メリー・クリスマス

12月23日、サンタクロースの衣装を着て約430人集合した「ハーレーサンタCLUB」が、「児童虐待をなくそう」と訴えて新宿、表参道、渋谷等をパレードしました。2008年から東京都内を「児童虐待防止」のパレードを行っています。
「ハーレー・サンタCLUB」とは、米国製の大型バイク「ハーレーダビットソン」の愛好家でつくるクラブです。児童養護施設を10年訪問した経験をもとに「児童虐待防止の啓もうと虐待児の将来のための活動」を中心に行っているボランティア団体です。
NPO法人オレンジリボン児童虐待防止全国ネットワーク加入しております。
(※写真は読売新聞社からお借りしました。)

2014-12-24_10-35-35.jpg

【 虐待を見たり聞いたりしたら 迷わず通報を!!→児童相談所&警察110番 】
【 子どもは思っています。 誰か助けてほしい と 】

12月18日、ホットライン電話相談員研修で「児童虐待は社会問題」を議題に、お話ししてきました。私はレジュメというより研修後も役立つような資料を作成するのを常としています。しかし、さすが相談員さんたちですね、私が話す内容を熱心に記録されていて、その熱意に感動しました。
資料を拡大してごらんください。昭和20年の敗戦後間もない昭和26年5月5日宣言された「児童憲章」に、当時の日本人の子どもに対する愛情を感じます。この日が現在も続く国民の休日「子どもの日」になったのですね。
私は世界中の子どもが虐待されることなく、幸せな子ども時代を生きられるよう、いつも願っています。

【 児 童 憲 章 】
児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境の中で育てられる。

※ 参考図書 『「ノー」といえる子どもに~CAP/子どもが暴力から自分を守るための教育プログラム~』 サリー・クーパー著 監訳 森田ゆり 訳 砂川真澄 (1995年 童話館出版)¥1905円+税

2014-12-24_11-00-25_201412242340017cc.jpg

みなさん。よいクリスマスを♪

2014-12-25_11-38-43.jpg



12月18日、「秋田宮沢賢治愛好会(1985年設立)」の忘年会が、キャッスルホテルの「車や」で行われました。当日は、大雪と強風のため事故が心配され、4人の方が急遽参加を取りやめられました。ホテルから広小路のお堀方面をパチリ。

2014-12-17_12-49-36.jpg

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモマケズ集まった会員たち。メガネをかけ笑顔でお話ししていらっしゃる方が宮沢賢治研究者の榊昌子先生です。

2014-12-17_11-40-21.jpg

次に紹介するのは私が尊敬する榊昌子先生と宮城一男先生のご著書です。
『宮沢賢治「春と修羅第二集」の風景』 榊昌子著 (無明舎)¥2800円+税 2004年
榊先生にはこの著書の他『宮沢賢治「初期短編綴」の世界』(無明舎)¥2200円+税があります。本棚に迷い込み見つからなかったので掲載できなく残念です。

『宮沢賢治 農民地学者』 宮城一男著 (築地書館)初版1975年 新装第二版1996年 ¥1500+税
『宮沢賢治 植物の世界』 宮城一男著 (築地書館)初版1980年 新装第二版1992年 ¥1400+税

私が初めてお会いした当時の宮城先生は桂城短期大学の学長をされていました。地学者である先生は宮沢賢治研究者として高名な方です。ベージュ系のジャケットが良く似合うおしゃれで痩身な方でした。その手には小さなハンマーをお持ちになってることがありました。「石っこ賢さん」と同じ資質の持ち主でいらっしゃるのだと思いました。

故宮城一男先生は、秋田宮沢賢治愛好会にもよくお出でになっていました。先生ご自身が宮沢賢治さんの歩いたイギリス海岸などを,、地学者として研究して歩かれ、その様子を先生ご自身が撮影されたフィイルムに音入れ(音楽と音声)をし、私たちに上映して見せてくれてました。今も宮城先生のさわやかなお声が耳に残っています。

一時、秋田経済大学(現ノースアジア大学)の学長もされていて、秋田駅のトピコでお目にかかると、「遊びに来なさいよ」と気軽に声をかけて下さる方でした。私は宮沢賢治さんに対してとても無知なので、高名な研究家の宮城先生の前ではコチコチになり、遊びに行くなどとんでもないことだと思っていました。今になれば、宮沢賢治さんのことはもちろん、先生のご専門の地質学、火山、地震予知等のお話も、お聞きしたかったなと思っています。

2014-12-31_21-41-41.jpg

下の写真は、榊昌子先生が紹介して下さった、ほとんどまだ知られてない宮沢賢治さんの若き日の写真です。前列机の真ん中で分厚い本を開いてるのが宮沢賢治さんです。

2014-12-17_12-02-54.jpg

私の好きな『宮沢賢治童話大全』と『よだかの星~どうわえほん』を紹介します。

『宮沢賢治童話大全』(1988年 講談社 ¥1980円+税)は、宮沢賢治の童話を網羅し、挿絵もさることながら、絵と赤文字による特注がついていて、初めて読む読者にも非常に分かりやすいく、お勧めです。

『よだかの星』 伊勢英子 絵 宮沢賢治著 (1986年 講談社 ¥1400円+税)は、伊勢英子さんの絵が素晴らしく、この本を手にするたびに感動してしまいます。
「よだかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼっていきました。(中略)もうよだかは落ちているのか、のぼっているのか、さかさになっているのか、上を向いているのかも、わかりませんでした。(P26)」…「そしてよだかの星はもえつづけました。いつまでもいつまでももえつづけました。いまでもまだもえつづけています。(p28)」落涙。。。

生きて他の命を食し、考え、燃え尽き星になるよだかに、多くの犠牲の上で生き延びている自分自身の生が重なります。ただ感謝ですm(__)m。

『よだかの星』で思い出しましたが、20年近く前に聞いた林洋子さんの薩摩琵琶の弾き語りも忘れられません。しばらく声色を真似して能代市のわが家で、『よだかの星』を朗読したりしてました。『なめとこ山の熊』も素晴らしかったです。

故伊藤さん(盛岡農林卒・会員)が歌う精神歌を何度も聴きましたが声に張りがありよかったですよね。20年以上前、小さな新聞記事を見て、電車に乗って能代市から秋田市へ、加賀谷さん(会員)主演(バナナナン大将)の演劇『飢餓陣営』を観にきて、私を秋田宮沢賢治愛好会に誘ってくださったのが伊藤さんでした。恩人です。

私は国家公務員だったのですが、それだけではつまらなく、自分の住む世界を広めると共に、ライフワークを求めて秋田市まで足を運んでいたのです。
当時、既に「婦人の友(羽仁もとこ)」読者が生活のクオリティを上げるため集まっていた「秋田友の会」に羽仁もと子生誕100年記念祭を機に入会していました。しかしこれは生活そのものの延長線上にあり、能代市では楽しくやっていたのですが、秋田市へ来て「要求される事柄が多くなって」自由がなく、息がつまりそうで間もなく辞めました。たとへ科学的であっても杓子定規の生活は嫌いです。ファジーであっていいと思っています。

自分の生活の延長上のことはストレスになるから全く違う世界を求めて秋田市へ来ていたのです。別世界は秋田宮沢賢治愛好会にありました。榊昌子先生のお人柄で、強制、束縛一切なく、楽しみな会となりました。宮沢賢治さんについては先に紹介した「宮沢賢治童話全集」から読みはじめました。詩集だけは以前から読んでいました。

2014-12-31_21-01-26.jpg

こんな本もあります。
『写真集 宮沢賢治の世界』 筑摩書房 1983年初版 ¥4500円+税
『宮沢賢治の世界展』 生誕100年記念展図録 朝日新聞社 1995年 
『宮沢賢治物語』 関登久也著 (学研) 1995年 ¥1800円+税
『不思議の国の宮沢賢治~天才の見た世界~』 福島 章著 (日本教文社) 1996年 ¥1500円+税
『宮沢賢治に聴く』 井上ひさし こまつ座〔編・著〕 (ネスコ/文藝春秋) 1995年 ¥1600円+税
 
2014-12-31_21-44-53.jpg

退職記念に買って未だに殆どつんどく状態の、校本『宮沢賢治全集』13巻です。13巻、14巻、16巻、別巻(索引)等あと4巻抜けています。 筑摩書房 1995年~1996年 ¥5800+税~¥8000円+税 

2015-01-01_10-52-51.jpg

1巻1巻の中には本編と校本の2冊が入っています。夜だらだら洋画を見るのを止めて、本を読む時間をもっと増やそうかな?反省(^_^;)。
ここに掲載した本が発行された年を調べると1995年の宮沢賢治生誕100年に合わせて多くの本が出版されていたのが分かりました。

このブログを訪れ、何かしら本を読みたいとお考えの方は、ぜひ手はじめに『宮沢賢治童話全集』と『新編 宮沢賢治詩集』 天沢退二郎編(新潮文庫)をお読みになってください。宮沢賢治の童話集は大人が読むのにふさわしい作品内容です。身に沁み考えさせられますよ。
ここで紹介したのは私の手持ちの本の中の一部です。この他様々な本がありますから図書館や本やさんやアマゾンで調べてみてくださいね。

2015-01-01_11-30-54.jpg


宮沢賢治  『春と修羅 第三集』 より

           〔おいけとばすな〕
     おい
     けとばすな
     けとばすな
     なあんだ たうとう
         すっきりとしたコチ二ールレッド
         ぎっしり白い菌糸(きんし)の網
         こんな色彩の鮮明なものは
         この森ぢゅうにあとはない
         あゝムスカリン
     おーい!
     りんと引っぱれ!
     りんと引っぱれったら!
     山の上には雲のラムネ
     つめたい雲のラムネが湧(わ)く

〔注 解〕 ムスカリン→毒きのこに含まれる有毒アルカロイド。

今の世に中、あっちにも、こっちにも、毒キノコがニョキニョキ生えていて、アルカロイドにやられて異常事態に。判断力を失った人間が大増殖中です。レッドカードが出ています。毒キノコをケットバセ!ケットバセ!蹴っ飛ばさなければヤバイ世の中になってしまうよ~(@_@)。

2014-12-17_13-10-23.jpg

上の写真は例会の途中で、廻って来たドロップ飴、懐かしく、その姿のかわいらしさにパチリ。

吹雪は止むものの寒さにうつむいて歩く人たち。用事があり一足お先においとまして外へ出ると強風が。おおサム!!

2014-12-17_13-12-06_20141231145220bf3.jpg

アトリオンの中に入ると、丁度花時計が2時を報じて開いていました。長い間、故障で動かなかった時計だったので、驚いて見上げてしまいました。

2014-12-17_14-03-55.jpg
スポンサーサイト

2014-12-24 11:20 | カテゴリ:宮沢賢治