日本国憲法  
< 第3章 表現の自由(第21条)>

集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

精神的自由の中でも表現の自由は重要なものです。何らかの活動を通して様々な表現をしたいと多くの人が欲しています。
ブロガーにとっては、ブログを書き自己表現することが有用な活動となっています。

もし、私たちの表現活動が制限され、ブログを書くことができなくなったら非常に辛く悲しむべきことではないでしょうか。
表現・言論の統制は、社会に大きなリスクをもたらす結果となるのことを歴史が証明しています。

日本社会は言論の自由が、民主主義社会が、今まさに危機に瀕しています。

6月19日、ウオーキングの途中で。畑のじゃがいもの花。

2015-06-19_09-24-37.jpg

 自民党の大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)は30日午後、安全保障関連法案に批判的な報道について「懲らしめなければいけないんじゃないか」と述べた。また、「誤った報道をするようなマスコミに対して広告は自粛すべきじゃないか」とも語った。国会内で記者団の質問に答えた。
※ 出典 時事通信 6月30日(火)

 大西議員は6月25日、保守系の党所属議員有志が開いた文化芸術懇話会で、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」と述べ、党執行部から厳重注意を受けています。
なお、大西議員は昨年、「子供を産まないとダメだぞ」というセクハラヤジで謝罪に追い込まれています。何度も「問題発言」を繰り返しています。
※参照 『野の花日記』→『真に女性が輝く社会をつくろう』(2014年6月24日)
 
2015-06-30_08-49-16.jpg

6月9日(火)放送大学の歴史文化クラブで男鹿市脇本城址へ行って参りました。脇本城址は秋田県の地図の鼻の先部分にあります。今まで雨嵐に2度見舞われ中止になり、今回は3度目のチャレンジです。脇本城址は2004年、国指定の史跡となっております。

2015-07-02_22-10-36.jpg

脇本城址案内図。脇本城、創建時期は不明。脇本城は戦国時代の巨大山城であり、東北最大級の規模です。その規模は東西約1,8㎞、南北約2㎞、全体の面積は150ヘクタールと考えられています。
天正5年、檜山(ひやま)、湊の両安東を統一した安藤愛季(1539年生)が天正年間(1573~1591年)に織田信長と政治折衝を続ける中で、脇本城を大改修し居城としたのでした。

※ 安東氏は、日本の鎌倉時代から戦国時代の末まで、陸奥国・出羽国の北部に勢力を張った武士の一族です。

2015-07-02_22-16-55.jpg

菅原神社鳥居。

2015-06-09_13-51-47.jpg

長い階段を登る…

2015-06-09_14-04-54.jpg

・・・と、そこは天神様(菅原道真公=学問の神様)だった。

2015-06-09_14-09-33.jpg

菅原神社は安東実季が1551年建立。実季は【1600年、関ケ原の戦い】で敗れ、1602年宍戸(茨城県)へ移封される。城の全てのものが破壊され、奪い尽くされ、何一つ残らぬ城址となったのでした。
※ 1963年、菅原神社は現在地に移転。昭和54年(1979年)に不慮の災禍により社殿を焼失し、現在の社殿は昭和57年再建。

2015-06-09_14-12-27.jpg

神社の脇の「天神様の細葉の椿」は樹齢400年以上と推定される。ヤブツバキの一種で葉が細く、4月中旬頃ピンクの花が咲く。400年以上も男鹿半島の風雪に耐えて、椿の木は神社に額ずく人々のどのような物語を見て来たのでしょうか。

2015-06-09_14-14-14.jpg

境内の桑の木にクワの実が。黒く熟れた実を食べて見たら甘酸っぱい味がしました。

2015-06-09_14-07-34_2015070301195165d.jpg

それでは、いざ、脇本城址探検へ(^^)/。実は案内人の方が同行され、いろいろ説明してくださいました。

2015-06-09_14-37-24.jpg



2015-06-09_14-39-29.jpg



2015-06-09_14-41-15.jpg

井戸の跡。

2015-06-09_14-42-22.jpg



2015-06-09_14-43-32.jpg

大土塁跡。

2015-06-09_14-44-44.jpg

振り返ると脇本城址の広大さにただ感嘆!

2015-06-09_14-46-42.jpg

楠木。この古木の樹齢は?

2015-06-09_14-48-39.jpg

日本海からの強風で傾いている巨木。クラブのみんなの視線の先は?

2015-06-09_15-05-33.jpg

ここです。今も城下町跡が残っている脇本本郷地区。この入り江になっている港を船が出入りしていたのですね。

2015-06-09_14-50-08.jpg

目の前の藪に咲く白い花。

2015-06-09_14-52-39.jpg

猿にとって「猫にマタタビ」のような作用をするサルナシの花。猿が酔っぱらうのかしら?

2015-06-09_15-07-04.jpg

城の中を天下道が通っていたんですね!この地図で、脇本城が非常に地の利を得た巨大な城だったことが分かりますね。

2015-06-09_15-14-59.jpg

     < 春 望 >   杜 甫
  國破れて 山河在り   城春にして 草木深し
  時に感じて 花にも涙を濺(そそ)ぎ   別れを恨んで 鳥にも心を驚かす
  峰火 三月に連なり    家書 萬金に抵(あた)る
  白頭掻いて 更に短かし  渾(す)べて簪(しん)に 勝(た)えざらんと欲す

城址に咲いていた小さな小さな黄色の花。

2015-06-09_14-31-19.jpg

6月20日、女性団体総会参加のため前泊をとって東京へ。秋田の空は晴れ渡り・・・

2015-06-20_09-00-04.jpg

約1時間後についたのは羽田第一ターミナル。翼のオブジェ前で姉と待ち合わせ。

2015-06-20_10-14-11.jpg

訪ねた姪っ子のマンションからスカイツリーが見えました。東京もよく晴れていました。

2015-06-20_13-38-01.jpg

姪っ子の家のニャンとも鳴かない物静かなニャンコちゃん。「チビちゃん」と呼んでも、「あなた誰ニャ?」と、こんな顔をされてしまいました。我が家のミミちゃんとは全然違うわ…ミミちゃんは来客があるとニャンニャン話しかけ、クンクン持ち物調べが済むとスリスリするんだけど(=^・^=)。

2015-06-20_13-47-30.jpg

帰る頃はチビちゃんが私たちの側の指定席でまったりと眠りこけていました(=^・^=)。毛の艶が無くりヒゲも白くなって、チビちゃんはオジイチャンニャンコだそうです。

2015-06-20_15-23-23.jpg

東京への記事は<続きを読む>をクリックしてくださいm(__)m。



今日のホテルは東京ドームホテル。チケットの手配が遅かったのでシナプリは満室。ピンボケm(__)m。

2015-06-20_21-25-26.jpg

入口は?ここからは入っちゃいました(・_・;)。

2015-06-20_21-18-57.jpg

広々としたロビー。夜は人であふれかえり混雑のため、写真は21日早朝撮ったものです。

2015-06-20_19-11-03.jpg

竹と木の枝を組み合わせたドデカイオブジェ。背景の壁画には3人の天女が舞う。

2015-06-20_19-10-40.jpg

1階、エレベーターホール。どのエレベーターに乗る(?_?)。

2015-06-21_08-31-10.jpg

ドラエモンのどこでもドア?バンザーイ(*^^)v。26階のエレベーター前です(^^♪。

2015-06-20_21-39-57.jpg

26階のエレベーターホール。

2015-06-20_21-39-31.jpg

夜のチェックインのため私の部屋は一番奥でした。疲れてるのに~(-"-)。この日の歩数は13,000歩でした。都会って歩きますね。

2015-06-20_21-41-07.jpg

ビズネスクラスがなく、プラス8,000円の部屋。

2015-06-20_19-27-52.jpg

姉と二人夜のドーム街を散歩することに。 (※ エレベーターの中からパチリ。これは21日早朝の写真です。)

2015-06-21_08-33-53.jpg

じゃ~ん。噴水で~す!(^^)!。よかったら拡大してご覧ください。

2015-06-20_20-05-01.jpg

まわるまわるメリーゴーランド♪ ボケで~す(・_・;)。

2015-06-20_20-08-27.jpg



2015-06-20_21-28-44.jpg



2015-06-20_21-31-32.jpg



2015-06-20_21-33-26.jpg



2015-06-20_21-15-22.jpg

水道橋駅前まで姉を送っていく。いつも姉から見送られてる私が見送る側になるなんて(^.^)。

2015-06-20_21-13-44.jpg

朝5時に目覚める!!あァ~早すぎ!!外は雨が降りそうな曇り空。

2015-06-21_05-00-06.jpg

2度寝をすると遅刻しそうで、この後、早めに朝食会場へ。

2015-06-21_05-38-18.jpg

みんな早や~!!朝食会場はもうこんな状況に(>_<)。

2015-06-21_08-12-54.jpg

案内された場所、見晴らしが良くて(*^^)v…この後すぐ満席に!!

2015-06-21_07-22-59_20150704113917239.jpg

ここで、総会が終わってから訪問する行先へどう行けばいいのか聞く。メモと路線地図をいただく。実に親切でした。

2015-06-21_08-27-37.jpg

総会は無事終了。文化村で映画を見たかったが時間が中途半端なので諦める。ホテルに引き返えす。

2015-06-21_12-21-31_20150705001216d44.jpg



2015-06-21_12-23-59.jpg

広いロビーは人でいっぱい。ここで一休みすることにする。

2015-06-21_13-16-52.jpg



2015-06-21_12-30-15.jpg

案内された席に座ると、ガラス越しの外の人工池でコチドリが水浴びをして、水面すれすれに飛び去った。

2015-06-21_13-06-57.jpg

モダンな人工池。

2015-06-21_13-18-17.jpg

人工池の水がホテルに引き込まれオープン喫茶を取り巻いて流れる。

2015-06-21_13-11-32.jpg

お昼の食事、温めたベーグルパンとチーズ。薄切りキュウリに載せた薄切り茹で鶏肉。ポテトチップス。レモンティー。これで¥2,200円也。高いなァ(*_*;。

2015-06-21_12-40-48_20150705001117028.jpg

朝、ホテルで聞いた通り四谷駅でJRの特快電車に乗り換え、45分で八王子駅に到着。

2015-06-23_15-28-50.jpg

迎えに来てくれた知人に「お祭りなの?」と聞くと、「八王子はいつもどこかでイベントがあってこんな感じです」とのことでした。

2015-06-22_17-25-27.jpg

夕方、繁華街へ。

2015-06-22_17-23-43.jpg

八百屋さんと鮮魚店。

2015-06-22_17-23-21.jpg

こんなお店も。・・・帽子屋さん、下駄屋さん、和服やさん、いろんなお店が並んでいました。

2015-06-23_15-21-27.jpg
2015-06-23_15-21-19.jpg

途中に「甲州道中八日市宿跡」の石碑がありました。

2015-06-23_14-30-56.jpg

この石碑を読んで、八日市を通じて商人たちの誇りが脈々とつながり、現在の街並みになっているように思いました。

2015-06-23_14-31-24.jpg

八王子市夢美術館に行ったらお休みでした。八王子でのんびり過ごし・・・

2015-06-22_13-39-24.jpg

23日、暮れかかる羽田からJALに乗って無事帰宅しました。秋田へ東京の人口を持ち帰りたいよ~(^o^)丿。

2015-06-23_18-53-26_201507050135384a9.jpg



2015-06-26_09-19-22.jpg

スポンサーサイト

2015-07-02 19:10 | カテゴリ:日記