永訣の朝・松の針・無声慟哭(朗読・わがりえ)

        

宮沢賢治 『心象スケッチ 春と修羅』より

        永訣の朝

   けふのうちに
   とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
   みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ

       ※(あめゆじゆとてちてけんじや)

   うすあかくいつそう陰惨(いんざん)な雲から
   みぞれはびちよびちよふつてくる

        (あめゆじゆとてちてけんじや)

   青い蓴菜(じゆんさい)のもやうのついた
   これらふたつのかけた陶椀(たうわん)に
   おまへがたべるあめゆきをとらうとして
   わたくしはまがつたてつぽうだまのやうに
   このくらいみぞれのなかに飛びだした

        (あめゆじゆとてちてけんじや)

   蒼鉛(さうえん)いろの暗い雲から
   みぞれはびちよびちよ沈んでくる
   ああとし子
   死ぬといふいまごろになつて

   わたくしをいつしやうあかるくするために
   こんなさつぱりした雪のひとわんを
   おまへはわたくしにたのんだのだ
   ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
   わたくしもまつすぐにすすんでいくから

        (あめゆじゆとてちてけんじや)

   はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
   おまへはわたくしにたのんだのだ

    銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
   そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
   …ふたきれのみかげせきざいに
   みぞれはさびしくたまつてゐる

   わたくしはそのうへにあぶなくたち
   雪と水とのまつしろな二相系(にさうけい)をたもち
   すきとほるつめたい雫にみちた
   このつややかな松のえだから

   わたくしのやさしいいもうとの
   さいごのたべものをもらつていかう
   わたしたちがいつしよにそだつてきたあひだ
   みなれたちやわんのこの藍のもやうにも
   もうけふおまへはわかれてしまふ

   ※(Ora Orade Shitori egumo)

   ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
   あぁあのとざされた病室の
   くらいびやうぶやかやのなかに
   やさしくあをじろく燃えてゐる
   わたくしのけなげないもうとよ

   この雪はどこをえらばうにも
   あんまりどこもまつしろなのだ
   あんなおそろしいみだれたそらから
   このうつくしい雪がきたのだ

       ※(うまれでくるたて
         こんどはこたにわりやのごとばかりで
         くるしまなあよにうまれてくる)

   おまへがたべるこのふたわんのゆきに
   わたくしはいまこころからいのる
   どうかこれが兜率(とそつ)の天の食に変わって
   やがておまへとみんなとに
   聖(きよ)い資糧(しりょう)をもたらすことを
   わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ

 
  (註) ※あめゆきとつてきてください

      ※あたしはあたしでひとりいきます

      ※またひとにうまれてくるときは
       こんなにじぶんのことばかりで
       くるしまないやうにうまれてきます
 

松の針

   
さつきのみぞれをとつてきた
あのきれいな松のえだだよ

おお おまへはまるでとびつくやうに
そのみどりの葉にあつい頬をあてる

そんな植物性の青い針のなかに
はげしく頬を刺させることは
むさぼるやうにさへすることは
どんなにわたくしたちをおどろかすことか

そんなにまでもおまへは林へ行きたかつたのだ
おまへがあんなにねつに燃され
あせやいたみでもだえてゐるとき
わたくしは日のてるとこでたのしくはたらいたり
ほかのひとのことをかんがへながら森をあるいてゐた

※((ああいい さつぱりした
まるで林のながさ来たよだ))

鳥のやうに栗鼠(りす)のやうに
おまへは林をしたつてゐた
どんなにわたくしがうらやましかつたらう

ああけふのうちにとほくへさらうとするいもうとよ
ほんたうにおまへはひとりでいかうとするか
わたくしにいつしよに行けとたのんでくれ
泣いてわたくしにさう言つてくれ

おまへの頬の けれども
なんといふけふのうつくしさよ
わたくしは緑のかやのうへにも
この新鮮な松のえだをおかう
いまに雫もおちるだらうし

そら
さわやかな
terpentine(ターペンテイン)の匂もするだらう

  (註) ※ああいい さつぱりした
まるではやしのなかにきたやうだ

   
  
無声慟哭


こんなにみんなにみまもられながら
おまへはまだここでくるしまなければならないか

ああ巨きな信のちからからことさらにはなれ
また純粋やちいさな徳性のかずをうしなひ
わたくしが青ぐらい修羅をあるいてゐるとき
おまへはじぶんにさだめられたみちを
ひとりさびしく往かうとするか

信仰を一つにするたつたひとりのみちづれのわたくしが
あかるくつめたい精進(しやうじん)のみちからかなしくつかれてゐて
毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりどこへ行かうとするのだ

    ※(おら、おかないふうしてらべ)

何といふあきらめたやうな悲痛なわらひやうをしながら
またわたくしのどんなちいさな表情も
けつして見遁さないやうにしながら
おまへはけなげに母に訊(き)くのだ

(うんにや ずゐぶん立派だぢやい
けふはほんとに立派だぢやい)

ほんたうにさうだ
髪だつていつさうくろいし
まるでこどもの苹果の頬だ
どうかきれいな頬をして
あたらしく天にうまれてくれ

※((それでもからだくさえがべ?))
((うんにや いつかう))

ほんたうにそんなことはない
かへつてここはなつののはらの
ちいさな白い花の匂でいつぱいだから
ただわたくしはそれをいま言へないのだ

      (わたくしは修羅をあるいてゐるのだから)

わたくしのかなしさうな眼をしてゐるのは
わたくしのふたつのこころをみつめてゐるためだ
ああそんなに
かなしく眼をそらしてはいけない

(註) ※あたしこわいふうをしてるでせう

    ※それでもわるいにほひでせう



12月1日(日)、20年前のクリスマスに享年53歳で世を去った妹に捧ぐ。合掌。

妹が住む町は温かく、ピンクと白のさざん花の花が家々の垣根に咲いていた。私はセーターを着て妹が暮らした街をあちこち歩いてみた。妹はどこへ行ってしまったのだろう・・・。
翌年の春、桜が満開のころ、妹の夢を見た。妹は光り輝く空の高見から白い雲に乗り、明るい黄みどり色の振り袖を着て、「ここよ。ここよ」と手を振って微笑んでいた。「妹は天国にいる」。妹の夢を見たのは、その一度きりである。

12月になり、クリスマス一色に街が染まりはじめると、クリスマスの夜亡くなった妹のことが思い出されて、涙が出る。まだ道半ばだった妹。8月に父の13回忌に来て、我が家でカラオケを元気に歌っていった妹の、あっという間の無念の死だった。死因はすい臓ガンだった。
妹の臨終に立ち会った医師が涙をこぼした。真夜中、妹を乗せてきょうだいで帰る車を、二人の医師が冷え込む外に出て、いつまでも立って見送ってくれた。

妹のお葬式は武蔵野のお寺で執り行われた。秋田は荼毘に付し、お骨にしてからお葬式をするのだが、慣習の違いで、お棺に入った生仏の前でお葬式が執り行われた。お葬式が済むと、妹の夫も子どもたちも帰宅した。
私たちきょうだいは、妹を真っ暗なお寺の伽藍に一人ぼっちにして置いていくのは忍び難く、急遽、お寺から布団を4式借りて、妹のお棺の前で休むことにした。兄ひとりと妹が4人、きょうだい5人が揃って並んで寝るのは子どものとき以来だった。

私たちは、妹のお棺の側で、洋服を着たまませんべい布団にくるまりながら、父と母と妹と自分たちの思い出話に盛り上がり、明け方まで笑い合った。悲しいはずなのに涙が出なかった。妹の突然の死は私たちきょうだいには受け入れがたく、いわゆる葬式躁病になっていた。

わがりえさんの東北訛りの『永訣の朝・松の針・無声慟哭』の朗読は、「あめゆじゅとてけんじゃ」と、賢治に頼む妹のトシの声に聞こえる。そして、私の妹の声にも聞こえる。妹は背が高く、手の指が細く長く器用で、大人しい人だった…。

こんなに素晴らしい朗読をされるわがりえさんは、どんな方なのだろうか。
わがりえさんにお会いしたいと思う。
わがりえさん、素晴らしい朗読をどうもありがとうございます。
   
スポンサーサイト

2013-11-30 06:23 | カテゴリ:宮沢賢治