☆☆☆ 記事を追記及び「金沢城」をアップしました。よかったらご覧ください。 ☆☆☆

秋田も日中22~24℃になり、紫陽花が色とりどりに咲く季節になりました。

2016-07-01_16-41-26.jpg

7月5日(火)、朝9時ウオーキングにでかけました。空いっぱいにうろこ雲が広がって。鰯雲とも言いますね。男鹿で鰯が大漁かな?

2016-07-05_09-06-10.jpg

太陽に向かってスマホでパチリ。朝なのに夜のような写真になりました (*_*;。

2016-07-05_09-04-58.jpg

今日は県の老人福祉施設の周囲を1周。道の傍らの藪に咲く大きな花。

2016-07-05_09-32-02.jpg

藪から道端へ伸びるヘビイチゴ。ヘビが居そうな場所に生育するからヘビイチゴ。ここはほんとうにヘビが出没します(>_<)。

2016-07-05_09-28-47.jpg

今日の参加は7人です。

2016-07-05_09-35-02.jpg

約6000歩でマックでお茶。話題は『老老介護&介護殺人』。
7月3日(日)、夜のNHKスペシャル【私は家族を殺した“介護殺人”当事者たちの告白】をそれぞれ見ていました。

2016-07-05_10-56-31.jpg

★★★ 「介護殺人」考えた介護経験者 4人に1人 NHKアンケート調査 ★★★

私たちは介護する側から介護される身の年齢に近ずきつつあるだけに、無関心ではいられないのです。テレビの話に共感しても、「殺したいと思う気持ちになっても、踏みとどまってほしい。殺さないでほしい」「相談してほしい」という誰かの発言に全員が頷いたのでした。

2016-07-04_03-53-00.jpg

仲間も辛く悲しく苦しい体験していました。母と娘。父と息子。母を叩いた体験。幻影に暴れる父。呆けた親の「やさしくしてよ」「私が早く死ねばいいでしょ」。親の言葉が介護した娘の心を突き刺して…(T_T)。

今、政府は介護を家庭に戻そうとしているのが現実です。団塊の世代が介護を必要とする高齢者になった時、どうなってしまうのでしょうか。老いの未来が安心で明るいとは決して言えませんね。

2016-07-04_03-54-15.jpg

6月17日、北海道小樽市で、麻生太郎副総理兼財務大臣(1940年生まれ、75歳)が、90歳の老人の「老後が心配」発言に「90歳、いつまで生きてるつもりだ」と言いましたね。高齢者で老後の心配がない方は少ないと思いますよ。麻生副総理はどう転んでも盤石でしょうがね。

2016-07-05_09-40-14.jpg

7月4日(月)、スロージョギングへ参加しました。仲間が元気に走ってるのは大回りコース。公園から一般道路へ出て3周4㎞(約40分)。

2016-07-04_10-23-01.jpg

小回りコースは運動広場の中を走る。私は9周しました(約40分)。インターバル?歩いたり走ったり、息が上がり膝も痛く(^_^;)。

2016-07-04_10-34-09.jpg

クールダウン。

2016-07-04_10-55-18.jpg

気付かれましたか?お揃いのユニホームを着てます。カッコいいでしょ。私もブルーとショッキングピンクの2枚買いました。今日はブルーを着ています。写真に私は写ってません(>_<)。

会食が終わって、最後の話題は沖縄うるま市の会社員島袋里奈さん(20歳)が4月28日午後8時頃ウオーキングに出かけて被害に遭った 【沖縄の米軍属の男によるレイプ殺人遺棄事件】。 5月19日逮捕された元海兵隊の男シンザト・ ケネフ・フランクリン容疑者(32)もしっかり下見をしていた計画的犯行でした。島袋さんは偶然ウオーキングの途中で犯人と遭遇してしまったのです。

★【レイプは通りがかりの見知らぬ人の犯行ではなく、親兄弟を含む、親戚、近所のおじさん、学校や会社関係者等、顔見知りの犯行が80%を占めます。また、突然襲うのではなく、レイプ犯は下見をしっかりし、その犯行は計画的です。】★

暗い夜道を歩いていたから、短いスカートをはいていたからは理由ではありません。警察によると被害は2歳から80歳代まで及びます。

2016-07-04_12-08-53.jpg

★★★ 性犯罪「親告罪」撤廃へ…法定刑引き上げ厳罰化へ ★★★

性犯罪を罰する刑法の規定の見直しを議論してきた法制審議会(法相の諮問機関)の部会は16日、
被害者の告訴が起訴の条件となる「親告罪」規定の撤廃や、強姦罪の法定刑の引き上げなどを盛り込んだ答申案をまとめた。

厳罰化を求める被害者の声などに応えたもので、法務省は法制審からの答申を受けて今秋以降の国会に刑法改正案を提出する。

「男性が加害者、女性が被害者」という性別の前提がなくなるほか、性交に類似する行為も、強姦罪として扱う。18歳未満の子どもに対し、親などの生活を支える「監護者」が「影響力に乗じて」わいせつ行為や性交をすることを罰する罪も新設される。被害者が抵抗をしたかどうかに関係なく処罰でき、親による性的虐待などが対象になる。
※出典 読売新聞 朝日新聞 (2016・6・16)

2016-07-04_14-07-03.jpg

★★★ 「服をはぎ取られ…最低で許せない」 東大生強制わいせつ事件の初公判 ★★★

 東京都豊島区のマンションの部屋で女子大生を全裸にし胸を触るなどしたとして、強制わいせつなどの罪に問われた東京大学4年、松見謙佑被告(22)の初公判が5日、東京地裁(島田一裁判官)で開かれた。被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、「自分勝手な行動で被害者を深く傷つけてしまい反省しています」と謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で、わいせつ行為を目的としたサークルの飲み会で女性に酒を飲ませ、2次会で無理やり裸にしたと指摘。「服をはぎ取られ、尻や背中をたたかれた。やったことが最低で許せない」とする女性の調書を読み上げた。

 起訴状は、5月11日午前0~1時ごろ、東大大学院生、松本昴樹被告(23)=同罪で起訴=らと共謀、女性を全裸にさせ、またがりキスしたほか、熱いカップラーメンの麺を女性の胸元に落とすなどしたとしている。
※出典 産経新聞(2016.7.5.23:32) 

2016-07-05_09-40-31.jpg

「イスラム国のバングラデシュ支部」と名乗るグループが公開した、ダッカ飲食店襲撃事件の実行犯とみられる人物らのコラボ写真。背景に見えるのはイスラム過激派組織「イスラム国」の旗(撮影日不明)。

明るく笑う彼らは高学歴で、一人を除いて豊かな家庭で育った青年たちである。5人は全員バングラデシュ人だという。

2016-07-05_08-13-50.jpg

バングラデシュの首都ダッカのレストランで1日夜(日本時間2日未明)発生した人質立てこもり事件は、武装グループが日本人8人を含む人質をとって立てこもったもの。武装グループは人質に対してイスラム教の聖典コーランを暗唱させ、できなかった人の首などを刃物で切り殺害した。

2016-07-04_02-42-18.jpg

特殊部隊が2日未明、突入作戦を敢行し、日本人男性1人を含む人質13人を救出したが、20人が死亡した。日本人は男女8人で食事中のところを襲われた。死亡したのはイタリア人9人、日本人7人、インド人1人、アメリカ人2人。実行犯5人は突入時射殺された。なお、警察当局は実行犯と間違え、レストランのピザ職人を射殺していたことを明らかにした。

2016-07-04_02-48-13.jpg

バングラデシュ軍スポークスマンは「遺体の多くが鋭利な武器で残忍に切り付けられていた」と述べた。同国のハシナ首相はテレビ演説で、「極めて凶悪な行為」と非難し、「テロを根絶する決意だ」と語った。

2016-07-04_02-57-18.jpg

 1日夜、ダッカの欧米風のカフェで起きた事件について、ISは「十字軍の国の市民」が集まる場所を狙ったとする犯行声明を出している。また犯行声明では「『イスラム国』に対抗する国の国民は、安全ではいられないことを知るべきだ」「次も待っていろ」などとさらなる攻撃を警告している。

2016-07-04_03-02-58.jpg

★★★ 「日本敵視」か「偶然」か、見えぬ真意 ★★★

ヨルダンのテロ専門家のハサン・アブハニヤ氏は、犯行声明が日本人に触れなかったのは「非キリスト教徒が多い日本は十字軍と同一視できないから」で、ISが敵視していることに変わりはないと強調し、★【安倍晋三政権はISと戦う有志国連合への支援を表明しており、ISは日本と交戦中との認識だ】★と警告した。
※出典 共同通信 (2016.7.4 17:28)

★★★ エジプトでの安倍総理大臣の中東政策スピーチ ★★★ (外務省HPより抜粋)

日本は2015年1月17日、 エジプトでの安倍総理大臣の中東政策スピーチで、いまや新たに「国際協調にもとづく積極的平和主義」の旗を掲げる日本は、培った経験、智慧、能力を、世界の平和と安定のため、進んで捧げる覚悟です。

イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。

この後、日本はイスラムから敵国視され、日本人10人の尊い命が奪われています(T_T)。

2016-07-04_02-35-37.jpg

★★★  ダッカ襲撃テロ事件 日本人7人の遺体が無言の帰国 ★★★

バングラデシュの人質テロ事件で犠牲となった7人を乗せた政府専用機が5日午前5時49分、羽田空港に着陸した。
バングラデシュの人質テロ事件で犠牲となった岡村誠さん(32)、酒井夕子さん(42)、下平瑠衣さん(27)、黒崎信博さん(48)、田中宏さん(80)、橋本秀樹さん(65)、小笠原公洋さん(56)の7人と、それぞれの遺族らを乗せた政府専用機は、5日午前5時49分に羽田空港に着陸した。
※ 出典 日本テレビ系(NNN) 7月5日(火)7時36分配信

突然、テロによって理不尽な死を迎えなければならなかった方々、どんなに無念だったことか。発展途上のこの国のため力を尽くしてきた人の、「日本人だ」と言えば逃れることができると思った信頼が裏切られ、残酷に傷つけられ死に至らしめられて…。口惜しくて涙が出てしまいます。ご冥福をお祈り申し上げます。

なお、この事件が「戦争する国」に繋がり、日本の若者たちの命がより多く失われることの無いよう、願って止みません。時代は、もはや「日本人」であることが安全では無くなってしまっているのですね(-"-)。7月10日、国民はどんな選択をするのでしょうか。

2016-07-04_14-08-56.jpg

救出されたのは東京都内の建設コンサルタント会社社員の渡辺玉興さん。国際協力機構(JICA)の円借款のプロジェクトに従事していた。渡辺さんは被弾し負傷した。5日早朝、小型医療専用機で羽田に到着、そのまま病院へ運ばれた。

(注)JICAとは、発展途上国への技術協力、資金協力を主な業務とする外務省所轄の独立行政法人「国際協力機構」のことです。8人はJICA協力社員でした。

2016-07-05_09-42-16.jpg

さて、本題の【金沢へ(4)】を書きますね。5日ぶりに帰宅した翌朝、「ミミちゃん、おはよう」というおかしゃんを「あなただ~れ?」と、まじまじと見つめるミミちゃん。

2016-06-02_10-23-28_201607060436530e2.jpg

公園下の池の近くにある前田利家公の像。

2016-05-31_09-26-43.jpg

【特別名勝兼六園桂坂口】

2016-05-31_11-18-05.jpg

金沢城・兼六園 地図

2016-05-31_11-30-15.jpg

加賀百万石のシンボルである金沢城は、天正11年(1583年)に前田利家により本格的な建城が行われ、明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城として置かれました。

度重なる火災により、石川門と三十間長屋以外の建物は全て消失してしまいましたが、平成13年(2001年)には、古絵図や古文書などをもとに菱櫓(ひしやぐら)、五十間長屋(ごじっけんながや)、橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)を出来る限り忠実に復元。 安政の頃の景観を現代に蘇らせました。
※ 出典 金沢案内 観光スポットガイド

2016-05-31_11-19-11.jpg

石川橋を渡って金沢城へ。

2016-05-31_11-21-21.jpg

この門【石川門】をくぐり…。

2016-05-31_11-24-57.jpg

中へ入ると…中は四角い枡形になっている。攻め込んだ敵はこの枡形で集中攻撃を受けることになる。

2016-05-31_11-26-07.jpg

右に折れ曲がると更に大きな門がある。

2016-05-31_11-27-06.jpg

目の前に…

2016-05-31_11-34-03.jpg

広大な広場。

2016-05-31_11-34-35.jpg

眼前に…

2016-05-31_11-35-01.jpg

更なる巨大な門【河北門】(2010年復元)が…。

2016-05-31_11-36-14.jpg

いよいよお城か(^^)/。

2016-05-31_11-37-55_20160708004816e44.jpg

説明板→【遺構の修理と活用】 【河北門】の復元にあたっては現存遺構を修理、活用整備する手法が使われています。

2016-05-31_11-40-26.jpg

手前が【菱櫓】、続いて【50間長屋】、一番奥が【橋爪門続櫓】(平成13年(2001年)復元)です。
【菱櫓】は二の丸で一番高い三層の物見櫓。尾坂門、河北門、石川門を一望できる。石落しを多く持ち、実戦的で、なおかつ華やかな櫓。眺望が広くとることができるよう櫓は菱形になっている。
【橋爪門続櫓】二の丸大手の橋爪門枡形に付随する三層の物見櫓。三の丸で戦闘が起きたときの指揮所。
※ 出典 金沢城・兼六園パンフより。 下の写真はお借りしました。

2016-07-08_13-14-03.jpg

この橋を渡るとお城(^^♪…と期待するも☆彡。【橋爪門続櫓】と【橋爪門一の門】です。

2016-05-31_11-44-11.jpg

ひゃ~☆彡。またまた更に壮大な門【橋爪門】(2015年復元)が…。ここまで来るとかなり足が疲れる(>_<)。お城はまだか…。

2016-05-31_11-46-49.jpg

説明版→【橋爪門二の門】は場内最大の規模を誇る、寛永8年(1631)の大火後に整備された【二の丸】の正門です。【石川門】【河北門】【橋爪門】は「三御門」と呼ばれ、通行に際しては最も厳しい制限がかけられていました。(略記)

2016-05-31_11-47-38.jpg

とても暑い。「二の丸案内所」は休憩所も兼ねており自販機でお茶を買いひと休みする(*^^)v。二の丸見学も高齢者につき無料也♪

2016-05-31_11-50-17.jpg
二の丸広場を通って向かうは【二の丸】。ここが二の丸城内への入口となっています。

2016-05-31_11-49-39.jpg

それでは中へ入りましょう。
説明版→【前田利家と金沢城】 内容はクリックして拡大してご覧ください。

2016-05-31_12-20-02.jpg

【出窓(石落し)】から外を見る。

2016-05-31_12-16-45.jpg

説明版→【出し(出窓)の石落し】この建物には大小7箇所の石落しが設置されている。床面は蓋が開き、戦闘の際は石垣をよじ登って来るて敵兵を防ぐ役割をしていた。窓は鉄砲狭間として用いられた。(略記)

2016-05-31_12-21-25.jpg

【五十間長屋】内部。菱櫓と橋爪門続櫓を結ぶ二層の多聞櫓。普段は倉庫として用いられるが、非常時は戦闘のための砦となる。石落しを各所に備え、格子窓は鉄砲狭間となる。

2016-05-31_12-17-54.jpg

模型。

2016-05-31_12-35-56.jpg

拡大してご覧ください。

2016-05-31_12-36-17.jpg

菱櫓の柱も菱形なんですね。

2016-05-31_12-25-11.jpg

菱櫓柱脚部実物展示。菱形の柱は複雑な仕組みで支えられてる…昔の人は凄いな(*^^)v。

2016-05-31_12-22-10.jpg

階段を登って…。

2016-05-31_12-26-20.jpg

見張り窓が…。

2016-05-31_12-31-53.jpg

また更に登って…。

2016-05-31_12-33-48.jpg

窓から外を見ると、平和でのどかな世界が広がっていました。

2016-05-31_12-30-06.jpg

戦国時代を生き延びるため、こんなにもたくさんの頑丈な門を作り、戦うため築城しても、全ては【夏草や兵どもの夢の跡】(芭蕉)。【朝には紅顔ありて夕べには白骨となる】(蓮如)。どんな栄華も続かないんですね。観光無料の身にはしみじみ(^_^;)。

2016-07-04_14-09-28.jpg

スポンサーサイト

2016-07-05 21:28 | カテゴリ:日記