☆彡 もしよかったら、ドイツ映画『白バラの祈り』、当ブログ(2014-10-06)をごらんください。
    http://1939mariko.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

2月14日(火)はバレンタインデイでした。チョコもらいましたか?あげましたか?私は相方と子どもと友だちにあげました。
今日、放送大学の帰り秋田駅へ寄ったらこんなお花に囲まれた素敵なハートがありました。「うわァ♪カワイイ♡♡♡」と、うれしくなってパチリ。

2017-02-14_16-42-05.jpg

2月11日(土)、夜8時過ぎ、部屋の空気を入れ替えようと東の窓を開けたら、明るい月が輝いていました。

2017-02-11_20-26-06.jpg

「もしや満月?」外へ出ると、我が家の庭木の間から輝く月が見えました。

2017-02-11_20-22-45.jpg

「これは撮らねば♪」、スマホを最大限まで拡大してパチリ。星は?月が明るすぎて星が見えない?この後、上空で風が吹いてるのでしょうか、どんどん雲が流れ、月も雲に隠れてしまいました。

2017-02-11_20-28-28.jpg

11日は全国的に大雪でしたね。雪に馴れてる私でも町内を歩くのに、積もった雪にロングブーツを穿いた足が取られて、よろめき、転倒しそうで大変でした。そう言えば11日は「建国記念の日」。でも、日の丸の旗はどこにも見当たりませんでした。

2017-02-11_16-35-35.jpg

よくぞ降ってくれました(>_<)。相方は毎日雪と格闘しています。たまには陽ざしが差す日もあるのだから、お天道(てんと)さまに少し手伝ってもらえばいいのに(=^・^=)。

2017-02-11_16-19-07.jpg

2月13日(月)、2週間ぶりにスロージョギングに参加するため、雪道を滑らないよう気を張って歩く。除雪した雪と降り積もった雪の山に埋もれた木々をパチリ。

2017-02-13_10-18-18.jpg

除雪が終わって、除雪車が3台並んで休んでいました。

2017-02-13_10-20-09.jpg

今日の児童会館2階の超スロージョギングには15名参加。走れるか自信がまるでなく後半にだけ参加。20分続けて走れました。ウレシ~(*^^)v。20分だけなのに汗びっしょりになりました♪。

2017-02-13_10-43-26.jpg

終わった後はみんなで掃除です。

2017-02-13_10-56-31.jpg

帰りスーパーに寄ると、食卓に春の香りを運ぶ「山うど」が並べられていました。買いたかったけど料理下手の私は和え物が不得意(*_*;。残念!

2017-02-12_20-39-43.jpg

2月14日(火)、放送大学の「歴史・民族・文化クラブ」の例会が午後からあり出かけました。

2017-02-14_13-01-33.jpg

参加者は9名。今日の話題提供者はMさん。『アーユルヴエーダからみるドーシャ理論』???初耳。5000年以上前、インド亜大陸から派生した伝統医学。日本に入ってきたのは30~40年前。「アーユル…生命」「ヴェーダ…科学・知識」「ドーシャ…体内エネルギー」アーユルヴエーダの世界観、生命観、人間観、宇宙観について聴きしました。

2017-02-14_14-58-43.jpg

ドーシャには「風を象徴…ヴェ―タ」「火を象徴…ピッタ」「水を象徴…カパ」の3つのエネルギーがある。板書は風・火・水のバランスが良ければ「鍋のご飯が美味しく炊ける」つまり「健康」…3つのバランスが崩れると「病気」になる説明図です。面白かったですよ。チェックシートを渡され自分の性格を調べました。私は「ヴェータタイプ」でした。当たってるかな?(^_^;)。

2017-02-14_15-13-22.jpg

帰りは駅まで雪道をトコトコ。

2017-02-14_16-02-56.jpg

雪解け水に映った青空と街灯。

2017-02-14_16-11-25.jpg

秋田駅東口のバスロータリー。

2017-02-14_16-47-03.jpg

冬空の一瞬の夕焼雲。

2017-02-14_17-09-02.jpg

帰りに寄ったスーパーではお酒のコーナーで『Happy Valentine's Day』♪

2017-02-13_14-57-55.jpg

果物売り場では『フルーツバレンタイン♡』♪。今日で、「好きだよ」「愛してる」って堂々と伝えられる本命チョコ&義理チョコで賑わったバレンタインまつりが終わりましたね。明日からは何がはじまるのでしょう?

2017-02-13_14-53-01_20170215015105f61.jpg

★★★ 大量の“フードロス“処理に税金が投入される日本の現実 ★★★

☆彡 これは何の写真だと思いますか?→正解は廃棄された恵方巻です。株式会社日本フードエコロジーセンターには、1日30トン以上の食品廃棄物が運び込まれ、2月3日は5トンの恵方巻が廃棄処理されました。バレンタインチョコ♡もこのような運命をたどるのでしょうか?

「食べられるのに捨てられる食品」、フードロスの問題。世界では年間13億トンに上り、日本ではおよそ630万トンに達すると推計されています。リサイクルされているのは「3割程度」だという。残りの7割は治自体の焼却炉へ。「燃やしても結局灰が残るので、その処理も必要。1トンのごみを燃やして処分するのには7万円から8万円かかる計算で、この費用の半分くらいは税金で賄われている」(高橋氏)。
※出典 AbemaTIMES 2/8(水) 15:30配信 ※写真もお借りしました。

2017-02-09_02-30-40.jpg

★★★ <北朝鮮>マレーシアで金正男氏殺害される 正恩氏の異母兄 ★★★

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された。北朝鮮の工作員に暗殺されたとみられている。

ロイター通信などによると、金正男氏は13日午前、空港のショッピングセンターで体調不良を訴え、病院に運ばれる途中で死亡が確認された。マレーシア警察当局者は、金正男氏とみられる男性が空港で何者かに後ろから顔をつかまれ、めまいがしたために助けを求めた、と語った。金正男氏はマカオ行きの飛行機に乗る予定だったという。
 
韓国メディアは、金正男氏が女2人に毒針のようなもので殺害されたと伝えた。女2人はタクシーで逃走し、警察当局が行方を追い、死因を調べている。 (注)上の写真は金正男氏とみられる男性=成田空港で2001年5月4日、竹内幹撮影
※出典 毎日新聞 2/14(火) 21:18配信 ※写真もお借りしました。

2017-02-15_03-47-37.jpg

☆彡 驚きのニュースです。怖いですね。独裁者は常に自分以外の人間に対して際限のない恐怖心と猜疑心をもっているのです。ヒットラー・スターリン・毛沢東然り。歴史上では数えきれないほどの権力にまつわる惨劇・悲劇が起こっています。

★★★ 正恩氏親族・側近の相次ぐ死 増え続ける恐怖政治の犠牲者 ★★★

金委員長は11年の金正恩体制発足後、恐怖政治を通じ自身の「唯一支配体制」の妨げとなる人物を容赦なく粛清してきた。

13年12月には張成沢氏を処刑した。世界に衝撃を与えた張氏の処刑は、ナンバー2の存在を許さない金委員長の唯一指導体制の構築が目的だった。

15年4月には当時の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長(韓国の国防部長官に相当)が裁判も行われないまま機関銃で公開処刑され、同5月には、金委員長が進める山林緑化政策に不満を示したとの理由で崔英健(チェ・ヨンゴン)副首相が処刑された。

2017-02-15_16-06-46.jpg

昨年7月には副首相だった金勇進(キム・ヨンジン)氏が最高人民会議(国会に相当)で「座る姿勢が悪かった」と指摘され、国家安全保衛部(秘密警察、現国家保衛省)の調べを受けた後、処刑された。

今年、1月中旬頃解任されたのは、北朝鮮の秘密警察・国家保衛省のトップで、金委員長の側近である金元弘(キム・ウォンホン)国家保衛相。朝鮮労働党組織指導部の調査を受け、大将から少将に降格された後、解任された。

韓国の関係当局の推計によると、金正恩体制で処刑された幹部は12年に3人、13年に約30人、14年に約40人、15年には約60人なるなど急増している。
※出典 【ソウル聯合ニュース】 2/14(火) 22:33配信 ※写真は日テレニュースよりお借りしました。

2017-02-16_03-09-41.jpg



2017-02-04_20-56-46_20170215212132bff.jpg

前回に続く「東京へ(2)」を書きますね。「ヒカリエ」を出て振り向くと、四角い建物=ゴッツイ「ヒカリエ」が見えました。おお!!危ない!!勇気がある!!こんな交通量の多い道路を自転車で走ってる!!

2017-02-06_12-12-50.jpg

渋谷駅前の人波を横目に見て…。

2017-02-06_12-14-19.jpg

早くも目指す東急デパート屋上に「Bunkamura」の看板が見えました♪。

2017-02-06_12-20-43.jpg

東急デパートの横の緩やかな坂道にたくさんの自転車がとめられていました。自転車は都会に住む人の足なんですね。

2017-02-06_12-24-59.jpg

「ヒカリエ」から約10分で「Bunkamura」へ着きました。

2017-02-06_12-25-23.jpg

中のお店のウインドウに春が訪れていました。

2017-02-06_12-27-30.jpg

「キレイ!!」、見とれてしまう。

2017-02-06_12-27-49.jpg

受付カウンターの横に様々なイベントのポスターが掲示されていました。

2017-02-06_12-28-41.jpg

今日は映画『アイヒマンを追え!』を見に来ました。

2017-02-06_12-30-05.jpg

『アイヒマンを追え!』のパンフレット2枚。

2017-02-11_00-16-39.jpg

パンフレットを開くと、たくさんの方たちがコメントを寄せられていました。クリックして拡大してご覧ください。

2017-02-11_00-13-27.jpg

ホロコーストの戦犯アイヒマンの裁判を実現させたユダヤ系ドイツ人で検事長バウアーの闘いを描く映画です。

2017-02-11_00-14-34.jpg

≪歴史≫ 第二次世界大戦時、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス・ドイツのユダヤ人 虐殺の責任者、親衛隊将校アイヒマンKarl Adolf Eichmann(1906―1962)が1960年5月、逃亡先 のアルゼンチンで捕らえられ、1961年4月からイスラエルのエルサレムで裁判 に付され、絞首刑になった。

☆彡 アイヒマンは裁判で「私は一人の人間も殺してはいない。命令によって計画を立てたのは私だが、ただ列車輸送しただけ」。600万のユダヤ人を虐殺したことを「私はただ命令に従っただけだ」と正当化し、毅然とした態度で証言したのでした。私はテレビで、この裁判の様子を見たのですが驚きでした。※ 写真は実際の法廷で証言するアイヒマン本人。

2017-02-16_16-16-59.jpg

映画の展示資料を熱心に読む青年と中年男性。

2017-02-06_14-48-01.jpg

拡大してご覧ください。 ※ 当ブログはクリックするとすべての写真を拡大してご覧になれます。

2017-02-06_14-52-38.jpg

舞台は1950年代後半の西ドイツ。復興を優先していた当時、過去の克服は進まず、国家機関の中枢には大勢の元ナチ党員が在籍していました。ユダヤ系ドイツ人の検事長のバウワーは、当局からの協力を得られず、検察内外の妨害にも屈せず、戦犯の追求に奔走します。
※ 参照 ラース・クラウメ監督インタビュー記事より

☆彡 驚きましたね。西ドイツの国家機関の中枢を元ナチ党員が固めていたとは!!戦争で一般人の男性たちがことごとく死亡し、生き残っていたのはナチ党員だったんですね。仕方なく彼らを登用したのでした(>_<)。

2017-02-06_14-51-59.jpg

≪歴史≫ 1933年ナチ党のヒットラーがドイツ首相となる。その後、ヒットラーは着々と独裁体制を固めていく…。1939年9月第二次世界大戦がはじまり、ドイツは周辺国を侵略していく…。1942年、ナチ政府が「ユダヤ人問題の最終解決」と称して、ユダヤ人を絶滅収容所に送り、ガス室で殺害しはじめる。

2017-02-06_14-53-26.jpg

ル・シネマの入り口に展示されてる映画パンフレット。

2017-02-06_15-01-33.jpg

私が好きな空間。ここでお茶をしたかったのですが風が強くて誰も居なく、お茶なしにする(-"-)。

2017-02-06_15-04-30.jpg

『無垢な世界の物語』の展示場を見たかったのですが、時間が無く、外へ出る。

2017-02-06_15-16-39.jpg

文化村の外へ出ると、風で木の葉がキラキラ♪近づいて見ると木がライトアップされていたのでした。強風で自転車が倒れていました。

2017-02-06_15-20-00.jpg

渋谷のスクランブル交差点付近。ヒカリエが見えたからホテルには行けると思ったのですが、また道に迷い、タクシーでホテルへ、情けな~(^_^;)。

2017-02-06_15-27-57.jpg

今日はここでお終い。長いブログに付き合っていただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2017-02-06_15-18-15_20170216025231893.jpg

スポンサーサイト

2017-02-14 23:55 | カテゴリ:日記