< 安倍政権は「独裁の始まり」=憲法学者小林、長谷部氏が痛烈批判 > ※ 京都へ(No2)関連

 憲法学者の長谷部恭男早大教授と小林節慶大名誉教授は15日、日本記者クラブで記者会見し、小林氏は「憲法を無視した政治を行おうとする以上、独裁の始まりだ」と安倍政権を痛烈に批判した。小林氏は、政府見解が合憲と判断する根拠として最高裁による1959年の砂川判決を挙げたことに触れ、「引用は珍妙だ。(裁判で)日本の集団的自衛権はどこにも問われていない」と指摘した。

長谷部氏は、安全保障関連法案を「合憲」とする9日の政府見解について「何ら批判への応答になっていない。反論できないことを、むしろ如実に示したものだ」と酷評。自身を含む安保法案反対派の憲法学者に与党内から批判が出ていることにも言及し、「今の与党の政治家の方々は、都合の悪いことを言ったときには侮蔑の言葉を投げ付ける」と不快感を示した。 
※ 出典 時事通信 6月15日(月)

ウオーキングの途中で、小学生の街中探検隊と会いました。無邪気に手を振る子どもたち。この子どもたちのためにも「平和憲法」を守らなければ。

2015-06-12_09-23-52.jpg

< 砂川判決、乏しい論拠=集団的自衛権容認-安保法制 >

 安全保障関連法案で集団的自衛権行使を認める根拠として、安倍晋三首相ら政権側は1959年の最高裁判決(砂川判決)をしきりに引用している。だが、同判決は、自国の存立のため必要な自衛の措置は認められると示しているだけで、自国が攻撃を受けていない状況下で発動される集団的自衛権の行使まで認めたとは言い切れない。政府・自民党の主張には党内外から批判が出ている。
※ 出典 時事通信 6月15日(月)

ウオーキングの途中、遊園地で遊ぶ幼稚園児をパチリ。平和だからこそこの風景があるのですよね。

2015-06-12_09-42-40.jpg

5月25日、京都4日目、一日自由です。自由だと思うと京都の空気を胸いっぱいに吸える気がしてうれしい♪
実は夜、ユーパックにおみやげやFC資料を入れようとして京菓子大2個、中5個買った筈が→小5個と誤って入ってることを発見、「う~ん、困った。」「明日の朝早く取り替えに行こう」。仕方なく着替えを送って、お菓子をキャリーバックに入れて持ち帰ることにする。

2015-05-23_07-26-12.jpg

私が朝食へ向かう時間に、3日間とも多くの外国の方たちは出発する。私も早く出発したかったが、お店が9時半開店のため、おみやげ交換に時間を取られてしまいました(T_T)。

2015-05-23_07-26-59_20150617011049bd9.jpg

朝食はここでバイキング。ホテルで聞いて、今日は金閣寺・銀閣寺・清水寺をバスツアー(料金5,400円)で回ることに(^^♪。10時30分から3時30分、所用時間約5時間、駆け足ツアーでした。

2015-05-25_08-33-03.jpg

見えてきたのは二条城のお隅櫓(すみやぐら)。

2015-05-25_10-46-16.jpg

二条城(1996年、ユネスコの世界文化遺産に登録)は工事中でした。「お城は山の上など高台にあるのが普通ですが、二条城は町中にある平城です。もはや敵に攻められることはない、天下を掌握したという徳川家康の自信を示しています」、とのガイドさんのお話でした。
ここで、徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と徳川慶喜の大政奉還が行われた、江戸幕府の始まりと終焉の場なのですね。

2015-05-25_10-46-45.jpg

梅と紅葉で有名な京都の天満宮は菅原道真公(天神さま)をお祀りした神社です。菅原道真公は、全国各地の「菅原神社」で祀られて居り、学問の神様として敬われてますね。

大宰府天満宮(九州福岡太宰市)には、福岡市でFCの大会やシンポジウムがあった時、2度行ったことがあります。梅の木がありました。「名物の梅が枝餅を買わなければ」と参道のお店が5時で終うので、友人と二人で走ったのを思い出しました。アツアツを包んでもらって、食べた梅が枝餅は美味しかったですよ。

2015-05-25_10-57-31.jpg

金閣寺へ到着。   < ※ 野の花日記の写真はクリックすると全て拡大できます。>

2015-05-25_11-12-07.jpg

世界遺産・金閣寺の正式名は金閣鹿苑寺(きんかくろくおんじ)です。臨済宗のお寺です

2015-05-25_11-13-33.jpg

お金を払うと叩ける鐘。境内にゴーンと鐘の音が響き亘っていました。

2015-05-25_11-14-12.jpg



2015-05-25_11-19-27.jpg

この陸舟(りくしゅう)の松は樹齢約600年の五葉松で足利義満の盆栽を帆掛け舟に見立て仕立てたと伝えられています。陸舟(おかふね)の松とも言われています。樹木って長生きですね。

2015-05-25_11-21-02.jpg

人混みの間から目の前に現れた金閣寺に「きれい!!!」と思わず歓声をあげてしまう。ようやく「鏡湖池」と「金閣寺」が納まる写真を撮れる場所を確保(*^^)v。ぜひ拡大してご覧くださいね。

2015-05-25_11-16-01.jpg

金閣寺(創建年応永4年(1397年))は室町幕府三代将軍足利義満が建てたお寺です。

2015-05-25_11-18-34.jpg

金閣舎利殿。3階建てなんですね。現在の金閣寺は放火により焼失した建物を1955年(昭和30年)に再建したものです。屋根のテッペンの鳳凰が金色の羽を広げて飛び立ち、大空を舞おうとしてるのでしょうか?。

2015-05-25_11-22-31.jpg

ここ「銀河泉」は足利義満公がお茶の水を汲まれたところです。

2015-05-25_11-25-08.jpg

ここ「巌下水」は足利義満公が手を清められたお手洗いの水です。

2015-05-25_11-25-26.jpg

ゆるい坂の階段わきに設けられてる「金閣寺垣」。

2015-05-25_11-25-56.jpg

「龍門の滝」の下の真ん中にある石を鯉に見立て、鯉が滝登りをしているということで、「鯉魚石」と呼ばれています。

2015-05-25_11-26-18.jpg

「夕佳亭(せっかてい)」は金閣寺の北側出口付近の高台にある数寄屋橋造りの茶室です。夕方に金閣がまことに美しく見えるという意味 から「夕佳亭」と名付けられたのでした。

2015-05-25_11-29-58.jpg

休憩所でお茶を一服。和服姿がきれいですね。

2015-05-25_11-31-35.jpg

「不動堂」(1225年建立)の中には、弘法大師作と言われる石の秘仏「石不動明王」が祀られています。ここも凄い人混みでした。お賽銭をあげお線香を立てて、煙を頭や体にかけてる方が沢山いました。

2015-05-25_11-33-05.jpg

次に向かうは銀閣寺。途中バスの中から大徳寺(一休さんが再興した寺)をパチリ。

2015-05-25_11-44-30.jpg

大徳寺は歴史ある広大なお寺です。石で築いた白い塀が続く・・・。

2015-05-25_11-44-15.jpg

同志社大学は1875年新島襄によって創立された。建学精神はキリスト教精神に基づく「良心」。「一国の良心」たる人物を世に送り出すことを目指す→「嘘を平気で衝く人である政治家」たちに一番欠けてるものですね。

2015-05-25_11-51-03.jpg

同志社大の長い塀が続く…。

2015-05-25_11-51-57.jpg

着いたところは哲学の道。

2015-05-25_12-03-13.jpg

昭和43年(1968年)哲学の道として整備されました。

2015-05-25_12-38-49.jpg

これが哲学者・西田幾太郎が思索しながら散策した哲学の道です。琵琶湖疎水が流れ、両岸には桜の木が1,8kmに亘って植えられています。

2015-05-25_12-03-38.jpg

いよいよ史蹟慈照寺(銀閣寺)境内へ。

2015-05-25_12-07-35.jpg

銀閣寺境内図。

2015-05-25_12-07-44.jpg

銀閣寺垣が続き境内奥へ。

2015-05-25_12-08-38.jpg



2015-05-25_12-10-16.jpg

銀閣寺。正式名称は慈照寺、臨済宗の寺院です。室町幕府8代将軍足利義政(1436-1490)が3代将軍足利義満の「北山殿」である「金閣寺」にならい、「東山殿」を造営したのが「銀閣寺」の起源とされています。
銀閣寺には銀箔は使われておらず、黒漆が塗られています。銀閣寺が全くよく撮れてませんねェ(・_・;)。残念!

2015-05-25_12-11-20.jpg

向月台(こうげつだい)

2015-05-25_12-11-53.jpg

銀紗灘(ぎんしゃだん)

2015-05-25_12-13-16.jpg

本堂(方丈)。

2015-05-25_12-13-36.jpg

本堂の廊下の隅の戸板に書かれている鷹と渓流?

2015-05-25_12-12-59.jpg

本堂から東求堂へ続く間の小庭。

2015-05-25_12-14-09.jpg

国宝・東求堂。

2015-05-25_12-14-27.jpg

手入れが行き届いた立派なお庭をしばし眺めて。

2015-05-25_12-14-46.jpg



2015-05-25_12-15-32.jpg

願いを込めてコインが・・・1円、5円、10円玉がいっぱい・・・安すぎない?(^_-)-☆

2015-05-25_12-16-02.jpg

谷空木が咲いていました。

2015-05-25_12-17-43.jpg

展望所から、いま来た道を振り返ると・・・銀閣寺境内全体が眺められ、山道を登り(結構きつい)ずいぶん高台へ来たことが分かりました。

2015-05-25_12-20-35.jpg

下り道が続く。この日、京都は30℃ありましたがここは涼しい。

2015-05-25_12-23-01.jpg

京都らしい休屋。人の気配がなく、誰も休んでいない。何故かな?私も疲れていましたが、駆け足観光で時間がなく休んではいられませんでした(>_<)。

2015-05-25_12-25-57.jpg

ようやく元の道へ戻る。 今日はここまで。 京都(No5)清水寺へ続きます。
長い京都レポート、読んでいただきありがとうございます<(_ _)>。

2015-05-25_12-05-51.jpg

6月16日、浅間山爆発!驚きました。

2015-06-16_20-03-19.jpg



2015-06-16_19-40-28.jpg

同じ16日、群馬県では激しい雨とともにひょうが降ったり、突風で屋根が飛ばされたり大変な被害がありました。専門家がダウンバースト現象だと説明してましたが、暑かったり寒かったり気候が不順すぎますね。

2015-06-16_21-14-51.jpg

わが家の庭の芍薬が咲きました。

2015-06-01_10-38-52.jpg

鉢植えの白い小さなバラの花が満開です。

2015-06-05_10-40-55.jpg


スポンサーサイト

2015-06-17 03:35 | カテゴリ:日記