10月16日(木)、町内のななかまどの仲間と一緒にハイキングに行って参りました。
コースは、にかほ市三崎公園→湧水と原生林の獅子ヶ原→鳥海マリモでした。
素晴らしい景色をご紹介します。拡大してごらんください。

2014-10-16_08-55-45.jpg

蒼い海に青い空、白い雲、ススキが風に揺れて…。

2014-10-16_10-25-04.jpg

三崎公園は、秋田県にかほ市と山形県遊佐町とにまたがる海浜公園であり、鳥海国定公園の一部です。
鳥海山が噴火し、熔岩が流れ込んでできたのが三崎です。この大きな「ゴジラ岩」も火山の噴火に伴う熔岩流でできたのでしょう。
約2500年前から871年まで、数回の噴火を繰り返し熔岩流が流れ出たとの記録があります。

2014-10-16_10-17-31.jpg

熔岩が海に流れ込んだ様子がよくわかる断崖絶壁ですね。

2014-10-16_10-13-58.jpg

まっ赤に燃えて走った熔岩流。荒々しい姿の岩。その上でのんびり釣りを楽しむ二人の釣り人。この海原からどんな魚が釣れるのでしょうか?

2014-10-16_10-20-12.jpg
スポンサーサイト

2014-10-30 15:47 | カテゴリ:旅行
去る9月13日(土)『平成26年度 放送大学学習センター 学生研修旅行」で、弘前城(青森県)へ行って参りました。
『都市鉱山小坂』へ行ったのと同じパープル色の大型バスで。参加者は30人、晴天に恵まれ車内は修学旅行気分でのんびりできました。

<コース> 秋田大学正門→【秋田自動車道】→【東北自動車道】→盛美園→津軽藩ねぶた村→弘前城公園・・弘前市立博物館→長勝寺→桂昌院(五重塔)→秋田大学正門

日本は本当に緑豊かな国であることを実感。

(※ 野の花日記内のすべての写真はクリックすると拡大できます。)

2014-09-13_10-33-57.jpg

国指定名勝 「盛美園」入口。なかなかいい感じですね。盛美園は青森県平川市にあります。

2014-09-13_11-03-29.jpg

盛美館は、庭園を鑑賞するために建てられ、明治42年に完成されました。1階は数奇屋造りの純和風、2階はルネッサンス調の洋館となっており、ほかに例のない和洋折衷スタイルです。

2014-09-13_11-20-21.jpg

2014-10-07 13:03 | カテゴリ:旅行
鰺ヶ沢駅から五所川原へ

2014-05-25_17-11-25.jpg

鰺ヶ沢駅で居合わせた「リゾートしらかみ・くまげら号」です。ラッキー♪

2014-05-25_17-20-40.jpg

五所川原駅から津軽鉄道へ乗り換える。何と電車の名前が「走れメロス号」。太宰治の作品題名そのまま使われていました。電車の中には、青森訛りの優しい車掌さん(津軽半島観光アテンダント)が、私たちがこれから向かう「金木」の見どころについていろいろ説明してくれました。

2014-05-26_09-32-10.jpg

太宰治記念館/斜陽館です。威風堂々としています。太宰治はこんな立派な家に生まれ育ったのですね。何しろ部屋数が30もあるというのですから、凄いですね。3DKで広いと思ってる私たちとは別世界ですね。当時の建設費4万円也は米7,000俵と同価値だと、斜陽館のビデオで説明されていました。

2014-05-26_10-14-22.jpg

2014-06-09 16:18 | カテゴリ:旅行
5月24日(土)能代で法事がありきょうだいで集まり、翌日、5月25日(日)北国の日本海海岸・五能線の旅へ、行きは21人乗りのバスをチャーターして行って参りました。岩舘、八森、十二湖(日本キャニオン・世界遺産白神山地)、不老ふ死温泉(小金崎温泉)、深浦町の北前船と千畳敷、鰺ヶ沢温泉では町興し犬?で有名な「わさお君」にも会ってきました。
今日はその様子を写真で紹介します。
☆「野の花日記」の写真は画面をワンクリックするとすべて拡大してご覧いただけます。

田植えをしてました。バスの車窓からパチリ。あいにくの曇り空、雨が降りませんように。

2014-05-25_09-12-57.jpg

日本海が見えはじめたのでパチリ。

2014-05-25_09-15-37.jpg

岩舘の景色が見渡せる岬で、今朝採れたイカを干したイカカーテンがありました。

2014-05-25_09-30-32.jpg

2014-06-07 10:35 | カテゴリ:旅行
5月3日(土)は憲法記念日です。世界に誇る平和憲法にきな臭い煙が立っていますね。「現憲法は素人集団であるGHQが作ったものだから、日本の憲法としてふさわしくないから憲法を改正すべきだ」と主張してるのが改憲派の主張です。

本当にそうでしょうか?1945年以来、平和が70年も続いているのです。そんなに平和が続いた時代が過去にあったでしょうか?戦争で国民がお国のため誰一人死ななくて済んだのです。素晴らしいことだと思いませんか。

女性は70年前(戦前)、選挙権もなく一人前の人間として扱われていませんでした。明治憲法では、女性は全く権利を持たない無能力者とされていたのです。女=無能力者!!と決めつけられていたなんて、ショックですね。

以前(2013年12月30日)の『野の花日記』上野千鶴子さん講演【世直し女の出番】でも紹介しましたが、再びベアテ・シロタさんの『1945年のクリスマス』とビデオ『私は男女平等を憲法に書いた』(KKドキュメンタリー工房・朝日放送株式会社)を紹介します。機会があったらぜひご覧ください。

2014-05-04_22-55-04.jpg

5月3日、4連休最初の日、混雑を避けるため、お昼の12時を回ってから大潟村の桜と菜の花まつり(大潟村創立50周年)に行って参りました。

帰りに寄ったスーパーで春蘭を見つけました。まるで亡き父に会ったようでうれしく懐かしくて、涙ぐんでしまいました。父は万年青(おもと)や野草を愛でていました。
父から一鉢の春蘭をもらってずっと大事にしていたのですが、秋田へ来てから木の下に地植えしていたのが、4年ほど前から春になっても姿を現さず、消えてしまい淋しく思っていたのです。ずっと欲しかった花です。願いがかなって(*^^)v。
「願いは現実化する」←『道を開く』デールカーネーギの言葉です。

2014-05-04_23-03-02.jpg

さて、菜の花ロードへ。この黄色、元気パワー全開です。

2014-05-03_13-48-39.jpg

八重桜が咲き始めていました。

2014-05-03_13-36-08.jpg

ソメイヨシノは散り、葉桜になりはじめていました。
菜の花ロードは11kmあり、約7000本の桜並木が続きます。ドライブには最適です。

2014-05-03_14-11-55.jpg

白い桜は満開でした。

2014-05-03_13-53-09.jpg

白い桜の木の陰に、こんな別世界が広がっていました。

2014-05-03_13-51-14.jpg

菜の花と踊り子草と小さな白い花のコラボ。踊り子草とはよく言ったものですね。ほんとうに春あちこちで踊ってるのが写真を撮るようになってから分かりました。

2014-05-03_13-56-47.jpg

2014-05-04 23:47 | カテゴリ:旅行