ご訪問いただいてる皆さまありがとうございます。私の不手際から9月23日以降の画像の殆どを紛失しショックを受け、更新できずに居りました。気を取り直し取りあえず残った画像をアップします。記事は後ほど・・・。今後もよろしくお願い申し上げます。

〔 ほどよい速度で、深い人生を。〕 福岡亜也子

  全くもってタイシタコトのない
  世界的にみてソコソコの国がいい。
 (略)
  世界なんていう単位で
  立派で一番!になる必要はあるのか。
  私たちから見て一番幸せになれる国。
  そうなる必要は大いに
  有。

  景気ばっかりよくって
  高ーい車買って
  宝石ジャラジャラつけたくって
  そんな
  目や手や
  そんな物で感じる幸せは
  ソコソコあれば十分。
  タイシタコトない平凡な国がいい。
  穏やかに過ぎる時に
  心で幸せを感じられるから。

2011年、「中央公論」誌上で「夢の憲法前文を作ろう」「私たちが書く憲法前文」に応募し、最優秀賞に選ばれた17歳の女子高校生の福岡亜也子さんの詩です。
『私たちが書く憲法前文』大塚英志(編・監修)角川書店 より。

世界中から日本は平和な国、戦争をしない国と見られていた。「平和憲法9条」があり、自国は守っても他国へ武器を取って戦争に行ける国ではなかったから。
だが、9月19日以降、アメリカが戦う相手からは、はっきり敵国として日本は認知される国になった。後方支援というが戦争に前も後ろもない。もはや日本の国は安全ではない。私たちは「ほどほどの人生、穏やかな時間、心で幸せを感じられる・・・」と言っていられなくなってしまったのではないだろうか。

2015-09-22_11-10-27.jpg

9月22日(火)、シルバーウイークにつられて秋田県南秋に位置する、にかほ市象潟町へ行ってきました。黄金一色の田んぼ。

2015-09-22_11-11-25.jpg

稲が刈られた後の田んぼ。平和で豊かな田園風景がひろがる。

2015-09-22_11-11-50.jpg

海のすぐそばまで芝生が敷かれています。同じ日本海でも私が暮らしていた能代や落合浜の砂浜に波が打ち寄せる風景とは全く異なる海辺の風景です。大勢の人たちが海風と陽光を浴びて楽しんでいました。

イクメンパパがいますね。ダッコひも・バック・水・敷物、全部持ってくれて、優しいな。小さな女の子を見つめる夫婦。この平和が続きますように。

2015-09-22_15-12-00.jpg

道の駅象潟ねむの丘6階展望台から北の男鹿半島方向を臨む。
♪海・・・海は広いな大きいな月がのぼるし日が沈むゥ~♪・・・突然頭の中に音楽が鳴り響いて♪

2015-09-22_13-30-11.jpg

南を見ると・・・海は青いな大きいなァ~♪

2015-09-22_13-29-06.jpg

松尾芭蕉が、1689年(元禄2年)象潟(九十九島)で「きさかたや雨に西施がねむの花」の名句を残したとき は、松島(宮城県松島町)と並び称せられた潟の絶景でしたが、1804年(文化1年)、象潟地震で海底が 隆起して陸になってしまったのでした。田んぼに浮かぶ九十九の島々は地震の歴史を今に伝える貴重な風景なのですね。

2015-09-22_13-28-16.jpg

ねむの丘の4階には温泉があります。日本海を一望できる展望温泉となっています。晴れた日は遠く男鹿半島まで見渡せるそうです。

2015-09-22_14-31-42.jpg

この日、シルバーウイークとあって、建物の中は人人人で混雑していました。

2015-09-22_13-07-11.jpg

入口に秋田びじょん。

2015-09-22_13-08-31_2015100411160697d.jpg

にかほ市象潟町出身の木版画家、池田修三氏の木版画が足元に無造作に展示され、販売されていました。

2015-09-22_13-11-49_201510041116073f4.jpg

ススキが太陽の光を浴びて・・偶然に光のツリーが虹色に。
この後、夕日が沈むサンセットが素晴らしい本庄市の岩城(いわき)道の駅へ寄りましたが、残念にも雲に覆われていていて写真は撮影できず残念(>_<)。

2015-09-22_11-23-52.jpg

9月27日(日)JP労組OB会の第1回定期総会があり能代市へ出かけました。10数年ぶりでお会いする方もいて写真をパチパチ撮ったのですが全部消失!!(T_T)。十五夜お月様もスーパームーンもウオーキングも全部消失。ショック!!(T_T)。
子どもの指示に従ってアンドロイドからPCに写真を取り込む作業をしたのですが、不器用な手が「削除」に触ってしまい!!情けな~(-"-)。

10月11,12日、【相談事例研究会】参加のため上京するので、その折子どもと相談して何とかしたいと思っています。私の好きな中島みゆきさんの歌で「年を取るって素敵なことではありませんか~♪」という歌詞がありますが、…年を取るって、今までできていたことができなくなって行くことなんですよね。器用だった手が…涙。。。この度は大概元気印の私も参ってしまいました。切り替えなきゃね☆彡。

2015-09-02_18-25-57.jpg
スポンサーサイト

2015-10-04 11:35 | カテゴリ:日記