「みなさん、こんにちは。今日もボクに会いに来てくれてありがとニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、9月5日、家に来た時は1,3kgくらいだったのが、今は2,5kgもあります。(^^♪」「ボクお腹が空いてたまらにゃいニャ(=^・^=)」笑ちゃんは耳が良いから冷蔵庫をそっと開いても聞きつけて、飛んできて「ミャ・ミャ・ミャ(=^・^=)」。「小さなこの声に弱くて、おかしゃんはヨーグルトや牛乳をあげちゃうんだよね(^^♪」

2018-10-15_15-43-08.jpg

おかしゃんが台所のシンクを掃除してると、この方が出現。「ボク手伝って上げるニャ(=^・^=)」「笑ちゃん!!ダメ!ダメ!濡れちゃうでしょ(^^♪」」「おかしゃんに、あっという間に床に降ろされたニャ(=^・^=)」

2018-10-11_09-52-01.jpg

「おかしゃんに手伝ったら、疲れたニャ(=^・^=)」。「おとしゃんのお腹のベッドは広くて気持ちいいニャ(=^・^=)」
ほんとは笑ちゃんの写真いっぱい撮ったのに、PC不調のためブログに載せられなくて残念!!(>_<)。

2018-10-05_19-30-03.jpg

10月19日(金)、ななかまどウオーキング参加しました。24号台風の塩害で、並木が坊主になってしまいました。

2018-10-19_09-29-33.jpg

斜面のりんごが赤く色づいています。葉っぱは枯れ落ちちゃったんですね。

2018-10-19_09-35-32.jpg

いつも、この大銀杏の木を目指して、長~い坂道を登るんだけど、黄葉する前に茶色になって落葉。何だか木も可哀そうですね。

2018-10-19_09-36-22.jpg

北海道旅行で、ハマナスの実でジャムを作れるって聞いたけど、秋田ではそのままです。

2018-10-19_09-38-35.jpg

いつも一休みする花壇に、白い芙蓉が一輪咲いていました。朝の気温11度。空気がひんやり冷たい。

2018-10-19_09-39-32.jpg

10月10日(水)、スロージョギングに参加しました。コーチが撮る前の1枚。

2018-10-10_10-02-42.jpg

あれ?いつも走ってる仲間が歩いてる?どうしたのかな?

2018-10-10_10-41-34.jpg

雨が降って来るのか降らないのか?どんより(>_<)。

2018-10-10_10-44-56.jpg

10月17日(水)、太陽が燦々と光り。綺麗な青空が広がる。拡大してご覧ください。私は調子が悪く2,3km走って、リタイア(>_<)。

2018-10-15_10-26-44.jpg

★★★ 分離手術30年、ドクさん「日越の懸け橋に」 ★★★

ベトナム戦争で米軍が散布した枯れ葉剤の影響とされる結合双生児として生まれた「ベトちゃん、ドクちゃん」の分離手術から30年を記念する式典が4日、南部ホーチミンで行われた。

弟のグエン・ドクさん(37)が家族とともに元気な姿を見せ、取材に対し、「(手術を受け)社会の役に立つ人間になる責任があると感じている。日本からも多くの支援を受けたので、今後も日越の懸け橋となりたい」と話した。

下半身がつながった状態で生まれた2人は1986年に来日し、日本の医師団が都内の病院で治療にあたった。88年にツーズー病院(ホーチミン)で行われた分離手術も日本の医師が支援した。ドクさんは2006年に結婚し、妻と男女の双子らとホーチミンで暮らしている。兄ベトさんは入院生活が続き、07年に死去した。
※出典 読売新聞 10/4(木) 22:42 ※写真もお借りしました。

☆彡 1955年~1975年 20年にも及ぶ泥沼化したベトナム南北戦争はアメリカやロシヤの代理戦争とも言われていました。アメリカ軍が上空から【枯葉剤】を散布、べトコンが潜む森林をなくし、食物を育てる土地も破壊しました。もっとも大量に用いられたのは「オレンジ剤」というものです。ダイオキシンなどを含み非常に毒性が強く、動物実験の際には奇形を生じさせる性質があることが分かっていました。この非道な戦争が生んだ 【べトちゃん、ドクちゃん】犠牲者なんですね。

2018-10-05_02-00-12.jpg

★★★ リュック・ベッソン氏、女優への性的暴行容疑で事情聴取 ★★★

フランスの警察当局は4日、『フィフス・エレメント(The Fifth Element)』や『グラン・ブルー(The Big Blue)』といったヒット作で知られる仏映画監督のリュック・ベッソン(Luc Besson)氏(59)に掛けられた若手女優への性的暴行容疑について、同氏を5時間近くにわたって事情聴取した。ベッソン氏をめぐっては今年、仏女優サンド・バン・ロイ(Sand Van Roy)さんが性的暴行の疑いで同氏を告訴。捜査が4か月半あまり続いている。

また仏ニュースサイト「メディアパート(Mediapart)」によると、もう1人の女性がベッソン氏から性的暴行を受けたと名乗り出ているほか、さらに別の女性2人も同氏から性的嫌がらせ(セクシュアルハラスメント)を受けたと告発している。
※出典 発信地:パリ/フランス  2018年10月5日 13:17 ※写真もお借りしました。

2018-10-05_16-57-18.jpg

★★★ 米最高裁判事候補の性的暴力疑惑、女性が公聴会で証言へ ★★★

トランプ米大統領が最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏(53)の性的暴行疑惑が、次々と浮上している。最初に被害を訴えた大学教授の女性(51)が27日、上院司法委員会で証言。カバノー氏も出席して全面否定する方針である。

なお、上院司法委員会では、三十数年前にカバノー氏から性的暴力を受けたとする女性とカバノー氏を招き、24日に公聴会を開くことを決めた。両氏の証言内容や採決をめぐる与野党の攻防によっては、11月の中間選挙に影響を及ぼす可能性がある。


ブレット・カバノー氏の写真が入る。


☆彡社会的に認められ立派な活動している男性による性暴力をあなたはどうお考えになりますか?彼らは女性に人権があることを認めず、女性を性(セックス)の記号としか見てないのでしょうか?

★★★ 泊めたら性行為「暗黙の了解」 家出少女につけ込む大人 ★★★

警察庁によると、SNSなどで児童ポルノや児童買春といった被害に遭った子どもは2017年に1813人にのぼり、約10年で2倍以上になった。一方、警察に行方不明者届が出された10代の人数は1万6412人(2017年)で、理由は「家庭関係」が6205人で最多。実際にツイッターの「#家出」「#神待ち」などで見知らぬ男性と出会い、事件に巻き込まれる例もある。

フリーライターの渋井哲也さんによると、ただ、SNSを介した見知らぬ人との出会いは性被害などのリスクがつきまとう。渋井さんは、宿泊させる代わりに男性が性行為を求めることが暗黙の了解の場合もある、という。「子どもたちは家族や学校は話を聞いてくれないけれど、SNS上の人は親身に話を聞いてくれる、と考えている。

全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長は「自分が抱える苦しい思いをネットでつぶやき、反応があるとすぐに信頼してしまう。だが、そこには弱みにつけ込む大人もいる」と指摘。「親を含め周りの大人が子どものネットの使い道に無関心過ぎる。家族や学校が子どもたちと向き合い、使い方や危険性などの教育を地道にしていくしかない」と訴える。
※出典 朝日新聞デジタル 10/12(金) 20:54配信

☆彡 出会い系で出会った男性による性暴力の電話相談は多いです。子どもたちに必要なのは性教育と自己尊重です。世の中にはたくさんの優しい声と顔で近づいてくるオオカミが居ることを子どもたちに知らせるべきです。

2018-10-17_11-12-06.jpg

それでは、9月15日( )の盛岡旅行の続きを書きますね。公園を出て、バスで酒蔵【あさ開き】へ向かう。途中、賑やかな笛や太鼓のお囃子が聞こえて来て、なんと、盛岡八幡宮の秋祭りが14日~16日、開催されてる最中でした。

2018-09-15_12-23-21.jpg


2018-09-15_13-20-08.jpg

盛岡八幡宮の前をバスで横切っただけですが、この人出でした。3・11の翌年、2012年のお正月は、【東日本大震災】の被災者相談を受けるため、盛岡八幡宮の近くに居ましので、初詣をしました。その時の人出も凄かったですよ。初詣に来た人たちが、ずら~っと並び…境内は人人人…。

2018-09-15_12-23-49.jpg

酒蔵【あさ開き】は居酒屋と聞いてましたがスケールの大きなレストランでした。直営の売店があり、夫に大吟醸「あさ開き」をお土産に買いました。

2018-09-15_12-36-08.jpg

これが1000円のランチです。ボリュームがあり、かつ美味しかったですよ。

2018-09-15_12-36-53.jpg

「あさ開き」から向かったのは【もりおか 啄木・賢治青春館】。国指定重要文化財です。入館無料もいいですね。

2018-09-15_13-29-49.jpg

写真を撮るため私はいつも最後尾。

2018-09-15_13-32-05.jpg

石川啄木の『あこがれ』『一握の砂』『悲しき玩具』の初版本が並べられていました。 

2018-09-15_13-32-44.jpg

こちらは宮沢賢治の『春と修羅』『注文の多い料理店』が展示されていました。

2018-09-15_13-33-15.jpg

親友の森佐一氏あての手紙。賢治自筆。

2018-09-15_13-33-39.jpg

こちらも森佐一氏に宛てた長文の手紙。拡大してご覧ください。

2018-09-15_13-34-08.jpg

森 壮己池 (もりそういち) ⇔ 森 佐一氏の写真です。※拡大してご覧ください。

2018-09-15_13-40-42.jpg

賢治と啄木の年表

2018-09-15_13-42-41.jpg

これは『生徒諸君に寄せる』…。『諸君はこの颯爽たる 諸君の未來圏から吹いてくる 透明な清潔な風を感じないのか 新しい時代のコペルニクスよ。新たな時代のマルクスよ。新しい時代のダーウィンよ。新たな詩人よ。嵐から雲から光から 新たな透明なエネルギーを得て 人と地球に取るべき形を暗示せよ』(宮沢賢治詩集より) ※拡大してご覧ください。

☆彡 この詩は賢治が盛岡中学校での教職を離れるときの、後輩に送ったエールと言われています。私はこの詩を読むたびに、まさに賢治さんから清冽な風が吹いてくる気がします。

2018-09-15_13-36-26.jpg

賢治と啄木の年表

2018-09-15_13-39-29.jpg

石川啄木と宮沢賢治の「家族年表」 ※拡大してご覧ください。

2018-09-15_13-53-38.jpg

啄木・北海道・東京時代 ※拡大してご覧ください。

2018-09-15_13-53-55.jpg

展示室はこんな感じです。資料はどれもこれも素晴らしく、見飽きませんでした。

2018-09-15_13-52-10.jpg

元銀行だった建物はクラシカルでした。売店などもありました。

2018-09-15_13-52-56.jpg

次に向かったのは【原 敬 記念館】

2018-09-15_14-21-23.jpg

【原敬生家】

2018-09-15_14-22-22.jpg

ここだけ窓から外を撮るのはいいと撮影許可がありましたが、資料及び他の部屋は全て撮影禁止でした。

2018-09-15_14-48-02.jpg

原敬氏

2018-09-15_14-26-57.jpg

盛岡旅行記はこれで終わります。長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2018-10-19_09-39-38.jpg

スポンサーサイト

2018-10-22 14:48 | カテゴリ:日記
「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。この頃は寒くて机の下のパソコンの上で暖を取ってるニャ。ここは温かくて気持ちいいニャ(=^・^=)/。ボクの写真、9月27日のお古ニャ。(>_<)」「おかしゃん、いっぱい笑ちゃんの写真撮ってあるけど、スマホからパソコンへ移せなくて、笑ちゃんのヤンチャぶりを載せられずにいます(>_<)。PCが回復したら一挙に紹介しますね(^^♪」

2018-09-25_18-53-25_20181015192432f59.jpg

「おかしゃんの血圧計でボクのケツアツ計ってるニャ(=^・^=)」「お蔵入りの写真だけど、笑ちゃんのヤンチャぶりをご覧あそばせ(^^♪」

2018-09-30_18-39-56.jpg

お蔵入りからもう一枚。
「ボクは何でも遊べるニャ(=^・^=)」「おかしゃんのダイエット甘味料、ラカントの空き袋で一人サッカーを楽しむ笑ちゃんです(^^♪」「サッカーに疲れてひと息入れてるところニャ(=^・^=)」「笑ちゃん、神妙すぎてアラレもない姿をお詫びしてるのかと…(^^♪」「おかしゃん、趣味悪すぎニャ(=^・^=)」「m(__)m」。

2018-09-22_11-32-31.jpg

希望じゃなくて黄望ですって♪

2018-09-11_13-49-52.jpg

★★★ ムクウェゲ氏とムラド氏にノーベル平和賞 性暴力と闘う ★★★

ノルウェーのノーベル委員会は5日、2018年のノーベル平和賞を、内戦状態が続くコンゴ民主共和国(旧ザイール)でレイプ被害にあった女性たちの治療に努める婦人科医デニ・ムクウェゲ氏(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)による性暴力被害者で、現在は国連親善大使として人身売買被害者の救済を訴えるイラクの少数派ヤジディ教徒ナディア・ムラド・バセ・タハさん(25)に授与すると発表した。 

2018-10-14_02-16-04.jpg

委員会は授与理由を「性暴力という戦争犯罪に焦点を絞り、なくそうと努める重大な貢献をした」と説明した。長年続く紛争下での女性や子どもへの性暴力が「武器」として使われている実態に国際社会の目を向けさせ、根絶に向けた機運を高める狙いがある。
※出典 朝日新聞デジタル 2018年10月5日

2018-09-11_13-35-17.jpg

☆彡 性被害に声を上げ、被害者への連帯を示す「#MeToo」運動が広がるなか、ノーベル平和賞がムクウェゲ氏とムラド氏に授与された意味は深いと思います。戦時下、何故女性への性暴力が「武器」となるのか?夫や父親や兄弟である男性にとって妻や姉妹や恋人である女性がレイプされ殺されることの屈辱感、恥、精神破壊、戦意喪失を狙った、使用側の【悪辣な武器】として、有史以来、女性の命が利用されてきました。

近年は「民族浄化のためのレイプ」=「ジェノサイド(大量虐殺)・レイプ」=「多くの残虐な拷問の内の特殊な虐待」‐【レイプ強制収容所】=【強制妊娠】←「人道に対する罪」、言葉を並べただけで、恐怖で戦慄してしまいます。
※参考図書 『ユーゴスラヴィア 民族浄化のためのレイプ』 ベヴェリー・アレン著・島居千代香訳 (2001年5月・つげ書房新社)

2018-09-11_13-43-48_201810152014039ed.jpg

★★★ LGBT差別発言に抗議 渋谷、当事者らデモ ★★★

同性カップルを念頭に「生産性がない」と月刊誌に寄稿し、LGBTなど性的少数者への行政支援を疑問視した自民党の杉田水脈衆院議員に対する抗議行動が5日、東京・渋谷駅前で行われた。集まった市民らは「差別をやめろ」と声を上げ、杉田氏に謝罪と撤回、議員辞職を求めた。

2018-07-24_02-32-45_20181015230226bfd.jpg

「生産性で差別をするな」と書かれたプラカードを手にしていた男性(43)は「優生思想につながる恐ろしい考え方。LGBTだけの問題ではない」と憤った。
※出典 神奈川新聞 2018/8/5

2018-08-12_22-08-19_20181015225900fd7.jpg

★★★ 新潮45問題 ★★★

杉田水脈衆議院議員が、新潮社の月刊誌「新潮45」8月号で、【『LGBT』支援の度が過ぎる】【性的少数者LGBTの人々は子どもをつくらないから生産性がない】などと書いた文章を掲載したが、10月号で同議員を擁護する特別企画、【そんなにおかしいか『杉田水脈』論文】【見当外れの大バッシング」と反論する】特集を掲載、さらなる批判を浴びることとなった。


<<新潮45、8月号写真が入る>>


10月号では、文芸評論家の小川栄太郎が「LGBTが生きづらいなら痴漢も生きづらいとし「彼らの触る権利を社会は保障すべき 」と主張、評論家の八幡和郎は「(杉田議員はLGBTへの)予算配分など政策的な優先順位を論じただけ。差別主義者だと批判する余地などない」「揚げ足を取られているだけ」と杉田議員を擁護。


<<新潮45、10月号の写真が入る>>


☆彡 小川栄太郎の【痴漢の権利主張】は全く低劣ですね。痴漢は性暴力であり犯罪ですよ。何にも分かってないんですよね。八幡和郎の【予算配分の優先順位を論じただけだ】と言うけど、この度の調査で法務省の平成29年度予算は、【LGBT(性的少数者)の人権問題対策の推進】として計上されているのは【1,300万円】。法務省予算の0.017%、国の一般会計予算の0.00001%である。この予算では【支援の度が過ぎてる】とは決して言えません。

12日、新潮社の佐藤隆信社長は「お騒がせしました」「新潮社はタブーなく、しっかりした言論活動をしていきます」と述べて『新潮45』の休刊を発表しましたが、肝心の杉田水脈議員はいまだに謝罪なしです。杉田水脈議員を肝いりでバックアップしてるのが安倍晋三首相です。

2018-09-11_13-53-57.jpg

私が尊敬している岡野八代さん(政治学者・同志社大学教授。専門は、政治思想、フェミニズム思想。)が、【杉田発言に黙ってはいられなかった】と杉田氏の論考に抗議するためにレズビアンであることを公表しました。岡野さんの☆【発言】を簡記し紹介しますね。

2018-10-16_01-01-41.jpg

☆【これは杉田水脈・衆院議員だけの問題ではない。彼女を国会議員として当選させている日本の政治、社会の問題なのだと言いたい】

☆【制度で生きづらさは救える。杉田氏擁護は明らかに間違っている】

☆【私たちが「生産性がない人間」であり、権利すら必要ないと国会議員が公然と書くのは明らかに悪質な差別であると言いたい。法制度を動かせる権力を持っている国会議員にそんなことを言われたくない】

☆【悪質な差別が許されない社会になってほしい。一人一人の尊厳が守られる社会になってほしい】
※出典 石戸諭氏の記事から抜粋


<<岡野八代さんの著書2冊の写真が入る>>


☆彡 ダイバーシティと言う、国籍、性別、年齢などにこだわらず様々な人材を登用し、多様な働き方を受容していこうという風潮と、逆方向を向いた、こうした差別発言は間違っているし、許されるべきものではありません。
いちいち、マイノリティ(少数派)であることをカミングアウトしなくてもいい社会。全ての人の人権が認められ、差別のない社会の到来を強く望みます。諸悪の根源に差別があります。

2018-09-11_13-47-36.jpg

9月15日(土)、放送大学秋田学習センターの学生研修旅行で、【岩手県盛岡市】へ行って参りました。バスは朝8時、経費節約のため一般道路を通って盛岡へ。

2018-09-15_08-20-12.jpg

集落の向こうに蒼い山脈が見えて、田んぼは黄金色…。まだ稲刈りが始まっていませんでした。

2018-09-15_09-22-32.jpg

このトンネルを過ぎると、間もなく盛岡市です。

2018-09-15_09-54-09.jpg

バスは予定通り盛岡市内に到着し、観光バス専用駐車場から歩いて、中津川に架かる中ノ橋を渡り【盛岡歴史文化館】へ向かう。橋の向こう、向かって左手の赤レンガ館は【旧岩手銀行(1911年設立、国の重要文化財)】です。

中津川は秋(10月~12月)になると、橋の上から透き通った流れの中に産卵のために何千キロも旅してきた鮭の遡上が見られます。私も産卵を終え力果てて流れに横たわる鮭を何度か目撃しました。

大きな木を挟んで向かって右側のビル、プラザ【おでって】の5階には1999年開館の【もりおか女性センター(男女共同参画推進拠点)】があります。私は開館当時2年間、新幹線こまちで月1で【日本フェミニストカウンセリング学会・河野貴代美先生(お茶の水大学客員教授)】の研修を受けるため通いました。この研修が私のフェミニストカウンセラーとしての第一歩となりました。

2018-09-15_10-46-05.jpg

プラザ【おでって】の向かって右隣のベージュ色のビルは、2011年3月11日の東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)で、甚大な被害を受けた被災者からのホットライン・電話相談(日本フェミニストカウンセリング学会の相談員)を受けるため通い、何度も連泊した「ホテル・ブライトイン」です。あれから既に8年近く、復興は、オリンピックが優先され、遅々として進んでいない状況に怒りを感じると共に心が痛みます。

2018-09-15_10-45-55.jpg

15分くらい歩くと、盛岡城址公園(岩手公園)の中にある【盛岡歴史文化館】に到着します。以前【宮沢賢治愛好会】で訪れたときは、入り口のおみやげ売り場をさ~っと見た程度だったのですが、今回は時間をかけてゆっくり見ることができ良かったです。それでは中をご案内しますね。

2018-09-15_11-54-25_20181018133319022.jpg

展示室に入ると、大きなチャグチャグ馬コの展示にはちょっと驚きました。馬コというのですから、小柄な馬を想像していました。大きい馬はお殿様の権力の象徴でもあったとのことです。馬に飾られた衣装も超豪華としか言いようがありません。これだけでも相当な重量があるかと思います。

2018-09-15_10-54-13_201810181409147d1.jpg

今年も6月9日(土)に、【チャグチャグ馬コ】が開催され、100頭の馬が参加したと言うのですから、凄いですね。一度、チャグチャグ鈴を鳴らして通る行列を見て見たいです(^^♪。

2018-09-15_10-56-39_201810181420086e5.jpg

盛岡には華やかな【さんさ踊り(8月1日~4日)】もありますね。

2018-09-15_11-08-33_201810181440274bd.jpg

展示場には【盛岡八幡宮祭りの山車】も展示されていました。

2018-09-15_11-09-43.jpg


2018-09-15_11-10-40.jpg

【 武家のよそおい 衣装と意匠 】 あまり期待しないで入った衣装展示室でしたが、素晴らしかったです。フラッシュを焚かなければ撮影OKだったのも嬉しかったです。

2018-09-15_11-13-32.jpg

豪華な刺繍が施されている婚礼用の衣装。

2018-09-15_11-14-45.jpg

武家の赤ちゃんの産着。

2018-09-15_11-15-31.jpg

一般庶民の衣服とありましたが、こんなに立派な物は一部の庶民しか着てなかったと思います。着る物は身分によって決められていた時代ですから。

2018-09-15_11-17-27.jpg

ベージュ色に緋色が入った斬新なデザインの儀式に使用した袴。靑鼠色の裃は映画やドラマでよく見かけますね。

2018-09-15_11-16-50.jpg

デザインがとてもモダンですね。

2018-09-15_11-19-11.jpg

【緋地羅紗合羽(複製)】 これはパリコレでも舞台映えすると思いますよ♪

2018-09-15_11-44-15.jpg

おしゃれ!!こんなの着て見たいですね♪でもこれは、お殿様用の合羽(コート)だったんですね。

2018-09-15_11-45-30.jpg

戦国時代、生死をかけた武将の個性的な鎧兜です。重さが20~30㎏もあったと言うのですから、武将は力持ちだったのですね。「え~!!これはくれると言っても着たくありません。どんな戦争も大嫌いですから!!」

しかし、この鎧兜は華麗としか言いようがない牡丹の花と唐獅子が刺繍され、【黒羅紗地 唐獅子牡丹文二枚道具足】(江戸時代)岩手県指定有形文化財なのですね。豪華な鎧兜は権力の象徴でもあったんですよね。
※拡大するとより鮮明に牡丹と唐獅子文様をみることができます。

2018-09-15_11-44-42.jpg

あれっ?伏せたお椀?鐘?いいえ、良く見て下さいね。←兜でした。

2018-09-15_11-48-49.jpg

これは、盛岡城の模型です。盛岡城は東北では珍しく総石垣づくりです。盛岡城が石垣づくりの城なのは、秀吉から築城を命令され築かれた、豊臣政権の奥州支配拠点に置かれた城のひとつだからでした。

2018-09-15_11-41-19.jpg

【盛岡藩領】盛岡藩が納めたのは北東北の広大な土地でした。

2018-09-15_11-23-53.jpg

【盛岡城の成立】 城は領国経営・軍事の要。交通の要所、不来方(不来方)の地に築城した。

2018-09-15_11-42-41.jpg

【盛岡藩政の確立】三代将軍徳川家光により、十万石の所領10群が安堵され、近世大名としての起訴が固められた。のち20万石になった。

2018-09-15_11-42-24.jpg

それでは、実際の城跡を歩いて見ましょう。放送大学の旗を先頭にゾロゾロと続きます。

2018-09-15_11-55-00.jpg

公園脇のベンチの女性にたくさんの鳩が集まっていました。エサをあげてるのでしょうか?

2018-09-15_11-56-48.jpg

公園内は坂道が多く、写真を撮りながら歩くと、皆さんに追いつくため走るので、結構、息が上がりました。

2018-09-15_11-57-24.jpg

橋が架けられている鶴ヶ池は公園北側にあります。

2018-09-15_12-00-19.jpg

宮沢賢治の詩碑がありました。

2018-09-15_11-59-23.jpg

 『 岩手公園 』  宮沢 賢治     ※拡大してご覧ください。

「かなた」と老いしタピングは、  杖をはるかにゆびさせど、
東はるかに散乱の、        さびしき銀は声もなし。

なみなす丘はぼうぼうと、      青きりんごの色に暮れ、
大学生のタピングは、         口笛軽く吹きにけり。

老いたるミセスタッピング、    「去年(こぞ)なが姉はここにして、 
中学生の一組に、          花のことばを教へしか。」

弧光燈(アークライト)にめくるめき、  羽虫の群のあつまりつ
川と銀行木のみどり、       まちはしずづかにたそがるる。

※ヘンリー・タッピング氏(1857年~1942年)は50歳のとき盛岡パプテスト教会の宣教師として妻と子供二人を連れて赴任し、妻と共に自主的かつ積極的な宣教活動を行いました。

2018-09-15_11-59-29.jpg

壮大な石垣に感動!!【なぜお城が取り壊されたのか?】1873年(明治6年)、明治政府の【廃城令】により全国に160余りあった城郭の多くが廃城となり、取り壊されました。明治新政府は旧来の権力を恐れ取り壊したのですが、今のように重機があるわけではなく、手作業だったんです。それで余りに大きな城が放置され、図らずも残されたのだそうです。軍の施設として使用した城もありました。

2018-09-15_12-01-29.jpg

朱塗りの渡雲橋により本丸と二の丸がつながれています。

2018-09-15_12-02-30.jpg

長~い石垣が続く…。滝廉太郎の【荒城の月】…「昔の光 今いずこ~♪」ですね。

2018-09-15_12-03-03.jpg

公園で子どもたちが遊んでいました。

2018-09-15_12-04-14.jpg

石川啄木の詩碑 『 不来方(こずかた)の お城の草に寝ころびて 空に吸われし 十五の心 』(一握の砂)。岩手公園は盛岡中学から近く、この辺りは若き日の啄木が遊んだ場所と言われています。 ←この短歌に青春時代を思い出し懐かしかったです(^^♪。

2018-09-15_12-06-34.jpg

新渡戸稲造の石碑 『 願はくはわれ 太平洋の橋 とならん 】←前の5000円札の人ですね。日本の教育者。「何人に対しても悪意を抱かず、すべての人に慈愛をもって」という格言が好きだったそうです。「太平洋の掛け橋」となるべく国際平和に尽くした方です。

盛岡には【盛岡市先人記念館】←偉人館があります。新渡戸稲造・米内光政・金田一京助など盛岡ゆかりの文化人や政治家130人の遺品・著書2000点余を展示。130人!!凄いですね。一度訪れて見たいと思っています。

2018-09-15_12-07-46.jpg

盛岡城址散策は約20分ほどかかりました。

2018-09-15_12-11-52.jpg

ここで岩手公園散策は終りです。②もりおか旅行「啄木・賢治青春館」と原敬記念館」は次回書きます。
長~いブログにお付き合いいただき、有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。

2018-09-15_12-13-23.jpg


2018-10-15 19:52 | カテゴリ:日記
「みなさん、こんにちは。ボク笑ニャ(=^・^=)。かくれんぼ大好き。レースのカーテンの後ろ、おかしゃんのマフラーの陰、この頃はおかしゃんの黒いロングスカートの裾の中。隠れるところはいくらでもあるニャ。ボク困っちゃうのは隠れてもいないのに、PCにボクの一番新しい写真が載せられないことにゃ(=^・^=)…」。「原因不明?(-_-;)」。

2018-09-22_12-27-26.jpg

で、この2枚の写真は9月22日のボクニャ(=^・^=)。どこのスキマにも顔をツッ込むので、「笑ちゃん、汚ったない!!(>_<)」。「おかしゃんがきれいに掃除してないからボクの鼻先周りはグレーになるニャ(=^・^=)」「ボクは風邪でまだナミダ眼だけど元気ニャ(=^・^=)」。

2018-09-22_11-37-00.jpg

おかしゃんが去る9月29日(土)、【左足下肢の静脈瘤手術(レーザ治療)】をしたので、みなさんから、お見舞いのお言葉を頂き有難うございますm(__)m。ご心配をおかけしておりますが大丈夫です。普通の生活を続けてOKで、大病ではないので、ご安心ください。術後は、歩くことで新しく機能しはじめる血管の中の血液が固まらず、スムーズに流れ、回復も順調に進むということなのです。安静の害に気を付ける必要があるのです(^^♪

2018-09-26_10-41-48.jpg

それでは前回の続き、19月2日(火)の放送大学「歴史・民俗・文化クラブ」の野外授業、【元滝伏流水】と【土田牧場】について書きますね。

2018-09-26_10-40-46.jpg

午後、奈曾川の川べりから鳥海山を望むと、鳥海山は頭を雲に覆われて…残念!【出羽富士】の雄姿は見られませんでした。

2018-10-02_13-51-05.jpg

鳥海山をスマホの拡大を最大にして撮りました。

2018-10-02_13-50-15.jpg

森に入ると、とうとう雨粒が落ちてきて…。

2018-10-02_14-12-19.jpg

辺り一面に「フィトンチッド」と呼ばれる森の香りが充満し、森林浴をしながら歩き、空気が美味しい。

2018-10-02_14-16-29.jpg

足元は苔むす倒木。拡大してご覧ください。苔が美しいですよ。

2018-10-02_14-14-47.jpg

滝の流れの苔むす小岩群に咲く白い花。

2018-10-02_14-19-30.jpg

重ね着し、撥水生地のブルゾンを着ているのに寒さが肌を刺す。拡大してご覧ください。

2018-10-02_14-20-00.jpg

元滝伏流水までは、駐車場から歩いて10分余りで着きます。

2018-10-02_14-22-01.jpg

苔むす岩から湧き出す伏流水は、鳥海山に沁み込んだ水が80年かけて、滝となって岩場から流れ落ち、その湧き出す水量は1日5万トン以上にもなるとのことです。高さ5m、横幅30mの滝から流れ出る伏流水にしばし見とれる。【平成の名水100選】に選ばれています。

2018-10-02_14-24-25.jpg

今日、私が見てるのは、私が「オギャア♪」と生れた時、鳥海山に降った一摘の雨が、一片(ひとひら)の雪が長い年月をかけて苔むす岩から湧き出て、滝となって流れてるのですね(@_@)。感動です!(^^)!。ここは人気の撮影スポットです。

2018-10-02_14-24-51.jpg

森の散策道には落ち葉が敷かれて…

2018-10-02_14-31-48.jpg

森を出て、土田牧場へ向かう。途中【仁賀保高原ひばり壮】の風力発電の風車の前で、車を下車。雨雲が去り青空が見える。眼の前の巨大な風車が風を受けてゆっくり低音を響かせて廻る。

風力発電はクリーンで再生可能なエネルギーの供給源と思っていましたが、風車近隣に住む人は、騒音、低周波音の影響で眠 れない日々を過ごし、多数の人が健康被害を訴えていると聞きます。

ここは高原で人家がないからOKなのでしょう。写真後方にたくさん風車が小さく写っています。

2018-10-02_15-41-49.jpg

この写真にも一列に並んだ風力発電の風車が…のどかな風景にみえますね。

2018-10-02_15-45-25.jpg

と、間もなく土田牧場(1958年~)に到着。滞在時間は約15分。

2018-10-02_16-03-03.jpg

フードショップ・ミルクハウスで、写真手前に写っているチーズケーキ(4個入れ・1000円)を2個買い、ソーセージの味見をし、名物のソフトクリームを持って外へ出ると、

2018-10-02_16-02-07.jpg

午後4時、秋の夕暮れがはじまっていました。

2018-10-02_16-02-39.jpg

秋の陽はつるべ落とし…。にかほ市で日本海に落ちる夕陽を撮りたかったのですが、走行中の車窓からはムリでした。

2018-10-02_17-04-04.jpg

この写真にも風力発電の風車が見えます。にかほ市は日本海からの海風を利用してたくさんの風車があるんですね。
赤い夕陽に送られながら、放送大学【歴史・民俗・文化クラブ】の野外授業が終わり、無事に帰路へ着きました。

10月2日、野外学習と買い物でこの日歩いた歩数は11,000歩でした。静脈瘤レーザー治療してから3日後でしたが、副作用である痛みが増したり、足が紫に変色することもありませんでした。10月10日現在、針を刺した傷あとはまだ痛みが少々続いていますが、順調に回復に向かっています。10月25日、術後1か月の受診をすることになってます。それまでは殆ど良くなると考えています。

2018-10-02_17-15-01.jpg

このブログは前回の続きです。お付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。


2018-10-09 19:30 | カテゴリ:日記
★★★ 沖縄県知事選 玉城デニーさん 勝利おめでとうございます! ★★★

★★★ ノーベル医学生理学賞 京都大の本庶(ほんじょ)佑(たすく)特別教授(76) 受賞おめでとうございます!~ガン治療「第4の道」導く 衝撃の新藥に結実~ ★★★
      
10月3日(水)、久しぶりにスロージョギングへ出かけようとして、笑ちゃんを探す。「笑ちゃん、どこ?」「・・・(=^・^=)」「どこにいるの?」「・・・・・・(=^・^=)」「アタマ隠して、笑ちゃん見っけ(^^)」「・・・・・・・・・(=^・^=)」シリ隠さず、笑ちゃん不動。

2018-10-03_10-17-32.jpg

「おかしゃん面白そうに遊んでるからボクも真似して見たニャ(=^・^=)」

2018-09-30_18-40-00.jpg

「何ニャ?食べられニャイニャ(=^・^=)」「笑ちゃんそれ南蛮、カライカライよ。どっこいしょ♪」床に降ろすと…。

2018-09-28_16-49-11.jpg

今度は、ひょいと食器洗い機の上に、「おかしゃん、ボクお手伝いするニャ(=^・^=)」「危ないから何もしなくていいの♪」「ニャンコの手も借りたいって言ってるニャ(=^・^=)」「笑ちゃんは下で遊んでてちょうだい♪」「おかしゃんってワケわからニャイニャ(=^・^=)」「ダメったらダメなの!!」おかしゃん急いで笑ちゃんを床に降ろす(@_@)。

2018-09-28_16-52-20.jpg

昨日10月4日(木)は、10月2日(火)レーザー手術後の再診予約を放送大学歴史文化クラブの野外授業があり、キャンセルしたため、クリニックに約4時間いる羽目になり、帰宅後、どっと疲れが出て、だるくてだるくて動けない状態でダウンしていました。ブログ記事が遅れて申し訳ありません。m(__)m

2018-09-14_09-42-19.jpg

実は18年前、秋田赤十字病院の心臓外科で【スリッピング手術】していた左足下肢静脈瘤が再発し、足がかなり浮腫(むく)み、且つクルブシの上の部分が蜘蛛の巣状に血管が絡み、少々痛みもあり、このままでは潰瘍(蓐瘡)になる恐れがありました。

2018-08-17_18-26-23_2018100520371630d.jpg

現在、秋田赤十字病院では静脈瘤の手術をして居らず、9月29日(土)ここ「ひかりクリニック」で【虎の門病院(東京)】から出張されてきた佐藤医師による【レーザー治療】を受けました。写真は初診を受けた8月17日撮ったものです。予約して午後2時に行ったものの終わったのは6時過ぎ、待合室にはもう誰もいなく、外に駐車している車もない状態でした。

2018-09-29_12-49-18.jpg

ところが昨日は駐車場に車が30台余り、待合室は約40人の患者で溢れていました。私の術後の検査は①皮膚の回復状態②エコー検査で、静脈に塊ができていないか③医師の説明を受けました。術後の足の紫色の変色や痛み(押すとかなり痛い)もなく順調に回復中です。うれしいのは浮腫みが殆どなくスラリ(?)とした足になったことです。

2018-08-17_18-32-01_20181005203717ec1.jpg

9月29日(土)受けた【血管内レーザー治療】とは、静脈の中に細いレーザーファイバーを通して、レーザーの熱によって静脈をふさいで血を流れなくしてしまう方法です。手術は30分の予定でしたが、私の場合は前の【スリッピング手術】により、膝の後ろの静脈に硬く大きな塊があり、それをクリアするため1時間30分もかかってしまいました。

術後は入浴はシャワーのみ、他は全く普段と同じ生活でOKでした。歩くようにとのことでしたが、さすがに疲れて治療当日は特別散歩もしませんでした。

昔、明治生まれの亡き父がやはり【静脈瘤】が酷く、【東京医科歯科大学】で手術を受け、1か月余りも入院していたことが思い出されます。足に何か所も傷が残っていましたが再発はしませんでした。私は父似の体質なのかもしれません。父も晩年、心臓病で入院をしたりしていましたから。

2018-08-28_09-38-46.jpg

レーザー治療を受けた翌日、9月30日(日)は、【ハーモニープラザまつり2018~男女共同参画 未来につなぐ暮らし方~】がありました。当団体【NPOあうん秋田ウィメンズネット】も男女共同参画センター利用団体として登録しているので、

2018-09-30_12-10-56.jpg

【DV統計&DVについての情報】を制作、パネル展示し、

2018-09-30_12-43-57.jpg

運営委員の内3人が参加、当団体の活動を紹介しました。

2018-09-30_10-06-55.jpg

写真は【秋田女性九条を守る会】の朗読劇の様子です。今の世情を語る会話に会場からどっと笑いが…(^^♪。

2018-09-30_10-06-01.jpg

最後はコーラスで。歌は10曲くらい歌ったかな?そのうちの1曲【里の秋】。
「♪しずか~な~しずかな~♪里の秋」「ああ♪とうさんよ~ご無事でと~ ♪今夜もかあさんと祈りま~す♪」コーラス指導の年配男性の説明によると、作詞:斎藤信夫 作曲:海沼実 この二人の方は戦後たくさんの童謡を作詞作曲されてるとのことでした。またこの童謡を歌ってるのは童謡歌手の川田正子・孝子きょうだいと聞き、とても懐かしかったです。

この歌は、場所は田舎、戦争が終わって木の実が落ちる音が聞こえるくらい静かな夜、戦争のため出世して行ったお父さんが無事復員して帰って来ることをお母さんと子どもが祈ってる…とても切ない歌なんですね。

2018-09-30_10-38-22.jpg

地階では利用団体がバザー。手づくり食品・手づくり手芸品・本・洋服・洗剤等、様々なものが売られていました。「物はもう増やしたくない!」私は何一つ買わずに帰ってきました。

2018-09-30_09-23-10.jpg



2018-08-28_09-38-26_20181005221724a22.jpg

10月2日(火)、放送大学「歴史・民俗・文化クラブ」の野外学習があり、今にも雨が落ちてきそうな空模様の中、傘を持参し参加しました。研修先は「にかほ市象潟郷土資料館、奈曾白滝、元滝伏流水、土田牧場」等です。

クラブ仲間のKさんの大型RV車に乗り、目的地までの1時間半余り、田舎道をひた走る。

2018-10-02_09-52-23.jpg

こじんまりした【象潟郷土資料館】

2018-10-02_10-36-10.jpg

資料館前にある【埋もれ木展示場】

2018-10-02_11-29-56.jpg

中に縄文時代から長い時空を地中に埋もれていた巨木が展示されていました。何故か焼け焦げの匂いがしてました。

2018-10-02_11-24-24.jpg

2階の展示場に入るとすぐ目に入るのがこの屏風絵です。この作品は象潟大地震(1804年)の以前に、象潟の風景を描いたもので非常に貴重な屏風絵です。大地震で、潟が2mも隆起し、松島に並んで絶景と言われていた風景は失われてしまいました。

2018-10-02_10-52-54.jpg

今は水田の中に点在する島々の姿に、往時が偲ばれます。ねむの丘の向かい側の水田に小さな島々が残されています。

2018-10-02_10-53-41.jpg

屏風絵についての説明です。興味ある方は拡大してご覧ください。

2018-10-02_10-53-07.jpg

象潟は松尾芭蕉が【おくのほそ道】の旅で訪れた景勝地としても知られています。しかし、1804年の象潟大地震により芭蕉が見た象潟は消えてしまいました。

真ん中の掛軸が芭蕉の真筆です。私は読めませんでした(>_<)。芭蕉が象潟滞在中によんだ3句を紹介しますね。
「ゆふ晴や 桜に涼む 波の華」「腰長や 鶴脛ぬれて 海涼し」「きさかたの 雨や西施か ねぶの花」

2018-10-02_10-57-52.jpg

この埋もれ木は江戸時代に掘られ、一度加工しようとくさびを3本打ってありますが、上手く垂直に割れないことが判明し、そのまま放置されていたものです。ここに展示されてる埋もれ木は紀元前466年(約2500年前縄文晩期)の鳥海山の噴火の際、岩屑なだれにによって杉が泥流に流され、土中に封じ込まれ、近年掘り出されたものです。

2018-10-02_10-50-13.jpg

平成27年1月8日に象潟ICの工事現場で杉、ナラ、トチノキなど様々な樹種の木が掘削作業中に出土しました。

2018-10-02_10-50-47.jpg

埋もれ木は鳥海山の爆発により、埋没した樹木、言わば木の化石なんですね。こんなにたくさん出土したんですね。

2018-10-02_10-50-35.jpg

ここで話が初めに戻りますが、1804年の象潟大地震以前は海が広がり北前船が往来する船着き場があったんですね。(六双屏風絵参照)

2018-10-02_11-05-12.jpg


2018-10-02_11-06-26.jpg

船絵馬。

2018-10-02_11-08-44.jpg

船の和磁石

2018-10-02_11-09-04_201810061950356be.jpg

象潟には刷りの文化が連綿と続いています。刷の文化については紙幅がなく省略します。、

2018-10-02_10-56-53.jpg

象潟郷土資料館では、大地震の前の潟時代の象潟を825分の1の模型で再現しています。

☆彡この頃、地震や台風がやたらと多くなったのでは?しかし、テレビやインターネットの情報によって、地震や台風の頻度が多いように感じてるだけで、以前と余り変わらないと池上さんが仰っていました。停電も多く、計画停電など取沙汰されてますが、これは原発再稼動組の操作があるのではないかと私なども疑っています。

2018-10-02_10-44-52.jpg

ここねむの木の2階レストランで、

2018-10-02_12-45-04.jpg

昼食です。

2018-10-02_11-47-15.jpg

レストランから眺める日本海は荒波が立っていました。

2018-10-02_11-42-52.jpg


2018-10-02_12-37-17.jpg

午後は金峰神社の奥に位置する奈曾白滝へ向かう。「う~ん!階段が!!(@_@)」「350段登れるか?」「ムリ(>_<)」と言ったものの、ただ待つのも嫌で、とうとう登りましたよ(*^^)v。

2018-10-02_13-10-41.jpg

手水所で暮すカエル?金峰神社(天武9年(680年)に建立=鳥海山大権現を祀る)のある小滝集落は修験者が多く居住し、鳥海山へ向かう修験者の世話をする宿坊でもありました。

2018-10-02_13-11-50.jpg

6月の例祭では境内のこの【土舞台】で小滝の【チョウクライロ舞】(国指定重要無形民俗文化財)が奉奏されます。※チョウクライロ舞は今も民俗芸能として長寿を願ってお祭りに舞われています。

2018-10-02_13-14-10.jpg

左側の苔むす石段は慈覚太師が築いたとされる旧参道坂です。

2018-10-02_13-15-43.jpg

「せっかく登ったのに降りるの(>_<)」「仕方ないわねェ(^_^;)」

2018-10-02_13-17-13.jpg

この美しい屋根の建物の中には

2018-10-02_13-19-27.jpg

慈覚太師が彫ったという秋田杉の【丈六木造観音菩薩立像(3,6m)・秋田県重要文化財】と6月の例祭に使うお面が保存されていました。(注)文徳天皇(弥生人)の御宇鳥海山の【手長足長と云う賊(縄文人・賊ではない)】を勅命により慈覚大師(弥生人)が退治した時に彫刻し祭祀したのでした。

2018-10-02_13-21-17.jpg


2018-10-02_13-20-24.jpg

この大木は樹齢何百年になるのかしら?目立たぬ場所に、しかし威風堂々と天を突いていました。

2018-10-02_13-23-30.jpg

急な階段や坂道をおっかなびっくり(笑)降りていくと…。

2018-10-02_13-26-21.jpg

とうとう奈曾白滝が見えてきました\(^O^)/。

2018-10-02_13-31-14.jpg

奈曾白滝は鳥海山を源とする奈曽川にある滝で、【国指定名勝】(昭和7年)です。高さ26m、幅11mの容姿の整った滝で、水量の多い時期は壮観です。滝をつくる岩盤は、岩質が新山溶岩流より古い時代の寄生火山から噴出した小滝溶岩で、10万年以前のものと推定されています。10万年前!!驚きですね(@_@)。

奈曽白瀑谷は小滝修験の荒行の場であったと言われています。この激しく落ちる滝に打たれて修業をしたんですね。凄いですね。脱帽m(__)m。

2018-10-02_13-32-00.jpg

さて、目的の滝も見たし、戻りましょう。この建物は金峰神社です。奈曾白滝と向かい合って建っています。小滝修験の拠点である金峰神社(旧蔵王権現社)は、蔵王権現と鳥海山権現を祀り、平安時代に遡ると推定される聖観音立像、蔵王権現立像が遺されています。

現在の拝殿は、文化元年(1804)の大地震により蔵王堂は全壊し、文化2年上方に再建したものを、神意により万延元年(1860)に元の場所に(現在地)に移築したものです。

2018-10-02_13-34-15.jpg

手入れされてる社務所の庭園の前を通り…元来た道へ。

2018-10-02_13-39-51.jpg

写真では土舞台の脇後方にお寺があったのが神仏分離で廃寺になったのですが、梵鐘が残されています。私は見過ごし写真を撮っていません(>_<)。残念!

2018-10-02_13-44-26.jpg

小滝の奈曾川に架かる橋のたもと。

2018-10-02_13-49-22.jpg

10万年の歴史を飲み込み静かに流れる奈曾川。

2018-10-02_13-50-02.jpg

奈曾川の橋のたもとに咲くホトトギス。

2018-10-02_13-47-01.jpg

長~いブログにお付き合いいただき有難うございますm(__)m。ではまた(^^)/。鳥海伏流水は次回書きます。


2018-10-03 21:32 | カテゴリ:日記
「笑ちゃん♪どこにいるの?」「ここはボクのお気に入りの隠れ家ですニャ」。「フッフッフ♪おかしゃんここニャ(=^・^=)」。「机の下のマザーボードの上のスキマにいるニャ♪」。「まあ笑ちゃんたらそんな狭い所に!!」「ここ温かくて、気持ちいいニャ~♪(=^・^=)」。

2018-09-25_18-53-25.jpg

「アンモニャイト(=^・^=)」

2018-09-22_20-17-08.jpg

「笑ちゃんたらお腹ポッコリ」「赤ちゃんブトリニャ(=^・^=)」

2018-09-22_20-15-58.jpg

「ボクはおかしゃんのキーボードの上も大好きニャ(=^・^=)」「笑ちゃん仕事のジャマしないで」「おかしゃん、遊んでるだけニャ(=^・^=)」「どいてどいて」「セッカク、気持ちよく寝てるのに、おかしゃんに退去させられてカナシイニャ(=^・^=)」。

2018-09-23_15-15-03.jpg

ボク毎日元気に遊んでいるうちに、クシャミが止まって来たニャ。

2018-09-23_15-44-43.jpg

「ボクはおとしゃんの椅子も大好きニャ(=^・^=)」。「カバーに隠れてジャレテ遊ぶのがお気に入りニャ(=^・^=)」

2018-09-24_21-14-45.jpg

「おとしゃんの椅子のテッペンに登るのも大好きニャ♪(=^・^=)」「ザーンネン(>_<)。笑ちゃんもう降りちゃったの!!」。笑ちゃんは多動児?ひとりで家の中を飛ぶように走り回っています。

2018-09-26_15-07-40.jpg

いただき物の【初産みたまご】(若鳥が初めて産んだ白身プルプル黄身ぽっこりの縁起のいいたまごです。たまごの樹)を写真に撮ろうと構えたら、この方がスっと登場。「オットット!!危ない!!」「笑ちゃんダメ!!」急いでお皿を寄せ、笑ちゃんをテーブルから降ろす。「味見して手伝って上げようと思ったのに、おかしゃんゴカイニャ(=^・^=)」。

2018-09-23_16-19-00.jpg



2018-09-14_09-45-43.jpg

女優の樹木希林(本名内田啓子)さんが9月15日、75歳でお亡くなりになりました。
13日に知人宅で転び、左大腿骨を骨折。15日に緊急手術を受けた。その後、気管支が弱く、がんの影響もあり「一時は危篤の状態だった」という。危機も回避し、落ち着いたため、リハビリ中とのことでした。

樹木希林さんは、73年にロック歌手の内田裕也さんと結婚。03年に網膜剥離で左目を失明し、05年には乳がんで右乳房摘出手術を受けた。13年、がんの全身転移を告白していました。

樹木さん、「車イスに乗れる状態じゃないのに、歩行器を用意しろと言ってた」と言う。ガンで死ぬ覚悟はできていたでしょうが、まさか転んだことが死に繋がるとは夢にも思っていなかったのではないかと思います。利発な方ですから最後はご自分に「死」が訪れてることを認識なさったのではないかと推測しています。
※写真はお借りしました。

2018-09-25_18-14-50.jpg

★★★  「死ぬときぐらい好きにさせてよ」 ★★★
  樹木希林さんのご冥福をお祈り申し上げます。

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」。1月5日、毎日新聞朝刊などに、まるで“終活宣言”のようなキャッチコピーの見開き全面広告が掲載されました。シェークスピアの戯曲「ハムレット」のオフィーリアのように川に浮かんでいたのは女優、樹木希林さん(73)。全身ガンを告白してから3年目でした。
※参考 毎日新聞 ※写真もお借りしました。

☆彡 「死ぬときくらいは好きにさせてよ」。樹木希林さんは、好きにできたのでしょうか?死ぬ日、死ぬ時、死ぬ場所、死に方を好きに選べたら…。眠るように…永遠の眠りにつけたらと思いますが、こればっかりは選択は困難…。運命という言葉は好きじゃないけど、運命あるいは自然に任せるよりないでしょうね。希林さんはこの写真が好きだったと聞きます。

2018-09-28_18-58-02.jpg

【オフィーリア】はジョン・エヴァレット・ミレイが22歳の時描いた絵です。ロンドンの美術館テート・ブリテンで展示され英国が誇る名作です。ミレーと言えば「落穂拾い」や「晩鐘」で有名ですね。

2018-09-29_18-01-25.jpg

9月30日、希林さんの葬儀が東京都港区の光林寺で営まれました。希林さんが春先に医師から余命宣告を受けた際に、也哉子さんと本木さんには「今年1年、持つか持たないか。場合によっては2、3カ月」と伝えられていました。

希林さんが余命宣告を受け「自然に朽ちていきたい」という強い思いを胸に、終活に着手したといい、葬儀についても「私が好きな光林寺にしましょう」と話し、本木と也哉子と一緒に寺を訪れて確認したという。

自分が死去した際には「とにかく普通でいて。私のために準備しないで」。日常生活を普通に過ごすことを望んだという。
※参考 日刊スポーツ 2018年9月30日10時35分 

2018-09-14_09-42-26.jpg

★★★ 北朝鮮、核施設廃棄の用意=南北が実質「終戦」宣言―正恩氏、ソウル訪問へ ★★★

19日、平壌で合意文「平壌共同宣言」を示す韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。北朝鮮が東倉里のミサイル施設を廃棄することを明記、米国の対応次第では、寧辺の核施設も廃棄する用意を表明した。

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は19日、平壌の百花園迎賓館で2日目の会談を行い、合意文書「平壌共同宣言」に署名した。

2018-09-20_10-34-51.jpg

正恩氏は共同記者会見で「朝鮮半島を核兵器、核脅威のない平和の地にするため積極的に努力することを確約した」と明言。文氏は正恩氏のソウル訪問について「特別な事情がなければ、年内という意味だ」と語った。北朝鮮最高指導者のソウル訪問が実現すれば分断後初めてで、南北関係や北東アジア情勢の重大な転機となる。

2018-09-20_19-18-26.jpg

宣言はこのほか、条件が整えば、北朝鮮南東部・金剛山の観光や南西部・開城の工業団地を正常化させることも盛り込み、離散家族問題の解決のための協力強化も確認。さらに、2020年東京五輪などでの共同出場を積極的に進め、32年五輪の南北共催に向けた誘致活動も検討することを定めた。
※出典 時事通信 9/19(水) 16:41配信 ※写真もお借りしました。

2018-09-11_13-43-48.jpg

★★★ 伊藤詩織さん事件に関する政府(アイヒマンこと、北村内閣情報官)の暗躍と隠蔽工作を証する内部文書が発覚 ★★★

      【北村内閣情報官との打ち合わせ概要】  平成27年6月5日

○山口氏の職業、および総理との関係から、慎重な取り扱いが必要。
○捜査方針について、マスコミ対応も含めて内閣・関係省庁・現場で共有していただきたい。
○逮捕の必要性があるのか。政治的問題になる。本当にそれだけのリスクをとるべき事件なのか早急に検討してほしい。
○◆◆(被害者側)の修験だけで、現場が急ぎ過ぎないか憂慮している。
○総理官邸も同様の認識である。「しっかりやってほしい」と。共通理解として山口氏の交友関係に留意し、極めて慎重に扱わないといけない。
※参考 内部リーク?インターネット掲示板 5ちゃんねる  2018年09月19日 14時00分 ※写真もお借りしました。

2018-09-21_02-42-41.jpg

★★★ 北村滋内閣情報官←【悪は凡庸な顔をしている】(ハンナ・アーレント)

☆彡汚ったねェ!!【安倍総理ベッタリ記者に薬物強姦疑惑】の山口敬之を擁護するための強姦事件もみ消し内部文書なんですね。警視庁 高輪署が山口敬之を準強姦容疑で逮捕寸前までいって、なぜ中村格 警視庁刑事部長(当時)が逮捕状の執行を止めたのか。調査の必要あります。安倍晋三が最も頻繁に会ってる相手が北村滋内閣情報官なのです。【安倍政権に忖度】、何でもありなんですね<`ヘ´>。

面会回数 1位 北村滋(内閣情報官) 533回  2位 斎木昭隆(外務省前事務次官) 349回  3位 谷内正太郎(国家安全保障局) 347回  4位 麻生太郎(副総理兼財務相) 312回

☆彡「悪は凡庸な顔をしている」←【ハンナ・アーレント。当ブログ3月9日参照】。悪人は悪人面をしてないんですね。

2018-09-29_00-44-23.jpg


2018-09-28_15-05-26.jpg

★★★ 危険な二人 自民総裁選 ★★★

この二人、写真を載せるのも嫌ですが、備忘録として止む得ず書きますね。
どちらも日本会議。そしてどちらも戦争好き。二人とも原発推進派です。

石破茂の幹事長時代の発言→「徴兵を拒むならば、それは非国民だ。懲役300年か死刑だ。」「国家の主権より国民の主権が優先されてはならない。例えば、新原発の地権者が譲らなければ、国は取り上げる権利がある。」

安倍晋三→「嘘つき独裁者です。お友だちだけ大事で常に誤魔化しはぐらかし国民を欺き、メデア操作をし、石破のキャッチフレーズ【正直公正】を【安倍首相への個人攻撃】皮肉あてつけと思うほど、悪事を働き、世界に金をばら撒き、且つ世界から信用されてない日本の能無し最高指導者です」。

2018-09-21_03-35-07_20180928212451874.jpg

★★★ 圧勝のもくろみ大外れ 総裁選で分かった首相の頭と二枚舌 ★★★

20日投開票が行われた自民党総裁選は、安倍晋三首相(63)が石破茂元幹事長(61)を破り、連続3選を決めた。もっとも、喧伝されてきた「安倍圧勝」の下馬評は、フタを開けるととんだもくろみ違い。

 安倍の獲得票数553票(議員票329票、地方票224票)に対し、石破254票(議員票73票、地方票181票)と、地方票では予想を上回る票が石破に投じられた。
※出典 日刊ゲンダイ 2018年9月20日 ※写真もお借りしました。

★★★ 安倍は小心者!国民が怖い!警察に警備させ動員した支持者を前に演説 ★★★

19日、秋葉原駅前の安倍首相の街頭演説は支持者を動員!この三角の仕切りは支持者が安倍首相の前に、一般聴取者は三角の仕切りより後ろに、警察や警備員を使って厳戒態勢の中での街頭演説でした。

2018-09-21_03-28-20_20180928235852b29.jpg

★★★ 「安倍辞めろ」コールで騒然=19日秋葉原の首相演説会場-自民総裁選 ★★★
※出典 時事ドットコムニュース(2018/09/19) ※写真もお借りしました。  

2018-09-20_02-55-36.jpg

★★★ 「うそ言ったらいかん!」=安倍首相の街頭演説に籠池被告-自民総裁選 ★★★

安倍晋三首相(自民党総裁)が19日夕にJR秋葉原駅前で党総裁選最後の街頭演説を行った際、聴衆の中に学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典被告の姿があった。籠池被告は演説終了後、記者団に「うそは言ったらいかんな。国民をだましたらあかん。全部うそだろ」と指摘した。
※出典 時事ドットコムニュース (2018/09/19-19:38) ※写真もお借りしました。

☆彡 籠池氏(日本会議)の信念は好きじゃないけど、正直な人ではあるんでしょうね。そのうち『獄中記』が出るかな?

2018-09-20_02-42-39.jpg



2018-09-14_09-45-58.jpg

★★★ 国家がマスコミ監視すればどうなるかと後藤田正純氏!!石派陣営一員 ★★★

「権力の私物化、国家の私物化」を恥じない安倍晋三。そんな権力の暴走を批判せず、権力の監視を忘れたメディアが存在する日本の現状を憂うる。

権力の手先となったメディアの筆頭はNHK。次いで読売、産経、日本テレビ、フジテレビ、 週刊文春、 週刊新潮・・・。今や「世界」を除く、月刊誌のほとんどが安倍の宣伝媒体と化している。

そして忘れてならないのが「日本のウイキペディア」である。米国版や英国版、フランス版に比べ、内容が極端に政権寄り。産経の正論グループや日本会議系の面々が占拠しているからである。

まずは日本のマスメディアが権力に対峙できていない現状を国民の皆さんとともに憂いている。長期政権という権力と対峙できる海外のメディアに、今こそ見習うべきなのだか、日本のメディア社長らが総理と会食をしたり、ゴルフを楽しむようで、公器としての役割が果たせるのだろうか。
※出典 ブログ 半歩前へ

2018-09-14_09-42-34.jpg

9月24日、2週間ぶりでスロージョギングに参加。外を走るのは2か月ぶり。ワクワクするもザ~ンネン、心臓の働きに合わせ、公園から橋の上を走る大回りを2周しただけ。2,6km(^_^;)。

2018-09-24_10-02-33.jpg

外の空気は美味しい♪陽の光も気持ちいい♪

2018-09-24_10-22-19.jpg

24日(月)は3連休最後の日。たくさんの子どもが公園に遊びに来てました。

2018-09-24_10-17-03.jpg

まだオムツをしている小さな男の子に「ボク自転車をこぐのがウマイね」と声をかけると「ウン♪」とニッコリ♪

2018-09-24_10-37-36.jpg

子どもたちに自転車乗りが流行ってるのでしょうか?公園には十数台のこども用自転車がありました♪

2018-09-24_10-39-48.jpg

たくさんの家族が楽しい時間を過ごしていました。

2018-09-24_10-40-18.jpg

クリックすると写真を拡大できます。『野の花日記』の全ての写真は拡大できます。

2018-09-24_10-17-50.jpg

戦争の無い、平和な風景。

2018-09-24_10-44-16.jpg

公園にベリーダンスの練習に来ていた大学生。赤ちゃんを抱いていたので、「赤ちゃんの脳が固まるまで1年かかるから、できるだけ頭を揺らさないようにね。頭の良い子ができるよ」と、ローバ心で伝えると「ありがとう♪」が返ってきた。ブログ掲載もOKでした。

2018-09-24_10-59-48_20180930202633009.jpg


2018-09-14_09-43-23.jpg

★★★ 児童虐待の陰にDVあり ★★★
~児童虐待、2017年度13万3778件=27年連続増で最多更新~

【あうん通信 秋号】の特集は【児童虐待】です。年間50人~70人、1週間に1人の子どもが虐待によって命を落しています。子どもの虐待やDVについて詳しく知りたい方は、当ブログの左上部より【DVマリコのかけ込み部屋】へ行けますのでご参照願います。なお、よかったら【あうん通信秋号】の画面をクリックしてをお読みください。

2018-09-21_20-54-42.jpg

父親が母親へ暴力を振るうのを見聞きした子どもは深く傷つきます。妻へは暴力を振るうけれど、子どもへは優しい父親だということはありません。暴力を振るう親は子どもにとって毒親です。

親の虐待によって命を落す子どもは、その親と血縁がない場合が多いのではないか?動物の子殺しと同じようなことを人間もしているのではないかと疑っています。虐待される子どもの血縁関係を調べる必要を感じます。たとへ、血縁のある親が子どもを虐待していたとしても、血縁の無い親に繰られてる場合も多いのではないかと考えています。

虐待されてる子どもは自分が虐待されてることを知りません。また子どもは自ら助けを求めることもできません。周りの大人が、「もしかして虐待?」と疑ったら、ためらわずに「いちはやく」【189番】か【110番】へ通報をしてください。あなたの電話が子どもを救います。

2018-09-28_22-41-16.jpg

★★★ 1歳の娘を毛布で窒息させた父親に懲役2年の実刑判決 ★★★

無職の小西竜真(こにし・りゅうま)被告(24)は今年3月、大阪市内の自宅で当時1歳の娘の泣き声が近所に漏れてトラブルになることを恐れ、娘の全身を毛布などでくるんでクローゼットに閉じ込め、窒息死させました。

21日の判決で大阪地裁は「娘の泣き声で近所から苦情を受けて引っ越した経験からトラブルを避けようと考えた結果、泣き止ませるための対処法を誤った」としつつ「日常的な虐待はないが娘に及ぼす危険について思い至ることなく安易に行動に及んだ点は非難を免れない」として小西被告に懲役2年の実刑を言い渡しました。
※出典 ABC NEWS 関西ニュース  9/21 20:40

☆彡 2018年8月30日、厚生労働省発表によると、虐待によって死亡する子どもは0歳児が65、3%。0歳~3歳児までに虐待死する子どもが約70%となっています。虐待の原因は【望まない妊娠】が約60%にも上っています。望まない妊娠は10代が最多です。

2018-09-14_09-43-12.jpg

長~いブログにお付き合いいただき、ありがとうございますm(__)m。ではまた(^^)/。


2018-09-28 17:56 | カテゴリ:日記