第16回全国シェルターシンポジウム2013inもりおか・岩手
 
               共同アピール

 本年6月26日の衆議院本会議において「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」第三次改正案、及び「ストーカー行為等の規制等に関する法律」の改正案が可決成立しました。ストーカー規制法は2013年10月3日から、DV防止法は2014年1月3日から施行されます。
 二つの法律改正によって、「交際相手」からの暴力被害に対する支援策が拡充されることになりました。しかし、ストーカー規制法の施行直後、東京都三鷹市において、18歳の女子高校生が元交際相手に殺害されるという痛ましい事件が発生しています。求められているのは、被害者の命を守る法律の運用なのです。
 阿部総理大臣は「女性の人権を尊重」し、「女性が輝く社会を実現する」ことを世界に向けて公約しました。しかし女性の人権を侵害し命の存続を脅かす「性暴力」の根絶なしに、「女性の輝く社会」の実現はあり得ません。日本の社会から世界のあらゆる地域から、女性に対する暴力をなくすために、私たちは以下の通り要望いたします。

一、私たちは性暴力が根絶される社会をめざし、包括的な「性暴力禁止法」の制定を求めます
一、私たちは、売春防止法、ストーカー規制法、雇用機会均等法、児童虐待防止法、刑法等、性暴力に関わる関連諸法律の、国際基準にそった人権確立の視点による抜本的改正を求めます。
一、私たちは、緊急保護命令制度の新設を求めます。
一、私たちはDV在の新設を求めるとともに、強制力のある加害者再教育制度の実施を求めます。
一、私たちは、「被害者の立場に立った切れ目のない支援 」を実現するため、配偶者暴力基本方針の実行性のある改定を求めます。
一、私たちは、国、都道府県、市区町村によるDV根絶事業の継続的な予算拡充を求めます。
一、私たちは当事者支援の主要な担い手である民間サポートグループ及び性暴力救援センター等に対して、国の責任による財政支援の確立を求めます。
一、私たちは、DV/性暴力被害者の人権救済システムの確立を求めます。
一、私たちは、医療機関のベースとするDV/性暴力被害者回復支援センターの設置を求めます。

                            2013年10月27日
        
第16回全国シェルターシンポジウム2013inもりおか・岩手参加者一同
スポンサーサイト

2013-10-31 06:03 | カテゴリ:お知らせ・報告
10月26日・27日、第16回シェルターシンポジュウム2013inもりおか・岩手【性暴力禁止法の制定にむけて つながる、ひろげる、パープルネット~女性子どもに対する暴力の根絶~】が開催されました。北は北海道、南は沖縄までの女性たち(延べ1500人)が集まり、女性への人権侵害である暴力根絶のため、シンポジュウムをはじめ、翌日のたくさんの分科会へ参加し、熱気にあふれた2日間でした。

2013-10-26_13-01-20.jpg

10月26日のオープニングでは、花巻農業高等学校(宮沢賢治が教鞭をとった唯一の学校)の生徒による力強く太鼓をたたきながら踊る、若さあふれる華麗で力強い鹿踊り(ししおどり)で歓迎され、会場に集まった参加者が元気をいっぱいもらいました。

2013-10-26_12-49-30.jpg

2013-10-29 19:00 | カテゴリ:お知らせ・報告
☆「野の花日記」の写真はワンクリックするとすべて拡大して見ることができます。

[ 岩手山麓 焼走り熔岩流 ]

 何という世界だろう
 風の音もなく、
 黒々と果てなく続く大小の石、石、石、石、石……@@@
 黒くごつごつした、不規則に穴が空いた石は、
 雨水をあっさり地下まで通し、
 命が宿ることを許さない。
 濃い緑と白っぽい薄緑の2種類の杉苔が、
 石にしがみつき、
 真夏の40度の日照りに耐え
 真冬の-20度の氷に耐えて生きている。
 私は、石たちに容赦なく弄ばれ、足をすくわれまいとして、
 たった1キロの道程に、酷く緊張を強いられ、疲れてしまった。
 国指定特別記念物の石たちは、300年になろうとする今も、
 真っ赤な火になって走った山の斜面に、長さ3km、最大幅1,5km、
 固く黒々と誇り高く、石@石@石@石@@@…、そこに在る。
 私は黒々と広がる異様な世界に圧倒され、絶句して立ちすくむ。
 何という世界だろう
                          byマリコ

10月23日(水)、私は秋田宮沢賢治愛好会(研究家 榊昌子先生)のみなさんと一緒に、「石っこ賢治さん」が歩いたという岩手山麓の焼走り溶岩流を散策してきました。
想像を絶する焼走り熔岩流の世界を写真でご覧ください。
test_convert_20131025224335.jpg


緑と白の2種類の杉苔
test2_convert_20131025224250.jpg

写真の右側に鎖が2本張られていますが、そこが歩道です。
2013-10-23_11-11-49.jpg

既に、紅葉がはじまっていました。
2013-10-23_10-48-51.jpg

焼け走り熔岩流の尽きたところに賢治さんの詩碑『熔岩流』があります。
2013-10-23_11-22-14.jpg

『熔岩流』の詩碑を囲む愛好会の会員。この後、榊昌子先生から『熔岩流』を読んでいただき、至福の時間を過ごすことができました。
2013-10-23_11-26-15.jpg

詩碑はこのような林の中にあります。
2013-10-23_11-28-09.jpg

熔岩流と賢治さんの詩碑とお別れです。白く頭がちょこんと写ってるのが、みんなが盛岡駅から乗って行った大型タクシーです。
2013-10-23_11-28-38.jpg

2013-10-25 22:48 | カテゴリ:宮沢賢治
  宮沢賢治 詩ノートより

  〔何と云われても〕

  何と云われても

  わたくしはひかる水玉

  つめたい雫(しづく)

  すきとほった雨つぶを

  枝いっぱいにみてた

  若い山ぐみの木なのである

私は、この詩を読むと、人に〔何と云われても〕自分がひかる水玉をいっぱいつけて、すくっと立ったみずみずしい一本の若い山ぐみの木になったような気がして、エネルギーが湧いてくるのです。

2013-10-21 02:18 | カテゴリ:宮沢賢治
みなさん。はじめまして。マリコです。
今日は、みなさんへ宮沢賢治作詞作曲の「星めぐりの歌」をご紹介します。




  〔星めぐりの歌〕

  あかいめだまのさそり

  ひろげた鷲のつばさ

  あおいめだまの子犬

  ひかりのへびのとぐろ

  オリオンはたかくうたひ

  つゆとしもとをおとす


  アンドロメダのくもは

  さかなのおくちのかたち

  大ぐまのあしをきたに

  五つのばしたところ

  小熊のひたひのうへは

  そらのめぐりのめあて

2013-10-16 23:03 | カテゴリ:星めぐりの歌