11月はDV・児童虐待防止月間です。写真はいただきものの柿とセイジの花です。セイジは強くて水に差しておくだけで根が出るということでした。来年の春、鉢植えにできればいいな。

2014-11-07_10-46-23.jpg

パープルリボン運動とオレンジリボン運動をご存知でしたか?パープルリボンはDV根絶、オレンジリボンは児童虐待防止を訴えています。あなたの胸にもリボンをつけて「暴力は許さない」という運動に参加しましょう。

2014-11-12_09-26-05.jpg

これは11月11日(火)行われる、秋田男女共同参画センターまつりに展示するため、9日、Nさんと私で作りました。久しぶりに書いたり、リボンをつくったりで楽しめました。拡大して読んでくださいね。

2014-11-09_19-00-45.jpg

「あうん通信・秋号」久しぶりに出す通信です。

2014-11-12_09-37-29.jpg

10日、電話相談員のTさんと私の二人で、展示しました。お知らせしたいことがてんこ盛りで、こんな風になってしまいました(*_*;。DV・児童虐待根絶への情熱がいっぱい(*^^)v。

2014-11-11_09-46-12.jpg

あうん通信印刷、リボン作り、展示を終わって外へ出ると日が暮れていました。ケヤキの茶色を帯びた黄色が美しくパチリ。同じケヤキでも、少し植えられた場所が違うだけで風当たりが強く、裸んぼうになっていました。人生もかくのごときかな…。

2014-11-10_17-19-10.jpg

11月11日、男女共同参画センターまつり当日、「おはようございます」と元気のいい実行委員長があいさつをしているところです。

2014-11-11_09-50-04.jpg

センターの活動団体「さくら会」の合唱。歌は素晴らしかったです。
「男の子は逞しく強く、女の子は美しく優しく・・・♪」ジェンダーバリバリの歌をうたっていましたね。団体活動紹介では「女性は歴史に関心がないから、草木の話をします」。そんな一括りにしないでほしいですね。いろんな人がいて、いろんな生き方をしてOKなんですから。う~ん、この年齢では「ジェンダーって何?」って、不思議がられそうでもあるけど。ここは男女共同参画センター、「何をしているところか」自覚的であってほしいと思いました。

2014-11-11_10-03-27.jpg

午後から、秋田放送大学へ。歴史・民俗・文化クラブで、下記の資料を使ってDV基礎講座をしました。私がいつも忙しがっているので、「マリコさんがしてる仕事の内容を知りたい」という要望に応えた形でした。男性の会員が多く、多分耳の痛い話もあった筈、しかし嫌な素振りは微塵も見せず最後まで聞いてくれたことに感謝でした。帰りがけにHさんが声をかけてくれて「自分も考えなければ」と仰って貰えてうれしかったです。この会は真面目に歴史を中心に学習に取り組み、その運営は非常に民主的に行われています。

2014-11-13_15-04-31.jpg

私の荷物が重すぎ、Tさんに秋田駅東口まで車で送っていただき感謝でした。アルべの中がライトで照らされ、建物の中の様子が分かり、これはチャンスと思ってパチリ。この建物は【杜の都仙台へ】で紹介しました「せんだいメデアテーク」の建物に影響された建築物だと思っています。

2014-11-11_16-35-45.jpg

11月1日~2日、山口県宇部市新川で第17回全国シェルターシンポジュウム【つながる 変える 女性・子どもに対する 暴力のない地域に~性暴力禁止法の制定に向けて~】が開催されました。

私は第4回目の旭川大会から日本各地で行われる大会に13回連続で参加してきました。しかし、今回山口での大会は行楽シーズン連休と重なったので、帰りのフライト・チケットが取れず参加を断念しなければなりませんでした。至極残念!来年は沖縄で開催されます。

*************************************

     第17回全国シェルターシンポジウム2014inうべ・山口

                共同アピール

 改正ストーカー規制法及び第三次改正DV防止法の運用が始まり、警察をはじめとする関係機関の取り組みがすすめられているにもかかわらず、DV・ストーカー被害の深刻さは軽減されることがありません。子どもたちをターゲットとする残虐な性暴力犯罪もあとをたたず、性の商品市場で人生を奪われる若年女子の性暴力被害が顕在化しています。求められているのは、DV・性暴力から被害者の人権を守る法律の運用なのです。
 会期中の国会には、「女性の活躍推進法」「女性の包括的健康支援法」が上程されいます。私たちは、これらの法案に、女性に対する暴力の根絶およびリプロダクティブライツ・ヘルスの視点が明文化されていないことに強い懸念を覚えます。
現政権は「女性の人権を尊重」し、「女性が輝く社会を実現する」ことを世界に向けてアピールしました。しかし女性の人権を侵害し生命の存続を脅かす「暴力」の根絶なしに、「すべての女性が輝く社会」の実現はありません。日本の社会から、世界のあらゆる地域から、女性に対する暴力をなくすために、私たちは以下のとおり要望いたします。

一 私たちは、性暴力が根絶される社会の実現をめざし、包括的な「性暴力禁止法」の制定を求めます。

一 私たちは、DV防止法、売春防止法、ストーカー規制法、雇用機会均等法、児童虐待防止法、刑法等、性暴力に関わる関連諸法律の、国際基準にそった人権確立の視点による抜本的改正を求めます。

一 私たちは、急急保護命令制度の新設を求めます。

一 私たちは、性暴力犯罪加害者への不処罰を終焉させることを求めます。

一 私たちは、国・都道府県・市区町村によるDV・性暴力根絶事業の継続的な予算拡充を求めます。

一 私たちは、当事者支援の主要な担い手である民間サポートグループ及び性暴力救援センター等に対して、国の責任による財政支援の確立を求めます。

一 私たちは、DV・性暴力被害者の人権救済システムの確立を求めます。

一 私たちは、医療機関をベースとするDV・性暴力被害者回復支援センターを、都道府県に一か所以上設置することを求めます。
                      2014年11月2日

     第17回全国シェルターシンポジウム2014inうべ・山口 参加者一同

*************************************


11月1日昼、秋田県主催で「DV防止」と「児童虐待防止」のキャンペーンがイオンジャスコで行われました。DV・児童虐待を防止のリーフレットを入れたバックを配り、虐待防止を呼びかけました。足を止め、熱心に聞いてくれる親子連れもいて、うれしかったです。

2014-11-01_11-37-02.jpg

女性の黄色いジャンバーの背中で女性がNO!と言ってますね。「女性への暴力は絶対許さない」というシンボルマーク(内閣府)です。

2014-11-01_11-38-08_2014111210411743d.jpg

キャンペーン中のスギッチと握手する子ども。

2014-11-01_12-10-09.jpg

11日、台湾北部・桃園に置かれた高さ8メートルもある巨大なテデイベア。桃園空港周辺の「土地開発買収強硬策」に抗議するため設置されたものだそうです。共同通信社さんから映像をお借りしました。実物を観に行きたい!(^^)!。

2014-11-12_15-50-45.jpg
スポンサーサイト

2014-11-12 09:50 | カテゴリ:DV・モラハラ