とうとう蕗の薹(ばっけ)を見つけました。

2017-03-28_09-17-07.jpg

3月28日(火)、今日から、3か月ぶりにウオーキングコースを大回りに変更しました。この土手では目覚めたばかりの蕗の薹が「春だよ♪」「春が来たよ♪」と春の歌を合唱してました。

2017-03-28_09-16-32.jpg

3月31日(金)、ななかまどウオーキング、参加者9名。空き地では水仙が咲きはじめていました。

2017-03-31_09-17-32.jpg

「こまちが来るよ~♪」。

2017-03-31_09-25-24.jpg

「来た来た」パシャリ♪…「写真撮れた?」「撮れたよ~♪」。3日前はスーパーこまちに、みんなで手を振ったら、「ぶおーん!」と答えてくれて大興奮。3月22日、秋田新幹線「こまち」は、開業20周年を迎え、これまでに約4400万人を運んできたのでした。

2017-03-31_09-26-25.jpg

「水芭蕉が咲いてるよ~♪」「遠過ぎて、写真には写らないかしら?」「大丈夫拡大して撮るから」…。橋の上から最大にして撮ったのがこの写真です。白い花と緑の葉が見えますかね♪

2017-03-31_09-36-31.jpg

坂の途中の土手に伐られた赤松が並べられていて。はて何のために?「松くい虫=マツノマダラカミキリ!!(伝染病の線虫類を運ぶ)」によって松の葉が赤茶色になり立枯れてしまうから…伐採して焼却。紺色の作業衣を着た青年が一人で一生懸命、伐採した赤松の枝を運んで並べていましたm(__)m。

2017-03-28_09-52-06.jpg

いつものマックで歓談しています(*^^)v。

2017-03-28_10-38-20.jpg

帰りがけ、スーパーに寄ったらスイカが…。小玉スイカ→税込¥1,500円也。

2017-03-31_12-15-57.jpg

3月26日、ホットライン研修があり、JALで東京へ。

2017-03-26_09-35-27.jpg

眼下に広がる東北の山々。

2017-03-26_09-37-29.jpg

羽田に到着。ガラスが雨で濡れていて機外の風景が撮られない(>_<)。

2017-03-26_10-21-39.jpg

JALは羽田空港第2ターミナルにある。プランターに植えられた花々。

2017-03-26_10-42-52.jpg

四ツ谷駅で娘と会い、ランチへ。「色鮮やかですね」ポルトガル国旗です。緑は希望、赤は共和国成立の 革命を表すとされています。

2017-03-26_15-13-54.jpg

娘が予約していた、お店の名はポルトガル料理店、「Manuel(マヌエル)四ツ谷」。階段を降りて、青い扉を開き、

2017-03-26_15-16-11.jpg

更に階段を降りて…。

2017-03-26_14-59-01.jpg

コート掛けにはダウンコートが並んで…。この日の東京は天気予報通り寒く、私は黒のパンツに薄手のオフホワイトのセーターを重ね着し、ライナー付トレンチコートにシルバーのファーで出かけて来たのでした。

2017-03-26_14-57-54.jpg



2017-03-26_15-01-10.jpg



2017-03-26_14-55-53.jpg

ランチは一部ビュッヘスタイル。ポルトガルの家庭料理が並ぶ。

2017-03-26_13-10-26.jpg

ポルトガルはタイルの主要生産国で、青い絵や文様が描かれた装飾タイルは「アズレージョ」と呼ばれているそうです。

2017-03-26_14-56-16.jpg

壁面いっぱいの大きなタイル画。素晴らしく見とれてしまいました。

2017-03-26_13-07-19.jpg



2017-03-26_14-54-42.jpg

お料理、山盛りに取っちゃった(^_^;)。お味は魔訶不思議な味、でも美味しい。娘によるとこの味は、「パクチー」と言うことでした(^^♪。

2017-03-26_13-14-51.jpg

私のメインは小ぶりな牛ステーキ。娘はチキン何とかでお皿いっぱいの料理が来て驚く。グラスワインが付き、デザートは小さなポルトガルケーキと美味しいコーヒー、二人で¥5,000円ポッキリ。安くてこれまたびっくり(@_@)✌でした。

2017-04-01_00-07-35.jpg

娘が描いた水彩画です。花や風景画もあるのですが、なぜかPCに取り込めず(>_<)。

2017-03-31_20-18-35.jpg



2017-03-26_11-50-48.jpg

食事を済ませて外へ出ると、モダンな空間が出現。外は小雨が降り寒い。「さあ、どこへ行く?」「美術館に行きたい」「じゃ、お母さんも絵を見たことがあると思うけど、ミシャ展へ行こうか」で決まり。娘は一度見た「ミュシャ展」へ再度行くことに。

2017-03-26_15-17-19.jpg

四谷駅の花の装飾。

2017-03-31_22-26-05.jpg

この赤い建物は電話ボックスです。後ろにトイレがありました。

2017-03-26_15-22-21.jpg

四谷見附橋(大賞二年九月成)。大正文化が今もなお香りを放つ。四谷には何回も来てる(2月も来た)のに、大通りで一度迷って研修目的の建物に辿りつけなく(^_^;)、それからはタクシーを利用し街並みを撮ることもなかったのでした(>_<)。

2017-03-26_15-25-43.jpg

地下鉄で六本木へ向かう。事故防止のため立派な扉が設置されていました。

2017-03-26_15-36-17.jpg

六本木国立新美術館に着くと、チケット売り場に大行列。娘がスマホでチケットを購入、無事入館するも人人人…。

2017-03-26_17-53-47.jpg

1階ベランダに銀色の水玉が…。これは草間さんの作品かな?

2017-03-26_17-53-04.jpg

【草間彌生展】も同時開催されていて、こちらも超人気。草間彌生さんは1929年3月22日生まれの88歳。昨年、Time紙で『世界で最も影響力のある100人』に、日本人アーチストとして選ばれています。娘曰く、「若い人が可愛らしさに魅かれ超人気」なのだそうです。

2017-03-26_16-07-12.jpg

「なるほど」草間彌生さんのグッズ売り場に若い人たちが長い列を作っていました。

2017-03-26_17-54-20.jpg

ミュシャ展は階上にあり、エスカレーターに乗ります。

2017-03-26_16-07-50_20170401101201bb3.jpg

階上から振り向くと、草間彌生展に長蛇の列ができていました。草間さんの「平和への意志」が若い人の心に届けばいいな♪

2017-03-26_16-08-10_201704011012023ae.jpg

国立新美術館開館10周年 【草間彌生 わが永遠の魂】(2017年2月22日(水)~5月22日(月))展のポスター。

2017-03-26_17-55-33.jpg

私は草間彌生さんの平和を愛する心、燃えさかる炎のような制作エネルギーに魅かれます。草間さんの秋田展やその他東京展など何度か見ているので今回はスルーです。

2017-04-01_10-59-11.jpg

長くなりましたので、ここで東京(1)を終わります。ミュシャ展は東京(2)で。ではまた(^^)/。

2017-04-01_11-02-35.jpg

スポンサーサイト

2017-03-31 21:39 | カテゴリ:日記