9月29日、午前1時、ケーブルテレビ<ザ・シネマ>で、映画『白バラの祈り ゾフィーショル、最期の日々』を観ました。
8月15日の野の花日記『ワルキュウ―レと平和』において、『ヒトラーに抗した女たち』を紹介した折、映画『白バラの祈り』を是非見たいと書きましたが、その願いが叶いました。

あらすじ
1943年、21歳の大学生ゾフィー・ショルは兄ハンス・ショルと友人と共に反ナチス組織「白バラ」メンバーになり、打倒ヒトラーをめざして活動、ある日、ミュンヒン大学で反戦のビラを撒いていたところを用務員に通報され、ゲシュタポに逮捕される。
ゾフィーは尋問官モーアに対し、はじめ「私はノンポリ」と主張していたが、自白したという兄ハンスのサインを見て、態度を一変、果敢に仲間と良心のために死を選ぶ。判決は「死刑・反戦ビラまきは国家へに反逆罪」。映画の下の隅に日時と時刻が、処刑までのたった5日間を描くドラマであることを表示しています。

2015-05-06_16-41-56.jpg

夜、私はよく映画を見、大抵はカウチポテトを決め込んで居るのですが、『白バラの祈り』は私にカウチポテトを許しませんでした。

感想
白バラメンバーが「大学にビラを撒くのは危険すぎる」と反対されるも「女は目立たないから」と、自ら兄と一緒に大学へ行きビラを撒く。最後のビラの一束を3階の手すりに置いた次の瞬間、ゾフィーはそれを手で払いのけ、反戦ビラが階下に向かって舞い飛ぶ。ドキリとする一瞬である。「そんなことしたら危ない!早く逃げて!」しかし、すぐ、「そこにいる全員動くな!」と学内放送があり、兄妹二人は大学を出る前にゲシュタボによって逮捕されてしまう。

「反戦活動は死刑」と言う厳しい取調官モーアと聡明なゾフィーの対決は息もつかせない緊迫感がある。ゾフィーの勇気ある良心から発する言葉にモーアが次第に心動かされ、自分の息子と同じ年令のゾフィーの命を救おうと、「兄を手伝っただけ」と言わせようとするが、「自分の意思で反戦ビラを撒いた」と言い切るゾフィー。

反ナチスを裁く「人民法廷」で、「司法テロ」「殺人キチガイ」と呼ばれた悪名高い裁判長ローラント・フライスラーが激しく「はいか、いいえか!明確に答えろ!」と割れ声でがなり立てるなか、ゾフィー、ハンス、友人のクリストフ(3人の子どもの父親)は、信念をもって「正義」を主張、ゾフィーが「戦争が終わったら、私が立ってるこの場に立つのは裁判長のあなたです。ここに居るあなたたちです。その日は必ず来る」と言い切る。人民法廷は公開されると聞かされたゾフィー、しかしそこに居並ぶのは制服を着たナチスたちだけだった。

弁護士はただナチスを信奉、「何も言うことはありません」と首を横に振る。そこへ、ゾフィーきょうだいの両親が法廷へ入ってきて、「私が父親だ!」「私がきょうだいの弁護をする!」と叫ぶが、すぐその場から排除される。
憎々しげに3人に対して罵詈雑言を浴びせ、「全員死刑!反戦のビラまき は 国家への反逆罪だ!」と叫び、判決を下すローラント。(彼は約5000名を死刑に処し、自らはアメリカ軍の空爆で死亡。瓦礫の下から遺体が発見された。)

処刑まで99日の猶予があると知らされていたが、別室に移されたゾフィーは女性刑務官に「すぐ遺書を書きなさい」と命じられる。直ちに処刑されると知ったゾフィーが絶望のあまり叫び折れるシーンは辛すぎました。
処刑される直前、両親との面会が許され、「あなたの考えは正しい。誇りに思う」という両親。「天国で再会しましょう」というゾフィー。短い面会の時間が過ぎて、親子3人の抱擁するシーンでは、この親ありてこの子どもたちありと思いました。

その直後、廊下に立っていた取調官モーアに泣いた涙を見られ「両親との別れの涙だ」と言い訳するゾフィーのプライド。憐憫の眼差しでゾフィーを見つめるモーア。

女性刑務官が「違法だけれど」と、タバコを1本ゾフィーに手渡し、処刑されるまでの束の間に、3人がそれを一服ずつ吸った後、見つめ合い抱擁するシーン。そこから刑場へ後ろ手に手錠をかけられ出ようとして、振り向いて「太陽は輝き続ける」と言うゾフィー。涙、涙、涙です。

最後にショッキングだったのは、突然ギロチンが現われたことです。ゾフィーが二人の男によって腕を掴まれ断頭台にうつ伏せにさせられ、その巨大な刃の下の丸い穴に頭を入れ首を差し延べる。一瞬真黒になった画面に「ダーン」と音が響き、処刑の終わりが告げられます。処刑場に掲げられた十字架のマリア像が欺瞞に満ちた時代を反映、空しさだけが残りました。

ところが、白バラの一員がゾフィ―とハンスが撒いた反戦ビラをイギリスへ届け、イギリス軍が飛行機でその反戦ビラをドイツ、ミュニヒンにばら撒いたのです。青空から舞い落ちる反戦ビラを拾い読むドイツ市民。「ゾフィーやったぞ!」私は思わず心の中で叫びました。それはゾフイーが天上から撒いたビラに思え、ミュンヒン大学構内に舞い落ちた反戦ビラともオーバーラップし涙。「ゾフィー死すとも正義は死なず」です。
映画の終わりに、存命中のゾフィーとハンスの写真が何枚も映し出されます。戦争でどんなに多くの若者が無念に死を選ばされたことか、口惜しいです。

2015-05-06_16-47-03.jpg

この映画はYouTubeで観ることができます。 
Die letzten Tage von Sophie Scholl  
http://www.youtube.com/watch?v=kCl52K6tyj8 (英語訳版)

尊い犠牲の上に今日の平和が築かれてるのですね。ドイツ人の生真面目さが作り上げた映画です。白バラのイメージの持つロマンチックさは一切なく、史実に忠実に、あの時代の青春を生きた、闘士でも何でもない普通の女の子の過酷な物語がリアルに描かれています。

真面目だと評されてる日本人が未だに全く手を付けてない領域の映画です。日本にもゾフィーやハンスのような運命をたどった男女が居たことは歴史から殆ど抹消され、語り継ぐ者もいません。
もし私がドイツのあの時代に生まれていたら、どう生きていただろうか…不様にしか生きられなかったのではないかと思う。最後にゾフィーの類まれなる勇気とともに、この映画の製作に関わった全員に心から敬意を表します。

「過去から学ばないものは歴史に報復される」。日本の現状は果たして平和を守り続けることができるのか深く憂慮せざるを得ないこの頃です。

散歩の途中、大きな株になってる紫式部を見つけました。拡大してごらんください。

2014-09-19_09-33-45.jpg

『白バラの祈り』を観た、その朝に元衆院議長の土井たか子さんが20日、肺炎のため、兵庫県内の病院で亡くなられたと新聞で報じられていました。「平和憲法があるから日本の平和は守られている」と力強く発言されて居られた土井さん。女子差別撤廃条約批准に際しても尽力された方です。
私のカードケースには秋田を訪れたころの青いスーツの土井さんの写真が今も入っています。巨星が地上から一つ消えて、とても淋しい気持ちです。

86年に女性初の党首として、社会党の第10代委員長に就任した。リクルート事件や消費税が争点となった89年の参院選で「土井ブーム」を起こし、自民党を上回る46議席を獲得。与野党逆転を果たし「山が動いた」の名セリフを生んだ。
93年8月の細川連立政権の発足と同時に、女性として憲政史上初の衆院議長に就任した。(毎日新聞より引用)

謹んで、ご冥福をお祈りします。

今日、わが家の玄関わきの鉢植えの木の実が台風18号による雨に濡れて、たくさんの雨粒をつけて光っていました。

2014-10-06_13-24-12.jpg

  宮沢賢治  詩ノートより

  〔何と云われても〕

  何と云われても

  わたくしはひかる水玉

  つめたい雫(しづく)

  すきとほった雨つぶを

  枝いっぱいにみてた

  若い山ぐみの木なのである

ゾフィー・ショルは実在の人物。2005年史実をもとにドイツで制作された映画です。主演はユリア・イェンチ。ベルリン映画祭主演女優賞受賞しています。

監督はマルク・ローテムント(1968年生まれ)です。
彼は、この映画を作るために、1年半にわたり、リサーチをして、当時、80~90歳台に達していたゾフィーの姉や、取調官の息子、存命の「白バラ・メンバー」からも多くの話を直接聞き、同時に発見された当時の裁判調書を入手し、事実を再現したドラマです。

2014-09-19_09-33-23.jpg


スポンサーサイト

2014-10-06 16:34 | カテゴリ:映画