要らない!」②平和運動 ③I女性会議の仲間の石川ひとみさんの県議選応援等を決めて終了。

2019-02-24_10-42-48.jpg

市民交流室を出ると1階の大ホールでハワイアンミュージックが流れ、女性たちが楽し気にフラダンスを踊っていました。

2019-02-24_12-09-22.jpg

なんと平和な風景…。イージス・アショア集会にもこの位、人が集まってくれたら良いのになと思っちゃいました。

2019-02-24_12-10-31.jpg

駅3階にあるレストラン街が工事中のため、レストランやカフェはどこも満員。こんなお店で

2019-02-24_13-29-38.jpg

みんなで、ランチをしました。私が食したのはビーフハンバーガーとエビ入り野菜サラダです。ご飯がないのは慣れてしまいました。

2019-02-24_13-05-06.jpg

これは、2月26日の町内女性交流会です。町内のそば屋さんで。25人集まりました。S町内会長さんから、地域の防災のお話がありました。支援が来るのは3~4日後、ペットボトル入り水1日3本,3日で9本用意が必要とのこと、これは用意をしなくちゃ。人は水があれば10日ぐらい(20日は生きられる?)は生きられると聞いてますがどうでしょうか?

2019-02-26_11-35-04.jpg

お料理は美味しかったけど、たんぱく質ゼロの精進料理でした。米朝昼食会のように中止にならず、こうして毎年、仲良く一緒に食事ができるのは幸せというものですよね(*^-^*)。最後は歌の題名あてゲーム。出題者が口ずさむメロデーで歌は分かって歌えるのに、なかなか正確な題名を覚えていないものだということが分かりました。とても面白かったですよ(*^^)v。

2019-02-26_11-44-45.jpg

公園の東屋に赤い暖かそうな手袋が片一方だけ忘れられていました。

2019-02-28_15-38-21.jpg

今日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(@^^)/。

2019-02-28_15-14-32.jpg


2019-03-02 00:45 | カテゴリ:日記