広島原爆の日を前に、原爆ドーム前の元安川でともされた鎮魂と平和への願いを込めたかがり火=5日夜、広島市中区(※写真は時事ドットコムニュースからお借りしました。)

2017-08-06_15-12-45.jpg

広島市は6日、72回目の原爆の日を迎え、広島市中区の平和記念公園では午前8時から市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が行われ、被爆者や遺族、安倍晋三首相、世界80カ国の代表が参列。日本人女性として初めて国連本部事務次長に就任した中満泉・軍縮担当上級代表が出席しました。(※写真は読売新聞からお借りしました。)

2017-08-06_15-40-19.jpg



2017-08-06_08-33-02.jpg



2017-08-06_08-27-50.jpg



2017-08-06_08-27-25.jpg



2017-08-06_15-15-47.jpg

★★★ 国連の核兵器禁止条約、成立するも日本は参加拒否!122の国と地域が賛成!国連では大歓声!★★★

7月7日に国際連合(国連)で核兵器の使用や威嚇などを法的に禁止するための国際条約が初めて賛成多数で可決・成立しました。この条約には100ヶ国以上が参加する見通しで、日本やアメリカ、ロシアは「核兵器を一方的に禁止することは世界の安全保障の現実を踏まえていない」として参加を拒否したとのことです。

賛成した国の数は122となっており、議場では各国の代表から大きな拍手と歓声が上がりました。日本からも広島の被ばく者達が来ていましたが、肝心の日本政府は最後まで参加には消極的だったと報じられています。

2017-08-06_14-04-46_20170806155449706.jpg



2017-08-06_13-53-08_20170806155451427.jpg

「アメリカからの圧力か?」と問われ、「そうではない。日本の立場を説明し、その立場をアメリカに理解してもらった」。

☆彡 岸田外相は広島出身。広島市民がどんなに失望したことでしょう。アメリカの奴隷に成り下がってしまってるんですよね!!<`ヘ´>。

2017-08-06_14-22-19_2017080615545212a.jpg

☆彡 安倍首相が、どんなに「平和のために誠実に努力していく」と言っても、空しいですね。誠実とは言葉と行動が一致することです。
安倍首相の出自は、歴史に学ばない、戦争を進めた戦犯家糸です。戦争責任を免れようと親米に走り隷従し、ヒロシマ・ナガサキ並びに日本国民の平和への願いを裏切っているのです<`ヘ´>。

2017-08-06_08-32-33_20170806155454a31.jpg

松井一実市長は平和宣言で、7月に国連で採択された核兵器禁止条約に言及。「核保有国と非保有国との橋渡しに本気で取り組む」ことを政府に求める。
各国の指導者に対しては、核兵器廃絶を目指して「良心」に基づき、互いの相違点を克服するための努力を「誠実」に行うよう呼び掛ける。

2017-08-06_14-10-27.jpg

平和記念資料館を視察する国連の中満泉事務次長(奥左から3人目、黒い服に白いネックレスの女性)。手前は原爆投下の瞬間をCGで投影して再現する「ホワイトパノラマ」=5日午後、広島市中区

2017-08-06_15-06-24.jpg

被爆者健康手帳を持つ人は今年3月末時点で16万4621人。平均年齢は81.41歳で、昨年より0.55歳高くなった。
式典では、この1年に死亡が確認された5530人の名前を記した原爆死没者名簿を慰霊碑に納める。犠牲者は30万8725人となった。
※出典 時事ドットコムニュース ※写真もお借りしました。

2017-08-04_11-43-42.jpg

峠三吉さんは28歳の時、爆心地から3km離れた翠町の自宅で被爆しました。戦後、青年運動・文化運動を通じ次第に平和運動の先頭に立つようになり、原爆反対、平和擁護の作品を数多く発表しました。
幼いころより体が弱く、より健康になりたいと1953(昭和28)年3月10日、国立広島療養所で肺葉摘出手術をしたが手術困難のため中止、手術台の上で死去。享年36歳でした。

2017-08-06_09-53-11.jpg

  ちちをかえせ
  ははをかえせ
  としよりをかえせ
  こどもをかえせ
  わたしをかえせ
  わたしにつながる
  にんげんをかえせ
  にんげんの
  にんげんのよのあるかぎり
  くずれぬへいわを
  へいわをかえせ
              「峠三吉」 原爆詩集

この詩は詩集『原爆詩集』(昭和26年刊)の「序」としてかかれた詩であり、 核兵器廃絶運動の象徴ともなっています。   

2017-08-06_10-01-17.jpg

この「原爆詩集」が刊行された1950年代は、朝鮮戦争で原爆使用も考慮(トルーマン声明 1950年11月30日)といった世界史的な緊迫した状況にあり、またその危険を予知した世界擁護世界大会委員会によるストックホルムアピールの署名運動を背景とし、峠三吉さんは「広島市民からも意思表示がなされるべきだ」(日記)との思いで刊行を決意した。

2017-08-06_09-58-14.jpg

「原爆詩集」は、当初東京の大手出版社から出される予定で、詩人・壷井繁治が奔走するが、結局「編集会議でもいろいろ議論されたのですが、いますぐはだめだということになりました………そちらで大至急ガリ版ででも出してください」(壷井からの書簡)ということで急遽1951年8月6日に間に合わせるために、孔版(ガリ版)印刷されわずか500部発行された。

2017-08-06_09-51-14.jpg



2017-08-04_11-43-56.jpg

【 生ましめんかな 】

壊れたビルディングの地下室の夜だった
原子爆弾の負傷者たちは
ロウソク一本ない暗い地下室を
うずめて、いっぱいだった。

生ぐさい血の匂い、死臭。
汗くさい人いきれ、うめきごえ
その中から、不思議な声がきこえてきた。
「赤ん坊が生まれる」というのだ。

この地獄の底のような地下室で
今、若い女が産気づいているのだ。

マッチ一本ないくらがりで
どうしたらいいのだろう。
人々は 自分の痛みを忘れて気づかった。

と「私が産婆です。私が生ませましょう」
と言ったのは
さっきまでうめいていた重傷者だ。

かくてくらがりの地獄の底で
新しい生命は生まれた。

かくてあかつきを待たず産婆は
血まみれのまま死んだ。

生ましめんかな
生ましめんかな
己が命捨つとも  (1946) 栗原貞子

☆彡 この詩を読むと涙が止まらなくなってしまいます。私は泣き虫?

2017-08-06_16-10-47.jpg

栗原貞子さん(1913年3月4日 - 2005年3月6日)は、広島で被爆。ひたすら原爆についての詩と文章を書き続ける。この詩は、敗戦の翌年、雑誌「中国文化」第一号に掲載された。栗原さんは人づてにこの事実を聞いて、詩をつくったのでした。後年、その時産まれた赤ん坊・女性との交流も短い期間だったけれどあったとのことです。

2017-08-04_11-43-09.jpg

【 原爆を許しまじ 】 作詩 浅田石二 作曲 木下航二 
https://www.youtube.com/watch?v=zq9pXGShrHk

この歌を何十回、何百回歌ったことであろうか。伴奏はアコーデオン、歌声喫茶で…。そして平和運動、反戦歌、デモ行進…。まだ労働組合が実在していた若かりし時代のことでした。

2017-08-06_17-41-03.jpg

八重咲のドクダミ草。ドクダミ草は英国の国花です。

2017-07-11_13-08-58.jpg

ここから過去記事になります。6月30日、3泊4日の予定で上京。駅に並べられた【命のメッセージ】。

人が暴力的に生命を奪われることなく精一杯生きることが出来る社会を夢見ています。
戦争はない、殺戮はない、犯罪はない、被害者の生まれない世界。

しかし現実には多くの生命が犯罪や社会の不条理のもとに生命を断ち切られています。
ひとつとして忘れることの出来る生命はありません。(命のメッセージ HPより)

2017-06-30_08-48-14.jpg

☆彡 この小さな靴を見た途端、涙が溢れた。みんなに愛され「アンヨが上手♪」になりかけた途端、突然終わった命。。。

2017-06-30_08-49-43.jpg

展示は犠牲者一人ひとりの等身大の人型と彼らの遺品の「靴」。靴は彼らの生きた証の象徴です。(HPより)

2017-06-30_08-50-30.jpg

人型には一人ひとりの素顔や遺された家族の綴ったメッセージが添えられていました。

2017-06-30_08-47-24.jpg

多くの人々が現実を知り生命の重さを考えてもらうために、日本全国、そして世界各地へと巡回展をしています。(HPより)

2017-06-30_08-48-59.jpg

秋田駅中央入口風景。朝9時のスーパーこまちで上京。

2017-06-30_08-55-45.jpg

渋谷駅到着、まだまだ工事中でした。ホテルは渋谷駅南口。約10分余り歩く。遠いな~(^_^;)。ホテル到着2時半。

2017-07-01_09-57-46.jpg

7月1日(土)、小雨、朝食会場は独特のアジアンスタイル。

2017-07-01_08-17-34.jpg

全然気取りが無く、椅子もテーブルも色々あり、好きな場所でゆっくり朝食。今日はどこへ行こうかな?水族館?動物園?美術館?

2017-07-01_08-16-56.jpg

向かったのは上野。

2017-07-01_10-59-15.jpg

東京都立美術館。ブリューゲル『バベルの塔』展(ボイスマン美術館所蔵)2017年4月18日(火)~7月2日(日)。えっ!明日で終り!

2017-07-01_11-04-15.jpg

球形の彫刻?に建物の全景が映ってる♪

2017-07-01_11-05-23.jpg

ひゃあ!人が果てしなく並んでる。

2017-07-01_11-14-44.jpg

ブリューゲルの最高傑作!!バベルの塔!!

旧約聖書(創世記11)によると、ノアの箱舟で生き残った人々は同じ言葉を話していたが、天まで届く塔を建設しようとして、神が人間の高慢さを怒り、一つしかなかった言語を、コミュニケーションがとれなくなるように、ばらばらに混乱(バラル)させた。今日、世界中に多様な言葉が存在するのは、バベル(混乱)の塔を建てようとした人間の傲慢を、神が裁いた結果とされています。

バベルの塔って天国へ行ける階段?位に思っていたのが失敗でした。また、同時に展示されていたボスの怪物モチーフによる版画等も人間の愚かさを嘲笑った作品(グロテスク)であり、あまり気色いいものではありませんでした。

2017-08-06_22-24-23.jpg

どれも撮影禁止で、売店で資料とおみやげを買おうと思ったのですが、売店は黒山の人、更にレジに並ぶ人人人、買うのを諦めて帰りました。

2017-07-01_11-26-55.jpg

今回、来日していたのは ピーテル・ブリューゲル (Pieter Bruegel)1世作「バベルの塔」(1568年頃)なんですね。

2017-07-01_11-31-12.jpg

ピーテル・ブリューゲル (Pieter Bruegel)1世 The Tower of Babel (1563)。こちらは今回来日の「バベルの塔」より5年ほど前の作品。

2017-08-06_23-34-29.jpg

ヨース・デ・モンペル『バベルの塔』 国立古美術館蔵。

2017-08-06_22-23-10_20170806234316b59.jpg

Frans Francken Ⅱ,1581-1642,  Joos de Momper Ⅱ, 1564- 1635  ベルギー王立美術館蔵。

2017-08-07_00-09-08.jpg

作者は不詳。色んな画家が謎の多い「バベルの塔」を描いているのが、今回調べて見て分かりました。

2017-08-06_23-30-40.jpg



2017-06-30_17-08-49.jpg

<<空ちゃん近況>>
「外へ出たいニャア♪」と催促する空ちゃん。

2017-08-03_14-15-21.jpg

「テレトリー見張ってるニャ」(=^・^=)。「アツいからお家へ入りなさい」。外は31℃、日向は更に気温が高い筈。

2017-08-06_12-10-22.jpg

「フ~、アツかったニャ」(=^・^=)。和室の畳の上が空ちゃんのお気に入りです。空ちゃん元気です。

2017-08-03_12-33-00.jpg

長~いブログにお付き合いいただきありがとうございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2017-06-30_17-08-15_20170806201749451.jpg

スポンサーサイト

2017-08-06 16:20 | カテゴリ:日記
暑中お見舞い申し上げます。

2017-07-28_11-25-32.jpg

「7月27日のボクですニャ。暑くてオッピロゲで失礼しますニャ」(=^・^=)。

2017-07-27_20-29-36.jpg

7月30日、「外へ出て見たニャ」「スンスン」「ボクのテレトリー荒しが来てないか?」(=^・^=)。

2017-07-30_10-29-57.jpg

「外は危険がいっぱいニャ」(=^・^=)。

2017-07-30_10-31-02.jpg

「そ~ら♪こっち向いて♪」「おかしゃんにカメラ目線を強要されたニャ」(=^・^=)。この日、5分で家の中に入ってしまった空ちゃんです。

2017-07-30_10-31-18.jpg

「あれっ?空ちゃん何処?ソファの後ろにもいないよ」家中探して「見~つけ♪」。2階の納戸の中、奥の窓の下。2日間ここへ引きこもり?空ちゃんの心境は?

2017-07-30_16-23-16.jpg

7月31日(日)夜、納戸引きこもりの空ちゃんを連れ出すとソファの上で爆睡。

2017-07-31_18-52-37.jpg

「周りがうるさいニャ」

2017-07-31_18-21-19.jpg

「寝てるのを起こしゃないで!」(=^・^=)。空ちゃんにキッと睨まれちゃいました。

2017-07-31_18-19-55.jpg

8月1日(火)、夜8時、外へ出たいと玄関に張り付き、おかしゃんが外へ出すと、相変わらず「スンスン」テレトリーを確認した後、夜警中の空ちゃんです。

2017-08-01_19-49-41.jpg

今日も寝てばかりいる空ちゃん。

2017-08-01_20-55-09.jpg



2017-07-28_11-26-50.jpg

7月30日(月)、スロージョギングへ参加。「今日は調子悪いな。足もちょっと痛いし休もうかな?」と思った日でも、走ると脳内快感ホルモン「エンドルフィン(脳内麻薬)」が出て元気になれるんですよ。カラ元気を出してるうちに足の痛みも消えて本物の元気が出る(*^^)v→運動は元気のモトですね(^^♪。

2017-07-31_10-54-26.jpg

マイペースで走ると言っても、正しいフォームで走ると効率的に走れるんですよ。20分走って5分休憩、また20分走る。このクラブでのスロージョギングは足のつま先(足の指の付け根)で走るよう指導されますが、私は転倒しやすい危険な姿勢であると考え、カガト着地をしています。

2017-07-31_10-02-22.jpg

藪の中で咲く百合の花。

2017-07-28_09-28-14.jpg

8月1日(火)。もう8月ですね。昨日の夕方、夕立が降り湿度92%、気温29度。朝から蒸しアツ~イなか、「ななかまどクラブウオーキング」に参加しました。

2017-08-01_09-17-50.jpg

約5,000歩、歩いていつもの木陰で給水休憩3分。

2017-08-01_09-52-54.jpg

歩道脇に涼しげな白いムクゲの花が咲いていました。

2017-08-01_09-57-46.jpg

今日は「スーパーこまち」に出会えました。「来た来た来た。カメラ♪は?」狙いを定めてパチリ。「上手く撮れたよ~♪」「どれどれ」。新幹線「スーパーこまち」に会えると、全員が笑顔になるんです(@^^)/。

2017-08-01_09-26-35.jpg

「暑いからフォンテに冷やし中華を食べに行かない?」「行く行く♪」。たちまちキマリ♪イオンの無料リムジンバスに乗って…。青空に白い夏雲♪強~い陽ざし。日傘の中まで暑い(*_*;。

2017-08-01_12-08-13.jpg

トピコの大屋根の下に可愛らしい竿灯が飾られていました。8月3日から秋田は竿灯で盛り上がります。

2017-08-01_12-26-00.jpg

フォンテのここで、昔、懐かしい味の「冷やし中華」を食べました。これは自分でも作れそう♪

2017-08-01_12-30-41.jpg

帰り、フォンテの地下食品売り場へ。秋田産、小玉スイカ「夏丸チッチェ」が販売されていてパチリ。小玉スイカ、メロン、エダマメは、6月18日の【秋田農業試験場へ】で紹介してあります。よかったらご覧ください。

2017-08-01_13-49-41.jpg

地下道で繋がっていて、西武の地下の食品売り場へ移動。秋田産メロン「秋田美人♪」と「甘えんぼ♪」がありました。

2017-08-01_14-08-56.jpg

こちらは秋田産えだまめ。その生産量日本一。

2017-08-01_14-13-13.jpg

米産地秋田の休田地に転作作物としてエダマメが植えられてるんですね(*_*;。

2017-08-01_14-37-50.jpg

秋田駅中央入口付近。

2017-08-01_14-35-55.jpg

【歓迎 秋田竿灯まつり】
秋田竿灯まつりは8月3日(木)~6日(日)の4日間に亘って開催されます。280本の稲穂は見事ですよ(*^^)v。気になる天気予報は竿灯期間中「晴れ時々曇り」、雨の予報はありません。

2017-08-01_14-36-54.jpg

帰りも無料のリムジンバスに乗って…乗ってるのは殆ど若い子たちです。秋田駅からバス料金往復1,000円、若い子たちは助かりますね。私は高齢者パス(1回100円)を持ってます。それでも、タダってのはうれしいですよ(*^^)v。

2017-08-01_14-59-24.jpg



2017-08-01_09-57-55.jpg

ここからの「明治神宮へ」は、6月30日(金)の上京した際の過去記事になります。
渋谷の「モヤイ像」の前で娘と待ち合わせです。ここはモヤイ像の後ろが喫煙場所になっていて、タバコの煙でいっぱい(>_<)。

2017-06-30_15-36-58.jpg

渋谷駅から歩いて15分くらいでここ明治神宮御苑の巨大な鳥居の前に到着しました。地理的には青山表参道側の原宿駅の後方になっているのですね。
それではご一緒に涼を求めて人工の杜「明治神宮御苑」を散策して見ませんか。

2017-06-30_15-54-03.jpg



2017-06-30_15-59-39.jpg

空を覆う楡の大木。

2017-06-30_16-00-25.jpg

明治神宮は大正9年11月1日創建。明治天皇、昭憲皇太后を祀っています。

2017-06-30_16-07-14.jpg



2017-06-30_16-01-10.jpg

全国から寄贈された酒樽。人気スポットです♪

2017-06-30_16-08-53.jpg

秋田の銘酒もありました♪

2017-06-30_16-10-25.jpg



2017-06-30_16-12-44.jpg

「大鳥居」 我が国で最も大きい木造の「明神鳥居」 高さ12m 柱の径1,2m
原木は台湾丹大山の樹齢1,500年に及ぶ扁柏(ひのき)←驚きました(@_@)。 

2017-06-30_16-13-46_20170802185132640.jpg



2017-06-30_16-15-27.jpg

「大鳥居」詳しくはこちらをご覧ください。

2017-06-30_16-14-28.jpg

明治神宮御苑の面積は約83,000㎡(25,000坪余)←広大な敷地なんですね。

2017-06-30_16-17-36.jpg

お知らせは2020年鎮座100年を迎えるため銅板屋根の葺替え等工事中…とありました。

2017-06-30_16-27-52.jpg



2017-06-30_16-22-16.jpg



2017-06-30_16-23-43.jpg



2017-06-30_16-24-44.jpg

威風堂々。素晴らしいですね。写真を撮りながら見とれてしまいました。

2017-06-30_16-29-06.jpg



2017-06-30_16-31-13.jpg



2017-06-30_16-31-40.jpg

ここは通り抜け禁止になっていました。工事中のためでしょうか?残念(>_<)。

2017-06-30_16-34-49.jpg



2017-06-30_16-39-00.jpg

ここで明治神宮のある明治の森の散策は終りです。お疲れさまでしたm(__)m。

2017-06-30_17-05-58.jpg

鳥居を出ると横に花咲く小道がありパチリ。

2017-06-30_17-07-38.jpg

鳥居を出るとこんな風景が眼の前に出現。ここはどこ?

2017-06-30_17-06-13.jpg

娘が案内してくれたクラシックな喫茶店で小1時間ゆっくりする。

2017-06-30_18-07-33.jpg

いつも乗換駅である代々木駅を横断歩道を歩きながらパチリ。赤信号だ急げ!!(*_*;。

2017-06-30_18-09-54.jpg

以前、ランチで娘と訪れたことがあるポルトガル料理店で、今日はディナーです。

2017-06-30_18-29-04.jpg

金曜日、全席予約で埋まっていました。

2017-06-30_18-52-51.jpg

娘夫婦と7時から9時半まで、たっぷりディナーを楽しみました。

2017-06-30_18-56-17.jpg

最後のデザートがサプライズでした(^^♪。

2017-06-30_21-02-33.jpg



2017-07-25_10-07-34.jpg

★★★ 稲田前防衛相笑顔で退庁、心境は「空」です ★★★

稲田朋美・防衛相は7月28日、南スーダンに国連平和維持活動(PKO)で派遣された 陸上自衛隊の日報問題をめぐる不祥事の責任を取って辞任することを表明した。

Q 「今の心境は?」
稲田朋美前防衛相 「心境ですか、空(くう)ですね」

☆彡 空っぽなのは脳ミソですよ。

★★★ 「逃げ得前大臣」自民、稲田氏招致を拒否・衆院委の閉会中審査―PKO日報問題・国民ナメ過ぎ・・★★★

2017-08-03_03-42-38.jpg

★★★ 防衛相離任式 稲田氏「反省」言及せず 注文に反発も ★★★ 

南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題で引責辞任した稲田朋美前防衛相は31日、防衛省での離任式に臨んだ。幹部を前にしたあいさつで「風通しの良い組織文化を醸成してもらいたい」と注文を付けたが、自身の組織運営を反省する言葉は一切なく、省内には改めて反発も出た。稲田氏は花束を手に笑顔で離任したが、残された職員にはしらけた空気が漂った。

日報問題は最後に触れ、「情報公開への対応が不適切だった。国民の信頼を揺るがし、隊員の士気を低下させかねず、極めて重大かつ深刻だった」と述べ、自身の関与の有無には言及しなかった。(毎日新聞)

☆彡 キモイ写真ですね~(>_<)。自分がやったことを理解してないのでは?離任式で大きな花束を二つももらい、満面笑顔の「嘘つき稲田前防衛大臣」。総理ご寵愛の姫だから防衛省が忖度した結果の離任式だったのでしょうね(>_<)。花束だって国民の税金でしょ<`ヘ´>。

2017-08-03_11-17-35.jpg

稲田明美氏あいさつ  ※出典 毎日新聞 2017年8月1日  ※写真もお借りしました。

2017-08-03_11-19-14.jpg

長~いブログにお付き合いいただきありがとうございますm(__)m。『子どもの虐待』は次回に。ではまた(^^)/。

2017-07-25_10-06-35.jpg


2017-08-01 22:25 | カテゴリ:日記
活発な前線の影響で秋田県は7月22日、23日の2日間にわたり多い所で300ミリを超える記録的な豪雨に見舞われ、雄物川や芋川が氾濫しました。床上・床下浸水が17市町で573棟に。冠水した田畑の被害も甚大。秋田新幹線は線路に土砂が流入するなどの被害が3カ所で発生した秋田-大曲間は24日も終日運休。バス代行を走らせています。

新潟県佐渡市も24日、降り始めから48時間の降水量が約250ミリに達する記録的な大雨となってるとのこと、被害が心配されます。

2017-07-21_09-29-00.jpg

7月24日(月)、「ボクを心配し応援してくれてる皆さん、どうもありがとうございますニャ。ボクこれくらい元気になりましたニャ♪」(=^・^=)。
「ボク今日、12日ぶりにようやく外に出たニャ。ボクがエーエー鳴くから、おかしゃんが玄関ドアを開けてくれたけど、いざとなると、なかなか外に出る気がしニャかったニャ」(=^・^=)。

2017-07-24_15-33-05.jpg

空ちゃんは外の空気をスンスンし、しばらく外へ足を踏み出すのを躊躇っていました。痩せてボロボロになり、どんなに泣いたか声もかすれて帰ってきたのですから、外は怖いのかも知れません。
「ボク、外で暮していたんだけどニャ…」。並んだ鉢の後ろの出窓の下が空ちゃんのベッドがあった所ですが、空ちゃんはそこへは行こうとしませんでした?

2017-07-24_15-36-55.jpg

空ちゃん、外に出たものの、しばらく周りを見回し、なぜか裏口へ。そこで座りっぱなしになったので抱っこして連れ帰りました。後ろ右足が滑ったようになり、長く歩くのがまだ無理のようです。「ボク、リハビリ中ニャ」(=^・^=)。

2017-07-24_15-40-03.jpg

7月22日(土)、ソファを独り占めする空ちゃん。

2017-07-22_18-24-33.jpg

空ちゃんって眼が厚化粧♪

2017-07-22_17-39-44.jpg

7月20日(木)、体をなめてきれいにしている空ちゃん。汚れ切って帰ってきたので、「落ち着いたら病院へ連れて行き、お風呂に入れなきゃ」と思っていたのですが、上の24日の写真のように色白になりました。動物って驚きですね。自分できれいにしてしまうのですから(^^ゞ。

2017-07-20_18-28-02.jpg

実はこの日、おとしゃんはグランドゴルフへ、おかしゃんは外食をして買い物がてら散歩をして帰ってきたら、空ちゃんが失語症になっていてびっくり(@_@)。「空ちゃ~ん♪そーら♪」と呼んでもお返事なし。「ん?どうしたの?」。撫でても「ゴロゴロ」もなし(>_<)。

3時間半、一人の留守番。家中探してもおかしゃんもおとしゃんも居なくて、また一人ぼっちになったのかとショックだったのでしょう。「空ちゃん、一人にしてゴメンネ」謝っても無言。ゴロンと寝て殆ど動こうともしない。

翌朝ようやくご機嫌を直してくれた空ちゃんでした。朝、「空ちゃん♪」と呼ぶと、小さな声で「エーエー」と鳴いてくれた時のうれしかったこと!!「良かった~。声が出た~♪」

2017-07-20_18-26-22.jpg

7月19日(水)、グッスリ眠ってる空ちゃん。

2017-07-19_00-37-02.jpg

それでも耳がいい空ちゃん、私の気配で起きて「眠いニャ♪」(=^・^=)。

2017-07-19_00-26-58.jpg

「おとしゃんに添い寝してあげてるニャ♪」

2017-07-19_17-40-14.jpg

まだテーブルの下が好きな空ちゃん。

2017-07-19_08-29-40.jpg

息子に20日、空ちゃんを一人ぼっちにしたら失語症になった話をしたら、「それは、空ちゃんが身動きせず声も出さなかったのは、自分の気配を消して自分を守るためしたんだよ。厳しい環境で野良として生き残るための知恵だね」と言う。「う~ん。そうなのか。空ちゃん、捨てられたとでも思ったのでしょうか?」

7月25日(火)、ななかまどクラブのウオーキングから帰ってくると、空ちゃんがのんびり寝てました♪

2017-07-25_20-16-27.jpg

空ちゃんと会って3か月、背が伸びて大きくなったわね~(^^♪。

2017-07-25_21-38-46.jpg

「空ちゃ~ん♪」どこにもいない。おとしゃんが「空は想像もつかないところに隠れているぞ」「え~!どこ?どこ?」。その時、ひらめいた。そう言えば4年前、虹の橋を渡ったポン太(7才♂)が、よくソファと壁の隙間の奥に隠れて寝ていたっけ♪。「空ちゃん、見~つけ♪」見つけられて「ウルシャイにゃ~」(=^・^=)と、不機嫌顔の空ちゃんです。

2017-07-26_08-46-04.jpg

皆さん。空ちゃんへの応援ありがとうございますm(__)m。

2017-07-18_15-32-13.jpg

ところで、この人誰か分かりますか?ソーリのお友達ですよ。官邸の意向により雲隠れし続けてるのですが、買い物袋を下げてスーパーから出てきたところを週刊新潮がパチリ。スクープ写真です。

雲隠れは成功してますよ(>_<)。私の周囲の人に「この写真が誰か」聞いても加計学園理事長の「加計孝太郎」であることをズバリ答えた方はいませんでした。 ※写真は新潮社よりお借りしました。

2017-07-20_19-56-03.jpg

何十回言うの?自分のなすべきことをやってないから重大な問題が次々起こってるんでしょう。ソーリの寵愛を受けてるのは同じ穴のムジナだからですよね<`ヘ´>。頭の程度も二人揃ってお粗末過ぎ!!(>_<)。

2017-07-22_11-15-49.jpg

★★★ <加計問題>潔白、証明できず/集団無責任体制 ★★★

「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る国会の閉会中審査。安倍晋三首相は野党側の質問にしばしば言葉を詰まらせ、「総理のご意向」文書が発覚して以降、相次いで浮上した疑念も払拭(ふっしょく)できないままだった。

【岩本美砂子・三重大教授の話】 加計学園が特区申請していることを認定当日の【1月20日に知った】という答弁はおよそあり得ない説明で、繰り返し訴えてきた「総理の意向はない」ことと、つじつまを合わせたとしか思えない。国民は納得しないだろう。
※出典 毎日新聞 7/25(火) 22:33配信  ※写真もお借りしました。

2017-07-27_21-38-44.jpg

★★★ 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」 62%否定 ★★★

毎日新聞の22、23両日、全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は26%で、6月の前回調査から10ポイント減。不支持率は12ポイント増の56%だった。支持率が20%台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて。安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月に終わることを踏まえ、「代わった方がよい」との回答は62%(3月調査は41%)でした。

2017-07-27_22-04-09.jpg

なりふり構わない嘘答弁に国民は怒っています<`ヘ´>。「責任は私を選んだ国民にあるんですよ!!そこのあなたに!!」。「人を指さすのは下品な行為です。してはいけません」(>_<)←明治生まれの亡き母の教えです。

2017-07-18_09-10-39.jpg

7月25日(火)朝、ななかまどウオーキングに集まり、これから出発します。

2017-07-25_09-03-22.jpg

歩道の脇の草むらに野イチゴ?

2017-07-25_09-12-26.jpg



2017-07-25_09-15-03.jpg



2017-07-25_09-19-21.jpg

赤つめ草の野原。

2017-07-25_09-22-04.jpg

大きなねむの木。

2017-07-25_09-24-07.jpg



2017-07-25_09-23-36.jpg

「鳥海山が見えますよ~♪」曇り空なのに不思議。雲の海に鳥海山が浮かんで見えます(^^♪。

2017-07-25_09-23-12.jpg

同じ場所で運が良ければ新幹線「スーパーあきたこまち」に出会えます。7月14日の写真です。

2017-07-14_09-26-03.jpg

7月18日(火)、ななかまどウオーキングが終わった後、急に話が決まって焼肉屋へランチに。

2017-07-18_13-56-16.jpg

11時30分まで入るとソフトドリンク付きランチが200円安い580円也。40分余り待って…。

2017-07-18_11-42-04.jpg

丁度お昼。お腹が空いてて、みんなでパクつきました(*^^)v。

2017-07-18_12-35-26.jpg

ランチの帰りスーパーで買い物。「ゴジラの卵」(スイカ)が木の檻に入れられて売られていました。お値段は税込¥10584円也。

2017-07-18_19-56-48.jpg



2017-07-21_09-27-00.jpg

(注) ここからは放送大学単位試験&『認知症と生きる』の引用文となります。興味のない方はスルーしてください。

7月26日(水)、午後、放送大学の単位試験があり出かけました。私が受ける科目は『認知症と生きる』です。

2017-07-27_16-23-38.jpg

気温25度。青空。日陰は涼しい風が吹いてる。

2017-07-26_15-19-14.jpg

放送大学試験室前廊下。

2017-07-26_12-34-44.jpg

試験前の自習室風景。

2017-07-26_12-46-30.jpg

3日漬けで試験を受けました。今回は試験勉強のやり方を変えて、キャンパスネットワークホームページのインターネット配信による授業を倍速で繰り返し見ました。音を大きくし家事をしながら聴いたりもしました。繰り返して聞くことは効果ありだと思います。

2017-07-27_18-18-13.jpg

ここに参考のため『認知症と生きる』の放送授業内容を少しだけ引用しますね。
日本における認知症は62,5%がアルツハイマー型認知症です。治療可能な脳血管性認知症は18,75%です。

2017-07-23_11-38-41.jpg

認知症は中核症状(脳の認知機能障害)と周辺症状(行動・心理症状⇔BPSD)があります。

2017-07-23_12-08-42.jpg

アルツハイマー型認知症は脳の機能変化により進行する病気です。治療は非薬物療法からはじめます。これが効果が無く緊急を要する場合は薬物療法が行われます。薬物療法は薬によってアルツハイマー型認知症が治るわけではなく、病気の周辺症状(SPSD)への対処療法です。

対処療法である薬物(抗精神薬や睡眠薬等)は強い副作用【鎮静作用】があり、【転倒】【骨折】【不眠】【昼夜逆転】などのリスクが高くなり使用には十分注意が必要です。
(注) 90%の病院が患者である認知症の人に薬を処方してます。

2017-07-23_13-04-24.jpg

2000年頃までは病院では認知症患者を縛るなど、全く認知症の人の人権が無視されていました。酷いですね。認知症の人自身が苦痛を言葉で訴えることができないので、じつに長い間、縛るつまり身体拘束が行われていたのですね(T_T)。

2017-07-24_22-14-54.jpg

長い間、認知症のことを「ボケ」と言って差別し軽蔑していたのを「ボケ→認知症」と言葉を変えることで、認知症に関わる人の意識改革になったのですね。
縛る認知症ケアからの脱却。1999年、厚生省が「身体的拘束禁止省令」を発令。2001年には「身体拘束ゼロの手引き」が発行されました。

2017-07-24_17-48-14.jpg

認知症も1つの病気です。認知症であるが故に「何も考えることができない人」「何もできない人」というのは全くの偏見です。

2017-07-24_17-59-21.jpg

トム・キッドウッドの考え方。認知症の人も尊厳を持つ一人の人間なのです。人権を無視した介護は許してはならないのですね。

2017-07-26_11-36-29.jpg

介護保険制度ができた。身体拘束禁止令があるというものの、現実の社会では悲しいことに介護による悲劇が続いています。懸命に生きてきた人が認知症になったばかりに人生が悲劇で終わらなければならないとしたら、余りに残酷すぎると思いませんか?

2017-07-24_16-16-00.jpg

それでは良い介護とは?私たちの優しさや力には限界があります。そのため2000年に「公的介護保険制度」ができたのですね。

各地にそれぞれ【地域包括支援センター】があります。保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が 「・地域住民の保健・福祉・医療の向上・虐待防止・介護予防 マネジメント」等サービスを行っています。重要なのは家族だけや、あるいは一人で抱え込まないで早期に相談することです。

各地にケアする家族のための悩みと経験を語り合うことができる【家族会】があります。なお家族会では、情報を共有し合い【情報を社会に発信】するという役割も果たしています。

2017-07-26_11-01-25.jpg

テスト結果は?…。大丈夫♪何しろ合格点は60点ですからね(^_^;)。今回の『認知症と生きる』は高齢者である私としてはとても考えさせられました。 
※出典 放送大学 http://www.ouj.ac.jp/

2017-07-18_15-31-59_20170727191859dc4.jpg

長~い記事を読んでいただきありがとうございますm(__)m。ではまた(^^)/。


2017-07-25 01:49 | カテゴリ:日記
空ちゃんが7月12日(水)、早朝4時45分、行方不明になってから13日ぶりで帰宅しました。約1時間半泣き続け…。空ちゃんにすればいっぱいお話してくれたのだと思います。

2017-07-10_09-52-43.jpg

「皆さんにご心配おかけしましたニャ。」「ボク、後ろ足に力が入らなくて引きずってるニャ」(=^・^=)

2017-07-12_05-18-15.jpg

「ベッドにはおかしゃんから抱っこしてもらって上がり、8時近くまでグッスリ眠ったニャ」(=^・^=)

2017-07-12_08-03-21.jpg

空ちゃんは背骨が浮き上がり、げっそりと痩せて帰ってきました。きつめだった首輪がユルユルになって、13日目の帰宅でしたが、何かの事情で殆ど食べていなかったようです。

2017-07-12_14-07-03.jpg

動く力もなく、横になって眠ってばかりです。

2017-07-12_14-23-46.jpg

「でもボク3回ゴハンを食べたニャ、ボクを心配して見に来てくれたMさんに少し歩いて見せたニャ。空ちゃんと呼んでくれて、ちゃんと「ニャ」とお返事もできたニャ」(=^・^=)v
「今日から、この家でおとしゃんとおかしゃんと毎日一緒に暮らすことになったニャ」(=^・^=)v
「おとしゃんのお腹は温かくて気持ちいいニャ」(=^・^=)

2017-07-12_18-29-45.jpg



2017-07-10_09-51-50.jpg

7月12日(水)、「ボクはソファの上は暑くて、夜中、テーブルの下へ避難して1晩を過ごしたニャ」(=^・^=)

2017-07-13_10-45-28.jpg

「朝ゴハンニャ♪」(=^・^=)v

2017-07-13_12-24-44.jpg

「お水も飲んで♪」(=^・^=)v

2017-07-13_12-25-31.jpg

「空ちゃん。オシッコはここよ」。「イヤニャ!」。昨日の朝から一度もオシッコをしてないからおかしゃんは心配してます。

2017-07-13_13-09-19.jpg

ゴハンを食べた後、3m歩くと台所のマットの上に一休み。「ボク、まだヨロヨロフラフラだから長くは歩けニャイニャ」(=^・^=)。

2017-07-13_12-27-04.jpg

空ちゃんの決意表明→「ボクきっと元気になるニャ」(=^・^=)/ 「よく頑張って帰えって来てくれたね」(T_T)←うれし涙♪

2017-07-13_12-29-09.jpg

今日は「寝る子は育つ」を地「寝子」でいってます。昨日の写真と較べてみてください。背中のゴツゴツが無くなって少し丸くなったような気がします。

2017-07-13_13-00-01.jpg

<<空ちゃんとの再会>>
12日の朝方、私は夢を見ていました。猫が4匹、2階の階段を登ってきて踊り場でこげ茶色の巨大な猫がゴロン。白い猫もいる。「空ちゃんは?」と探しても居ない。そこで目を覚ます。

私は「空ちゃんが帰った時、ゴハンがないと再びどこかへ行っちゃう」と考え、日中と夜中は2回起きて、ゴハンの有無を確かめゴハンを補充していました。

2017-07-08_04-38-53.jpg

12日朝、4時45分玄関のドアを開けると「エーエー」と猫の微かな鳴き声が聞こえ、もしやと思い「空ちゃ~ん♪空ちゃ~ん♪」と呼ぶと、出窓の下のベッドから空ちゃんがゆっくり出て来たのです!!「空ちゃん!」駆け寄って抱きしめると、かすれ声で「エーエー」と泣きはじめそれが1時間半続く。

2017-07-11_09-28-44.jpg

空ちゃんは後ろ足をひきずります。足の太ももの筋肉が減り、お尻の方に垂れ下っています。私の推測では6月30日、何か重大な危険に遭遇し(車に轢かれそうになったとか、他の猫とケンカしたとか、子どもにイジメられたとか。)避難するも、もしかしたら近所まで来て動けなくなり引きこもり状態になったのではと思います。「空ちゃん!」「そ~ら♪」と呼ぶ声を聞いていたかも知れません。おとしゃんも毎日探していました。

2017-07-02_16-00-07.jpg

娘の話では、【猫は砂漠の生きもの】。かなりの長期間、エネルギーを消耗しないよう身体の機能を押さえて、飲まず食わずでも、じっと動かないことで、何日も生きられるのだそうです。←不思議?(@_@)。生物としては体の機能を変換して究極の省エネができるのですね。参りましたm(__)m。

【猫が砂漠の生きもの】とは知らず、2日もオシッコもウンチも出ないので、腎臓が悪いのかと心配し、「明日、病院へ連れて行こう」ということになっていました。

2017-07-14_09-55-42.jpg

ところが、14日夜中(午前2時)ベッドへ連れて行き寝ようとすると、空ちゃんが変な声で鳴きシーツを両手で掻き、「もしやオシッコ?」と、ちょっと思ったのですが私は前日徹夜のホットラインにつき疲れていて、そのまま寝たのでした。寝ても寝られずタオルケットを引っ張ると異様な匂い???何と私の足元にウンチが!!

ひゃあ!大変!!起きてシーツやベッドパットやタオルケットを急いで寄せるのを空ちゃんは私の枕に乗って高みの見物。枕を寄せると枕が黄色い液体で濡れている。「やってくれたか」。

夜中だというのに、洗濯機を回し大物洗い。2階のベランダに干し終わると既に4時半。すっかり夜が明けていました。

2017-07-05_10-42-28.jpg

ひゃあ!大変!!と思ったものの、空ちゃんが病気でないことが分かりほっとしました。ソファの上でないし、絨毯の上でないし、私が洗えば済むこと。良かった♪でも、トイレットトレーニングがすんなり行くか心配になった私でした。

2017-07-05_10-42-37_20170715112017aee.jpg

<< ねこのおまじない >>
娘が紹介してくれた「YAHOO!知恵袋 JAPAN」 【家出猫が帰宅するおまじない】

1) 普段 猫が食事する位置へ 使用している食器を裏返して伏せます。
 ( 猫が帰宅するまで そのまま )→ゴハンは裏返した食器の隣に用意する。
   ( 空腹で 家を思い出し 帰宅することも あります。 )

2) 猫さんの眼を思い出し、頭の中で 眼を見つめながら
   下記の百人一首の文句を 三回 となえます。
   (この歌を書いた 紙を 玄関戸口や 脱走口の目立たぬ所へ貼って おくのも良いです。)

3) 〔松や松〕 立ち別れ いなばの山の 峰におふる
   まつとし聞かば 今 帰りこむ   (註) 百人1首・在原行平の歌です。

2017-07-14_09-56-05_20170715150728282.jpg

11日(火)夕方、放送大学の帰り、【ねこのおまじない】一生懸命読みました。これが効いたのでしょうか?玄関を開けるたびに「空ちゃ~ん」って呼んでいました。

2017-07-11_16-27-14.jpg

家に帰って3日目。6月14日、空ちゃん一日中テーブルの下で寝てばかり。呼んでもほとんどお返事なし。精も根も尽き果てたのでしょう。

2017-07-14_18-13-31.jpg

14日(金)お昼、空ちゃんゴハンを食べ、お水を飲んで…

2017-07-15_12-00-38.jpg

家の中を探索?少し余裕がでて来たかな?ここは、11か月前、虹の橋を渡ったミミちゃん(長毛白猫)が何故かたま~にオシッコをわざとした所です。この辺をスンスン。もしやと思って「空ちゃん、ダメよ!」というと戻ってきて、

2017-07-14_21-10-30.jpg

今度は玄関へ。スンスン。「そこもダメよ!」。あらっ!空ちゃんこの段差を難なくクリア、昨日まで登れなくてダッコして移動していたのに。空ちゃんが元気になってきている。うれしい(^^♪。

2017-07-14_21-13-58.jpg

次はお風呂場。ン?匂いを嗅いだ後、3度も座り直し構えている。ふろ場だから洗えばいいというものの、それではトイレットトレーニングにはならない。「空ちゃん、そこもダメよ」。

2017-07-14_21-11-58.jpg

と言われると、さっさと出て来てまっすぐ猫トイレへ!!感動の一瞬でした。「空ちゃん。アッパレ♪いい子だね~♪」。空ちゃんはちゃんとトイレであることを解っていたのでした。ただ使ったことが無いので、どう対処すべきか迷っていたのでしょう。

2017-07-15_00-56-27.jpg

15日、「ボク少し(10m)歩けるようになって来たニャ」(=^・^=)v

2017-07-15_09-28-06.jpg

16日(日)、「朝お腹が空いて7時におかしゃんのパジャマの襟をそっとひっぱり「エーエー」とおかしゃんを起こしたニャ♪」「空ちゃん、起きたの?ゴハン?」「おかしゃん眠いから、おとしゃんにもらいなさい」。「おとしゃんについて階段を下りたニャ♪階段下りクリアしたニャ♪」(=^・^=)V。心配症のおかしゃんも起きて来て、「空ちゃん、エライね。いい子だね~」って、パチリ。

2017-07-16_17-53-47.jpg

今日は、空ちゃんの後ろ足がちゃんと立ってます。前足で歩き後ろ足2本を引きずっていたので拘縮を起こしてしまったのかと心配しました。帰宅して今日で5日目、子猫の空ちゃんの回復力の早さに驚いています。究極の悪条件から生還できるのは【猫は砂漠の生きもの】だからなんですね。

2017-07-16_18-00-12.jpg

ボクまだ走っては歩けないけど、大丈夫。ボクを心配し励ましてくれてるみなさん、どうもありがとうございますニャ」(=^・^=)。

2017-07-16_18-00-05.jpg

飲まず食わずで脱水症を起こしつつ、奇跡の生還を遂げた空ちゃんにポチっと応援の拍手をお願いしますm(__)m。

2017-07-02_16-00-17.jpg


2017-07-12 20:58 | カテゴリ:日記
九州豪雨、心からお見舞い申し上げます。

2017-07-05_10-38-25.jpg

<< 空ちゃんは何処へ行ってしまったのでしょう >>
東京から帰ったら、空ちゃんが家出していました。私が留守の間、秋田もかなり強い雨が降り、空ちゃんのゴハンの周辺も屋根があるにも関わらずびしょ濡れでした。写真はかなり乾いてから撮ったものです。出窓の下の空ちゃんのベッドはきれいに整い全く寝た跡がありません。Mさんは濡れないように雨の当たらないところにもゴハンを置いてくれていました。

お世話していただいたMさんも向かいのAさんも空ちゃんを一度も見かけなかったとのこと、出かけた30日に既に家出していたのでしょうか?(T_T)。家出が心配だったけど、ゴハンさえあれば居無くならないだろうと考えてもいました。

2017-07-04_22-14-29.jpg

出かけて帰ってくると空ちゃんが出迎えてくれてるかもという期待は…(T_T)。空ちゃんはこの階段の辺りで「ここがボクの家」という顔で暮していたのです。夜も昼も何度も、もしやゴハンを食べに来ているのではと確かめてみるのですが…。不思議なことにゴハンは少し食べた跡がありました。空ちゃんかな?

昨夜、ゴハンが減っていた謎が解けました。空ちゃんよりちょっと小さい真っ白な子猫がゴハンを食べていて、私の姿を見ると庭に逃げてから玄関屋根の隅に座り込んでいました。空ちゃんは大食漢で朝、昼、晩の3食べて、ゴハンが足りないと「エーン、エーン」と鳴いて催促してました。白い子猫は空ちゃんの半分くらいしか食べれません。

2017-07-06_17-13-04.jpg

「もしや、交通事故?」「風邪で行き倒れ?」マイナーなことばかり考えてしまい泣きそうになります。「ノラちゃんで生きてきたのだから大丈夫だよ。1か月2か月かかるかもしれないけれどひょっこり帰ってくるよ」。息子からの電話の言葉を信じて待つより方法はないのかも知れない…。

2017-06-07_16-47-29.jpg

7月7日朝8時、「空に似てる猫が車にぶつかって死んでいたから、大至急見に行こう!!」「大変!!」。段ボールとタオルとシャベルを持って車で現場に駆けつける。

そこには空ちゃんより小さいまだ3ヶ月くらいの白黒の子猫が、頭を血だらけにして車道の窪みに横たわっていました。空ちゃんではなかった!!安堵したものの、そのままにして帰るのは可哀そうで、道端の草地に埋め、野の花を添え手を合わせて帰宅しました。

2017-07-07_08-38-48.jpg

「空ちゃんは何処へ行ってしまったのでしょう…」(T_T)。

2017-07-05_10-42-37.jpg

6月30日(金)、秋田からスーパーこまちに乗り3泊4日の予定で上京しました。

2017-06-30_09-57-08.jpg

7月1日、夕方、ここは八王子駅前です。

2017-07-01_17-11-50.jpg

八王子駅前の京王プラザホテルのレストランで食事をして居たら、外が明日の都議選街頭演説で騒々しく、たくさんの人だかりがしていました。

2017-07-01_19-00-03.jpg

★★★ 聴衆の「辞めろ」コールに安倍首相激高「こんな人たちに負けられない!」 ★★★

食事が終わって部屋でテレビをつけるとこんなニュースが!「なかなか都民もやるじゃない(^^)/」。ところで、夫婦で参加していて日本の旗を振っていた森友元理事長の籠池さんが無理矢理排除されたのは何故?ご意向?忖度?変ですね(>_<)。今や、森友事件で正直なのは籠池さんだけだと思いませんか?

2017-07-07_02-04-06.jpg

★★★ 都民ファーストの会 圧勝・自民党大敗 各新聞はどう報じたか? ★★★

東京都議会議員選挙。都民ファーストの会は追加公認した無所属で推薦だった候補者も含め、55議席を獲得しました。対する自民党は、これまで最低だった議席数を大きく割り込む23議席と歴史的な惨敗を喫しました。
※出典 選挙ドットコム ※写真もお借りしました。

2017-07-05_08-48-42.jpg

★★★ 東京都議会選挙 開票結果 ★★★

誰のための政治なのか!「口から出まかせの嘘をついて国民をナメテはあかんぜよ!」。東京都民だけではなく、このまま安倍ソーリ及び忖度議員が日本国民(こんな人たち)の感情を無視し敵視し続ければ、国政選挙は無残な結果となるでしょう。

2017-07-05_08-59-46.jpg



2017-07-05_10-38-36.jpg

7月2日(日)、天気予報は曇りのち雨、高尾山へ。京王線に乗り高尾山口駅へ到着。

2017-07-02_16-06-47.jpg

電車を降りてみんなが歩く方へついて行き…

2017-07-02_10-26-09.jpg

清滝駅から高尾山駅までは標高200mをケーブルカーで登りました。

2017-07-02_10-28-05.jpg

1号路は殆ど舗装されていて、スニーカーやウオーキングシューズで登山というよりハイキングでした(*^^)v。高尾山は登山者が日本一多いそうです。

2017-07-02_10-41-50.jpg

森の中に「タコの供養碑?」。この杉の大木は450年もの長きに亘って生き延びてきたのですね。凄いですね~(^^♪。

2017-07-02_10-44-12.jpg

蛸杉の高さ37m。周囲は約6m。杉の姿が蛸に似ているから蛸杉。でも生きてるのに供養とは?

2017-07-02_10-44-48.jpg

【開運 ひっぱり蛸】 可愛いタコちゃんが♪ モテモテ人生が開ける♪ たくさんの人がタコちゃんの頭を撫でながらここで記念写真を撮っていました。人生に幸あれ!!

2017-07-02_14-30-10.jpg



2017-07-02_10-55-11.jpg

薬王院まで徒歩約8分?鳥になって飛べればね。誇大広告ですね~(>_<)。

2017-07-02_10-55-38.jpg

ここは女と男の分かれ道。どっちを選ぶ?

2017-07-02_10-58-08.jpg

男坂は見上げる急な長い階段。ここを登れば息が切れ倒れてしまいそうでムリ(>_<)。

2017-07-02_14-24-14.jpg

なだらかな女坂を歩くことにしました(^^♪。それでも何回か小休止が必要でした。道端にベンチがあります。

2017-07-02_11-13-22.jpg

【 高尾山霊木 天狗の腰かけ杉 】 さすが霊木、立派ですね♪

2017-07-02_11-17-35.jpg



2017-07-02_11-19-17.jpg

【 十善戒 】 あなたは誰にこれを読んでもらいたいですか?
私が真っ先に読ませたい人→安倍ソーリと忖度取りまき議員たち。あ、それから私人の安倍昭恵夫人と加計幸太郎加計学園理事長にも!!

2017-07-02_11-19-58.jpg



2017-07-02_11-22-40.jpg

四天王が山門をくぐる善男善女を睨んでいました(>_<)。
【四天王 持国天】→【清らかな社会を守ります】

2017-07-02_11-23-49.jpg

【四天王 増長天】→【剣を手にして勇ましく 無数の鬼をこらしめる おごれる心をうちのめし 安らかな社会を守ります】
四天王は怖いお顔をしてるけど世に跋扈する悪を裁き世の中の安寧を願って建立されているのですね。

2017-07-02_11-24-21.jpg

山門を抜けると天狗像がありました。
天狗様は飯縄大権現様の眷属(随身)として、除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す力を持ち、古来より神通力をもつとされ神格化されています。。尚、高尾山は修験道根本道場として知られており、現在も山伏修行が随時行われいます。
※出典 高尾山公式ホームページ

2017-07-02_11-33-58.jpg

ここで手を洗い口を漱ぎ、心身を清めてから…薬王院へ。

2017-07-02_11-26-09.jpg

その前に、「願い叶う輪くぐり」をして、『自分の健康と世界中から戦争が無くなりますように』と、

2017-07-02_11-30-46.jpg

願いを込めて備えてある太い棒で大錫杖を鳴らしました。
宮沢賢治 『世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない』 (農民芸術概論要項)

2017-07-02_11-31-55.jpg

【縁結】パパは誰と縁を結びたいのかな?

2017-07-02_11-34-37.jpg



2017-07-02_11-38-10.jpg



2017-07-02_11-39-17.jpg



2017-07-02_11-41-50.jpg

正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。

南北朝時代の永和年間(1375)には京都醍醐山より俊源大徳が入山し八千枚の護摩供養秘法の後、今のご本尊「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」を奉祀し中興されました。
※出典 高尾山薬王院公式ホームページ

2017-07-02_11-47-20.jpg



2017-07-02_11-52-14.jpg

もうすぐ頂上です。薄いピンク部分、はるか彼方にかすかに横浜ランドマークタワーが見えますよ~♪

2017-07-02_12-16-29.jpg

ようやく着きました。ここが高尾山頂(599m)です。標高約400mの登山ですが、登りの坂道(3,8km)は大変でした。

2017-07-02_12-19-20.jpg

頂上はお蕎麦とおでんしかないと言うので、麓の弁当屋で500円也のお弁当を買い、ここの階段に敷物を引いてお昼にしました。凄い人混みです。

2017-07-02_12-21-14.jpg

「お~い♪富士山が見えるぞ♪」「ラッキー(*^^)v」。はるか彼方に富士山が!!最大に拡大して富士山をスマホでパチリ。富士山は高尾山からは55km先にあるそうです。看板に【関東富士見100景】とありました。

2017-07-02_13-09-47.jpg

山頂には高尾山ビジターセンターがありました。トイレもあちこちに整備されています。

2017-07-02_12-54-58.jpg

上と下の写真はビジターセンター中です。

2017-07-02_12-57-57.jpg

戻りは近道の男道の階段を降りて、下りはやっぱり楽でした。

2017-07-02_13-16-31.jpg

ケーブルカーに乗る高尾山駅前のこの行列は1000人以上並んでいたと思います。

2017-07-02_14-33-37.jpg

行列に並ぶ目的はビアガーデンです。気持ちわかるけど何時間待ちになるのでしょうか?

2017-07-02_14-37-14.jpg

高尾山から下りてきて【高尾599ミュージアム】に寄りました。

2017-07-02_14-53-04.jpg

暑いので子どもたちが人工の浅い流れで、水の中に入って遊んでいました♪

2017-07-02_15-49-53.jpg

建物の中は涼しく清潔でした。無料で休めます。

2017-07-02_15-50-40.jpg



2017-07-02_15-51-51.jpg



2017-07-02_15-46-56.jpg



2017-07-02_15-45-20.jpg



2017-07-02_15-46-03.jpg



2017-07-02_15-45-36.jpg



2017-07-02_15-07-11.jpg

6月22日オープンしたばかりのイーアス高尾(ショッピングセンター)へ寄り、「すしえもん」で、

2017-07-02_19-06-20.jpg

回転寿司を食べ(49皿約13000円)

2017-07-02_19-27-36.jpg

ホテルに帰りました。お天気に恵まれ20000歩、歩いて流石に疲れました。高尾山って信仰の山なんですね。全身五感すべて刺激され、楽しい一日でした。

2017-07-03_13-15-00.jpg



2017-06-30_17-08-15.jpg

★★★ 民家全焼母子3人死亡、放火容疑で夫逮捕 ★★★

7月4日午前2時半ごろ、宮城県登米市迫町佐沼鉄砲丁の民家から出火、木造モルタル2階の住宅約260平方メートルが全焼し、焼け跡からこの家に住む島谷美由さん(31)、長女真央ちゃん(3)、次男叶佑(きょうすけ)ちゃん(1)とみられる3人の遺体が見つかった。

宮城県警と佐沼署は同日未明、現住建造物等放火の疑いで、美由さんの夫で会社員島谷嘉昭容疑者(40)を逮捕した。
※出典 河北新報 7/4(火) 13:42配信 ※写真もお借りしました。

2017-07-07_02-33-08.jpg

★★★ 宮城母子3人焼死事件 「愛想良かった」DV放火夫の心の闇 ★★★

宮城母子3人焼死事件で、放火の疑いで県警に逮捕された島谷嘉昭容疑者は4日未明、自宅2階の寝室の布団にライターで火をつけ、軽自動車で逃走した。島谷容疑者は「家族が死んでもいいと思った」などと殺意を認めるような供述をしている。

美由さんは同日午前2時半ごろ、「夫が家に火をつけた」と110番通報。焼け跡から見つかった3人の遺体は、美由さんが長女・真央ちゃん(3)、次男・叶佑ちゃん(1)を抱きかかえるような姿だった。

美由さんは2015年8月、「約1年前から、夫が深酒をしたときに平手で顔をたたかれることが、何度かあった」と警察に相談。美由さんの希望で被害届は出さず、二度と暴力を振るわないという誓約書を書かせた。

近所の住民は「(島谷容疑者は)子ども好きで面倒見もいい。家族仲も良く、幸せそうだった。そんなことをするような人ではない」と、口を揃えた。
※出典 日刊ゲンダイDIGITAL 2017年07月06日 18時00分 ※写真はお借りしました。

2017-07-07_02-34-33.jpg

☆彡 「布団に火をつけて車で逃走」と聞いて、私は[DV殺人]だとピンときていました。
① 【警察が二度と暴力を振るわないという誓約書を書かせた】
→DV夫は妻が悪いから「しつけ」として平手したと考え、反省はしません。誓約書を書く夫の腸は煮えくり返っていたことでしょう。
② 【子ども好きで面倒見もいい。家族仲も良く、幸せそうだった。】
→DV夫はプライドが高く外ではいい人を演じ、内(家)ではストレスを暴力で発散しているのです。
③ DV夫は男尊女卑の信念の持ち主です。妻や子どもは自分の持ち物、どう扱っても俺様の勝手だ。DV夫は妻や子どもを所有するための究極の行為が殺人です。
※参照 【 DVマリコのかけ込み部屋 】

2017-07-04_09-59-20.jpg

長~い記事を読んでいただきありがとうございますm(__)m。ではまた(^^)/。


2017-07-07 01:00 | カテゴリ:日記