☆「野の花日記」の写真をワンクリックすると拡大してご覧いただけます。

4月18日朝、柔軟体操(ストレッチ)をしてから、みんなでウオーキングに出発しました。

一面につくしが、幼いころつくしんぼうを手にいっぱい摘んで遊んだことが思い出されました。

2014-04-18_09-13-29.jpg

花の蕾が咲きだした蕗のとうと小さな蕗の葉っぱ、つくしとスギナが織りなす春。

2014-04-18_09-16-41.jpg

遠くに青く高く見えるのが鳥海山です。畑が耕され始めていました。

2014-04-18_09-19-18.jpg



2014-04-18_09-15-41.jpg

春ですね~♪

2014-04-18_09-20-40.jpg

これは地植えしてあるので越冬できた花ですね。何という名前の花でしょうか?もしかしてエリカの花?

2014-04-18_09-23-31.jpg



2014-04-18_09-25-17.jpg

林の中から「ホ~ホケキョ・ケキョ♪」鳴く鶯の声が聞こえてきました。趣味人だった亡き父は、鶯を赤い塗りの鳥籠に飼っていて、春になると鳴き声の良い鶯のいる家へ連れて行って、鳴く練習をさせていました。

2014-04-18_09-34-45.jpg

ほたる橋を渡る。

2014-04-18_09-40-13.jpg

ほたる橋の下の沼と湿地帯。

2014-04-18_09-38-53.jpg

緑に白く点々と見えるのが芭蕉の花です。沼の周り一面に、こんなに広範囲に自然のままに咲いているのを見たのは初めてです。

2014-04-18_09-39-37.jpg

蝋梅(ろうばい)。珍しくてパチリ。

2014-04-18_09-43-02.jpg

公園の幼木(花かいどう?)に薄紅色の花が咲き始めていました。周りの桜はまだつぼみです。芝生の緑が、3日前のウオーキング時より、濃さを増していました。

2014-04-18_10-01-19.jpg

小さな薄紫の野のスミレが道端に咲いていました。今日も春を満喫しました。

2014-04-18_10-25-22.jpg
スポンサーサイト

2014-04-18 16:09 | カテゴリ:みんなでウォーキング