この国はいま子どもたちから未来を奪おうとしていないか。
        大人は子どもたちに「平和な日々」を保証できるのだろうか。
        あなたは大丈夫と言えますか?

< 日本国憲法 : 第10章 最高法規 >

 第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪え、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

 第98条 この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全文又は一部は、その効力を有しない。
 ② 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に順守することを必要とする。

 第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。 


★★ 安保関連法が成立=戦後政策、歴史的転換―集団的自衛権行使容認・野党抵抗未明まで ★★

【 安保関連法が19日未明の参院本会議で採決が行われ、自民、公明両党と元気、次世代、改革の野党3党の賛成多数で可決、成立した。野党は未明まで抵抗した。
 採決の投票総数は238で、賛成148票、反対90票だった。
 安倍晋三首相は19日未明、成立を受けて首相官邸で記者団に「幅広い支持の下に、法案を成立させることができた。今後も国民に誠実に、粘り強く説明を行っていく」と強調。これに対し、民主党の岡田克也代表は、記者団に「これからが本当の勝負だ。集団的自衛権の部分は白紙に戻さなければいけない」と訴えた。】
※ 出典 : 時事通信9月19日(土)2時24分配信

国民の声に耳を塞いで強行採決!!許しません!!「今後も国民に誠実に、粘り強く説明を行っていく」ってウソばっかり!!そもそも違憲法案をどう誠実に説明できるというの<`ヘ´>。諦めないで、「平和な日々」を守るためアベ首相に負けず粘り強くがんばろうよ(^^)/。

2015-09-15_09-19-20.jpg

9月12日(土)、秋晴れの中、ルポールみずほで開催される第20回秋田県母と女教師の会へ参加するため出かけました。

2015-09-16_12-49-36.jpg

<子どもたちに平和な未来を>
【第一分科会】子どもと学校 【第二分科会】子どもの健康と環境【第三分科会】女と男の自立と平等【第4分科会】共に生きる共に学ぶ【第5分科会】子どもに平和な未来を
※ 画面をクリックして拡大してご覧ください。

2015-09-19_04-44-10.jpg

私は【第3分科会 女と男の自立と平等】の講師を務め、「モラルハラスメント(精神的暴力)がDVの一形態であり、DVは社会と家庭における女性と男性の不平等な関係の中で起こる。女性が経済的に自立することが困難な社会(男女の賃金差・職種がケア役割で低賃金)である。DV家庭において子どもは第二の被害者である」ことをお話してきました。

2015-09-12_09-19-54.jpg

全体会では各分科会で語り合った内容が報告されました。

2015-09-12_15-03-03.jpg

母女(母と女性教職員の会)20年の歩み

2015-09-12_09-56-49.jpg

母女の会が終わって、12日午後4時から<安保法案を考えるシール投票>(主催:女性が呼びかける県民アクション実行委員会)が秋田市民生協&茨島店前で行われ参加しました。反対にシールを貼りながら「10枚も貼りたいわ」という方が結構いらっしゃいました。

2015-09-12_16-58-25.jpg

夕方のバス停。6時半になるとこんなに暗くなってしまいます。秋ですね。アルべのガラス越しにバス停をパチリ。ガラスにアルべの中が映っていて幻想的な写真になりました。

2015-09-12_18-31-59.jpg

13日、午後1時30分から秋田駅前西口大屋根下で12日に続き、<安保法案を考えるシール投票>が行われ参加しました。
2日に亘った<安全保障関連法案に賛成?反対?>のシール投票の結果は<反対503 賛成35>でした。安保法案早期決議をと全国で一番乗りでエールを送った(>_<)秋田県議会と秋田県民の意識の差があり過ぎです。
また、反対のシールを張って下さった方の多くが女性でした。女性は戦争嫌いなんですね。

2015-09-19_12-50-31.jpg

13日、シール投票会場に向かう途中で、雨の中<戦争法反対>(主催:憲法改悪反対秋田県センター)デモ行進が行われており、車の中からパチリ。

2015-09-13_13-06-17.jpg

15日(火)、久しぶりにウオーキングに参加しました。ななかまどの実が赤く色づいて。

2015-09-15_09-34-38.jpg

朝の光の中で咲き乱れる野菊の花。

2015-09-15_09-27-03.jpg

あちこちに毒キノコが生えています。

2015-09-15_09-51-47.jpg

「キノコ見つけたよ~」

2015-09-08_09-23-47.jpg

「ほら♪あわ茸は食べられるよ♪」。この後、斜面ににあわ茸が結構生えていていました。

2015-09-08_09-25-08.jpg

桑の実。

2015-09-15_09-15-41.jpg

垂れ下がってるのは豆のようなアカシヤの実。

2015-09-15_09-29-14.jpg

秋明菊。

2015-09-15_09-21-32.jpg

15日夕方、<戦争法案反対>デモ行進参加のため秋田駅前へ。大屋根を照らし輝く夕日をパチリ。

2015-09-15_17-24-58.jpg

集会アピールを聞く参加者。

2015-09-15_17-53-46.jpg

午後6時出発です。「3列になって、3列になって」。

2015-09-15_18-01-31.jpg

夕闇の中で、蓮の花が「安保法案・絶対反対!」「平和を守れッ!」「9条壊すな!」シュプレヒコールの声を聞いてます。

2015-09-15_18-14-26.jpg

「平和を守れッ!」「戦争法案絶対反対!」声の限り叫んでゐます。

2015-09-15_18-16-36.jpg

ここで流れ解散。<戦争法案反対>デモ行進は15日から17日まで3日間連続で行われました。

2015-09-15_18-35-30.jpg

この日の国会周辺。警察車両がデモを規制しようと数珠つなぎに並んでました。警察官の心中は?

2015-09-15_02-15-19.jpg

国会前で「戦争は文化でない!!」と叫ぶ俳優の石田純一さん。勇気ある素晴らしい行動に励まされますね♪

2015-09-17_21-44-01.jpg

17日、民主主義を無視し強行採決がされる直前、乱闘になった国会(>_<)。民主主義が死んだ日(T_T)。

2015-09-17_21-49-41.jpg



2015-09-15_09-24-25.jpg

19日午後1時30分から<総がかり行動秋田県集会>があり参加しました。
★ 70年間の平和を破り、今日から日本は「戦争できる国」に方向転換したのです ★
未明けの独裁アベ政権による「安全保障関連法案」強行採決を嘆くように雨が降り。。。。。

2015-09-19_12-30-35.jpg

「戦争法案の強行採決ゆるさない!」9.19秋田県民集会ビラと声明文
※ クリックして拡大してご覧ください。

2015-09-21_02-20-19.jpg

各団体代表あいさつ。

2015-09-19_13-21-45.jpg

声明文を読み上げる女性。

2015-09-19_13-51-58.jpg

手に持った声明文に見入る参加者。

2015-09-19_13-50-35.jpg



2015-09-19_12-51-28.jpg

デモ行進へ。

2015-09-19_13-56-16.jpg

お堀の蓮の花が実になっていました。木々が紅葉しはじめて。

2015-09-19_14-09-03.jpg

なかいちの前の広場で「秋田元気祭り」があり、秋田の人気者ネイガ‐たちが舞台で賑やかに「クサイクサイ」とオナラのアクションをしてました。こんなイベントも「平和な日々」だからできるんですよね。

2015-09-19_14-16-02.jpg

「お疲れさまでした」。いつものように流れ解散です。

2015-09-19_15-00-07.jpg

いつものコースより伸ばし、約4000歩。ここでお茶をしてから帰宅しました。

2015-09-19_16-31-02.jpg

9月13日午後3時、被爆地・広島では約7千人が広島市中区の中央公園に集まり、人文字を作って法案反対を訴えました。
※ 写真は朝日新聞よりお借りしました。

2015-09-14_03-11-38_20150921040946e66.jpg

<< 緊急全国世論調査 >>
日本テレビと読売新聞の19日と20日緊急世論調査では、安保関連法が成立したことについて「評価する」が31%。「評価しない」が58%。また政府・与党が安保関連法の内容について国民に「十分に説明したと思わない」が82%。「十分に説明したと思う」が12%でした。

毎日新聞の全国世論調査では、安倍内閣の支持率は8月の前回調査より3ポイント増の35%、不支持率は同1ポイント増の50%。

国民の約3分の1しか支持しない安倍内閣が、大多数の市民を無視し、「70年間平和な戦争しない国日本から戦争する国日本」へ重大な方向転換することは民主主義の冒涜以外の何ものでもりません。違憲安保を無効にし、民主主義を取り戻す戦いを市民が連帯し、今からはじめよう(^^)/。頑張ろうよ(*^^)v。

2015-09-15_09-27-27.jpg
スポンサーサイト

2015-09-19 06:30 | カテゴリ:日記
< 18号大雨台風による被災地の皆さまに心からお見舞い申し上げます。 >

9月10日、朝5時過ぎミミちゃんに外の散歩をねだられて、「ミミちゃん、早すぎ~」と玄関を開けると朝焼け空が。濃いピンクの明るい空に誘われて道路へ出て見ると、大きな虹が空いっぱいに架かっていました。

2015-09-10_05-16-09.jpg

振り向くと、東の空に朝の太陽に照らされて金色に輝く雲が。

2015-09-10_05-17-12.jpg

再び虹を眺めると虹が二重になっていました。ラッキ―♪今日は何かいいことあるかな♬。

2015-09-10_05-18-00.jpg

「ミミちゃんありがとう♪」。雨がパラつきはじめミミちゃんのお散歩はお休み。「散歩に連れてってよ~」と不満顔のミミちゃんです。

「何かいいことあるかナ♬」私ののん気な希望とは裏腹に、午後テレビをつけると、台風18号が各地に甚大な被害をもたらし、茨城県常総市では鬼怒川が氾濫、自衛隊がヘリコプターで水没しかけている家から必死に避難し遅れた人たちを救助している様子がライブ放送されていて、驚きました。

2015-09-10_05-24-52.jpg

9月3日、画家政岡悦子さんからお誘いを受けていた「平和な展覧会」 創作は戦いだ! (主催 武蔵野美術大学校友会秋田支部)を観に行ってまいりました。

2015-09-03_16-46-14.jpg

政岡さんの描かれた北限の椿。北限の椿は秋田県男鹿市の日本海に臨む能登山に自生し、大正11年国の天然記念物の指定を受けています。政岡さんの絵を前から欲しいと思っていましたのでピンクの椿の絵を予約してきました。
(※ 関連 カテゴリー 秋田学びの旅 大仙・仙北市~荒川鉱山(松田解子さん)と秋田蘭画)

2015-09-03_15-46-40.jpg

「ヤギさん。可愛い♪」なでなでしたくなる。「撫でていいよ」って仰ってくれたけど、作品ですからね。遠慮しました。

2015-09-03_15-51-16.jpg

動物大好きなSASAKI MISAOさんの作品です。秋田市の八木山動物園に何度も通って制作されたとのことでした。

2015-09-03_15-55-08.jpg

愛らしい動物たちがいるSASAKI動物園。ニャンコが喜びそうなサンマがありますね。

2015-09-03_15-52-53.jpg

ハイ!おさかな大好きのニャンコです。ニャンコ親子の笑顔に私もつられてニッコリ(^^♪。
このニャンコと木彫りの椅子は別の作家の方の作品です。

2015-09-03_16-25-16.jpg

相馬大作さんの素敵な作品が絵葉書セットで販売されてましたので買いました。

2015-09-03_16-22-32.jpg

秋田市梅津秀さんのあきた羽衣人形。

2015-09-03_16-19-00.jpg

十二支が揃うのでしょうか?人形が丸みを帯びていて独特の温かい雰囲気があります。

2015-09-03_16-19-16.jpg

芦野純子さん制作の人形と絵です。芦野さんが丁寧に人形(高温で何回も焼く)の制作についてお話し下さいました。手足に関節があり全部動くようになっていました。洋服も着物も手作りでした。卯年生まれの私は「うさちゃん」が欲しかったけど、これ以上持ち物を増やしても(そろそろ断捨離)と・・・諦めて帰りました。

2015-09-03_16-41-56.jpg

丁寧に磨かれた木の家に棲む動物たち。上手いなあ(^^♪。

2015-09-03_16-44-47.jpg

近未来の箱舟に乗れるのは?ダーレ?地球で一番ワガママで残酷なホモサピエンスは乗れないかも(>_<)。
いまここで、あなたは「平和の声」が聞こえていますか。

2015-09-03_16-43-43.jpg

9月5日(土)、<放送大学秋田学習センター・さまざま展示会in横手>へ参加のためで電車に乗って横手市へ。「あっ!スギッチ♪」ポーズを取ってくれる。「ありがとう♪」。スギッチは秋田県のゆるキャラです。

2015-09-05_11-00-58.jpg

駅前のブースでは温暖化対策やエネルギー対策の展示が県と企業と合同で行われていました。

2015-09-05_11-02-23.jpg

模型の電車が走るのを興味深げに見入る子どもとお母さん。

2015-09-05_10-59-49.jpg

子どもが駅長さんの帽子を被り、JROBの方からお話を一生懸命聞いてました。

2015-09-05_11-00-05.jpg

「秋田の旅のPR」をしている県庁職員の方に後ろを向いていただき背中をパチリ。

2015-09-05_11-05-51.jpg

横手市郊外の住宅・・・電車の中からパチリ。

2015-09-05_13-06-23.jpg

横手市駅前にある「横手市交流センター/わいわいぷらざ」で開催されたミニ講演会『「南外の農作業着」に見る染色について』石黒純一教授(放送大学秋田CS客員教授)の講演を一部紹介します。

2015-09-05_14-04-00.jpg



2015-09-05_14-09-17.jpg

木村伊兵衛氏の有名な写真です。編み笠の女性のポスターが東京銀座を彩りました。ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
( ※  関連 カテゴリー 秋田学びの旅  『東アジア銀の旅』 )

2015-09-05_14-07-32.jpg

昭和25年頃、65年前に秋田蕗PRに使われた丸髷和服姿の秋田美人の写真です。

2015-09-05_14-17-33.jpg

毎年、ミス秋田に選ばれた女性と蕗の写真が秋田のイメージとしてPRされています。白足袋に赤い鼻緒のゾウリでフキ狩りの作業はできません。

2015-09-05_14-18-22.jpg

実際にフキ狩り作業をする女性たちです。

2015-09-05_14-20-30.jpg

銃後の婦人・・・って、秋田をはじめ東北と北海道から大勢の男性が徴兵されたのでした。きりっと美しい立ち姿だけれど、眼が淋しそうですね。

2015-09-05_14-19-22.jpg

勝平徳之氏の版画。戦前ばかりでなく戦後もかなり長い間農村女性の田植はこうでした。

2015-09-05_14-21-12.jpg

絵絣は高価なので、安い縞と併せて用い、おしゃれ心を満足させていたのですね。当時は布そのものが貴重品だったんですね。どれが元の布だったのか分からない位継ぎはぎした農作業着(野良着)を見たことがあります。

敗戦後、1947年GHQの指揮の下、日本政府が地主制度を廃止し農地改革(農地解放)を行うまで農民(小作人)は貧しかったんですよね。GHQの政策を押しつけだと批判するけど、農家にとっては有り難い制度改革だったのですね。

2015-09-05_14-31-38.jpg

絵絣と縞をつぎはぎした野良着。パッチワーク風で素敵ですね。

2015-09-05_14-34-07.jpg

絞りと型染めと絵絣を合わせた野良着は珍しく貴重品だったのですね。どんな女性が着たのでしょうか?

2015-09-05_14-34-43.jpg

帰路へ。道路わきのススキもまだ背が低く赤みを帯びた茶色です。放送大学で用意したレンタカーで自宅近くまで送っていただきました。平和な一日に感謝。

2015-09-05_16-11-34.jpg

今年、秋田は全然残暑がなく、お盆過ぎから涼しい日が続いて居ります。8月末ごろから雨が降り(秋つゆ)状態でカラッとしたお天気の日が殆どありません。

2015-09-08_09-38-04.jpg

2015-09-11 02:20 | カテゴリ:日記