☆「野の花日記」の写真はワンクリックするとすべて拡大して見ることができます。

[ 岩手山麓 焼走り熔岩流 ]

 何という世界だろう
 風の音もなく、
 黒々と果てなく続く大小の石、石、石、石、石……@@@
 黒くごつごつした、不規則に穴が空いた石は、
 雨水をあっさり地下まで通し、
 命が宿ることを許さない。
 濃い緑と白っぽい薄緑の2種類の杉苔が、
 石にしがみつき、
 真夏の40度の日照りに耐え
 真冬の-20度の氷に耐えて生きている。
 私は、石たちに容赦なく弄ばれ、足をすくわれまいとして、
 たった1キロの道程に、酷く緊張を強いられ、疲れてしまった。
 国指定特別記念物の石たちは、300年になろうとする今も、
 真っ赤な火になって走った山の斜面に、長さ3km、最大幅1,5km、
 固く黒々と誇り高く、石@石@石@石@@@…、そこに在る。
 私は黒々と広がる異様な世界に圧倒され、絶句して立ちすくむ。
 何という世界だろう
                          byマリコ

10月23日(水)、私は秋田宮沢賢治愛好会(研究家 榊昌子先生)のみなさんと一緒に、「石っこ賢治さん」が歩いたという岩手山麓の焼走り溶岩流を散策してきました。
想像を絶する焼走り熔岩流の世界を写真でご覧ください。
test_convert_20131025224335.jpg


緑と白の2種類の杉苔
test2_convert_20131025224250.jpg

写真の右側に鎖が2本張られていますが、そこが歩道です。
2013-10-23_11-11-49.jpg

既に、紅葉がはじまっていました。
2013-10-23_10-48-51.jpg

焼け走り熔岩流の尽きたところに賢治さんの詩碑『熔岩流』があります。
2013-10-23_11-22-14.jpg

『熔岩流』の詩碑を囲む愛好会の会員。この後、榊昌子先生から『熔岩流』を読んでいただき、至福の時間を過ごすことができました。
2013-10-23_11-26-15.jpg

詩碑はこのような林の中にあります。
2013-10-23_11-28-09.jpg

熔岩流と賢治さんの詩碑とお別れです。白く頭がちょこんと写ってるのが、みんなが盛岡駅から乗って行った大型タクシーです。
2013-10-23_11-28-38.jpg
スポンサーサイト

2013-10-25 22:48 | カテゴリ:宮沢賢治