活発な前線の影響で秋田県は7月22日、23日の2日間にわたり多い所で300ミリを超える記録的な豪雨に見舞われ、雄物川や芋川が氾濫しました。床上・床下浸水が17市町で573棟に。冠水した田畑の被害も甚大。秋田新幹線は線路に土砂が流入するなどの被害が3カ所で発生した秋田-大曲間は24日も終日運休。バス代行を走らせています。

新潟県佐渡市も24日、降り始めから48時間の降水量が約250ミリに達する記録的な大雨となってるとのこと、被害が心配されます。

2017-07-21_09-29-00.jpg

7月24日(月)、「ボクを心配し応援してくれてる皆さん、どうもありがとうございますニャ。ボクこれくらい元気になりましたニャ♪」(=^・^=)。
「ボク今日、12日ぶりにようやく外に出たニャ。ボクがエーエー鳴くから、おかしゃんが玄関ドアを開けてくれたけど、いざとなると、なかなか外に出る気がしニャかったニャ」(=^・^=)。

2017-07-24_15-33-05.jpg

空ちゃんは外の空気をスンスンし、しばらく外へ足を踏み出すのを躊躇っていました。痩せてボロボロになり、どんなに泣いたか声もかすれて帰ってきたのですから、外は怖いのかも知れません。
「ボク、外で暮していたんだけどニャ…」。並んだ鉢の後ろの出窓の下が空ちゃんのベッドがあった所ですが、空ちゃんはそこへは行こうとしませんでした?

2017-07-24_15-36-55.jpg

空ちゃん、外に出たものの、しばらく周りを見回し、なぜか裏口へ。そこで座りっぱなしになったので抱っこして連れ帰りました。後ろ右足が滑ったようになり、長く歩くのがまだ無理のようです。「ボク、リハビリ中ニャ」(=^・^=)。

2017-07-24_15-40-03.jpg

7月22日(土)、ソファを独り占めする空ちゃん。

2017-07-22_18-24-33.jpg

空ちゃんって眼が厚化粧♪

2017-07-22_17-39-44.jpg

7月20日(木)、体をなめてきれいにしている空ちゃん。汚れ切って帰ってきたので、「落ち着いたら病院へ連れて行き、お風呂に入れなきゃ」と思っていたのですが、上の24日の写真のように色白になりました。動物って驚きですね。自分できれいにしてしまうのですから(^^ゞ。

2017-07-20_18-28-02.jpg

実はこの日、おとしゃんはグランドゴルフへ、おかしゃんは外食をして買い物がてら散歩をして帰ってきたら、空ちゃんが失語症になっていてびっくり(@_@)。「空ちゃ~ん♪そーら♪」と呼んでもお返事なし。「ん?どうしたの?」。撫でても「ゴロゴロ」もなし(>_<)。

3時間半、一人の留守番。家中探してもおかしゃんもおとしゃんも居なくて、また一人ぼっちになったのかとショックだったのでしょう。「空ちゃん、一人にしてゴメンネ」謝っても無言。ゴロンと寝て殆ど動こうともしない。

翌朝ようやくご機嫌を直してくれた空ちゃんでした。朝、「空ちゃん♪」と呼ぶと、小さな声で「エーエー」と鳴いてくれた時のうれしかったこと!!「良かった~。声が出た~♪」

2017-07-20_18-26-22.jpg

7月19日(水)、グッスリ眠ってる空ちゃん。

2017-07-19_00-37-02.jpg

それでも耳がいい空ちゃん、私の気配で起きて「眠いニャ♪」(=^・^=)。

2017-07-19_00-26-58.jpg

「おとしゃんに添い寝してあげてるニャ♪」

2017-07-19_17-40-14.jpg

まだテーブルの下が好きな空ちゃん。

2017-07-19_08-29-40.jpg

息子に20日、空ちゃんを一人ぼっちにしたら失語症になった話をしたら、「それは、空ちゃんが身動きせず声も出さなかったのは、自分の気配を消して自分を守るためしたんだよ。厳しい環境で野良として生き残るための知恵だね」と言う。「う~ん。そうなのか。空ちゃん、捨てられたとでも思ったのでしょうか?」

7月25日(火)、ななかまどクラブのウオーキングから帰ってくると、空ちゃんがのんびり寝てました♪

2017-07-25_20-16-27.jpg

空ちゃんと会って3か月、背が伸びて大きくなったわね~(^^♪。

2017-07-25_21-38-46.jpg

「空ちゃ~ん♪」どこにもいない。おとしゃんが「空は想像もつかないところに隠れているぞ」「え~!どこ?どこ?」。その時、ひらめいた。そう言えば4年前、虹の橋を渡ったポン太(7才♂)が、よくソファと壁の隙間の奥に隠れて寝ていたっけ♪。「空ちゃん、見~つけ♪」見つけられて「ウルシャイにゃ~」(=^・^=)と、不機嫌顔の空ちゃんです。

2017-07-26_08-46-04.jpg

皆さん。空ちゃんへの応援ありがとうございますm(__)m。

2017-07-18_15-32-13.jpg

ところで、この人誰か分かりますか?ソーリのお友達ですよ。官邸の意向により雲隠れし続けてるのですが、買い物袋を下げてスーパーから出てきたところを週刊新潮がパチリ。スクープ写真です。

雲隠れは成功してますよ(>_<)。私の周囲の人に「この写真が誰か」聞いても加計学園理事長の「加計孝太郎」であることをズバリ答えた方はいませんでした。 ※写真は新潮社よりお借りしました。

2017-07-20_19-56-03.jpg

何十回言うの?自分のなすべきことをやってないから重大な問題が次々起こってるんでしょう。ソーリの寵愛を受けてるのは同じ穴のムジナだからですよね<`ヘ´>。頭の程度も二人揃ってお粗末過ぎ!!(>_<)。

2017-07-22_11-15-49.jpg

★★★ <加計問題>潔白、証明できず/集団無責任体制 ★★★

「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る国会の閉会中審査。安倍晋三首相は野党側の質問にしばしば言葉を詰まらせ、「総理のご意向」文書が発覚して以降、相次いで浮上した疑念も払拭(ふっしょく)できないままだった。

【岩本美砂子・三重大教授の話】 加計学園が特区申請していることを認定当日の【1月20日に知った】という答弁はおよそあり得ない説明で、繰り返し訴えてきた「総理の意向はない」ことと、つじつまを合わせたとしか思えない。国民は納得しないだろう。
※出典 毎日新聞 7/25(火) 22:33配信  ※写真もお借りしました。

2017-07-27_21-38-44.jpg

★★★ 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」 62%否定 ★★★

毎日新聞の22、23両日、全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は26%で、6月の前回調査から10ポイント減。不支持率は12ポイント増の56%だった。支持率が20%台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて。安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月に終わることを踏まえ、「代わった方がよい」との回答は62%(3月調査は41%)でした。

2017-07-27_22-04-09.jpg

なりふり構わない嘘答弁に国民は怒っています<`ヘ´>。「責任は私を選んだ国民にあるんですよ!!そこのあなたに!!」。「人を指さすのは下品な行為です。してはいけません」(>_<)←明治生まれの亡き母の教えです。

2017-07-18_09-10-39.jpg

7月25日(火)朝、ななかまどウオーキングに集まり、これから出発します。

2017-07-25_09-03-22.jpg

歩道の脇の草むらに野イチゴ?

2017-07-25_09-12-26.jpg



2017-07-25_09-15-03.jpg



2017-07-25_09-19-21.jpg

赤つめ草の野原。

2017-07-25_09-22-04.jpg

大きなねむの木。

2017-07-25_09-24-07.jpg



2017-07-25_09-23-36.jpg

「鳥海山が見えますよ~♪」曇り空なのに不思議。雲の海に鳥海山が浮かんで見えます(^^♪。

2017-07-25_09-23-12.jpg

同じ場所で運が良ければ新幹線「スーパーあきたこまち」に出会えます。7月14日の写真です。

2017-07-14_09-26-03.jpg

7月18日(火)、ななかまどウオーキングが終わった後、急に話が決まって焼肉屋へランチに。

2017-07-18_13-56-16.jpg

11時30分まで入るとソフトドリンク付きランチが200円安い580円也。40分余り待って…。

2017-07-18_11-42-04.jpg

丁度お昼。お腹が空いてて、みんなでパクつきました(*^^)v。

2017-07-18_12-35-26.jpg

ランチの帰りスーパーで買い物。「ゴジラの卵」(スイカ)が木の檻に入れられて売られていました。お値段は税込¥10584円也。

2017-07-18_19-56-48.jpg



2017-07-21_09-27-00.jpg

(注) ここからは放送大学単位試験&『認知症と生きる』の引用文となります。興味のない方はスルーしてください。

7月26日(水)、午後、放送大学の単位試験があり出かけました。私が受ける科目は『認知症と生きる』です。

2017-07-27_16-23-38.jpg

気温25度。青空。日陰は涼しい風が吹いてる。

2017-07-26_15-19-14.jpg

放送大学試験室前廊下。

2017-07-26_12-34-44.jpg

試験前の自習室風景。

2017-07-26_12-46-30.jpg

3日漬けで試験を受けました。今回は試験勉強のやり方を変えて、キャンパスネットワークホームページのインターネット配信による授業を倍速で繰り返し見ました。音を大きくし家事をしながら聴いたりもしました。繰り返して聞くことは効果ありだと思います。

2017-07-27_18-18-13.jpg

ここに参考のため『認知症と生きる』の放送授業内容を少しだけ引用しますね。
日本における認知症は62,5%がアルツハイマー型認知症です。治療可能な脳血管性認知症は18,75%です。

2017-07-23_11-38-41.jpg

認知症は中核症状(脳の認知機能障害)と周辺症状(行動・心理症状⇔BPSD)があります。

2017-07-23_12-08-42.jpg

アルツハイマー型認知症は脳の機能変化により進行する病気です。治療は非薬物療法からはじめます。これが効果が無く緊急を要する場合は薬物療法が行われます。薬物療法は薬によってアルツハイマー型認知症が治るわけではなく、病気の周辺症状(SPSD)への対処療法です。

対処療法である薬物(抗精神薬や睡眠薬等)は強い副作用【鎮静作用】があり、【転倒】【骨折】【不眠】【昼夜逆転】などのリスクが高くなり使用には十分注意が必要です。
(注) 90%の病院が患者である認知症の人に薬を処方してます。

2017-07-23_13-04-24.jpg

2000年頃までは病院では認知症患者を縛るなど、全く認知症の人の人権が無視されていました。酷いですね。認知症の人自身が苦痛を言葉で訴えることができないので、じつに長い間、縛るつまり身体拘束が行われていたのですね(T_T)。

2017-07-24_22-14-54.jpg

長い間、認知症のことを「ボケ」と言って差別し軽蔑していたのを「ボケ→認知症」と言葉を変えることで、認知症に関わる人の意識改革になったのですね。
縛る認知症ケアからの脱却。1999年、厚生省が「身体的拘束禁止省令」を発令。2001年には「身体拘束ゼロの手引き」が発行されました。

2017-07-24_17-48-14.jpg

認知症も1つの病気です。認知症であるが故に「何も考えることができない人」「何もできない人」というのは全くの偏見です。

2017-07-24_17-59-21.jpg

トム・キッドウッドの考え方。認知症の人も尊厳を持つ一人の人間なのです。人権を無視した介護は許してはならないのですね。

2017-07-26_11-36-29.jpg

介護保険制度ができた。身体拘束禁止令があるというものの、現実の社会では悲しいことに介護による悲劇が続いています。懸命に生きてきた人が認知症になったばかりに人生が悲劇で終わらなければならないとしたら、余りに残酷すぎると思いませんか?

2017-07-24_16-16-00.jpg

それでは良い介護とは?私たちの優しさや力には限界があります。そのため2000年に「公的介護保険制度」ができたのですね。

各地にそれぞれ【地域包括支援センター】があります。保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が 「・地域住民の保健・福祉・医療の向上・虐待防止・介護予防 マネジメント」等サービスを行っています。重要なのは家族だけや、あるいは一人で抱え込まないで早期に相談することです。

各地にケアする家族のための悩みと経験を語り合うことができる【家族会】があります。なお家族会では、情報を共有し合い【情報を社会に発信】するという役割も果たしています。

2017-07-26_11-01-25.jpg

テスト結果は?…。大丈夫♪何しろ合格点は60点ですからね(^_^;)。今回の『認知症と生きる』は高齢者である私としてはとても考えさせられました。 
※出典 放送大学 http://www.ouj.ac.jp/

2017-07-18_15-31-59_20170727191859dc4.jpg

長~い記事を読んでいただきありがとうございますm(__)m。ではまた(^^)/。

スポンサーサイト

2017-07-25 01:49 | カテゴリ:日記