☆「野の花日記」の写真をワンクリックすると拡大して見ることができます。

みなさん。こんにちは。

あと、半日余りで除夜の鐘ですね。私は年賀状をこれから書きます。

下の写真は、1万歩、歩いて帰る途中、今日の午後4時40分、日没寸前の空のピンクがあまりに美しく、スマホで撮ったものです。

北国秋田の雪のない大晦日の一瞬の夕暮れ風景です。

明日は、このまま雪のないお正月を迎えることができるのでしょうか?

20131231.png


今日も、またまた、上野千鶴子さんの講演の続きを書きます。もうあきたと言わず読んでくださいね。

<優者劣敗>「頑張ればできる」と教育された若者は、勝者は自分に能力と努力があったからと思い、敗者は自分のせいと自らを責めメンタル系を病み、女性は自傷・食べ吐き、男性は対人恐怖・ひきこもりになるのです。

『勝間さん、努力で幸せになれますか』これは、カツマーこと勝間和代さん(ネオリベ女)とカヤマーこと香山リカさん(メンヘル女)が、アエラ誌上で激突した対談をまとめた本です。
「努力は報われる」→Yes?No? 「負け組は当然の報いか」→Yes?No?
誰もが、社会的弱者になる可能性を持つ時代です。

「当事者とは誰か分かりますか?」突然上野さんは会場に問いかけた。『当事者主権』中西庄司・上野千鶴子共著(岩波新書)を私は読んでいた。会場は沈黙した。「当事者主権は上野の造語です」。

そうだったのか、当事者主義とか当事者主権ということばは日常化されてて、便利に使っていましたが、上野さんのお蔭だったのかと感謝でした。言葉が現実を作るのですから。「はじめに言葉ありき」です。

当事者主権とは女性・子ども・障害者・高齢者である当事者運動→社会的弱者の自己定義権の要求なのです。
当事者能力を最も奪われてきた人が「自分のことは自分が決める」ということです。

弱者がつながる。弱者が支え合う。人持ちになる。人間関係を作る。女性センター。ネットワーク。地域ユニオン。女性ユニオン。テンパらない。壊れない。ひとりで抱え込まない。サステイナブル(持続)よりサバイバル!です。と、上野さんが仰った。

ひとりぼっちにならないことが大事だとカウンセラーの私も考えています。相談を受けながら、孤立している人がいかに多いか実感しています。だから、諦めないで、何処かと誰かとつながってほしいと切実に願っています。

上野さんは、「在宅ひとり死」について、もし要介護状態になっても、そのまま一人暮らしの家で死んでいくことができないだろうか?と考えたことをきっかけに、『小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』上野千鶴子・小笠原文雄共著(朝日新聞社)を書かれたとのことでした。

ある訃報が届きました。享年57歳。チームK(30人の女性がメーリングリストに参加)を作り、一人暮らしの女性を看取ったと上野さんが話し始めると、私は、その女性が竹村和子さんであり、チームKとは河野喜代美さんが中心になって、竹村さんに何とか力になりたいと協力した女性のネットワークであること、今日、12月14日は、竹村和子さんが亡くなってから、丁度2周忌に当たることに気づいたのでした。

私は前記のホームページ「WAN」で竹村和子さんが2011年12月13日に亡くなられたことを知りました。病に負けじと自らを奮い立たせていた竹村さん。竹村さんはポスト・フェミニズム運動の希望の星でした。私たちの足元を照らしてくれるはずの、その星が突然目の前からポンと消えて。。。涙。。。とても惜しい人を失ってしまいました。

竹村和子さん(お茶の水女子大学院教授)との初めての出会いは、10年以上前の日本フェミニストカウンセリング学会のジェンダー論講座でした。竹村さんの講義はバトラーの『ジェンダートラブル』。とても難解でかつ刺激的でした。その日の竹村さんは色白でメガネをかけ、黒シャツに黒の細いパンツという、黒づくめの服装をされてたのを覚えています。

『ジェンダートラブル』ジュディス・バトラー著 竹村和子訳(靑土社)本の赤い帯に「権力はいかに言説のかたちをとって 身体・精神・欲望を形成するのか。~女と男の弁別が身体の自然に根ざすとする本質論的前提を根底的にくつがえし、セクシュアリティ研究の方向を決定づけるフェミニズム/現代思想の最重要書~」と書かれています。

『フェミニズム』(岩波書店)『愛について~アイデンティティと欲望の政治学』(岩波書店)『アンティゴネーの主張~問い直される親族関係~』(靑土社)『ポスト・フェミニズム入門~イラスト図解~』『ジュデイス・バトラー』等、当時の私には難解でしたが、分からなくても兎に角読み続けました。私は世の中の現実をちゃんと見てるのだろうか?本を読む動機に焦燥感と不安がありました。この状態は現在に至っても続いています。

亡くなられてから、手にしたのは『彼女は何を視ているのか~映像表象と欲望の深層~』竹村和子著(作品社)という分厚い1冊です。
この本に挟まれていた付録が『竹村和子さんと<チームK(和子)>』でした。私は改めて竹村さんを惜しみ、また恩師河野貴代美先生の優しさに触れ、涙したのでした。

20140102_04.png

上野さんは最初に高村薫さんの著書『神の火』上下巻と『新リヤ王』上下巻を紹介、このままでは第二、第三の福島が生まれると話され、最後の部分で★『原発を止める人々 3・11から官邸まで』小熊英二著(文芸春秋社)を紹介されました。

★後日、上野さんは『みすず』読書アンケート特集(2014年1/2月合併号)で、推薦しております。
 小熊英二『原発を止める人々–3.11から官邸前まで』文藝春秋、2013年
あいかわらず読み続けている原発関連図書では、本書がイチオシ。著者は「いま日本で原発は止まっている」、止めたのは私たちで、その奇跡を私たちは理解していない、と言う。
(ちづこのブログNo63から引用 WANサイト掲載←『DV・マリコのかけ込み部屋』リンク先に紹介してます。ご参照ください。

2011年、「中央公論」誌上で「夢の憲法前文を作ろう」「私たちが書く憲法前文」に応募し、最優秀賞に選ばれた17歳の女子高校生の福岡亜也子さんを紹介して、私たちの未来の生き方を指し示していると結んで講演は終わりました。
福岡亜也子さんが書いた「日本国憲法の夢の前文」をここに載せますね。

私たちみんなが過剰過ぎず、ほどよくゆっくりと生きられたら、どんなにいい世の中になることでしょう。

『私たちが書く憲法前文』大塚英志(編・監修)角川書店

〔 ほどよい速度で、深い人生を。〕 福岡亜也子

  全くもってタイシタコトのない
  世界的にみてソコソコの国がいい。
 (略)
  世界なんていう単位で
  立派で一番!になる必要はあるのか。
  私たちから見て一番幸せになれる国。
  そうなる必要は大いに
  有。

  景気ばっかりよくって
  高ーい車買って
  宝石ジャラジャラつけたくって
  そんな
  目や手や
  そんな物で感じる幸せは
  ソコソコあれば十分。
  タイシタコトない平凡な国がいい。
  穏やかに過ぎる時に
  心で幸せを感じられるから。

なお、「WAN」のトップページには【特集 竹村和子さんへの想い】が、竹村さんのお写真と一緒に掲載されてます。
ご覧いただければ竹村さんへの追悼になると思います。

私は前記の上野さんの本にサインを書いていただきながら、「さっきのお話は竹村さんのことですよね。チームKは河野先生が・・・」と言うと、私のホームページの紹介チラシに目を走らせ、「フェミニストカウンセラーなのですね。河野先生をご存知ですか?」と上野さんに訊かれて、「はい」と答えると、「後でHP見ますね。WANに無料登録していいですよ」と笑顔で言われたのでした。上野さん、ほんとうに、どうもありがとうございます。

長い長い日記に付き合って、貴重な時間を割いて読んでいただいたみなさんにも感謝です。
講演内容は、私のメモと記憶に基づいて書いていますので、十分なものではないことを付記します。
スポンサーサイト

2013-12-31 10:34 | カテゴリ:女性学
みなさん。こんにちは。

今日は、昨日に引き続き、上野千鶴子さんの講演【 世直し 女の出番 】の内容と私の感想を書きます。

上野さんは会場の女性たちを笑かしながら、中身はばっちり女性学でした。
女性の参政権獲得に奔走した市川房江さん・山川菊枝さんからはじまり、
1946年改正憲法公布・終戦直後にできた、連合国軍総司令部(GHQ)民生局の一員として、日本国憲法の起草に携わり、憲法24条の「男女平等」条項を書いた米国女性ベアテ・シロタ・ゴートンさんが、本当に日本の女性のため力を尽くされたことにも触れられました。

1989年7月の参院選「マドンナ選挙」。土井社会党(委員長土井たか子さん)が「やるっきゃない」と大量の女性を送り込み「マドンナ旋風」が起こり、自民党に大逆転勝利したことは、私も忘れられません。
当時、私は土井たか子さんを囲むパーティで、青いスーツを着た背の高いおたかさんと握手した感激も忘れられません。今も、カードケースには青いスーツの土井さんのテレフォンカードが未使用のまま入っています。

1960年・1970年代は、欧米と日本のウーマンリヴ運動(女性解放運動)が盛り上がった時代でした。上野さんは、田中美津さん(著書『いのちの女たちへ~とり乱しウーマン・リブ論~』(パンドラ2001年刊)に触れ、(上野千鶴子さんと田中美津さんの共著:対談『美津と千鶴子のこんとんとんからり』(木犀社1987年刊)があります。)日本では、政治的平等・社会的平等がいつまでたっても達成されない。日本には強固な「メンズクラブ」があるからですねとシニカルに笑われました。

20140102_02.png

私はテレビをつけると、カラスの如き黒い軍団の映像で溢れる画面に辟易。今やお笑い芸人まで黒いスーツを着込み黒いカラス軍団になって「嫁が、嫁が」と連発している様を、とても不愉快に思っています。

世界経済フォーラム(WEF)が、10月出した『国際男女格差レポート(The Global Gender Gap Report)』の2013年版では日本は調査対象136カ国中、105位です。前年よりランクが4つ下がりました。先進国中、最低ランクです。
この調査は、世界人口の約93%をカバーしてます。

【調査対象項目】
経済活動への参加 ➡ 給与差、参加の度合い、専門職での雇用など
教   育 ➡ 初等教育から高等教育までの就学状況など
健康と生存 ➡ 寿命の男女比
政   治 ➡ 政策決定機関への参加

日本女性が成績が良いのは、「健康と生存」くらいですね。

上野さんは女性閣僚の割合が俄然低いのです。特に地方議員である県と市が増えない。なぜ増えないかと言えば、立候補する女性が居ないからです。余りの明快さに、私はギャフンでした。

言い古されたことばですが「戦後、女性と靴下は強くなった」と言われていますが、日本女性は、なぜこうも自信を失ってしまったのでしょうか。

私が、その要因の一つとして考えるのは、DV夫が「お前は能力がない!」「何をやってもダメな女だ!」と脅し貶めることで、妻を洗脳し、自信を奪うのだが、女性が歴史的にも長きに亘って、二流と決めつけられ、責任ある仕事を持つことができない社会状況に追い込められ、自信を奪われてきたことにより、女性が積極的にリーダーシップをもって、社会貢献することを躊躇させられているのではないでしょうか。

また、もう一つの重要な要因としては、日本では、「メンズクラブ」が政治的に働こうとする女性を排除するシステム持っているからだと考えます。

極めつけは、結婚こそ女の幸せ、あらゆる手を使って女性を結婚へ誘い込み、ケア役割に徹するよう仕向ける日本社会の雰囲気があります。女は天下国家を論ずるより、温かい家庭を作るのが幸せへの道だという、日本の国家政策は今のところ成功していますね。

上野さんは集票マシンは男は実弾(金)、女にあるのは家族票だと言われました。
女は実弾を持ってません。世界の富の99%が男性が所有してるという調査結果があります。

【女子差別撤廃条約=(女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約)】(1979年国連総会で採択)においては、「締約国は女性差別を非難し、女性差別をなくす政策を取る義務」を負うとされています。条約は今まで社会の中で形成されてきた慣習や慣行をなくすために、男女の社会的、文化的行動様式をなおしていくことを義務づけました。

日本は「女子差別撤廃条約」へ1980年署名、1985年批准しました。
国際条約は日本国憲法及びすべての国内法の上位に位置づけられています。国際条約を批准したということは、国際条約を守らなければならないということです。
外圧により、日本政府はようやく、1999年「男女共同参画基本法」を制定、施行しました。しかし日本は2003年から2009年まで何にもしなかったのです。

私は埼玉県嵐山町にある日本女性教育会館(ヌエック)で、国際女性の地位協会 JAIWR(Japanese Association of International Women's Rights)の山下泰子さん、永野洋子さんたちの「日本政府が国連の場でどういう残念な行動をとっているか」という報告を聴き「日本政府のやる気のなさ」に呆れていたのです。

日本では、この条約に基づき1985年「男女雇用機会均等法」が制定されました。
1995年には改正派遣事業法、パートタイム法が制定され、労働者の3分の1が非正規労働者で占められ、女性労働者の70%が非正規で働いています。

日本の単身女性の3人に1人が貧困だといわれてます。働いても食えない状況があるのです。
日本のジェンダー平等はいつになったら達成できるのでしょうか?

阿倍晋三政権は2020年までに女性を30%活用すると公表しています。(ここで、森崎和江さんにも触れられました。)
目標を画餅に帰すことなくほんとうに実行してほしいものです。

女子差別撤廃条約を日本が批准することを悲願として奔走された市川房江さんは、「女子差別撤廃条約の内容が実現すれば、女性問題は解決する」と口ぐせのように言って居られたのですが、日本政府が署名した7か月後、88歳の生涯を終えられました。市川さんの柩には「女子差別撤廃条約」が収められました。

・・・ 追 悼 ・・・
ベアテさんの著書、『1945年のクリスマス~日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝~』(柏書房1995年刊)や、映画『ベアテの贈り物』や演劇『真珠の首飾り』など、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?
ベアテさんは親日家で何度も日本を訪れ、秋田へも2度ほど講演にお出でになっています。残念ながら2012年12月30日、すい臓がんのため亡くなりました。89歳でした。
日本女性の大恩人です。改めて、感謝を込めて、ご冥福をお祈りします。

20140102_03.png

日本国憲法第24条 【家族生活における個人の尊厳と両性の平等】
① 婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
② 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。


☆☆☆ 注 ☆☆☆
日本においては、ウーマン・リブというと、テレビ画面を賑わした、ピンク・ヘルメットにピンクの制服を着た榎本美沙子さんが率いるデモ軍団を、思い出す人も多いのではないでしょうか?しかし、これはウーマン・リブとは別物です。田中美津さんたちのウーマンリブ運動(女性解放)とは規を一つにできるものではなかったのです。避妊薬ピルを配っていて、その背景に製薬会社の存在があったと言われています。

***参考文献***
『Q&Aで学ぶ 女性差別撤廃条約と選択議定書』 堀口悦子・米田真澄編著(明石書店)¥1100+税←基礎知識が非常にわかりやすく書かれています。お勧めです。
『やさしく学ぼう女性の権利~女性差別撤廃条約と選択議定書~』国際女性の地位協会(尚学社)
『フェミニズム国際法学の構築』山下泰子・植野妙実子 編著(中央大学出版部)
『地図でみる・・・世界の女性(THE ATLAS OF WOMEN AN ECONOMIC, SOCIAL AND POLITICAL SURVEY)]』ジョニー・シーガー著 原民子・木村くに子・堀口悦子訳 (明石書店)
 続く

2013-12-30 15:36 | カテゴリ:女性学
みなさん。こんにちは。

2013年も残り2日になりましたね。

今日、「WAN ウィメンズ・アクション・ネットワーク」のホームページを訪れましたら、トップページに「2013年 女性への暴力に反対するパープルリボン&ライトアップ運動」の素晴らしい動画が載っていました。

紹介しますので、ご覧下さい。
とても心温まる映像が、女性たちの手で作られています。
http://wan.or.jp/

私は、去る12月14日(土)秋田県大潟村(サン・ルーラル)で、上野千鶴子さんの講演【 世直し 女の出番 】を聴いてきました。上野さんは開口一番、「『おひとりさまの老後』以来、老後をいかに生きるかの講演ばかり続き、今日の演題【 世直し 女の出番 】は、本来の自分の本領である社会学、女性学を話せるのでうれしい」と笑顔いっぱいでした。

上野さんは黒のジャケットに濃い赤のインナー、そして大きな赤い石が何個かついてるネックレス、それに赤毛のショートカットでした。とても格好良かったですよ。以前おしゃれに目覚めたと言って居られたので、付記します。

上野さんの舌鋒は鋭く、しかしユーモアで大いに会場を沸かせ、感銘深くも楽しい時間でした。私は、上野さんの著書『女たちのサバイバル戦』(文春新書)『ニッポンが変わる、女たちが変える~12人の女性との対話~』(中央公論新社)『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』(朝日新聞社)←(身につまされます。)の3冊を買いました。

20140102.png


上野さんからご著書にサインをいただき、握手もしました。その手を包帯でぐるぐる巻きにしたいくらい(笑)うれしかったです。
その上、WANに「NPO秋田ウィメンズネット」を無料で登録していいと許可をいただいたのです。

実は、私は上野千鶴子さん(社会学者・女性学の騎手)の大ファンなのです。ことの初めは、光文社<カッパ・サイエンス>『セクシィ・ギャルの大研究~女の読み方・読まれ方・読ませ方~』(1982年初版、上野さんの処女出版)という本との出会いでした。私は遅れて5年後、第10版を手にしたのでした。内容が衝撃的でした。当時はジェンダーという言葉が、まだ人口に膾炙してない時代でした。

この本により、私は「人間社会がどうなっているか」に目覚めたのです。世の中が、隙間なく男はこういう役柄、女はこうあらねばならないという、固定的性別役割分業に縛られ、男も女も何と窮屈に生きているのだろう。そして、経済を握るものが権力を握り、女の運命は経済を握ってる男に拘束され支配されている現実にぶち当たったのです。

当事、「男尊女卑」という言葉は死語だと思っていたくらい、ノー天気な私でした。私自身が世の中が意図的に男性が中心に、女性が周縁に二流として構造化されてることに、全く気づいていなかったのです。自分が男にどう読まれて、どう読ませたがっているのかという意識も持っていなかったのです。

ただ、女性に割り当てられた家事育児と仕事(国家公務員)をこなし、二重負担のため綱渡りのような大変な生活をしていました。密かに私には家事能力がないのだと自分を責めていました。

女が女らしく生き、男が男らしく生きて何の不思議ぞ?しかし、その結果が、男女がイコルティ(平等)でないことが、女性への暴力、女性の貧困に繋がっていることに思い至ったのでした。

本の表紙に「女を読むとは、すなわち人間社会を解読することだ。男はいかに女を読み、女はいかに自分を読ませているかーその関係が社会そのものなのである。なにせこの世には男と女しかいないのだから…。」書かれています。

私は30代から女であることが何故こう苦しいのか?答えを求めていました。上野さんの本はもちろん、関連する女性学・フェミニストカウンセリング・法女性学・DV・性暴力・子どもについての関連本を集め、読んできました。

男と女の関係は改善されないまま・・・男性中心社会が続き・・・。
そして、私が行きついた先が、フェミニストカウンセリング学会(【パーソナル・イズ・ポリティカル】」=【個人的なことは政治的なこと】河野貴代美先生)であり、女性への暴力に反対するパープルプロジェクト運動(近藤恵子さん・遠藤智子さん)でした。

11月25日、女性に対するあらゆる暴力を禁ずる「女性に対する暴力撤廃国際デー」でした。あなたの地域のテレビ塔や女性センター・男女共同参画センター・県庁・市役所などパープル色にライトアップされたり、パープルリボンが飾られ、女性への暴力反対をアピールできていたでしょうか?

☆☆☆ 2014年が、『ニッポンが変わる、女たちが変える』ことができますよう、
☆☆☆ 希望が持てる年でありますよう、
☆☆☆ みなさんが穏やかで安全な新年を迎えられますよう祈念しております。

*****ミニ知識*****
☆ 上野千鶴子さんは、認定NPO法人ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)の理事長です。

   『ケアの社会学~当事者主権の福祉社会へ~』上野千鶴子著(太田出版)

   初版への序文 〔 ケア・・・共助の思想と実践 〕
  1、大震災のあとで本書(『ケアの社会学』)を大震災後のいま、
    世に送り出すことにかくべつの思いがある。

この書の中で、【第15章 官セクターの成功と挫折…秋田県旧鷹巣の場合・・・】(P380)が記録されてます。

・・・2、「日本一の福祉」を目指した町(P381)
・・・10、鷹巣の挫折の検証…「住民が選択した町の福祉」は、同じ住民によって否定されてしまった。なぜこんなことが起きたのだろうか?(P401)。
・・・11、ネオリべ改革に翻弄された鷹巣福祉(P405)
・・・12、鷹巣の挫折から何を学ぶか(P410)

20140102_01.png


記録映画監督の羽田澄子さんが1997年と1999年の2度にわたって鷹巣で、記録映画を撮影しています。
NHKテレビは「夢の福祉の町ケアタウンたかのす」と報道し、秋田市では福祉協議会主催の「鷹巣町の先進的理想の福祉」を上野千鶴子さんを講師として迎え、熱く語っていただいていたのです。
私は、理想の「ケアタウンたかのす」の福祉施設見学に2度も行っていました。

私は、よく研修を受けるため日本各地へ出かける機会があるのですが、その先で、「秋田県の鷹巣というところは素晴らしい福祉政策をしている町ですね」と、褒められたことが何度もありました。
…その町の福祉が、町長選に岩川町長が負けたことで潰えてしまった?それってどういうことなのか?私の疑問に適切に答えられる人は周囲に誰もいなかった・・・。

本の帯には、【超高齢社会における共助の思想とは何か?!】社会的弱者に配慮する社会へ。わたしたちは希望をもってよい。
【著者、2011年朝日賞受賞!】膨大なフィールドワークと精緻な理論に裏打ちされた、【上野社会学の集大成にして新地平!】と記されています。

ケアに関わる人も今は関わっていない人にも、ぜひこの本を読んでいただきたいと思います。
舌鋒鋭くと書きましたが、上野さんは本当に優しく、いつも弱者に目を注ぎ弱者の味方でおられる方です。
 続く

2013-12-29 23:53 | カテゴリ:女性学