「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。ボク昨日の夕方、ボクの実家に行って、ママに会ってきたでちニャ」「ボク『ママ』ってすぐ飛びついて、ママもボクに。ボクとママ立ってハグしたでち。ミャミャミャ♪」

「おかしゃんビックリ(~o~)。チャコママはチイコ(笑)を覚えていてくれて。笑(チイコ)もチャコママを覚えていて、二匹が立って人間がするように抱擁し合って…」「おかしゃんとおとしゃんとT先生、想像もしてなかった展開に感動しました(^^♪」←車にスマホを忘れて、この感動的な場面はとることができませんでした(^_^;)。

2018-11-05_08-59-57.jpg

またまた写真がPCへ取り込めず、写真は11月5日のものです。

2018-11-05_08-56-27.jpg

「ボクは毎日、毎日、ネズチャンを

2018-11-05_08-57-18.jpg

タイホしてるでち(=^・^=)」

2018-11-05_08-53-35.jpg

「笑ちゃん、上手(^^♪」

2018-11-05_08-53-42.jpg

朝起きると寝室のドアが開かれていて、おかしゃんのマフラー(何故かいつもこの2枚)が…。

2018-11-05_09-29-59.jpg

「笑ちゃん、どこにいるの?」「やったァ(=^・^=)」「びっくり(@_@)」←笑ちゃんが突然飛び出してきて!!「ボク、かくれんぼ大好きニャ(=^・^=)」

2018-11-05_09-30-27.jpg

「モップのスノボ、楽ちんニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、降りなさい(^^♪」「オモシロイニャ(=^・^=)ゼ~ッタイ降りないでち」

2018-11-02_08-53-03.jpg

「おかしゃん、オヤツちょうだい、ミャミャ(=^・^=)」

2018-10-31_20-54-11.jpg

「今日も、朝の運動でツカレタでちニャ(=^・^=)」

2018-11-02_10-17-34_201811270033202b8.jpg

「何かいるでち(=^・^=)」

2018-11-02_10-27-38.jpg

「笑ちゃん、ただいま(^^♪」「おかしゃん、帰ってきたでちニャ(=^・^=)」←笑ちゃんジッと固まっていて動かない。

2018-11-02_10-33-28.jpg

「笑ちゃん、なに見てるの?(^^♪」→視線の先は風に揺れる木の葉♪

2018-11-02_10-33-45.jpg

「ピン、ぽーん♪」「は~い♪」「ここ開かないニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、ダメ!」この頃、脱走を試みる笑ちゃん。

2018-11-05_09-57-05.jpg

「おかしゃん、開けてくれないでちか?(=^・^=)」「ダメよ~(^^♪」←この後笑ちゃんを強制排除(笑)

2018-11-02_15-57-30.jpg

「ボク、ヒマニャ(=^・^=)。おとしゃんの椅子で寝るでち(=^・^=)」

2018-10-29_20-19-28.jpg



2018-11-07_10-30-58_201811262346260a1.jpg

10月30日(火)~11月5日(月)、第141回、秋田県種苗交換会が秋田市を会場に開催されました。会場は秋田市内の「なかいち」や旧秋田空港跡地等分散され、10分ごとにリムジンバスが運行されました。ここは秋田駅東口にある秋田拠点センター「アルべ」の会場です。

2018-11-03_10-40-54_201811281932052b6.jpg

秋田県種苗交換会は、明治11年に秋田市で初めて開催されてから、幾多の困難を乗り越え、一度も途切れることなく開催されて来ました。

2018-11-03_10-41-56.jpg

種苗交換会の歴史を語るには、今年の夏、甲子園で大活躍した金足農業高校の所在地、金足の地に生誕した【石川理紀之助翁】を欠かすことはできない。

【石川理紀之助翁】は、秋田の二宮翁と称せられ生涯を農村の更生、農家の救済、農業の振興に捧げた。秋田市金足小泉の農家奈良(奈良邸・重要文化財)家の三男として生まれ、21歳の時、昭和町の石川家の養子となる。34歳で種苗交換会を創設し、今日の一大行事の礎を築いた。※出典 「公式ガイドブック」より抜粋

<<【石川理紀之助翁】の写真が入る>>

2018-11-03_10-43-01_201811281932087e9.jpg

人気のダリアの前には人垣ができていました。秋田県には、県と「秋田県国際ダリア園」前園長の鷲澤幸治氏と連携し開発した大輪の【NAMAHAGEダリア】があります。

2018-11-03_10-43-40.jpg

シクラメンやビオラやパンジー。

2018-11-03_10-45-02_201811281935177ff.jpg

美しく整えられて並べられてるネギです。

2018-11-03_10-45-34_20181128193519472.jpg

立派なダイコン。手前は紫色のダイコンです。

2018-11-03_10-46-17_20181128193520999.jpg

肉厚で大きな椎茸。

2018-11-03_10-44-09.jpg

ブロッコリーとカリフラワー。

2018-11-03_10-45-57.jpg

縛られて並べられているキャベツ。

2018-11-03_10-51-19_20181128193842fce.jpg

大きなナシ。金足農高の吉田輝星投手のおじいさまが出品しているナシが最優秀賞だったのですが、私は見つけることができませんでした。

2018-11-03_10-47-15_20181128193845541.jpg

ナシは私の好物です(~o~)。

2018-11-03_10-46-41.jpg

こんなに色んなりんごが栽培されてるのですね。色々食べて見たいですね(^^♪。

2018-11-03_10-48-19_20181128203652d2f.jpg

人気のシャインマスカット♪お高いですよね。

2018-11-03_10-50-09_201811282036540f2.jpg

<<秋田県産米改良展>>秋田県の主産業です。

2018-11-03_10-55-47_20181128204023666.jpg

ここをじっくり見たかったのですが、時間がなく写真のみ(>_<)。

2018-11-03_12-27-25_20181128204025be2.jpg

秋田駅中央口通路が人で溢れています。

2018-11-03_10-59-27.jpg

ここは「大屋根下」と言われている所です。

2018-11-03_11-05-59.jpg



2018-11-03_11-25-20.jpg

賑やかな太鼓と笛が聞こえて来て…。

2018-11-03_11-11-32_2018112820432505a.jpg

ヤートセー コラ秋田音頭です♪ (ハイ キタカサッサ コイサッサ コイナー♪)秋田名物 八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ♪檜山納豆、大館曲げわっぱ♪(ハイ ソレソレ♪)←この歌詞は私の故郷(^^♪。

2018-11-03_11-12-09.jpg

今年は、様々なイベントが行われています。

2018-11-03_11-18-43_20181128204327b33.jpg

おお!!紫の旗が♪。第二会場の「なかいち」で金足農業高校の出店がありました。「金足米2㎏¥800円安いよ」とハンサムな高校生に呼びかけられて、残念!!風邪で体力なく持って帰れなくて(T_T)買えなかった。

実は今日3日は「種苗交換会」を見に来たのではなく「DV/虐待防止キャンペーン」のため来たのです。それが、例年の集合場所が変更になっていて、場所が分からなくてとうとう30分も歩いて「なか市」まで来てしまったのでした(T_T)。来た道を戻って、ようやく集合場所に着いたのでした。

2018-11-03_11-16-40_20181128204605083.jpg

「DV/虐待防止キャンペーン」が終わって仲間と再び「アルべ」会場へ。非常に疲れランチへ行く元気もなく…(T_T)。

2018-11-03_12-43-50.jpg

ここで、とんぶり3袋とむき枝豆と枝豆ペーストを買って、目の前の秋田駅東口バスロータリーからバスへ乗り込みました。枝豆は秋田県が日本一の生産地です。

2018-11-03_12-43-32.jpg

11月3日、田んぼの稲はきれいさっぱりと刈り取られています。咳風邪で苦しい中、DVキャンペーンがあり体力的に無理だったのですが出かけてきました。空が余りにも美しく帰りのバスの中からパチリ。疲れて後はウトウト(-_-;)。

2018-11-03_13-24-10.jpg

★★★ シリアで約3年半もの間、過激集団に拘束され、10月に無事生還した安田純平氏 ★★★

★★★ 「死ぬまでにやりたい100のこと」を書いた ★★★ ――どんなことですか? ★★★

安田 本当に小さなことです。親父の家庭菜園を手伝おうとか、母親のレシピを教えてもらおうとか。自転車によく乗っていたのですがもっと本格的にやりたいとか、猟に興味があるので、自分で狩りをしたイノシシを食べさせる店を開いてみたいなとか。生きて帰れるかわからないので、自分のしょうもない人生を振り返りながら、ずっと走馬灯を見ているような感じでした。やり直せる時間が来るのかどうかもわからない。やれる時にやれることをやらないと、死ぬ時がつらいんだろうなと思ったんです。今回の出来事を無理やり前向きにとらえるとしたら、唯一言えるのは、自分がちょっとでもましな人間になりたいという気になれたことですね。本当に死ぬときに見る走馬灯は、もう少しましなものにしたいな、と。

※出典 婦人公論 12月11日号 【3年4か月の地獄を乗り越えて ようやく再開できた】より抜粋

2018-11-02_12-55-00.jpg

伐られたバラの樹の根元から脇芽を出し、寒風のなか咲くバラの花。何と健気なんでしょう。植物の延命策に敬服m(__)m。

2018-11-02_10-37-41.jpg

★★★ 「女性が輝く社会」って嘘だったんですね ★★★

最後にお目汚しですが、この閣僚たちの答弁失言の無能ぶりには呆れてしまいますね。
「女性が輝く社会」って嘘だったんですね。よりによって女性は「悪事隠蔽しなだれ女」の片山さつき大臣がたった一人。【2017年、過去最低 世界の男女平等ランキング日本114位】。来年もっとランキングを下げることになりそう(>_<)。

安倍首相はもちろん殆どの閣僚が保守団体【日本会議】メンバーなんですね。日本はどうなる?

2018-10-28_21-24-04.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2018-11-02_10-37-14.jpg

スポンサーサイト




2018-11-26 23:51 | カテゴリ:日記
☆☆☆ 風力発電【低周波騒音】による健康被害<人体図>写真を入れました。 ☆☆☆

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。ボクの友だちができたニャ」「笑ちゃん、ダメよ。出て来て(^^♪」「イヤでちニャ(=^・^=)「ピオちゃんを探してるでちニャ」。PC画面の裏の本棚へもぐり込んでシッポや足を引っ張っても出てこない。ようやく引っ張り出したら、今度はPC画面の上の本棚に登ろうと背伸び、「ピオちゃんはそこにはいないのよ(^^♪」。むりやり降ろそうとすると「何するでちニャ(=^・^=)」と、おかしゃんに大抵抗。

2018-11-15_11-30-30.jpg

「ボクまだ眠いニャ(=^・^=)」。朝の穏やかな光を浴びて、まだ寝ボケている笑ちゃん。

2018-11-12_08-52-56.jpg

「おかしゃんが買ってくれたネコ草より、こっちがいいニャ(=^・^=)。いただきますニャ)」。天井まで延びた木をばっさり伐り、新たに小枝を伸ばしていたのを笑ちゃんの胃グスリに?

2018-11-15_07-19-38.jpg

「これもボクのおやつニャ(=^・^=)」

2018-11-15_10-15-30.jpg

「ボク、隠していたネズちゃんを連れて来たでちニャ(=^・^=)」「笑ちゃん何処で見つけたの!(^^♪」「ヒミツニャ(=^・^=)」

2018-11-16_15-54-11.jpg

「ウッシシシ(=^・^=)ネズちゃんボクのものでちニャ」。ネズちゃんを抱きかかえ、ペロペロ毛づくろいを始めた笑ちゃん。

2018-11-15_11-47-19.jpg

間もなく眠ってしまった笑ちゃん。

2018-11-15_11-47-18.jpg

「おかしゃんの血圧計、ボクもぐるの好きニャ(=^・^=)」。「いきなり血圧計から手が出て顔が出ておかしゃんびっくり(@_@)」。

2018-11-10_22-13-51_201811190017362eb.jpg

「ボク、ピオちゃんと友だちになりたいニャ(=^・^=)。ピオちゃんはどこにいるでちニャ」。「ピオちゃんは 『猫の星のピオ!』 http://takapalau.blog.fc2.com/ にいます。ピオのお父ちゃん、事後報告だけどよろしくお願いします(^^)/」。

2018-11-07_18-41-39.jpg

「笑ちゃん、大きくなって籠が狭くなってきました。籠の側にあるのがおかしゃんが買った猫草です(^^♪」

2018-10-29_15-26-44.jpg


2018-11-11_16-20-43.jpg

11月17日(土)朝、雨が落ちて来そうな空模様でしたが、友人の車に同乗し出かけました。

2018-11-17_08-50-55.jpg

出かけた先は「由利本荘市市民交流学習センター」。ここでI女性会議秋田県本部第29回定期大会がありました。

2018-11-17_09-38-17.jpg

本庄の仲間が準備万端整えて待ってくれていました。

2018-11-17_09-40-05.jpg

話題はもっぱら【再生可能エネルギー】である【風力発電】について盛り上がりましたが、午後からは日本国憲法第24条と第12条についての学習会をし終了しました。

2018-11-17_12-14-42.jpg

由利本荘市は日本海に面した海岸はもちろん由利高原まで風力発電の風車が林立しています。写真は由利高原ひばり荘前の巨大な風車(10月2日撮影)。風を切る「ゴ~ン」という音がしてました。
風力発電は由利本荘海岸風力発電所(発電出力16,100kW) 仁賀保高原風力発電所(24,750kW) この他大小の風力発電会社によって供給されています。

2018-10-02_15-41-49_201811191942325d1.jpg

『子吉川河口の沿岸部、由利本荘市水林地区に位置し、目の前に雄大な日本海が広がります。 晴れた日には遠方に鳥海山が望め、また夕日に映える風力発電所です』J-POWER(電源開発株式会社)サイトより。(写真は10月2日撮影)

2018-10-02_17-15-01_201811191942335e9.jpg

実は話題の中で驚いたのは、既に風力発電機がこんなにあるのに、更にメガ風力発電機(1基の出力9000kW)等を70~80基建設する計画がもちあがっていることです。計画しているのはユーラスエナジーホールディング(東京)。(写真は10月2日撮影)

2018-10-02_15-45-25_201811192018360fd.jpg

★★★ 風力発電【低周波騒音】による健康被害 心身への影響 ★★★

低周波騒音は人間の心や体に大きな影響を与えるとされており、その症状は多岐にわたります。
「何となく寝られない」「寝ていても起きてしまう」「圧迫感を感じる」といったものが代表的です。また、長い間低周波騒音に晒されていると頭痛や手足のしびれなどの症状を発症することも少なくないようです。以下が代表的な低周波騒音の健康被害です。
※出典 日本騒音調査 ソーチョー https://www.skklab.com/ 人体図もお借りしました。

2018-11-19_20-35-13.jpg

★★★ 東北電力・能代火力発電所(石炭)<1・2号機で発電出力120万kW> 秋田県全体の電力をカバー ★★★
(能代火力発電所の写真は10月17日撮影)

2018-10-17_10-33-39_20181119194235e69.jpg

★★★ 更に能代火力発電所では3号機<発電出力60万kW>を建設中(2020年6月稼働予定)

2018-10-17_10-31-31_201811191942369db.jpg

★★★ 日本全体の電力会社の発電量の約70%前後が毎日使用され、残量は約30%もあります。 ★★★

写真は能代火力発電所の屋上から見える風力発電の風車です。秋田県では能代火力(石炭)に加え秋田火力発電所(原油・重油)<3基で発電出力130万kW>もあります。なぜこれほど電気があっても再生可能エネルギーである風力発電や太陽光発電を建設するのか?電力の過剰供給に陥るのではないか?秋田県全体の需給バランスを考慮しないとならないのですよね。

2018-10-17_10-40-48_201811191948451e6.jpg

なお、再生可能エネルギーは環境破壊や人体への悪影響をもたらさないと言えるのか?本当にクリーンなのか?風車等の巨大ゴミ問題もあります。
子孫に禍根を残す将来がない原子力発電はもちろん全て中止するべきですが、再生可能エネルギーについても、慎重を期する必要があるのですね。

★★★ 九州電力 原発再稼働により 再生可能エネの一時発電停止を要請 ★★★ 

九州電力では川内原発と玄海原発が再稼働し、現状原発4機が稼働し、「電気余り」が生じ、電力の供給が過多となっているため、太陽光や風力発電の再生可能 エネルギー事業者に一時的な発電停止を求める決定をしていますね。九電のやり方は本末転倒ですよね。

2018-10-02_15-44-30.jpg

11月18日(日)午前中は、I女性会議の定例会でした。話題は【平和憲法】&【イージスアショア】。午後からは【秋田県女性議会の会(L1)】と交流。女性は地域における活動に参加はするが、自治会長等の役割を担い、積極的に参画しない現状について話し合われた。

2018-11-18_13-27-43.jpg

いつも割とのんびり過ごす土、日が二日続きの会議となり疲れました。夕食後、テレビニュースを見ようとソファに座ったらそのまま寝込んで、目を覚ましたのが9時、トシのことは言いたくないけどやっぱりね(^_^;)。

2018-11-13_10-17-37.jpg

11月14日(水)、11月に入ってからずっと晴天の日が続き、風は冷たくても…。

2018-11-14_10-03-00.jpg

走り出すと汗が♪

2018-11-14_10-08-48.jpg

いつものコース(^^)/。ありゃ?誰もいない!!

2018-11-12_10-13-54.jpg


2018-11-12_10-20-06.jpg

公園の木々はシックな秋色の衣装に衣替え。仲よしトリオ(^o^)丿。

2018-11-12_10-23-38.jpg

速~いトリオ\(^O^)/。

2018-11-14_10-24-10.jpg

今日も元気に走りましたよ~♪私は久しぶりで3kmをクリア(*^^)v。しっかりクールダウンしましょう♪。

2018-11-14_10-56-58.jpg

公園を散歩中の秋田犬。こんなに大きいのにまだ1才になったばかりだそうです(@_@)。お洋服も似合っていますね(^^♪。

2018-11-13_10-05-19.jpg

スロージョギングの後はフードコートでランチです。

2018-11-14_11-43-56.jpg

11月13日(火)11時から、イオンモールウォーキングのオープニングセレモニーがあり、町内の【ななかまどウォーキング】が終わった後で、スロージョギングクラブの仲間と参加しました。
「秋田県の健康寿命を延ばしましょう♪」。イオンの中は全天候型ですから、秋田の冬の厳しさを避けてウォーキングができるのはうれしいです(^^♪。

2018-11-13_11-03-48.jpg

コーチの健康指導を聞く参加者たち。アレレ、スロージョギングのTシャツ姿が目立ちますね~♪

2018-11-13_11-17-43.jpg

インストラクターの声に合わせて、一斉にストレッチ♪私たちの体は常に縮もう縮もうとしているのです。それに逆らって筋肉を伸ばすことは非常に大事なんですよね♪

2018-11-13_11-25-52.jpg

一応スタートから出発。若い青年であるインストラクターのウオーキングはスピードがあり、私は息が上がりました。私は午後の予定があり、参加はここまでで終わりました。

2018-11-13_11-48-59.jpg

午後、放送大学の歴史民俗文化クラブの例会があり参加。余りに空の白雲が美しくパチリ。

2018-11-13_13-06-01.jpg

今日の話題提供者はKさん。発表は【私の趣味の演奏】でした。Kさんはギターを弾きハモニカを吹き歌を歌うんですよ♪アコーデオンを弾きオカリナを吹きます。その器用さ、上手さには驚いてしまいます。また、色々なものを発明し、特許をとってるのですから凄いです。この頃は晴耕雨読、読書にも勤しんでいる様子、人生を楽しむ達人です。

2018-11-13_14-59-23.jpg

帰りはイオンのシャトルバスに間に合いました。写真を撮ってバスに乗り込んだ途端、陽が落ちて…。日が短いと淋しくなります(-"-)。

2018-11-13_16-23-56_20181120181303090.jpg

11月3日(土)、秋田県主催のDV・子どもの虐待防止キャンペーンがJR秋田駅前大屋根の下であり、秋田ウイメンズネットも参加しました。

2018-11-03_11-37-43.jpg

白い大きな紙袋にはこの日、配る「DV・子どもの虐待防止リーフレットや啓発グッツ」が入っています。

2018-11-03_11-32-45.jpg

ピンクのうさぎさんは子どもたちに大人気でした。今回は「許さない。DV」のグッズが入ったバックを欲しがる人が多く、あっという間に配布が終わってしまいました。
秋田はDV相談件数が少なく、実態と異なるのではと私は危惧しています。この日、私はまだ風邪がすっきりしなくて仲間とランチをせずに早めに帰宅しました。

2018-11-03_11-52-16.jpg

子どもの虐待に関するグラフを載せますので、ぜひ眼を通していただきたい。

2018-10-30_18-27-15.jpg



2018-10-30_18-31-36.jpg



2018-11-11_16-19-51.jpg

11月4日(日)午後、【イージス・アショア配備候補地視察及び学習会】へ参加しました。

2018-11-04_13-10-28.jpg

学習風景。

2018-11-04_13-06-04.jpg

新屋にはバス2台と車数台で視察に行きました。

2018-11-04_14-00-50.jpg

説明をみな真剣に聞いています。

2018-11-04_13-55-26.jpg

青空に白い雲が流れ…何と平和でのどかな風景でしょう♪

2018-11-04_13-56-21.jpg

車で移動後、歩きです。風邪が抜けきらない私にはきつい距離でした。逆光で残念!!(>_<)。

2018-11-04_14-11-03.jpg

ドウタンツツジが赤く燃える塀の向こうの松林が【自衛隊演習場】です。

2018-11-04_14-12-59.jpg

すぐ前に「食品加工研究所」がありました。

2018-11-04_14-11-55.jpg


2018-11-04_14-16-31.jpg

真ん中の円形の建物は体育館です。

2018-11-04_14-19-20.jpg



2018-11-04_14-32-19.jpg



2018-11-04_14-32-45.jpg

再び戻って座学がありました。私は咳のし過ぎかな?耳の聞こえが悪く、特に男性の声が聞き取りにくく、内容をお伝えできないのが残念です。

2018-11-04_15-42-08.jpg

陽が落ちる直前の秋田駅表玄関の西口風景です。会場から駅まで歩いて、ここで写真を撮りひと息ついてから、東口ロータリーからバスに乗り帰宅しました。←体力不足を痛感(>_<)。

2018-11-04_16-47-04.jpg

今年、我が家の庭に群生しているホトトギス♪

2018-11-02_10-39-12.jpg

長~いブログにお付き合いいただき、どうも有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。


2018-11-19 00:10 | カテゴリ:日記
☆☆☆ お待たせしました。【花岡事件】野添憲治さん並びに花岡平和祈念館等の写真を掲載しました。ぜひご覧ください。☆☆☆

「みなさんこんにちは、ボク笑ニャ(=^・^=)。2階の出窓で日向ぼっこ中でちニャ(=^・^=)」
「今日の写真は10月29日撮影したものです。おかしゃんはPCに相変わらず写真が取り込めず困っています(^_^;)」。

2018-10-29_08-35-02.jpg

朝起きてくると、食堂のテーブルの上にネズちゃんがバラバラに!!「ヒャァ!笑ちゃんとうとうやっちゃった!!」「笑ちゃん、どこ?(^^♪」笑ちゃんは忍法・葉隠の術を使って行方不明。

2018-10-29_11-42-17.jpg

「困った笑ちゃんね(>_<)」仕方なく椅子の肩に胴体だけでシッポのないネズちゃん(不気味)をぶら下げると「やったァ(=^・^=)」。笑ちゃんが忍法・音無しの術で忍び寄り、突然ネズチャンに飛びかかる。「びっくりした!!(>_<)」

2018-10-29_13-03-37.jpg

「おかしゃん、ジャマでちニャ(=^・^=)」

2018-10-29_13-03-39.jpg

「ネズちゃん、動くでニャイでち(=^・^=)」

2018-10-29_12-47-38.jpg

「ウキャー!(=^・^=)」

2018-10-29_12-47-34.jpg

「ツカマエタでち(=^・^=)」

2018-10-29_12-47-32.jpg

「わァ!ネズちゃんはボクのものニャ(=^・^=)ケリケリ!」笑ちゃん大興奮。

2018-10-29_12-47-08.jpg

それではここからは『能代市へ②』を書きますね。

2018-10-05_09-23-14.jpg

ここは国登録有形文化財の【料亭 金勇】です。料亭の建物は外壁等を補修工事中のため見ることができませんでした(>_<)。

隣接して八幡神社境内があります。私は境内にある渟城幼稚園に戦争中通っていました。だから、この料亭付近は子どものころの私の遊び場でした。

2018-10-17_11-38-06.jpg

ここは1階の中広間「満月の間」です。42畳の中広間の天井には、1本の天然秋田杉丸太から撮られた長さ5間(9m)の中杢の板が使われています。機械では挽けず、木挽き鋸で挽いたため、板に鋸で挽いた痕があります。ボランティアガイドの柴田さんから説明を聞いています。

この「満月の間」は、夫の父の法事や同級会等にも使用したことがあります。

2018-10-17_11-49-12.jpg

深い軒先の向こうに手入れの行き届いた日本庭園が見えます。

2018-10-17_11-56-18.jpg

小部屋(5部屋)につなぐ廊下も凝った作りになっています。

2018-10-17_11-58-14.jpg


2018-10-17_11-59-10.jpg

ここは2階の【110畳の大広間】です。舞台の49,5畳を加えると159,5畳の大空間になります。天井が秋田杉全面【杢四畳半仕切】の格天井が特徴です。杢目板は直径2mの天然秋田杉が必要であり、当時、巨大な丸太を集めるのも大変だったそうです。

近年、ここは様々な会合、婚礼、法事等、市民が親しく利用できる場にもなっていました。私の兄や友人のご子息の結婚式もここで行いました。

2018-10-17_12-06-43.jpg

幅5間半の床の間の床柱は【いたや楓】です。見に来た客が撫でるのでピカピカに光ってるとのことでした。

2018-10-17_12-07-15.jpg

香炉の飾り台は【能代春慶塗】です。←能代名物

2018-10-17_12-10-33.jpg

京都から買い求めた花籠。製作者は不明。竹と木の根で編んだ見事な籠です。

2018-10-17_12-11-29.jpg

2階南側の10間にも及ぶ広縁です。ガラスは昔のままのガラスが使われています。

2018-10-17_12-18-45.jpg

【秋田杉伐根の衝立】は、大広間の天井杢板に使われた丸太の伐根。(樹齢約260年、根元直径210㎝)

2018-10-17_12-19-59.jpg

なぜ?能代にこれほど立派な料亭金勇があるのか不思議に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大館市から能代港を経て日本海に注ぐ米代川流域の森は、天然秋田杉の産地として知られています。能代は中世からから木材、特に秋田杉を中心とした交易の盛んな地でした。能代の木材産業は大正時代から昭和初期にかけ隆盛を極め、「東洋一の木都」とまで称されていました。

全国から木材を買い付けに来る商人と商談を進めるため、能代の木材会社が【料亭金勇】で接待したのでした。

料亭金勇は2008年8月閉店し、2009年能代市へ寄贈されています。

2018-10-17_13-00-11.jpg

お昼の後は【風の松原】へ♪ここは私が40代半ばから58歳まで、【風の松原マラソン会】に所属し、仲間とジョギングを楽しんでいたところです。朝5km~10km走ってから勤めに行ってました。当時は体力があったんですね。今は全然ダメです(^_^;)。

2018-10-17_13-37-05.jpg

【風の松原】は、能代市の海岸沿いに連なる砂防林です。その規模は日本最大級を誇り、東西幅1㎞、南浦九総延長は14㎞、面積760ヘクタールの広大な土地に、約700万本の松が植えられています。これらの松は能代市を飛び砂から守るため、江戸時代から植樹されたものです。

2018-10-17_13-38-24.jpg

足元に広がる草木♪

2018-10-17_13-41-49.jpg


2018-10-17_13-42-23.jpg


2018-10-17_13-53-24.jpg


2018-10-17_13-43-25.jpg


2018-10-17_13-54-01.jpg

日本海から吹きつける強風に煽られて松の木は東方向に一様に傾いています。

2018-10-17_13-49-48.jpg

この小さな看板には2016年3月1日、【薬剤注入】「風の松原に守られる人々の会」と書いてあります。松くい虫被害は、「マツノザイセンチュウ」という体長1mmにも満たない線虫が松の樹体内に入ることで引き起こされます。薬剤注入は「マツノザイセンチュウ」が松に入り込めないようにするためです。

「マツノザイセンチュウ」を木から木へ運ぶのが「マツノマダラカミキリ」です。だからこの両方を駆除しないと松が死んでしまうのですね。「マツノマダラカミキリ」の防虫のためには薬が散布されます。

2018-10-17_13-56-26.jpg

松くい虫により松が立枯れするという被害が昭和57年に象潟町の海岸林に確認されてから、現在は県内全域35市町村に被害が広がっています。
能代市では、強風と飛び砂から市民を守ってくれている松を枯らしてはなるまいと、市民と行政が必死に「松くい虫」に立ち向かい、現在700万本の松が守られています。

2018-10-17_14-00-45.jpg

こんな看板がありました。拡大してご覧ください。

2018-10-17_14-02-08.jpg

【風邪の松原】を出て、時間に余裕があったので【秋田県立博物館】に寄りました。【菅江真澄展】が開催されていましたが省略します。

2018-10-17_16-01-50.jpg

田んぼは稲がすっかり刈られていました。新米の季節、秋田の郷土料理キリタンポの季節です。

2018-10-17_16-18-22.jpg

秋の日暮れは早く5時を過ぎると陽が落ちてしまいました。能代市への旅行記にお付き合いいただき有難うございますm(__)m。

2018-10-17_16-49-25.jpg

6月30日、雨が落ちて来そうな曇天をI女性会議の仲間である県議の石川ひとみさんの車に同乗し、大館市へ行って参りました。

2018-06-30_07-35-55.jpg

【木都能代】で紹介しましたが、杉林と杉山がどこまでも続いています。

2018-06-30_07-35-00.jpg

★★★ 秋田【花岡事件】、大館で慰霊祭 ★★★

2018-06-30_09-47-19.jpg


2018-06-30_10-01-03.jpg

戦時中に強制連行された中国人が過酷な労働に耐えかねて決起し、鎮圧されて400人以上が死亡した花岡事件から73年目の6月30日、大館市主催の大館市花岡町の慰霊碑の前で慰霊祭があった。遺族5人を含め、日中両国の関係者約230人が犠牲者の冥福を祈った。

2018-06-30_09-43-22.jpg

慰霊祭では、福原淳嗣市長が事件で死亡した429人分の名簿を慰霊碑に奉納した。今年は日中平和友好条約締結40周年に当たり、福原市長は「過去を振り返るとともに、日中両国の友好を未来に向け発展させていく」と決意を述べた。
※出典 朝日新聞デジタル 2018年7月1日03時00分

2018-06-30_10-25-24.jpg

音楽が奏でられる中、参加者ひとり一人が白い菊の花を霊前に供えました。

2018-06-30_10-57-01.jpg


2018-06-30_10-06-15.jpg


2018-06-30_10-03-29.jpg

★★★ <野添憲治さん>花岡事件 負の歴史に向き合った生涯 「自分も加担していた」 ★★★

ノンフイクション作家の野添憲治さん(昭和8年生れ)は能代市に在住され、同時代を生きてきた夫(昭和9年生れ)は野添さんを尊敬支持し、私も何回もお会いしてました。今年4月8日にすい臓がんで亡くなりました。【花岡事件】の真実を語れる唯一の人、野添憲治さんを失ったことは誠に惜しく思います。

太平洋戦争末期の1945年6月30日、秋田県花岡町(現大館市)の花岡鉱山で、強制連行された中国人986人の大半が過酷な労働と虐待に耐えかねて蜂起した「花岡事件」。419人もの犠牲者を出した事件を長年調べ続けた。
 秋田県藤里町出身。中学卒業後、出稼ぎを経て国有林の作業員に。休日に近隣の村や鉱山などを歩き、話を聞いてメモに書きためた。27歳だった62年、花岡鉱山で事件のことを知った。

2018-11-12_02-44-32.jpg

事件当時、野添さんは国民学校の5年生。ある日、山奥に逃げて捕まった中国人2人に教師の指示で砂やつばをかけた。事件に触れてその時の記憶がよみがえり、2人が花岡鉱山から逃げたと知って体が震えるような衝撃を受けた。「自分も加担していた」との思いが、調査を進める原動力になった。

 2018-11-13_12-55-21.jpg


2018-11-14_23-56-22.jpg

★★★ 「花岡事件」の平和記念館が大館市に完成 ★★★

「花岡事件」の犠牲者を記念して建てられた花岡平和記念館が2010年4月17日、秋田県大館市に開館した。45年を経て日本政府はやっと1945年に発生した「花岡事件」を正視したことになる。日本側の代表で大館市の小畑元市長は、この歴史の事実に次の世代に伝えなければならないと述べた。

2018-11-12_03-23-55.jpg

1945年6月30日夜、強制連行された700人の中国人労働者は、鹿島組(今の鹿島建設株式会社)の残酷な虐待に耐えられず、現場監督を殺害して中山寮近くの獅子ヶ森に逃げた。この蜂起は政府や民間を驚愕させ、出動した2万人の警察が中国人労働者を捕らえて銃殺。翌日に生き残った中国人労働者は全て捕虜になり、あわせて418人が日本で命を落とした。

2018-11-12_03-30-47.jpg


2018-11-12_03-27-37.jpg

花岡平和記念館内の展示に見入る秋田県佐竹知事と国会議員の福島みずほさん。

2018-11-12_02-46-25.jpg

私は8年前、【花岡平和祈念館】が完成して間もなく、I女性会議の仲間とボランティア・ガイド付きでフイールドワークをしています。しかし、記念館や慰霊碑等や鹿島建設の跡地(苛酷な奴隷扱いをした現場である谷の斜面にあった中山寮など)は全て埋め立てられて跡形もなくなっていました。

今、韓国徴用工賠償問題で歴史の事実を無視した発言が横行し、隣国である韓国との仲が険悪になってることに対し、危機感を覚えずに居られません。私たち日本人は朝鮮人、中国人、日本人共に同等の人権を持つ人間であることを肝に銘じる必要があると思います。

2018-10-17_13-43-41_201811120124499c0.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。


2018-11-11 13:35 | カテゴリ:日記
11月はDV&子どもの虐待防止月間です。11月3日(土)・4日(日)、【第21回全国シェルターシンポジウム2018in札幌】が開催されました。私は参加の予定でしたが体調が優れずパスしました。
※下記はNPO秋田ウィメンズネットが作成したポスターです。 ※拡大してご覧ください。

2018-09-05_15-32-32.jpg

11月3日(土)午前中~昼にかけて、県及び各団体共催【「DV&虐待防止キャンペーン】が秋田駅西口、大屋根下で行われ、NPO秋田ウイメンズネットも参加しました。
殆どニュースにも取り上げられないほど日常的に、女性は4日に1人、子どもは1週間に1人が殺されています。
※あうん通信、よかったら拡大してご覧ください。

2018-09-21_20-54-42_2018110521484714d.jpg

11月4日(日)午後、イージス・アショアの学習会とフイルドワーク(秋田市新屋・勝平地区)に参加しました。
【DV&子どもの虐待防止】キャンペーン及び【イージス・アショア】学習会・フイルドワークはPCに写真が取り込めず、次回に廻します。

2018-08-06_08-04-34_201811052148462f4.jpg

「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。ここは温かくて気持ちいいでちニャ」「あっ!笑ちゃん、そこダメ!!ヤケドしちゃうよ!!」「ボクここがいいニャ(=^・^=)」。【ダ~メ!】「嫌だってねばったけど、おかしゃんに強制排除されたニャ(>。<)」

2018-10-11_09-31-14_20181105230537e80.jpg

降ろされたら、「タイクツニャ(=^・^=)。おかしゃんの歯ブラシ隠すでちニャ」。この後、笑ちゃんは冷蔵庫の下のカバーをはずして、もぐり込む。「ひゃ~!笑ちゃんダメ!!(^^♪」。おかしゃんは急いで笑ちゃんを引きずり出す。モップ代わりになった笑ちゃんでした。

2018-10-04_20-32-05.jpg

「あれもダメ!これもダメ!つまらないでちニャ(=^・^=)」。笑ちゃん、ネズちゃんを何処かへ隠してしまい、見つからないのでタイクツしてます。

2018-10-04_22-50-13.jpg

「おかしゃんの側で寝るでち(=^・^=)」。

2018-10-03_22-32-52.jpg

「ふて寝をしている笑ちゃん。(^^♪」

2018-10-03_19-05-50.jpg

「笑ちゃん。笑わせないで(^^♪。お腹の筋肉が痛いから」「おかしゃん、咳をしてもイタタタ!!」

11月1日(木)、また病院へ行って10日分のクスリを貰ってきました。【抗生剤】が減りました。【抗生物質】って、風邪には効かないそうですね。つい最近、厚生労働省が出した「抗生物質を使いすぎると薬剤耐性菌が増え、治療に有効な抗生物質が将来なくなる事態が懸念される。【抗生物質(抗菌薬)の投与を控えるよう】という記事を見ました。【抗生物質の使用は日本が最多】だそうです(>_<)。日本の医療は藥漬けなんですね(T_T)。くわばらクワバラ(^_^;)。

2018-10-17_13-36-41.jpg

10年ぶりの大風邪←カゼ台風に吹き飛ばされて…。弱っちくなったとガッカリ(-_-;)。具合が悪いのは長くて5日位だったのが2週間も!!それで夕べ、「よ~し!やるぞ♪」と決意し、今日5日(月)、スロージョギングに行ってきました。遅く行って殆ど歩き、小回り3周、500m。リハビリはこの程度でいいのかな?…足の筋肉が柔らかくなって←筋肉が落ちちゃった?!歩数計は8、000歩を記録♪

みなさん、ご心配おかけしました。風邪は快方に向かっております。温かいお見舞いのお言葉ありがとうございますm(__)m。

2018-10-17_11-16-19_2018110601513725d.jpg

10月17日(水)、町内のななかまどクラブ(60歳以上)で私の故郷能代市へバス旅行をしました。女性10名、男性10名の総勢20名の町内の気の置けない仲間の旅行です。朝は曇り空、上着を着込まないと寒いくらいのお天気でした。

2018-10-17_09-25-45.jpg

能代市へ近づくにつれ青空が広がり、一同「晴れてくれて良かった♪」と安堵。

2018-10-17_09-48-46.jpg

一番先に訪れたのは【東北電力・能代火力発電所】。東北電力のガイドさん付マイクロバスに乗り換え、広大な敷地内を移動見学しました。
※ 写真は能代川(米代川)河口付近です。背景の山々は世界自然遺産【白神山地】です。

2018-10-17_11-32-22.jpg

能代火力発電所はオイルショック後に国の石油不足対策を目的として設置され燃料は石炭です。1993年5月に1号機(60万kW)が運転を開始、1994年2号機(60まんkW)が運転され、これで秋田県の全電力がまかなえるとのことでした。現在、更に3号機が工事中(2020年運転開始予定)でした。
※ 写真は野積みされてる屋外貯蔵石炭(48万t)。これがが広大な土地に並んでるのです。その写真も撮ったのですが紛失、残念!!(>_<)。

2018-10-17_10-13-41.jpg

巨大な屋内貯炭場(10万t)。

2018-10-17_10-16-03.jpg

<大気を守るため>
①【硫黄酸化物対策】 夫曰く「この巨大な煙突は当時社会党が中心になり、会社側は不要と主張していたが【環境を守るため公害防止運動】をした結果、200億円をかけて【排煙脱硫装置】を設置し、硫黄酸化物対策をしている」とのことです。
②【窒素酸化物対策】 ③【ばいじん対策】 ④【石炭粉じん対策】等、環境を守る対策がされています。

2018-10-17_10-01-23.jpg

<海を守るために>
①温排水 タービンを回した蒸気を冷却するため海水を使用し、取水と放水の温度差は7℃以下としています。

2018-10-17_10-09-04.jpg

石炭はオーストラリアなど世界各国から輸送されて来ます。丁度、インドネシアの石炭運搬船が入港していました。

2018-10-17_10-05-32.jpg

船から石炭を運ぶ巨大な装置。船から石炭を運び出す桟橋の長さは340m幅25mもあります。能代火力では、年間300万tの石炭を消費します。

2018-10-17_10-10-37.jpg

こんなふうにして陸まで石炭を運んでいるのですね。
海が埋め立てられて人工的にこの巨大な土地が造成され、紺碧の日本海は昔と同じですが、今はない子どものころ友だちと遊び戯れた懐かしい、ぐみが実り、浜防風が這い、ハマナスの花咲く砂浜が眼の中に突然再現されて…眩しく…。ちょっと。。。。。

「 砂山の 砂にはらばい 初恋のいたみを遠く思いいずる日 」(一握の砂・石川啄木)

2018-10-17_10-11-18.jpg

それでは能代火力発電所の建物の中へ。ゾロゾロと…。

2018-10-17_10-27-05.jpg

【タービン発電機】

2018-10-17_10-29-11.jpg

タービン発電機について。 拡大すると詳しい情報が得られます。

2018-10-17_10-31-31.jpg

能代火力発電所の頭脳である中央制御室。24時間2交替勤務でプラントの運転・監視を行い、電力の安定供給に努めています。

2018-10-17_10-33-39.jpg

エレベーターに乗り屋上へ。

2018-10-17_10-37-23.jpg

屋上ではバチバチと写真をとりました。

2018-10-17_10-44-10.jpg

遥か遠くまで続く風力発電の風車。

2018-10-17_10-40-48.jpg

丸い屋根の建物はこれから行く【エナジアムパーク】です。エナジアムパークの向こうに広がる濃緑の森は【風の松原】です。

2018-10-17_10-40-23.jpg

蒼い山脈は白神山地です。この山脈を見て育ち、能代を離れるまでこの山にどんなに慰められてきたことか…。

「 ふるさとの 山に向かひて言うことなし ふるさとの山はありがたきかな 」(一握の砂・石川啄木)
「 山の子の 山を思ふごとくにも かなしき時は君を思へり 」(一握の砂・石川啄木)

2018-10-17_10-43-07.jpg

次に訪れたのは【エナジアム・パーク】へ。その前ちょっと【能代ねぶながし館】に寄りますね。

2018-10-17_10-55-19.jpg

能代七夕は今年は8月3日(金)4日(土)(午後6時~9時)、24.1メートル城郭型灯籠高さ日本一の天空の不夜城「愛季」と17.6メートルの天空の不夜城「嘉六」灯籠と、能代若七夕2基と向能代小若七夕3基とロータリークラブ1基が能代を練り歩きました。

2018-10-17_11-03-19.jpg


2018-10-17_11-00-56.jpg

能代ねぶながしの上のシャチは大人の身長より大きく、七夕が終わるとシャチに火をつけて夜の能代川に流します。この時の笛の音色が独特の哀愁を帯び、私が能代で暮していたころは、川面から流れる風は忍びよる秋の便りでもありました。今は夏は灼熱の暑さですから、雰囲気も随分変わったのではないかと思います。

亡き明治生まれの父がそろいの浴衣を着て「お~りゃ♪七夕どっこい♪ゆ~いどっこいな~♪」と音頭に合わせて提灯を上げ下げする粋で若々しい姿が眼に映ります。

2018-10-17_10-57-05.jpg

七夕の笛や太鼓の音を聞くと、私の中のお祭りの血が騒ぎます。私の実家は能代市の商店街の中心部にあり、夏は七夕の笛や太鼓の音と隣り合わせで暮していましたから。
昭和10年生まれの兄は夕方から朝まで俵ぼっちを頭に載せ、四角い灯篭を担ぎ、夜を徹して歩き、家へ着くと半分居眠り状態で、灯篭はボロボロに破れていたことを思い出します。今は6時~9時で、そんなことも無くなりましたが。

2018-10-17_10-57-37.jpg

長女が小学4年生頃、七夕の笛を吹きたいと言うとおばあちゃんに「女の子がそんなことするもんじゃない!!」と叱られ、私が母へとりなし、無事友だちと笛吹隊に加わり笛を吹きながら歩く長女の笑顔が頼もしくうれしかったことも懐かしい思い出です。

2018-10-17_11-00-25.jpg

ここが【エナジアムパーク】です。能代火力の蒸気タービンで使用された後の蒸気(排熱)を利用した熱帯植物園です。

2018-10-17_11-04-57.jpg

それでは中へ。中にはカボチャのお化けがいっぱい。10月はハロウィン・かぼちゃのおまつりですものね♪仮装って楽しいですよね。10月31日、非日常がぽっかりと現われ別人になれるのですから(^'^)。お化けになった方いらっしゃいますか?

2018-10-17_11-05-58.jpg

オーストラリア産の巨大な石炭(340Kg)、発電量1000Kw。能代火力ではこの石炭を1日約30,000個、約100,000トン使用しています。←こんな大きな石炭の塊を3万個も…。驚きました。

2018-10-17_11-07-24.jpg

エネルギーの森へ。100万年前・原始時代<<火を手に入れた人間、未来は大きく変わっていく>>

2018-10-17_11-07-58.jpg

途中省略・・・人類が自然と共に歩んできた足跡が掲示されています。

2018-10-17_11-10-17.jpg

最後のプレート。興味ある方は拡大してご覧ください。

2018-10-17_11-10-59.jpg

<<熱帯植物園入口>> 発電所の利用し終えた排熱を有効活用した日本で初めての植物園です。

2018-10-17_11-10-44.jpg

なかなか楽しく凝った作りになってます。子どもが喜びそう♪

2018-10-17_11-11-42.jpg


2018-10-17_11-12-06_20181107191215cb1.jpg


2018-10-17_11-12-30.jpg


2018-10-17_11-13-23.jpg


2018-10-17_11-14-05.jpg


2018-10-17_11-14-32.jpg


2018-10-17_11-15-46.jpg


2018-10-17_11-16-31.jpg


2018-10-17_11-18-17.jpg

植物園を見終ったところで、ガイドさんとはお別れです。

2018-10-17_11-26-34.jpg

電力会社の周りは自然を大切にしているアピールで、樹木などで美しく整えられていました。

2018-10-17_11-24-38.jpg

今日も長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。能代へ②をお楽しみに。ではまた(^^)/。


2018-11-05 22:58 | カテゴリ:日記