1月22日朝、モラルハラスメント被害者同盟のKさんから「すぐ!日本テレビを見てほしい」という電話が入り、急いでテレビをつけると、「スッキリ!!★高橋・三船報道で浮上モラハラ…体験女性明かす夫の暴言★」が始まろうとしていました。私はもっぱらインターネットで二人の主張を読んで、「これはモラルハラスメントだ。美佳さんも生きにくかっただろうな。よく逃げることができた。偉い!」と内心拍手を送ってたのです。

モラルハラスメント(言葉や態度による精神的暴力)は見えない暴力です。モラルハラスメントは振るわれている本人も気が付かなかったりするのです。三船美佳さんも結婚ってこういうものかと初めは思っていたそうです。
モラルハラスメントはDVの一形態です。妻や恋人の【人格を全否定】し、自信と意欲を奪い【相手を思いどうりにコントロールするため】振るう暴力です。被害者の心と体が壊れてしまいます。美佳さんも「心身がボロボロになって家を出る決心をした」と言って居られます。

高橋さんを見て分かるように、外では非常に人当たりが良く、世話好きだったり、世間体を気にしていい人を演じているので、被害を受けてる妻や恋人が友人等に「夫からモラハラを受けて苦しい」と相談しても、「あんなにいい人が!!あなた何言ってるの!」と分かってもらえず、返って傷つけられてしまう(二次被害)場合が多いのです。

DV夫やモラハラ夫は外で他人にはニコニコ顔をし、家庭で妻や子どもには鬼のような顔になるのです。外面(ソトヅラ)と内面(ウチヅラ)が180度違うのです。

DV夫&モラハラ夫は「強い劣等感」を持ち、小心者です。
妻が話し合いをしたいと思っても、話が噛み合わず、話し合いが成立しないのが最大の特徴です。

モラルハラスメントという言葉が、三船・高橋夫婦の裁判をきっかけに世の中に広がり、モラルハラスメントが暴力であること、被害者を酷く傷つけ、心身の健康を損なうことが理解されるようになればいいですね。

詳しくお知りになりたい方は、ここのサイドバーから入り、HP【マリコのかけ込み部屋】&リンク先の【モラルハラスメント被害者同盟】をご覧ください。
※ 1月31日、HP 【マリコの部屋~女性が一人前生きるために~】へ<★モラル・ハラスメントチェックシート>を追記し、モラルハラスメント記事を更新しました。

2014-07-26_05-08-09.jpg

私は新年会で数年ぶりに食べたカキフライの1個目はプリッとして美味しかったのですが、2個目は中が生ぬるくだらっとしていてぜんぜん美味しくなかったのです。これがが当たったらしく、19日夜から27日朝まで、お腹を壊しトイレと仲良しになっていました。

その日は珍しく吹雪が吹き荒れ、とても寒く、体調もベストでない状態で出かけました。新年会開始時間に合わせて、いつもと違う路線バスに乗ったところが、バスがまるで雪の洞穴を走ってるような吹雪に見舞われました。その上、街中へ入るとバスはほとんど動かない、ノロノロ運転になり、普段35分くらいなのに65分もかかり、結局遅刻してしまいました。

帰り駅まで歩いてる途中、呼吸がとても苦しく、丁度かかってきた電話に息切れがしてまともに話ができない状態でした。変?寒すぎるから?・・・その後1週間、微熱もあり、一歩も外に出られず、テレビとインターネットと本と少々の家事三昧の日々を過ごしてしまいました。
下の写真は新年会の帰路、吹雪が舞い込んだ夜の駅の階段です。

2015-01-17_20-22-38.jpg

夜8時過ぎのバスロータリー。

2015-01-17_20-25-50.jpg

食事はおかゆと梅干が必需品でした。夫が作る食事から食べられる物だけ選んで食べていたら、さすがに体力が落ち、こんなでは元通り歩けるようになるには、またリハビリをしなければならないのか…3ヶ月くらいかかるのかな?仕方ないな…と、思うくらい具合が悪かったのです。

高齢者が寝込むと1日1%、少ない筋肉から猛スピードで筋肉が失われていく…。早く普通に歩きたい。夫に「近くのスーパーへ車で出かけるとき、私も一緒に乗せて行ってほしい」と頼むと、夫が「そんな恰好で歩いているのを他の人が見たら、どんなひどい病気をしたのだろうと思われるから、連れて行けない」とすげなく断られてしまったのです。
その時、がっかりしたけど私自身、スーパーの売り場を無事歩ける自信がなく、その日の外出は諦めざるを得ませんでした。

亡き母が「年をとってからお腹を壊すのは良くない」と言ってたことを思い出し、少し弱気にもなりました。それでも、ネットで調べたら、「病院では主に水分とミネラル補給の点滴をするだけで、カキ中毒に効く薬は未だにない」ということだったので、病院へは行きませんでした。自然治癒力を信じ体の力に任せたのです。

10年ほど前、ホタテに当たり食中毒になったときは、赤十字病院へ入院しましたが、ノロウイルスも出ず、いろいろ検査した結果、結局ベットに10日ぐらい寝ていただけでしたから。医師はとても多忙にかかわらず様態異変が起こらないか、早朝や夜も様子を見に来てくださり、今も有難く思っています。

下の写真はとても便利なおかゆ鍋です。おかゆができるまでは1時間かかりますが、どんなおかゆでもとても美味く出来上がります。なかなか見かけない商品ですが、お勧めです。
大根の漬物は、もっぱら塩分補給のためです。体から塩分が抜けると5切くらいはペロリなのですが、塩分が充足すると塩気を強く感じ1切も辛すぎて美味しいとは感じられないのです。体の塩分濃度を保つため人間の味覚もうまく働くのですね。

2015-01-28_15-22-35.jpg

宮沢賢治さんの詩を紹介しますね。私自身に呼びかけ元気づけるためにも。          

    宮沢賢治 疾中より

    〔風がおもてで叫んでる〕

    風がおもてで叫んでる
 
    「さあ起きて

    赤いシャッツと

    いつものぼろぼろの外套(ぐわいたう)を着て

    早く表に出てくるんだ」と

    風が交々(こもごも)叫んでゐる

    「おれたちはみな

    お前が出るのを迎へるために

    おまへのすきなみぞれの粒(つぶ)を

    横ぞっぽうに飛ばしてゐる
    
    おまへも早く飛び出してきて
 
    あすこの稜(かど)ある巌(いわ)の上

    葉のない黒い林のなかで

    美しいソプラノをもった

    おれたちのなかまのひとりに

    約束通り結婚しろ」と

    繰り返し繰り返し

    風がおもてで叫んでゐる  
  
スポンサーサイト

2015-01-28 06:56 | カテゴリ:日記
イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループに拘束された仙台市出身のジャーナリスト、後藤健二さん(47)の新たな映像が24日午後(日本時間24日夜)、インターネット上の動画投稿サイトに公開されました。 

2015-01-03_01-49-43.jpg

★★ 後藤健二さんからのメッセージ ★★
 「私はゴトウ・ケンジ・ジョゴだ。あなたがたは私の同房、ユカワ・ハルナがイスラム国の地において殺害された写真を見た。あなたがたは警告と期限を聞いた。われわれを捕捉した人々は、その警告に沿って行動した。安倍(首相)がハルナを殺害した。あなたは警告を深刻に受け止めず、期限の72時間内に行動しなかった。
 愛する妻よ。愛している。2人の娘に会いたい。どうか、私にも同じことが起きないようにしてほしい。あきらめるな。あなたは私の家族、友人、同僚たちとともに政府に圧力を加え続けなくてはいけない。
 彼らの要求は易しく、またフェアになった。彼らはもはや金は要求していない。だから、テロリストに金を渡すことを心配する必要はない。
 彼らは、ただ獄中にある彼らの姉妹、サジダ・リシャウィの解放を求めているだけだ。それはシンプルだ。あなたがたはサジダを釈放すれば私は解放される。日本政府は石を投げれば届く距離にいる。日本政府代表団は皮肉なことに、彼らの姉妹が獄中にあるヨルダンにいる。
 私は強調したい。いかに私の命を助けることが簡単なことか。これがこの世での最後の時間になるかもしれない。この言葉をあなたが聞く私の最後の言葉にしないでほしい。どうか安倍(首相)に私を殺させないでほしい。」(英語を翻訳)

※ 出典 : 毎日新聞2015年1月25日、1時27分

<追記>1月26日
(2005年ヨルダンの首都アンマンにおいて夫と共に結婚式場等で同時自爆テロを実行。夫は自爆に成功したが、サジダ・リシャウィは自爆装置が作動せず生き残る。このテロにより60人が死亡した。)

2015-01-03_01-38-20.jpg

<最終通告>
湯川さんが殺害されたというニュースが真実ならショックです。この度新しい条件として身代金が不要になり、【後藤健二さんとヨルダンの獄中にいる彼らの姉妹サジダ・りシャウィさん(死刑囚)の解放に応じれば後藤さんを解放する】という交換条件に変わりました。

丁度、日本政府代表団がヨルダンに滞在してるのですから、人質交換を人道的見地から速やかに問題解決を図り、後藤健二さんの解放を安全に実現させてもらいたいと強く望みます。
このチャンスを生かし後藤さんを助けだすことに全力を挙げてとりくんでほしいですね。
後藤さんが笑顔で日本に戻られますようただ祈るのみです。

2015-01-03_01-32-42.jpg

★★ 時代の正体、邦人拘束事件に思う(上)失われていく多様性 ★★
2004年、やはり取材中、武装勢力に拘束されたジャーナリスト安田順平さん(40)。当時、日本国内では拉致された経緯が報じられ、「自己責任論」が語られた。危険と分かっていて自ら行ったのだから、殺されても仕方がない-。と。

人質の一人、ジャーナリスト後藤健二さん(47)とは同業の士として1年前に知り合い、食事をする仲になっていた。口惜しい。
今回もインターネットを中心に「自業自得」の声が飛び交う。10年余り前と変わらぬ思いを安田さんが吐き出す。「こんな国は日本くらいじゃないか」
「いま現場で何が起きているのか。イラクやシリアがどうなっているのか。危険で容易に立ち入れないため知るのは難しい。知るための貴重な情報に価値を見いださない社会とは、どういう社会なのか」
(中略)
「いかに残忍な存在であったとしても、なぜ存在しているのかを考える必要はある。そのためにも彼らが何を主張しているのか耳を傾ける必要がある」
「自分たちの国のこれからのあり方を考えるためにも-」。
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
http://www.kanaloco.jp/article/83192/cms_id/122676

※出典:カナコロかながわ新聞ニュース(2015年1月24日)

風がなくもちろん嵐もない温暖な気候だと植物がこんなに巨大に育つのですね。戦争がなく、暴力がなかったら、人間ももっとにびのび生き生き自分らしく暮らすことができるでしょうに。
世界中の人々が安全で自由に安心して自分らしく、一人ひとり多様に生きることが可能な社会、お互いを尊重し合える社会の到来を望んでやみません。

2015-01-03_01-30-51.jpg

世界の戦争が日本と地続きのところにあることを私たちは忘れがちだと思います。こういう事件が起こると、グローバル化した地球にあっては、遠くの戦争が真近で生死にかかわる戦争となるのですね。
人間とは?戦争とは?正義とは?生きるとは?考えずにいられません。正義の戦争はないと思っています。

2015-01-03_01-31-15.jpg

今回は特別に人間とDNAが1~4%しか違わないという類人猿に登場してもらいました。「猿より頭の毛が1本多く頭がいい」と、自らをホモ・サピエンス(賢い人の意)と名乗り上げた人間が、一番仲間である人間を多様性を認めず残酷に際限なく殺しあいをするのですね。…悲しくて情けなくて涙が出ます(T_T)。

※ 写真はNHKテレビ「最後の楽園」からお借りしました。

<追記> 1月28日<後藤さんからの最後通告>
真夜中、ヨルダンのパイロットムアズ・カサスベ氏の写真を胸に後藤さんから最後通告(24時間以内にサジダ死刑囚を解放しなければ、後藤さんへの刑を執行する)が入りとてもショックです。
前日のテレビニュースで、安倍首相が「長期戦になる。中山外務副大臣を日本に戻し、別人を送る」と言うのを見て、「長期戦?悠長なことを言っていいのか?相手はイスラム国家、待ってくれはしないだろう」。私の想いが的中し、後藤さんの命の時間がどんどん無くなっていく…。辛いですね。

イスラム教では「すべて神のおぼしめし」「神のみ心のままに」と祈りを捧げると聞いているが、もし神が存在するなら、人間がする愚かな戦争やテロをきっと怒り悲しんで居られるのではないかと思います。
覚悟のシリア入国だったとは言え、後藤さんの心情を思うと言葉になりません。無事生還を祈るのみです。

<追記> 2月1日(日)  
後藤健二さんが殺害されたとみられる映像の中で、流されたメッセージは以下の通り(原文英語)。

日本政府よ。

 邪悪な有志連合を構成する愚かな同盟諸国のように、お前たちはまだ、我々がアラーの加護により、権威と力を持ったカリフ国家であることを理解していない。軍すべてがお前たちの血に飢えている。

 安倍(首相)よ、勝ち目のない戦争に参加するという無謀な決断によって、このナイフは健二だけを殺害するのではなく、お前の国民はどこにいたとしても、殺されることになる。日本にとっての悪夢を始めよう。

※ 出典 :朝日新聞 06時25分 

2014-06-19_20-58-49.jpg

2015-01-25 05:45 | カテゴリ:日記
1月16日(金)、久しぶりにななかまどの仲間とウオーキングに出かけました。雪の中で咲く山茶花。

2015-01-16_09-24-33.jpg

ここ3日くらい暖かい日(5~7℃)が続いたら、こぶしの花の蕾がこんなにふくらんでいました。

2015-01-16_09-26-39.jpg

1月15日(木)、陽気に誘われて午後散歩に出ました。

2015-01-15_15-58-14.jpg

今年は本当に雪が少ないです。

2015-01-15_16-01-05.jpg

散歩の途中で会った柴犬のももちゃん。飼い主さんが「ももちゃんカワイクしましょうね」と言って首に赤いバンダナを巻いてくれたところをパチリ。

2015-01-15_16-11-24.jpg


2015-01-22 15:47 | カテゴリ:日記
いま、フランス社会が多様な問題を抱え、「自由・平等・博愛」が危機に瀕している?下の新聞は風刺週刊誌の最新号です。風刺画は仏作家ミシェル・ウエルベックの作品。

2015-01-11_12-17-50.jpg

1月7日の午後(日本時間19時30分)、パリの風刺週刊誌シャルリー・エジプト本社が覆面をした二人の男が押し入り職員が襲撃され12人死亡、多数の負傷者が出るという衝撃的事件が発生しました。

2015-01-11_10-51-54.jpg

表現の自由を暴力で脅迫し阻止するということは赦されません。

フランス連続テロ事件の容疑者4人の関係図

2015-01-11_10-49-36.jpg

フランス各地でテロ犠牲者追悼集会が10万人規模で行われました。共和国広場に集まった人たち。

2015-01-11_11-05-24.jpg


2015-01-11_11-03-12.jpg


2015-01-11_10-57-30.jpg

無念にも突然命を奪われた犠牲者へキャンドルに祈りを込めて。

2015-01-11_10-54-00.jpg

10日、第2のテロ事件現場であるユダヤ系食料品店へ、仏特殊部隊が強行突撃、犯人を射殺、20人の人質を救出するも、既に、犯人が入店時に4人を射殺していました。
3歳の子供を連れたお父さんが冷蔵庫に隠れ、子どもをジャケットにくるみ、寒さに耐え救出されたとの報道もありました。子どもも恐怖に耐え頑張ったんですね。

2015-01-11_12-10-59.jpg

この度ののテロは中東アラビア半島のイエメンを拠点とするイスラム過激派「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」のメンバーが「予言者ムハマドの名誉が汚されたことへの報復として、犯行を指示した」と犯行声明を出している。

11日は、一連のテロ事件で犠牲になった17人を追悼する反テロ行進がパリ中心部のパリ共和国広場であった。オランド仏大統領やメルケル独首相、キャメロン英首相ら50カ国以上の首脳が腕を組んで約20分歩き結束を訴えた。160万の市民が参加した。これは1944年8月ドイツの占領からパリが解放されて以来の仏歴史上最高の人出だった。
オランド大統領は「今日パリが世界の首都になった。我々全ての国が(対テロで)立ち上がるだろう」と声明を出した。

2015-01-12_02-12-22.jpg

仏首都パリでテロに反対するため行われたデモ行進に参加する(前列左から)欧州委員会のジャンクロード・ユンケル委員長、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、ニコラ・サルコジ仏前大統領、マリのイブラヒム・ブバカル・ケイタ大統領、フランソワ・オランド仏大統領、アンゲラ・メルケル独首相、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長、マッテオ・レンツィ伊首相

2015-01-12_12-16-56.jpg

フランス全体では370万の市民が犠牲者17人の追悼と「テロに黙らない」と意思表示をするためデモに参加した。

「ペンは剣(銃)より強し」→「文章で表現される思想は、人々を動かし、武力以上に 強い力を持つ」

この記事のトップに載せた風刺誌最新号にネット競売で7万ユーロ(約990万円)を超える高値がついたそうです。最新号は6万印刷されましたがあっという間に売れ切れました。定価は3ユーロ(約420円)です。何でこれほどの高値がついたのでしょう?

<追 記> 1月16日
「私はシャルリー」「すべては赦される」と涙を流すイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が書かれた特別号(14日発行)が16ケ国語に翻訳され、500万部(当初300万部とされていた)印刷されて25カ国で販売された。

特定の宗教を槍玉に上げてこき下ろすことはヘイトスピーチ(差別扇動憎悪表現)なのではないでしょうか?自ら信じるキリスト教は?仏教は?考えてみればわかることですよね。テロは赦されないけど、宗教を信じる人たちの感情を逆なでし、傷つけることも止めるべきだと思います。新たな憎しみを産み、更なるテロや戦争の火種にならないと誰も保証できないのではないでしょうか。新たな襲撃事件が起こらないように祈らずに居られません。

※AFP時事から写真をお借りしました。


2015-01-11 12:57 | カテゴリ:日記
明けましておめでとうございます。

「年末年始は日本海側東北地方に大雪」という天気予報に吹雪を予想してましたが秋田市は1月3日4時、積雪はこの程度です。2日の5時過ぎお節にも飽きてイタリアンビュッヘへ。車が道路に溢れ動けない状態。人出はよかったのに福袋はまだたくさんありました。「無駄なものは買わない」「断捨離してるから」…やはり問題は財布にあり?

2015-01-03_16-04-28.jpg

燃える氷ともいわれるメタンハイドレードはメタンガスと水が低温高圧状態で結晶化した氷状の物質である。日本海には国内の天然ガス消費量の100年分の埋蔵量があるという。
日本は以前から調査していたが、昨年12月25日、資源エネルギー庁が日本海の秋田・山形県沖と新潟上越沖で採取に成功したと発表しました。
エネルギー資源が乏しい日本にとって、近未来の新エネルギーとして活用できることはうれしいニュースですね。

2014-12-25_14-30-34.jpg

1月4日、イオンへ行ってみました。セントラルコートの舞台で丁度、南京玉すだれが終わり、ごあいさつをしているころでした。急いでパチリ。

2015-01-04_15-50-00.jpg

さすが人通りが多かったです。女性たちが着用しているコートがキャメルと黒で、日本人の色選びもシックに変わりましたね。

2015-01-04_15-59-13.jpg

女の子のあこがれの壁ドン?女の子が裏から中へ入って記念写真が撮れるシカケになっていました。私的には壁ドンされたら怖いと思うんですけど…この年では誰も壁ドンするわけないか(^_^;)。

2015-01-04_17-02-12.jpg

妖怪ちゃんの絵馬に願いを書いてたくさん吊るされていました。絵馬って神社と思っていたのは単なる思い込み?

2015-01-04_17-03-25.jpg

千葉の市原動物園のゾウのゆめ花ちゃんが鼻で筆を持ち書初めを!!びっくり!!文字がちゃんとバランスが取れていてなかなか上手いですね(*^^)v。赤いリボンが似合っていて、なんとも可愛い♡♡♡。

2015-01-07_00-23-58.jpg

アベノミクスが猛威を振るう年となりそうですが、今年もよろしくお願いします。

2015-01-03 13:08 | カテゴリ:日記