3月14日(土)午後の飛行機で東京へ研修のため向かう。眼下にわたあめのような雲が。

2015-03-14_13-40-27.jpg

東京湾。

2015-03-14_14-05-42.jpg

羽田空港ビルと走り回る作業車。

2015-03-14_14-18-55.jpg

ターミナル1。JALを利用したのは初めてでした。東京滞在時間の関係で普段はANAを利用してます。今回は滞在時間が短かったため、渋谷の「Bunkamura」のル・シネマで観たかった映画『パリよ、永遠に』も見る時間がなかったし、展覧会を見たりすることも、落合恵子さんの「クレヨンハウス」へ行って本を買うことも叶いませんでした。ぶらり東京の町を歩くのが好きな私なのに残念(-.-)でした。そういえば、東急プラザ渋谷が3月22日をもって閉館してしまったのでした。今後超高層近代ビルに生まれ変わるらしいのですが。

2015-03-14_14-45-31.jpg

前泊する品川プリンスホテル。研修会場に遠いなぁ~。3月土日は、殆ど満杯でフライトチケットもホテルもようやく手に入りました。
明日は早起きしなければ…。

2015-03-14_15-30-04.jpg

フロントには30人くらいの人が列を作っていて、待つこと20分。中国語が飛び交う。

2015-03-14_15-32-25.jpg

「品川駅が見える部屋をお願いします」。16階。女性禁煙室。ラーッキー(^^♪。早速駅をパチリ。

2015-03-14_16-08-14.jpg

一休みして、出かけることにしました。細い窓の向こうの駅に夕陽が射していてまたパチリ。

2015-03-14_16-39-58.jpg

ミニシクラメンが咲いてました。

2015-03-14_15-29-27.jpg

ビルの間の夕陽。

2015-03-14_17-00-59.jpg

エントツに小さい傘がついてるストーブで暖を取りながら食事する人たち。

2015-03-14_17-02-44.jpg

品川駅中央口。東京も結構寒く、ダウンコートやウールコートを着た人たちが目立ちます。

2015-03-14_17-08-04.jpg

品川アトレで買い物です。

2015-03-14_17-11-14.jpg

スーパーアトレのこのコーナーで、いつもパンとお弁当を買います。

2015-03-14_17-16-04.jpg

びっくり!!トンちゃんが「はちみつパイン」の宣伝をしていました。

2015-03-14_17-44-54.jpg

果物と野菜コーナー。

2015-03-14_17-45-25.jpg

ホテルの部屋で、買ってきたお弁当と野菜サラダで夕食。

2015-03-14_18-26-58.jpg

『クアトロ・ラガッツィ~天正少年使節と世界帝国 (上)』 若桑みどり著 (集英社文庫)500ページの大作を読んでいたら夜中になっていました。
夜中の0時25分、品川駅はまだ眠っていません。電車の中もホームも人がゾロゾロ。この人たち一人ひとりにいろんなドラマがあるんだろうな…。朝は6時に起きなきゃ。

2015-03-15_00-27-41.jpg

今日は10時からの研修。目覚ましをかけて寝たのに、聞こえず、目が覚めたら7時30分。うわぁ!大変。猛スピードで着替え、朝食会場へ。
到着駅から会場へはタクシーで。会場到着9時45分。間に合いましたニャ(=^・^=)。

今回、仕事に関わる研修だったので、内容をここへ書くことはできませんが、きついことがありました。(>_<)。どっと疲れてしまいました。

長~い人生の途中で、何度も転んでは起き上がってきた私…「今度も大丈夫」と自分に言い聞かせ、対策を考え、態勢を建て直し、「やれるだけのことはやって頑張って行こう」と思ったら心が落ちつきました。「起き上がりこぼし」の心境です。
心を決めて、顔を洗って鏡を見たら、眉間の縦じわ2本が消えていました。10日余りかかりましたが、完全復活できました。

写真は「おきあがりこぼし」です。可愛いですね。長女が生まれた時、写真にそっくりな「コロンコロン」と音がする起き上がりこぼしを買ったことを思い出しました。懐かしいな♪

2015-03-26_16-06-22.jpg

気がついたら、『若者たち』をハミング(^^♪していました。

<若者たち> 映画主題歌 
「君の行く道は 果てしなく遠い だのになぜ 歯をくいしばり 君は行くのか そんなにしてまで (^^♪」

昭和40年代、まさに若者だった私は、当時白黒映画だった『若者たち』で、激しく喧嘩する5人きょうだい役で出演した田中邦衛、橋本功、山本圭、佐藤オリエ、松山省二を鮮明に覚えています。とても感動させられました。

若い時の感銘は消えないで、一生心に生き続けるんですね。映画『若者たち』を作ってくれた人たちに感謝です。
スポンサーサイト

2015-03-20 16:17 | カテゴリ:日記