☆☆☆ 【始皇帝と兵馬俑】について追記しました ☆☆☆

2月11日(木)は建国記念日(祝日)でした。1966年(昭和41年)「建国をしのび、国を愛する心を養う」目的として制定された、意外に新しい祝日なのですね。戦前は神武天皇がどうのこうのと言われ「紀元節」と呼ばれていました。
本当のところは「日本の国がいつ建設されたかはわかっていない」のです。国旗を掲げた家は近所では見られませんでした。
この日、珍しく空が青く青く晴れ渡り見とれてしまいました。

2016-02-11_16-05-48.jpg

<< アインシュタイン予言の「重力波」、米で初観測 >>
・・・2つのブラックホールが衝突した際に出た重力波・・・

検出された重力波は、13億光年離れたところで、太陽の36倍と29倍という質量を持った2つのブラックホールが衝突した際に出たものとみられる。信号が検出されたのは2015年9月14日(米国時間)。国際実験チームLIGOは2つ目の重力波かもしれない信号も検出している。
※ 出典 読売新聞 2月12日   

【「重力波」ってスゴイの?】
重力波とは宇宙を構成する物質の振動で、超新星爆発やブラックホールの合体といった巨大な事象によって起こる時空の波のこと。本当にわずかな動きで、重力波が地球に届く頃には、原子の10億分の1くらいの揺れになっていると推定されている。したがってその検出にはものすごくノイズの少ない環境が必要とされる。
宇宙を構成する物質の振動、非常にわずかな動きで検出が困難だった。

ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章東大宇宙線研究所長は、「最初の第一歩だ。これから本格的に重力波天文学を進めていくエキサイティングな時代に入った」「重力波天文学を国際協力で創成したい」と感想を述べた。梶田さんは、岐阜県飛騨市の地下に建設した重力波望遠鏡「かぐら」の代表を務める。かぐらは、今春から試験観測を始める予定だ。
※ 出典 産経新聞朝刊 2月12日  ※ 画像はお借りしました。

2016-02-13_02-32-29.jpg

「ボクは元気になりましたニャ。おとしゃんがしっかり雪かきしてくれたので久しぶりに散歩ですニャ。13億光年?重力波?ボクは何の揺れも感じませんニャ…」。
「ミミちゃんもおかしゃんも揺れを感じることはできないのよ」「分からにゃいニャ(=^・^=)」「おかしゃんも(*_*;」

2016-02-11_16-09-07.jpg

<< 【みんなまとめてお仕置きじゃあ~!!!】  >>・・・男鹿のなまはげ<`ヘ´>

【特番】安倍晋三←アベノミクスの大失敗←株価を吊り上げるため私たちの大事な年金で、毎日博打を打ち続ける。損失20兆円。
安倍首相「GPIF運用悪化なら年金給付減額あり得る」「想定の利益が出ないなら当然支払いに影響する」。…15日衆院予算委で発言←博打の尻拭いを貧しい高齢者にさせるアベを絶対許さない!!!

①建設業者からの現金授受問題で、経済再生相を辞任、議員は辞めない甘利明。

②福島第一原発事故除染で、丸川珠代環境相が講演で、国が長期目標として示す被ばく線量「1シーベルト」について「当時の 環境相が相談もなく決めた。何の根拠もない」と発言。追及されると「記憶にない」と否定。録音や記録によりようやく12日発言を撤回、福島県民に詫びた。

③島尻安伊子沖縄北方担当相は閣議後会見で「歯舞(はぼまい)群島の歯舞を読めず「ええとなんだっけ」と言葉につまり、秘書に助けられた。

④武藤貴也衆議院議員は未公開株をめぐる金銭トラブルで自民党を離党。人間関係でもトラブルがあるにも拘らず、安保反対の学生、SEALDsを「自分中心、極端な利己的考え」と批判。「私には守りたい日本がある」とのたまった。

⑤男性国会議員で、初の育休取得を宣言をした宮崎謙介衆院議員は妻である金子恵美衆院議員の出産を目前にし、女性タレントを京都の自宅に泊め、不適切関係をもったと不倫を認め、12日議員辞職を表明した。

2016-02-06_09-11-55.jpg

①タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音(かわたにえのん)の不倫騒動。
②2016年の年始から世間を騒がせていた、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「 SMAP」(スマップ)の解散騒動。
③清原和博容疑者が覚せい剤所持で現行犯逮捕。

2016年、毎日のように芸能人のスキャンダルがテレビや週刊誌やネットで流され、国民の生活に直結するの国会の動きがマスコミがとりあげることが非常に少なくなったと感じます。これ等の騒動で、国民が目隠しされてるのではないでしょうか。

高市早苗総務相が2016年2月8日、9日と国会の審議で連続して、の衆院予算委員会で、放送局が「政治的に公平であること」と定めた放送法4条の違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及しました。
この発言をアベ総理が追認しました。以上の発言だけでもマスコミが委縮する可能性はありますね。既に自己規制をしている?

2016-02-10_14-52-48.jpg

2月6日(土)前泊を取って、7日(日)の女性団体の全国相談事例研修会へ参加するため東京へ行って参りました。写真は秋田空港へ向かう途中の雪景色です。

2016-02-06_09-01-55.jpg

秋田を朝9時30分に出発、10時30分に羽田へ着きました。体調が悪かったためチケットの手配が遅かったのですが、今日は時間帯が丁度いいANAを利用できラッキーでした。

2016-02-06_10-57-07.jpg

羽田、ANAビル。

2016-02-06_11-16-45.jpg

京急線ホーム。

2016-02-06_11-29-45.jpg

向かったのは上野公園。

2016-02-06_12-32-57.jpg

東京国立博物館(平成館)へ。

2016-02-06_12-29-57.jpg

【始皇帝と大兵馬俑~永遠を守るための軍団参上~】(東京会場2015年10月27日(火)~2月21日(日))を観て来ました。
福岡会場は2016年3月15日(火)~6月12日(日)、九州国立博物館で開催されます。

2016-02-06_12-38-51.jpg

チケット売り場。

2016-02-06_12-40-46.jpg

会場は平成館。たくさんの人が【始皇帝と大兵馬俑】展示会場へ足を運んで居りました。

2016-02-06_12-48-12.jpg

途中の異国風の建物。

2016-02-06_12-49-52.jpg

『自らの文化を生き続ける限り、その国は生きながらえる』ポスターに【黄金のアフガニスタン…その輝きに隠された「命がけの物語」4月12日~6月19日】と書かれていました。「黄金と命がけ」…なんかドキドキの物語がありそうですね。

2016-02-06_12-50-27.jpg

ここが展示場の平成館です。

2016-02-06_12-52-50_20160215182903a93.jpg

自動扉の向こうの階段の上に展示場がありました。

2016-02-06_12-58-44.jpg

約2200年前に「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の 始皇帝。その巨大な陵墓のほど近くに大量に埋められた地下軍団「兵馬俑」は、20世紀 最大の考古学的発見のひとつであり、1974年の出土以来、続々と新しい知見と驚きをもたらし、現在も発掘が続けられています。
※ 出典 特別展 「始皇帝と兵馬俑」HPより  ※ 画像はお借りしました。

2016-02-17_15-31-00.jpg

会場内はすべて撮影禁止、この1箇所だけ撮影が許されていました。兵士たちは普通の人間より逞しく大きく造られていました。1体1体、顔の表情も立ち姿も異なり、将軍の立像はいかにもリーダーらしく、賢者の風貌をしていました。
始皇帝は次の世も生き永らえるため兵馬俑を作ったのでした。

2016-02-06_14-47-44.jpg

4頭立ての馬車を見た瞬間、私は息をのんでしまいました。感動しました。始皇帝が永遠に生きるために用意した馬車なんですね。
※ 画像はファイルからお借りしました。

2016-02-14_09-58-57.jpg

2両の馬車は始皇帝が実際乗った馬車と考えられています。青銅で再現したものです。兵馬俑や青銅の馬車を陵墓の周りに埋めたのは、始皇帝は死後も皇帝として世界を永遠に支配出来ると思っていたのでしょう。
※ 画像はお借りしました。

2016-02-17_16-08-42.jpg

おみやげ売り場に陳列された兵士たち。武器は今はその手にないのですが、兵士たちの多くが武器を携帯していたのでした。

2016-02-06_14-01-31.jpg

ドリンクコーナーがありました。ひと休みしたかったのですが、適当な空席がなく残念(-"-)。

2016-02-06_15-12-27.jpg

公園の噴水。

2016-02-06_15-45-24.jpg

1本だけ、濃いピンクの花が咲いていました。梅か?桜か?幹にカンザクラと表示がありました。

2016-02-06_15-49-23.jpg

満開のカンザクラ。東京はすっかり春ですね。

2016-02-06_15-50-04.jpg

2月5日(金)、公園に雪が積もり、ソリで遊ぶ子どもたち。平和な風景ですね♪
秋田はまだまだ寒さが続きそうです。東京の報告の続きは次回に書きますね。

2016-02-05_09-40-25.jpg

スポンサーサイト

2016-02-14 19:18 | カテゴリ:日記